義史のB型ワールド

2014年2月22日

昨日紹介した”焼豚玉子めし”の本物?とも言える、B-1グランプリでお馴染みの”今治焼豚玉子飯”がコンビニで売られていたので買ってみた。タレがちょっと濃い過ぎる様な・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:17 PM
 
代理人記録
 
昨日の記事で、少し前に『高砂宝殿食堂』で食べた”焼豚玉子めし”を紹介したが、その記事の中でも書いた様に”焼豚玉子飯”と言えばB-1グランプリでもすっかりお馴染みとなった愛媛県今治市のご当地グルメだ。流石に『高砂宝殿食堂』ではB-1グランプリの承認を得て無いからか、特にB-1グランプリとか、今治ご当地グルメとは書いて無かったが、数日前にコンビニへ行くと正真正銘?B-1グランプリのロゴマークが入った”今治焼豚玉子飯世界普及委員会」監修商品の今治焼豚玉子飯”が売られていたので買ってみた。
 
今治焼豚玉子飯今治焼豚玉子飯
こちらが今回買って来た”今治焼豚玉子飯”で、コンビニの商品説明に寄ると”2012年、第7回 B-1 グランプリ in 北九州にてブロンズグランプリを獲得”したらしい・・・。2011年に姫路でB-1グランプリが開催された時は、未だちょっとマイナーな感じだったが、今ではすっかりと有名になった?みたい・・・。
 
今治焼豚玉子飯
そしてこちらがレンジでチンした後の”今治焼豚玉子飯”で、これまたコンビニの商品説明に寄ると”ご飯に、醤油・生姜・にんにく・砂糖などを合わせたタレをかけた焼豚と、目玉焼きをイメージしたオムレツをのせ、さらに玉子の風味をお楽しみいただけるよう卵黄風ソースをかけた”との事。これだけウンチクを並べられると、何か妙に美味しそうに思えて来るのが不思議だ・・・。
 
今治焼豚玉子飯
で、こちらが”今治焼豚玉子飯”の真ん中にトッピングされていた”目玉焼き風のオムレツ”で、実際に食べた時は、商品説明を読まずに食べたので、普通の目玉焼きだと思って食べたのだが、オムレツだったらしい・・・。もっとじっくり観察しながら食べれば良かったかな・・・。
 
今治焼豚玉子飯
そしてこちらは”今治焼豚玉子飯”の命とも言える焼豚で、流石に『高砂宝殿食堂』で食べた”焼豚玉子めし”と比べると割りと本格的な焼豚で、中々ウマい!しかし全体にかかっている特製のタレがちょっと濃厚で、玉子の味も焼豚の味も全部タレの味でかき消されてしまった感が漂う・・・。以前に神戸で食べた”焼豚玉子飯”のタレは美味しかったのだけどなあ・・・。やっぱ”焼豚玉子飯”はタレが命だと思うのだけどなあ・・・。
 
てな事で、数日前にコンビニへ行くとB-1グランプリでお馴染みの”今治焼豚玉子飯”が売られていたので、買ってみたのだがタレが濃厚過ぎて私にはちょっと残念な味だったかな。タレ自体はスーパーや肉屋さんで売られている”焼豚玉子飯のたれ”の方が美味しい気さえしたのだが・・・。でも焼豚は本格的だったから、その点だけは価値はあったかも知れない・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。