義史のB型ワールド

2014年3月7日

またまた行った”高砂宝殿食堂”で、今度は”昔ながらのカレーライス”とやらを食べた!肉じゃがを混ぜた様なカレーで、これが中々ウマい!

Filed under: カレー — 代理人 @ 11:39 PM
 
代理人記録
 
7年前の丁度今頃に丸々1ヵ月間程の間、和歌山に出張していた時に我々の社員食堂化していた『まいどおおきに食堂』であるが、その頃はメニューの中にカレーライスが無かった(もしかしたら、偶々行っていたそのお店だけだったのかも知れないが・・・)。で、カレーが食べたい時は直ぐ近くにあった毎度お馴染み『カレーハウスCoCo壱番屋』に行った物なのだが、その出張を終えこちらに帰って来てから1~2年経った辺りに『加古川北在家食堂』で”食堂のカレーライス”が提供されだしたので思わず食べに行った物だった・・・。
 
それ以来、時々”牛すじカレー”とか”夏野菜カレー”とか”夏野菜ゴロゴロの食堂のカレー”等のカレーメニューを出す様になり、通常メニューにも”食堂のカレーライス”が提供されているのだが、今年になってから久々に食べに行った『高砂宝殿食堂』へ行くと”昔ながらのカレーライス”なるメニューがあったので、中途半端な時間だったけどその近くを通った時に食べに寄ってみた
 
まいどおおきに食堂/高砂宝殿食堂
こちらがまたまた行って来た『まいどおおきに食堂』チェーン店の『ごはんや高砂宝殿食堂』で、この時はちょっとした都合で午後3時頃と言うランチタイムでも無いディナータイムでも無い時間での訪問だったので、お店やってるのかな?とか、客は誰もいないのでは?と思いつつ店内に入ってみたのだが、意外とそこそこのお客さんがいた。でもこの時間は作り立ては絶対に出て来ない時間帯だと思うのだけど・・・。
 
まいどおおきに食堂/高砂宝殿食堂限定メニュー
それはさて置き、こちらが以前にも紹介した”高砂宝殿食堂限定のメニュー”の一部で、前回紹介した”豚カツめし”の横にこの日のお目当てである”昔ながらのカレーライス”のメニューが貼ってある。で、このお店には当然の如く通常メニューに”食堂のカレーライス”もあるのだが、その違いは何かと言うと、この”昔ながらのカレーライス”は”和風で大きな具入り”になっているらしい・・・。
 
で、早速セルフコーナーの一番最初の注文口で”昔ながらのカレーライス”を注文すると、店員のオネエサンは何故かセルフコーナーの並んでいる肉じゃが”があるかどうかチェックして、”肉じゃが”が一皿残っていたのでオーケーとの返事・・・。ふーんと思っていたら、私の直ぐ後に入って来たオジサンが、私に釣られたのか同じく”昔ながらのカレーライス”を注文したら、”肉じゃが”が無くなったからなのか、もう終わったと断られていた・・・。てな事で、”昔ながらのカレーライス”とは”肉じゃが”を使ったカレーって事かな?そう言えば何年か前に”CoCo壱で肉じゃがカレー”ってのを食べた様な・・・。
 
高砂宝殿食堂/昔ながらのカレーライス
それはさて置き『まいどおおきに食堂』と言えばセルフサービス形式のお店なのだが、何時もの如く私が注文する料理はオーダーが通ってから作り始める・・・、って事で数分待たされた後、席まで運ばれて来たのがこちらの”昔ながらのカレーライス”で、お値段は税込価格500円也。ご覧の様にハート型をした目玉焼きがトッピングされている・・・。もしかしてだけど~♪、もしかしてだけど~♪、それってカレーを作ったオネエサンが私に惚れているんじゃ無いの~?
 
高砂宝殿食堂/昔ながらのカレーライス
それは兎も角として、早速”昔ながらのカレーライス”を食べてみると、具の中に”肉じゃが”の具のお肉の様な、通常の”食堂のカレーライス”に入っていそうな牛バラ肉が入った家庭で作る様なカレーで、これまた”肉じゃが”の出汁が混ざっているからなのか和風な感じもする味で中々ウマい!本格的な”欧風カレー”とか、家では食べる事が出来ない”インドカレー”も好きだが、この”昔ながらのカレーライス”も中々美味しかった!
 
高砂宝殿食堂/昔ながらのカレーライス
ちなみにメニューの中に”大きな具入り”と書いてあった様に、まさに”肉じゃが”の具の様な大き目カットのジャガイモもゴロゴロと入っていた・・・。ま、この辺りは”夏野菜たっぷりカレー”に入っているジャガイモと大して変わらない気はするが・・・。
 
てな事で、元旦に怪我をした足の治療で通う様になった病院に行った際に、時々行く様になった『高砂宝殿食堂』で、この日はこのお店限定の”昔ながらのカレーライス”を食べてみたのだが、雰囲気的には家庭的な味な感じだったけど、最近はこの手の味に飢えている?私には中々美味しいカレーライスだった。このお店の限定メニューには”カレーうどん”なるメニューもあるので、またその内食べに行ってみようと思うのであった。

イオンシネマ加古川よりもイオンシネマ明石の方が劇場が広い!って事で、久々にイオン明石に行ったのでセルフうどんのお店に行ってみた!ま、どうって事の無い味だったけど・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:38 PM
 
代理人記録
 
最近、映画の話を全然書いていないが、個人的には映画が大好きなので相も変わらず月に1回以上は観に行っている。で、少し前にも書いた様に年末年始は観たい映画が目白押し(ま、別の理由もあるのだが・・・)!で、またまた映画を観に行く事にしたのだが、この日見たいと思った映画はイオンシネマ加古川では小さなスクリーンでの上映・・・。どうせ同じ映画代を払うのなら少しでも大きい画面で、しかも真ん中が通路では無い劇場で見たい!と言う事で、またまたイオンシネマ明石まで出向いてみた。
 
が、上映時間は昼前からだったので、その前に朝飯代わりも兼ねてちょっと腹ごしらえをする事にした。で、数年前であればマイカル明石へ映画を観に来た時は”明石ラーメン波止場”に行く事が定番だったのだが、”明石ラーメン波止場”が無くなってからは行きたいお店が無くて困る。そんな時は良くマクドナルドを利用していだのだが、今回はもっとお手軽?に、セルフうどんのお店で”かけうどん”だけを食べてみる事にした。
 
讃岐製麺麦まる/明石イオンショッピングセンター店
こちらが、今回行ったイオン明石のフードコートの一角にあるセルフ形式のうどんのお店『讃岐製麺 麦まる/明石イオンショッピングセンター店』で、お店の紹介文を読むと”店内で小麦粉から製麺したうどんを打ちたて、茹でたてで召し上がっていただく、セルフ方式の低価格うどん専門店”との事。ちなみにこのお店は、私が時々利用している『実演手打うどん杵屋』の姉妹店らしい・・・。でも『丸亀製麺』に比べると、全然マイナーだよなあ・・・。
 
ちなみに、このフードコートも何度か改装されているので、私も記憶がはっきりしないのだが、最初此処に出来たセルフうどんのお店は別の違う名前のお店だった様な気がするのだが・・・。ちなみに隣にあった、個人的に好印象が残っている『自然流』と言うお好み焼屋さんがあったのだが、今はインドカレーのお店に変わってしまっている・・・。残念・・・。
 
讃岐製麺麦まるメニュー
それはさて置き、こちらが『讃岐製麺 麦まる』メニューで、ご覧の通り、”かけうどん、ぶっかけうどん、生醤油うどん、釜玉うどん、ざるうどん”等の定番メニューが並ぶ、オーソドックスなセルフ形式のうどん店だ。そんな中、個人的にはお出汁重視派!と言う事で、素直に”かけうどん”のみを食べる事に決定!!!
 
麦まるかけうどん(讃岐うどん)並
で、こちらが実際に食べた”かけうどん(讃岐うどん)”の並で、お値段は250円也。同じセルフうどん形式のお店『はなまるうどん』だと、”かけうどん1杯”が130円(長い間、100円だったし・・・)で食べれたのだけどなあ・・・。ま、その分、刻みアゲがトッピングされているから少しは納得出来るお値段か?(ちなみに天かすは自分で追加)。
 
それはさて置き、肝心のお出汁のお味であるが”杵屋のうどんの出汁”と同じ様な味・・・、と思って食べると何と無くそんな感じがする関西人好みの甘目の出汁で普通に美味しい・・・。天かすや刻みアゲとの相性も良く、映画を見る前にさらっとお腹を満たすには十分な”かけうどん”だったかな。
 
麦まるかけうどん(讃岐うどん)並
ちなみに”かけうどん”の麺はこんな感じの、ちょっと太目な感じの手打ち讃岐うどん風の麺で、これまた普通に美味しかったかな
 
てな事で、この日はまたまたイオンシネマ明石まで行って来たので、その前にフードコートにあるセルフうどんのお店で”かけうどん”を食べたのだった。このフードコートが誕生した時(と言うのか、マイカル明石)が誕生した時は、今現在隣にある『神戸クックワールドビュッフェ』(明石ラーメン波止場の跡地に出来てる)のエリアもフードコートの一部だったぐらいの超巨大なフードコートで、その中には個人的に大好きな『お好み焼千房』のセルフ形式のお店もあったのだが、割と直ぐに撤退してしまった・・・。てか、イオン明石のレストラン街も含め、以前程の賑わいは無くなってしまった様な気はするが・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.