義史のB型ワールド

2014年4月4日

またまた行って来た”博多一風堂”で、博多ラーメンとは全然関係無さそうな”博多ブラックCURRY”と言うラーメンを食べた!見た目はまっ黒だが中々美味しいカレーラーメンだった!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:30 PM
 
代理人記録
 
湯原温泉ツアーの話が長く続いたが、今日からまた普段のB級グルメ話・・・。とは言え、まだまだ2月頃の話が続くのだけど、ごめんね・・・。
 
それはさて置き、”限定裏ラーメン”に釣られて一時期は月一回以上食べに行っていた『新在家ラーメンもんど』であるが、数年前に”限定裏ラーメン”を止めてからはあまり行かなくなった。が、その反動?もあって最近は他のラーメン屋さんがやっている期間限定のフェアメニューを良く食べに行く様になった。その内の一つに全国的にも有名なラーメンチェーンの『博多一風堂』があるのだが、以前食べた”味噌白丸”の記事の中にも書いた様に続いて”博多ブラックCURRY”が登場したと耳にしたので食べに行ってみた。
 
博多一風堂姫路店
こちらがまたまた行って来た『博多一風堂/姫路店』で、このお店のランチタイムは何時行っても大賑わいしているので、この日はちょっと早目の午前11時半過ぎに行ってみたのだが、それでも既に何組かの先客が居て、早い客だと既に食べ終えて帰ろうとする客も居たぐらい・・・。姫路には他にも博多ラーメンの美味しいお店が何軒もあるのだが、このお店の人気もすっかりと定着した様だ。
 
博多一風堂博多ブラックCURRYメニュー博多一風堂博多ブラックCURRYメニュー
それはさて置き、こちらが今回期間限定で登場した”博多ブラックCURRY”のメニューで、最初に写真を見た時は、まっ黒なスープなので、以前にスーパーで売っていた生麺タイプの”博多中洲ブラック”の様な黒い豚骨スープのラーメンかと思ったりもしたのだが、そうでは無く、ブラックカレーのスープを使ったカレーラーメンだった。しかもポスターにこの一杯で、一軒のラーメン屋を作っても良いと思った”と書かれてあるぐらいの自信作らしい(第2回一風堂ラーメン総選挙で第1位に輝いたラーメンとの事)。何はともあれ、早速この”博多ブラックCURRY”を注文!!!
 
博多一風堂博多ブラックCURRYの前掛け
で、”博多ブラックCURRY”を注文すると、間も無くしてこの様な前掛けが運ばれて来た。カレーラーメンカレーうどんを食べる時に、スープが飛んで衣服にかかるのを防ぐ為の前掛けなのだが、”博多ブラックCURRY”に合わせたのか、まっ黒な色の前掛けだ。さしずめ”前掛けブラック”とでも呼べば良いのかな?
 
博多一風堂博多ブラックCURRY
そしてその後、暫くして運ばれて来たのが、こちらが”博多ブラックCURRY”と、これまた毎度の事ながら、カレーラーメンカレーうどんを食べる時は白いご飯が必須!って事で、思わず合わせて注文してしまった”ライスセット(野菜チップのせ)”で、合計金額は、ちょっと高目の950円也。ま、”博多ブラックCURRY”を単品で食べても850円なので、この値段になったのも致し方が無いかも知れない・・・。
 
博多一風堂博多ブラックCURRY
そしてこちらがその”博多ブラックCURRY”で、トッピングの具材が黒いスープに浸かってちょっと判り辛いのだが、大きなチャーシューの他に、味玉とかホウレンソウやキャベツやコーン等の野菜が沢山入っている。お店の商品説明に寄るとホウレンソウやキャベツ、バターコーン等、野菜をふんだんに取り入れ、細かく刻んだ焦がし玉ねぎが食感と風味のアクセントになっている”との事。スープは”数種類のカレースパイスと味噌に、豚骨と鶏白湯のWスープを合わせた。漆黒の秘密はカラメルでやさしい甘さもプラスしている”そうな・・・。更に仕上げにバルサミコソースが掛かっているらしく、これまた商品説明に寄ると”仕上げにかける、隠し味。スープに溶かしていくと、やわらかな甘みと酸味が加わる”らしい・・・。
 
で、そのお味であるが、ちょっと濃厚ながら思った程の辛さは無い、確かに中々美味しいカレーラーメンだ。個人的には偶にあちらこちらのお店でカレーラーメンを食べる事があるのだが、その中でも1、2を争うぐらいに美味しいカレーラーメンだったかな。そう思うと、別にカレースープの色が黒く無くてもエエ様な気はしたのだが、それってカラメルを入れるとどうしても黒くなってしまう?って事なんかな?
 
博多一風堂博多ブラックCURRY
そしてこちらは”博多ブラックCURRY”にトッピングされていたチャーシューで、これまた何時ものラーメン(と言っても長い間ノーマルの博多ラーメンを食べて無い気もするが・・・)にトッピングされているチャーシューとは違う、この”博多ブラックCURRY”の為に用意された物らしく、先ほどのメニューの説明に寄ると”大判のバラチャーシューには、仕込の段階でほんのりとカレー風味の味付け”との事。既にカレースープに浸かっていたので、カレー風味の下味は判らなかったが、カレーの具の豚肉みたいな味わいもあって、中々美味しいチャーシューだった。
 
博多一風堂博多ブラックCURRY
ちなみに”博多ブラックCURRY”の麺はこんな感じで、商品説明を読むと”程よい弾力と小麦の香りが自慢の中太平打ち麺”との事。私が良く食べに行っていた『新在家ラーメンもんど』の”限定裏ラーメン”でも、その時々のスープに合う様に麺もそれに合った物を東京の製麺所等から取り寄せて使っていたが、『博多一風堂』の期間限定フェアメニューでも、それにあった麺をわざわざ作っている様で、これもまた楽しい!で、今回の麺も私好みの”中太平打ち麺”で中々ウマかった!
 
博多一風堂博多ブラックCURRY
そしてこちらはカレーラーメンカレーうどんを食べる時は、白いご飯が必須!と言う事で、思わずセットで注文してしまった”ライスセット(野菜チップのせ)”で、プラスしたお値段は100円也。メニューに注意書きがあった様に・・・、あるいは先に紹介して貰った写真を観れば判る通り、運ばれて来た”ライスセット”にはカレーは掛かって無かったのだが、そのままじゃあちょっと寂しいので、メニューの写真通りに、ライスの廻りにカレーを入れてみた
 
博多一風堂博多ブラックCURRY
で、そのカレースープを入れた”ライスセット”を食べると、プチカレーライス、あるいはスープカレーにライスを入れた様な感じで、これまたウマい!やっぱカレーに白いご飯は合いますねえ。ちなみにトッピングされていた野菜は、乾燥したチップみたいな感じだったけど、カレースープを吸ってちょっとしたアクセントとしても中々楽しかった
 
てな事で、またまた『博多一風堂/姫路店』に行って今回も博多ラーメンとは全然違う”博多ブラックCURRY”と言うカレーラーメンを食べたのだが、黒い色は兎も角として中々ウマいカレーラーメンだった。それにチャーシューも麺もこれ様のオリジナルで、それも楽しさの一つだった様な・・・。そんな事もあって、次のフェアメニューが登場した暁にはまた食べに来てしまうだろう・・・
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。