義史のB型ワールド

2014年3月4日

以前”ターメン堂”で食べた”ワンタン麺”のスープが美味しかったので、同じ北海グループの”山神山人”に10十数年ぶりに行って塩ラーメンを食べてみた。ターメン堂の塩スープ程では無かったが普通に旨かった!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:29 PM
 
代理人記録
 
昨年の12月の中旬頃に、”神戸さんちか麺ロード”で”ターメン白 ~超ワンタン!~”を食べたら中々ウマかった!で、そのラーメンを食べた『ターメン堂』と言えば北海ラーメングループが協力しているお店?だったので、基本的には北海ラーメングループのスープと同じ味・・・。で、北海グループと言えば、10数年前に西明石に出来た『らーめん処 山神山人』もそのグループ店の一つ。もしかすると『らーめん処 山神山人』へ行くと、”ターメン白 ~超ワンタン!~”のベースになっていた塩スープと同じ味の塩ラーメンが食べれるかも?と思い、久々に行ってみる事にした。
 
らーめん処 山神山人/西明石店
こちらが10数年ぶりに行って来た『らーめん処 山神山人/西明石店』で、上でも書いた様に神戸にある『北海』と言う会社がチェーン展開しているラーメン屋さんで、何処のフードテーマパークだったか忘れてしまったが、神戸代表のご当地ラーメンとして『らーめん処 山神山人』が出店していたのを見かけた記憶がある。で、今はこのお店の裏にお店専用の駐車場があるが、10数年前に来た時はお店専用の駐車場が無く、近所の有料パーキングを利用しなければ成らず、更に1000円以上飲食した場合は駐車場のサービス券が出ると言う話だったのだが、一人でラーメンを食べただけでは1000円に満たず、何か高いラーメンになった記憶があり、10数年前に一度来た切りで、その後は来なくなったのだった。歩いて数歩の処にあるホテルキャッスルプラザには何度も行ってるのにね・・・。
 
らーめん処 山神山人/西明石店
そしてこちらが『らーめん処 山神山人/西明石店』の店内で、10数年前の印象はもっと薄暗く、しかももっと狭い感じの店内だと思っていたのだが、私の記憶とは違い、カウンター&テーブル席の両方が完備した割と広々とした店内だった。もしかすると私が来なかった間に一度くらいは店内は改装されているのかも・・・
 
らーめん処 山神山人らーめんメニュー
それはさて置き、こちらが『らーめん処 山神山人』の”らーめんメニュー”で、このお店の看板商品は”とんこつらーめん”なのだが、上で書いた様に、この日の私のお目当ては”ターメン白 ~超ワンタン!~”のベースだった塩スープのラーメン・・・、と言う事で、メニューの下の方にある”あっさりとんこつスープの塩らーめん”と言う”塩盛り”を食べる事に決定!!!
 
らーめん処 山神山人お昼の定食メニュー
ちなみに、ランチタイムにはこの様な”お昼の定食”と言うお得なメニューもあったのだが、この日は然程お腹が空いていたと言う訳では無かったので、ラーメン単品だけで済ませる事にした。お店専用の駐車場もあるみたいだし、また機会があれば”お昼の定食”でも食べに行ってみたいと思う・・・。
 
らーめん処 山神山人塩盛り
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”塩盛り”で、お値段は780円也。ご覧の通り、豚骨ベースのスープなのだが、タンメンにも近い半透明な感じの色をしている様な。お店の商品説明に寄ると”豚骨と鶏ガラ、野菜でじっくり煮込んだクリーミーな豚骨を使ったあっさり塩スープ”との事。で、そのお味であるが、同じ北海ラーメングループの”ターメン白 ~超ワンタン!~”よりも更にあっさりで、普通に美味しくは思えたが、やっぱ私が食べたかった”ターメン白 ~超ワンタン!~”のスープとは少し違う味の様で期待していた味では無かったかな
 
らーめん処 山神山人塩盛り
ちなみにこちらは”塩盛り”にトッピングしていたチャーシューで、ちょっと厚みは有る物のプリプリとした食感で中々美味しいチャーシューだった。チャーシューに関しては”ターメン白 ~超ワンタン!~”にトッピングされていた物よりは、こちらの方が美味しかったかも・・・
 
らーめん処 山神山人塩盛り
で、もしもスープが薄く感じたら入れてみて下さい・・・、とラーメンと一緒に追加のタレが入ったボトルも付いていたので折角なので、途中で少しスープに加えてみたのだが、ほんの少しだけだった事もあってか何と無く味が濃くなった様な・・・、変化は無かった様な・・・、そんな感じだったかな。
 
らーめん処 山神山人塩盛り
ちなみに”塩盛り”の麺はこんな感じの麺で、お店の商品説明に寄ると”六甲山系の天然水と極上の小麦で仕上げ、低温でじっくり寝かせたコシのあるストレートの中麺”との事。この麺は何と無く”ターメン白 ~超ワンタン!~”で使われていた麺と同じ様な気がしたが、ちょっと自信は無い・・・。
 
てな事で、以前に”神戸さんちか麺ロード”で食べた”ターメン白 ~超ワンタン!~”のスープが意外と旨かったので、そのベースが北海ラーメンの塩スープと言う事だったので、同じ北海グループのラーメンチェーンの『らーめん処 山神山人』に十数年ぶりに行って”塩盛り”と言う名の塩らーめんを食べてみたのだが、普通に美味しかったものの”ターメン白 ~超ワンタン!~”のスープとは少し違ったかな。でも久々に『らーめん処 山神山人』へ行った事もあり、看板メニューの”とんこつらーめん”が食べたくなって来たので、また食べに行こうかな?

元旦早々に足を怪我して外出が憚れたので、近くのケンタッキーに行って”骨なしケンタッキー”を買って来た!ドラムが無いのは寂しいが、確かに何時ものケンタッキーの味で中々ウマかった!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:08 PM
 
代理人記録
 
既に新商品の”フライドフィッシュ”が始まっているが、今年の初め頃に”骨なしケンタッキー”を食べたので、簡単にご紹介・・・。
 
ケンタッキー骨なしケンタッキーフェアメニュー
こちらがケンタッキーフライドチキンから新発売となった”骨なしケンタッキー”の商品説明で、これに寄ると最大の特徴は”オリジナルチキンと同じ秘伝のスパイスを使ったフライドチキン”との事。”骨なしのチキン”と言えば以前から”カーネルクリスピー”と言うのが発売されているが、味が”オリジナルチキン”と同じになっている点が新しい・・・。てか、”カーネルクリスピー”が発売された時に、何で”オリジナルチキン”と同じ味にしなかったんだろう?と思ったのだが、漸くその願いが叶ったって事かな
 
ケンタッキー骨なしケンタッキー
それはさて置き、こちらが実際に買って来た”骨なしケンタッキー”で、通常価格は2ピースで480円の処、クーポン券利用で440円也。1ピースが220円と言う計算かな?で、ご覧の通り一つずつ袋に入っているのも普通の”オリジナルチキン”と異なる点かな。
 
ケンタッキー骨なしケンタッキー
そしてこちらが包み紙の中から取り出した”骨なしケンタッキー”で、パッと見た感じは”オリジナルチキン”に似ている様な、あるいはコンビニで売っている”フライドチキン”に似ている様な微妙な印象・・・。でも実際に食べてみると、確かに”オリジナルチキン”の衣の味で中々ウマい!やっぱ”フライドチキン”はこの味で無いとねえ・・・、みたいな。
 
てな事で、今年の初め頃に”骨なしケンタッキー”を食べたのだが、確かに骨なしで中々ウマかった!でも”オリジナルチキン”と同じ味で骨なしと言うと・・・、以前食べた”ケンタッキーチキンライス”とか”チキンフィレダブル”で使われていたチキンフィレ(鶏胸肉)のフライドチキン同じ様な気もして来た・・・。そう考えると何を今更・・・と言う気持ちにもなって来たのだが・・・。

WordPress.com Blog.