義史のB型ワールド

2014年3月13日

姫路でちょっと有名なとんかつ屋さんに行ってみた。味は美味しかったけど狭いし薄暗いし、私にはちょっと向かないお店かも・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:12 PM
 
代理人記録
 
今は亡き”究極のカツ丼のお店”を初めとして、一時期姫路へ行った時に『ふなこし』、『赤心』、『むさし』、『とん龍』(駅前の再開発で閉店)等のちょっと有名どころの豚カツのお店を食べ歩いていた頃があった。で、他にもちょっと有名な『いわしろ』と言うお店があり、一度は行ってみようと、それこそ何度もお店の前まで行った事があるのだが、何時行ってもお店が満席だし、一人で入ると相席必至な感じだったので、今まで一度も入った事は無かった。が、少し前に姫路に行った時にまたまたお店の前を通ると時間の関係もあって、何か空いている様子。この時を逃しては何時またチャンスがあるか判らない!って事で、試しに入ってみる事にした。
 
とんかついわしろ
こちらが今回行って来た『とんかついわしろ』で、ご覧の通り小さなお店で、実際店内はテーブル席が3卓と詰めて座っても3席分しか無い様なカウンター席のみしか無い。で、その時はカウンター席に一人先客が居ただけで、テーブル席は全て空いていたのだが、お店のおばちゃん曰く”こんな狭い店内なので、カウンター席でお願いします・・・”との事。そう言われるといくらガラガラでもテーブル席に座る訳に行かず、厨房&レジ前のカウンター席へ・・・
 
が、その直後に入って来た同じく一人客の兄ちゃんは、カウンター席を指定される事無く、照明の明るい広々としたテーブル席に着席・・・・・・・・・・。1分程の時間の差で、私は薄暗い狭苦しいカウンター席で、方や後から来た兄ちゃんは4人掛けの広々とした明るい席でゆったりと食事・・・。運とは言え何か不公平だよねえ・・・。どうせこうなる事はある程度予想は出来たのだけどなあ・・・。先に入った方が損し気分になるのはなあ・・・。ま、私も食べて帰るだけなら狭苦しくて薄暗いカウンター席でも文句は無いのだが、写真を撮りたいからねえ(ん?そこが間違っている!と言われるとそれまでだが・・・)。
 
とんかついわしろ三角物語定食のメニューとんかついわしろのメニュー
それは兎も角として、こちらがお店の前に置いてあったこのお店のメニューで、ご覧の通り”失恋物語定食”とか”乙女物語定食”とか”青春物語定食”等、ユニークなネーミングがずらっーと並んでいて中々楽しげなのだが、料理名を読んだだけでは内容が全然判らないのがちょっと難点な気が・・・。
 
とんかついわしろ三角物語定食のメニュー
で、迷った時はこれ!と大きく書いてあったのが、こちらの”三角物語定食”と言うメニューで、説明書きを読むと”エビフライ・とんかつ・チキンカツのミックス玉子とじ”の定食らしい。この”三角物語定食”がこのお店の一番の人気メニューとの事なので、今回はこの”三角物語定食”を食べてみる事に決定!!!
 
とんかついわしろ三角物語定食
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”三角物語定食”で、メインの料理の他にライスと味噌汁が付いてお値段は750円也。先にも書いた様にカウンターは超薄暗かったので、ちゃんと写っているかどうか心配だったが、かろうじて何とか撮れた・・・、みたいな・・・(写真を見れば何と無くその暗さが判って貰えるかな?)。ちなみにこのカウンター席の直ぐ奥が厨房で、そこから料理が出て来るので、待っている間も食べている間もずっと直ぐ横に、お店のおばちゃんが立っていて、何か落ち着かない雰囲気だった
 
とんかついわしろ三角物語定食
それはさて置き、こちらが”三角物語定食”のメイン料理で、パッと見ただ感じはメニューに書いてあった説明に寄ると”エビフライ・とんかつ・チキンカツのミックス玉子とじ”との事。揚げ物の上にたっぷりとかかっているのが、玉子とじにソースが混ざった様な感じのもので、海老とか豚肉、鶏肉の質はそれなりなのだが、このソースがメチャウマい!当然フライも揚げたて熱々で、確かに美味しい料理だったかな。
 
てな事で、以前から一度は行ってみたいと思いつつ、お店の雰囲気と何時も混雑していたので中々入る気にはなれなかった『とんかついわしろ』に漸く食べに行ってみたのだが、確かにこの日食べた”三角物語定食”は旨かった。揚げ物が美味しいと言うよりは上にかかったソースが美味しかったから・・・と言う気はしないでは無いが、確かに人気があるのは頷ける・・・。ただ、冒頭でも書いた様に、この日の私は薄暗く狭苦しいカウンター席に案内され、直ぐ後から入って来た兄ちゃんは明るく広々としたテーブル席に案内されたと言う事で、どうしても印象は悪し・・・。そんな事もあって一人ではきっともうこのお店に行く事は無い様な気がする・・・。
広告

久々に姫路へ行って街中を散策していると”ラーメン虎と龍”1号店?が”餃子屋七星”に変わっていた。他の”ラーメン虎と龍”も何店か閉店していた・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:22 PM
 
代理人記録
 
姫路へ来て街中をブラブラ散策していると姫路フォーラス前にあった、姫路にある『ラーメン虎と龍』で一番古いお店の『姫路フォーラス前店』が何と『餃子屋七星』に変わっていた!
 
餃子屋七星姫路フォーラス前店
こちらが少し前まで『ラーメン虎と龍姫路フォーラス前店』があった場所に何時の間にやらオープンした『餃子屋七星姫路フォーラス前店』で、この場所は『ラーメン虎と龍』の前は”究極のカツ丼のお店”があった場所でもある。で、『餃子屋七星』はと言うと、以前良く行っていた姫路手柄にあるパソコンショップの直ぐ近くに本店があり、その隣には『餃子屋七星』が経営している串カツ屋さんもある、当ブログでも何度か紹介した事がある”餃子とラーメンのお店”なのだが、一時期は山電姫路駅の西側にラーメン専門店も出していたのだが、今はその駅近くのお店は別のラーメン屋さんに変わっている。何かお店を出したらり撤退したりを繰り返しているのね?
 
餃子屋七星姫路フォーラス前店お得な定食メニュー
ちなみにこちらは『餃子屋七星姫路フォーラス前店』のドアに貼ってあった”お得な定食”のメニューで、餃子だけかと思いきや案の定ラーメンもメニューにある様だ。で、思わずお店に入って食べてみようかとも思ったのだが、わざわざ此処で食べなくても手柄にある本店へ行った方が店内もゆったりしているし・・・、と思ってこの時は通り過ぎたのだが、また何時か食べに行ってしまうかも知れない・・・。
 
ラーメン飯店虎と龍/姫路イオンタウン店
で、その後、今度は姫路イオンタウン(旧姫路ロックシティ)に行くと、その中にあった『ラーメン飯店虎と龍/姫路イオンタウン店』も何か営業をして無い様だった(この日は日曜日だったので、商売的にはかき入れ時なので定休日と言う事は有り得ないと思う・・・)。そんな事もあって、ちょっと気になったので、今度は以前に何度か食べに行った事がある『姫路飾磨店』のお店の前を十てみると、そちらは看板すら無かった・・・。何時の間にか閉店していた様だ。ま、『姫路飾磨店』はちょっと場所が悪いとは思っていたのだけど・・・。
 
てな事で、最近は兵庫県はもとおり大阪にもお店がどんどんと増えている『ラーメン虎と龍』であるが、その姫路1号店(もしかして『ラーメン虎と龍』の1号店だったかも?)である『姫路フォーラス前店』を筆頭に何店かも支店が閉店していた。明姫幹線沿いにある『ラーメン虎と龍』は未だ営業していたと思うのだけど、何と無く民事再生法を申請する前の『希望軒ラーメン』の状況に似ている様な気がする・・・。
 
2014年3月22日、加筆・・・
 
ラーメン虎と龍播磨町店閉店
ちょっと気になったので、後日明姫幹線播磨町辺りを車で通った時に『ラーメン虎と龍/播磨店』がどうなっているのかと、見てみたら案の定閉店・・・、と言うよりも既に解体作業が始まっていた・・・。思えば12年ぐらい前?にこの場所に『ラーメン希望軒/加古川店』が誕生したのだが、その後『希望軒』が民事再生法を申請してから、何度か屋号を代え、この『ラーメン虎と龍/播磨店』になってからは安定していた様な気がしていたのだけどなあ・・・。『虎と龍』・・・、一体どうなってしまったんだろう・・・。

WordPress.com Blog.