義史のB型ワールド

2014年3月25日

ヤマトヤシキ加古川店のレストラン街に出来たお好み焼食堂で”ぼっかけ焼そば”を食べてみた!ノーマルだとソース少な目だったが中々ウマい”焼きそば”だった!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:35 PM
 
代理人記録
 
何か最近”粉もん系”を食べて無いと思い立ち久々に食べに行ってみる事にした。で、お手軽に”粉もん”を食べれるお店と言えば、らーめん八角グループの『うまいもん横丁』か、お好み焼チェーン『』が真っ先に頭に浮かんだのだが、何か今一つパッとしない・・・。で、ふと頭に浮かんだのが、ヤマトヤシキ加古川店のレストラン街にあるお好み焼屋さんの事。ヤマトヤシキ加古川店のレストラン街にある他のお店には時々食べに行っているのだが、お好み焼屋さんだけは何年も前にあったお店に食べに行った切りで最近は全然行って無い。が、そのお好み焼屋さんも少し前に別のお店に変わったので、どんなお店なのか食べに行ってみる事にした。
 
お好み焼食堂みっちゃん
こちらが今回行って来たヤマトヤシキ加古川店の7Fのレストラン街にある『お好み焼食堂みっちゃん』と言うお店で、”みっちゃん”と聞くと、広島にある超有名な広島焼きのお店を思い浮かべてしまうのだが、それとは全然関係無く、その前にこの場所にあった、お好み焼食べ放題のお店『黒鉄』が店名と営業形態を変えたお店らしい・・・。確かに以前のお好み焼食べ放題には全然関心が沸かなかったもんなあ・・・。今の私には食べ放題は拷問に近い・・・。
 
お好み焼食堂みっちゃんの店内
ちなみにこちらが『お好み焼食堂みっちゃん』の店内はこんな感じで、多分以前の『黒鉄』の時とそっくりそのままだと思う。そう言えば、此処にあったお好み焼屋さんには彼是10年以上前に来た事がある程度なのだが、その時のお店がどんなだったかは今となっては全く記憶が無い・・・。てか、ヤマトヤシキ加古川店のレストラン街もすっかりと変わってしまったからなあ・・・。昔から残っているのは中華料理の『赤坂飯店』ぐらいかも知れない・・・。
 
お好み焼食堂みっちゃんのこだわり
ちなみにこちらは店内に置いてあったメニューの表紙に載っていた、お店の紹介文でそれに寄ると”神戸板宿商店街にあるお好み焼「みっちゃん」直伝の味を再現した神戸が発祥の庶民食「ぼっかけ焼きそば」が名物のお店”らしい・・・。てな事で、試しにこの日はそのご自慢の”ぼっかけ焼きそば”を食べる事に決定!!!
 
お好み焼食堂みっちゃんのメニュー
が、しかし・・・、”ぼっかけ焼きそば”だけでは何かちょっと寂しい・・・と言うよりか個人的には”焼きそば”と白いご飯を一緒に食べるのが結構好きなので、最初は白ご飯と味噌汁を追加で頼もうかと思ったのだが、そう言ったお得なセットは無くそれぞれを単品で注文する事になるので、全然お得感が無い・・・。仕方が無いので、白ご飯と味噌汁の他に”選べる小鉢2品”がセットになった”お得なお昼ごはん”とやらも合せて注文する事に・・・。
 
お好み焼食堂みっちゃん選べる小鉢
で、”お得なお昼ごはん”には”選べる小鉢”が付いている・・・、と言う事でまず最初にセルフコーナーへと向かい、そこに置いてあったケースの中から小鉢を2つ選ぶ事に・・・。ちなみにケース内に置いてある小鉢を見ると、高砂荒井にある『ごはん高砂』で定食を頼むと同じ様に好きな小鉢が選べるケース内の小鉢と何と無く似ている様な・・・(『ごはん高砂』は最近、移転するとかで閉店してしまったが・・・)。
 
お好み焼食堂みっちゃん選べる小鉢
それはさて置き、セルフコーナーから”選べる小鉢”の2品を持って席に戻って来ると、ほぼ同じタイミングで”無料サービスのコンニャク”が運ばれて来た。何と無くであるが、これだけでビール1本ぐらい軽く飲めそうな気がする・・・。
 
お好み焼食堂みっちゃん選べる小鉢
それは兎も角として、こちらが”選べる小鉢”の中から私が選んで来た一つ目の小鉢で、ご覧の様にオーソドックスな”出汁巻き玉子”なのだが、当然ショーケースの中に入れられていた物なので、焼立て熱々では無くかなり冷たい。でも上から少し醤油を垂らして食べると、普通に美味しい出汁巻き玉子”だった。
 
お好み焼食堂みっちゃん選べる小鉢
そしてこちらが”選べる小鉢”の中から選んだもう一品の小鉢で、ご覧の通りの”カボチャ煮”で、少し固茹でなのと、こちらも冷たかったけど、味はしっかりとしていて中々ウマいカボチャ煮”だったかな。
 
お好み焼食堂みっちゃんサービスのコンニャク
そしてこちらが”無料サービスのコンニャク”で、アルミ箔の上にお出汁を入れてその中でコンニャクを焼くだけのシンプルな一品だ。そう言えば、最近はあちらこちらのお店でこの様なコンニャクが出て来る事が多いのだが、私が初めてこの様なコンニャクを食べたのは、10数年前まで播磨町にあった、ちょっと有名なお好み焼屋『うんつく』で食べたのが最初だった様な・・・。あのお店で食べた後、これなら家でも出来るやん!とチャレンジした事があったが、意外とお出汁の味が難しかった様な記憶が・・・。それはさて置き、このお店のお出汁が美味しかった事もあり、焼けたコンニャクもウマかった
 
お好み焼食堂みっちゃんぼっかけ焼そば
そんなこんなでコンニャクを食べ終えた頃に、漸く運ばれて来たのがこちらの”ぼっかけ焼きそば”760円と、”お得なお昼ごはん”の”小ライスと味噌汁”380円で、合計金額は1160円也。小鉢が2品付いているとは言え、中々エエお値段の”焼きそば定食”になってしまった・・・。先にも書いたが『』とか『うまいもん横丁』とか、あるいは加古川別府にある『かめ家』なんかだと、ランチタイムに”焼きそば”を頼むと、ご飯と味噌汁が無料になるサービスがあるのだが・・・。
 
お好み焼食堂みっちゃんぼっかけ焼そば
それはさて置き、こちらがこのお店の看板商品である”ぼっかけ焼きそば”で、お店の説明に寄ると”肉は近隣の食肉センターから仕入れる新鮮な国産和牛を使用、麺は粉の配合から特注でつくっているほどのこだわり。2~3時間炊いた後、冷蔵庫で1晩寝かせた特製の牛すじと特注の中太麺をつかった贅沢な1品”との事。で、そのお味であるが、最初にかかっているソースの量が、私にはちょっと少な目な気がしたが、それでもしっかりと味が付いていて中々ウマい!流石に途中から物足りなくなったので、テーブルの上に用意されていたソースを加えて食べると、味が少し変化してこれまたウマい!確かにお店が自慢するだけの事のある美味しい”ぼっかけ焼きそば”だった。
 
お好み焼食堂みっちゃんぼっかけ焼そば
ちなみに”ぼっかけ焼きそば”の”ぼっかけ”はこんな感じで、色んな部位はあった物の、上の写真に写っているお肉は限りなく普通の赤身肉に近い感じで、思いの外柔らかくて味わいのあるメチャ美味しいぼっかけ”だった。最近、あちらこちらで”ぼっかけ”を食べる事が多かったのだが、その中で1番美味しいぼっかけ”だったかも知れない・・・。
 
お好み焼食堂みっちゃんお得なお昼ごはんの味噌汁
そしてこちらは”お得なお昼ごはん”のセットの”味噌汁”で、お出汁はあっさりながら家庭的な優しい感じの味がする中々美味しい味噌汁”だ。やっぱ”味噌汁”は大きなお店で食べるより、こう言った個人経営の小さなお店で出て来る”味噌汁”の方が、手作り感満載で美味しい様な気がする・・・。
 
お好み焼食堂みっちゃんお得なお昼ごはんの食後の珈琲
で、最初に紹介するのを忘れたが、”ぼっかけ焼きそば”に追加して食べた”お得なお昼ごはん”のセットにはドリンクバーも付いていて、最初にウーロン茶とかを飲んだのだが、折角なので食後にも珈琲を飲んでみた。”お得なお昼ごはん”は380円と、ちょっと高目な気がしたが、ドリンクバーが付いていると思えばそう高くは無いのかも知れない・・・。
 
てな事で、この日はヤマトヤシキ加古川店の7Fのレストラン街にある『お好み焼食堂みっちゃん』に行って”ぼっかけ焼きそば”を食べたのだが、確かに中々ウマかったけど、他のお好み焼屋のランチタイムサービスと比べると、ちょっと高い気もする・・・。でも一度は普通のお好み焼も食べてみたいしなあ・・・。また何時か食べに行ってみようかな。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。