義史のB型ワールド

2014年3月31日

湯原温泉ツアー初日、無事に湯めぐりの宿”松の家 花泉”に到着!早速、全部で17あると言う露天風呂巡り!!真昼間の温泉は最高だ!!!

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 9:20 PM
 
代理人記録
 
昨日紹介した温泉旅行の話の続き・・・。湯原温泉へ到着後、お宿のチェックインまで少し時間があったので温泉街の一番奥にある”砂湯”等を見学した後、いよいよこの日宿泊予定の旅館へと向かう事にした。旅館は湯原温泉の一番南端にあるので先ほどその前を通って来たばかりなので、迷う事無くお宿に到着
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉湯めぐりの宿 松の家 花泉
こちらが今回のお宿である湯原温泉湯めぐりの宿 松の家 花泉』で、公式サイトの案内に寄ると”最大で17の湯めぐりが楽しめる大浴場が自慢のお宿”との事。ちなみに宿の前の道の直ぐ向こうには川があるので、流石に宿の全景を撮る事が出来なかったので、上の右側の写真は公式サイトからお借りした物だ。ちなみにご覧の様に、この温泉街の中では中規模クラスの旅館なので専用の駐車場が無く、お宿の係の人が温泉街共通の駐車場まで車を移動してくれるシステムだった。
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉湯めぐりの宿 松の家 花泉
そしてこちらが『湯めぐりの宿 松の家 花泉』のロビーとお土産コーナーで、何時もは時間の空いた時にお土産コーナーを覗きに来るのだが、今回は露天風呂廻りと部屋の中でのウダウダ話もあって、結局私はお土産コーナーには一度も足を運ぶ事が無かった・・・。流石にお嬢様方はお土産コーナーにも行ったらしいが・・・。
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉湯めぐりの宿 松の家 花泉
そしてこちらがご主人様と私が宿泊した部屋で、事前にネットの口コミを見ると2人部屋は6畳一間・・・と書いてあったので、もしかしたら6畳一間にご主人様と二人・・・、と言う覚悟をしていたのだが、実際は15畳以上ある中々広い部屋だ。残念ながら宿の内側にある部屋だったので、窓を開けると目の前は露天風呂の垣根?が見えるだけで、景色は今一つだったけど・・・。
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉湯めぐりの宿 松の家 花泉
ちなみにお嬢様方のお部屋はこんな感じのお部屋で、何故か隣り合わせでは無く、向い側の道路側の部屋で窓を開けると目の前には川が広がる日当たりの良いお部屋だった。でも部屋の広さ的には我々の部屋と似たような広さだった様な気がする・・・。
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉
参考までに、廊下に貼ってあったお3Fの客室の案内表を紹介すると、こんな感じで、中央にエレベーターや階段があり、お嬢様方の泊まった部屋は数段の階段を上がった段差のある廊下の先にあると言う、若干変わった作り?のフロアだった様な・・・。てか、この後、中央の階段を何度か上り下りするのだが、その階段もちょっと迷路っぽくて、今何階に居るのか判らなくなる様な不思議な空間の階段だった・・・。
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉
そしてこちらは部屋の中に用意されていたお茶菓子で”合わせ焼(餅入りサンド)”と”種なし梅”の2種類。とは言えこの時間に食べると夕食に影響する?と思って食べなかった様な・・・、食べた様な・・・。うーん、記憶が曖昧だ・・・。
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉
で、部屋に置いてあった館内案内を見ていると、その中にこの様な一品料理の”黒毛和牛ステーキ”なるメニューを発見!実はこの日の夕食にぜひ地元産のブランド牛肉が食べたい!と、ご主人様にお願いして別途”黒毛和牛ステーキ”を追加したのだが、その料金は3000円・・・。が、しかし!このメニューを見ると1人前2800円になっているし、写真では220gの1枚物のロースステーキの様だ・・・。どう考えても、追加した”黒毛和牛ステーキ”に220gのお肉が出るとは考えられないし・・・。で、実際にどんなお肉だったのかは、この後直ぐ!!!
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉露天風呂
それはさて置き、折角露天風呂が自慢の宿に泊まったって事で、部屋でウダウダしているのは勿体無い!って事で、向かったのは4Fにある15の露天風呂を湯めぐり出来る”露くらべと花くらべ”と言う大浴場。この2種類の露天風呂が”西日本一の癒しの湯処”と呼ばれる所以にもなっているらしい・・・。
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉露天風呂花くらべ湯めぐりの宿 松の家 花泉露天風呂花くらべ
で、4Fのエレベーターを降り(もしかすると階段で上がったかも・・・)大浴場の方へ向かって進んで行くとその手前の窓の外に、露天風呂の垣根が見えて来た。そして廊下の突き当たりの両側にそれぞれ”露くらべと花くらべ”と呼ばれる大浴場の入口が見えて来た。
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉露天風呂
ちなみにこちらは大浴場の入口の手前に飾ってあった”癒しの湯処”の案内ボードで、先にも書いた様に此処には”露くらべと花くらべ”の二つの風呂があるのだが、それぞれは22時で男女入替えとなっており、昼間のこの時間は、打たせ湯、寝湯、陶器風呂、檜風呂など8つの湯めぐりが出来る”花くらべ”が男湯になっていた。
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉露天風呂花くらべ
で、脱衣場から浴場のドアを開けて中へ入るとそこにはこの様な【岩風呂】があり、そこには一足先に温泉に浸かって上機嫌のご主人様の姿が・・・。ちなみにこの時は、他に一人先客が居たのだが、我々が入って間も無くして出て行ったので、途中からは貸切状態だった。やっぱ温泉は空いている時がエエよねえ・・・
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉露天風呂花くらべ
で、折角沢山の露天風呂があるので、建物の中にある風呂に浸かっているのも寂しい・・・、って事で外へ出てみるとこの様な幾つかの浴槽?が並んだ露天風呂が出て来た。上の写真の左手奥、柱の向こうにあるのが【八角風呂】で、その右横が【寝湯・泡湯】、その奥が【打たせ湯】、右手前の丸い浴槽が見たまんまの【丸風呂】らしい・・・。15とか17の湯めぐりが出来る・・・、と書いてあったが、”打たせ湯”もその一つなのね・・・。
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉露天風呂花くらべ
そしてこちらは上の写真の左側にあった【檜風呂】と【陶器風呂】で、間にある水汲み井戸の様な物は・・・、何だったっけ?それはさて置き、これで最初の岩風呂を含めて7つのお風呂があったのだが、この”花くらべ”には全部で8つあるはずなのだが・・・。
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉露天風呂花くらべ
ちなみにこちらは一番奥にあった【八角風呂】から大浴場の入口方面を見た様子で、左手前にあるのが先に紹介した【寝湯・泡湯】で、その向こうにあるのが【丸風呂】だ。
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉露天風呂花くらべ
そしてこちらはその【丸風呂】に浸かって上機嫌なご主人様の御姿・・・。
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉露天風呂花くらべ
序でに紹介すると、こちらは一番奥にあった【八角風呂】。
 
湯めぐりの宿 松の家 花泉露天風呂花くらべ
そして後一つ、何処かに風呂があるはずだ・・・、と探してみたら、入口近くにあった肥溜めの様な小さな湯処が【足湯】だった・・・。これで”花くらべ”の8つのお湯を一通り巡ったと言う事に相成ったのであった!
 
ちなみにこの他にも地下には加温・加水なしの掛け流しの大浴場露隠(つゆごもり)】とか、あるいは内風呂と露天風呂がある貸切風呂露ろまん】等、全部で17の風呂があるのだった。そう言えば、お風呂付の部屋も何室かあったはずなのだが、流石にそれらのお風呂は数には含まれて無かった様だ・・・。
 
湯めぐりの宿 松の家 マッサージルーム
で、お風呂を出た後、この旅館の5Fにあるワンフロア丸ごとリラクゼーション施設になった一角にあったマッサージルームに行って、日頃の疲れを癒す事に・・・。このフロアには有料で岩盤浴とかエアーマッサージの部屋もあったのだが、結局それらを利用する事は無かった・・・。
 
てな事で、お宿到着後、まずは一回目の温泉三昧を味わったのだが、この後も夕食後地下の大浴場と、もう一つの露天風呂へ行き、更に翌朝にはもう一度、その露天風呂に浸かりに行き、それぞれで話好きのお兄さん?に出会うのだが、その話は・・・、無いかな?

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。