義史のB型ワールド

2014年1月20日

久々に行った”まいどおおきに食堂/加古川北在家食堂”に”加古川名物かつめし”があったので食べて見た!値段は安いが味もそれなりだった・・・。

Filed under: かつめし — 代理人 @ 11:33 PM
 
代理人記録
 
今から7年ぐらい前の今頃に、丸々一カ月近くの間ずっと和歌山に出張していた事があり、更にピーク時は土日も仕事で2週間連続してホテル住まいだった・・・。で、その時に我々の社員食堂化していたのだが、直ぐ近くにあった『まいどおおきに食堂』でほぼ毎日、ランチはそこへ行って食べていた。そんな事もあり、和歌山出張から帰って来た当初は、あまり『まいどおおきに食堂』には中々行く気にはなれなかったのだが、最近はほとぼりも冷めて来た?と言う事もあり、ちょこちょこと行く様になった。で、先日も久々に『まいどおおきに食堂/加古川北在家食堂』に行ったらメニューの中に”かつめし”があったので、食べてみたのでご紹介・・・。
 
まいどおおきに食堂/加古川北在家食堂
こちらが久々に行って来た加古川市役所近くにある『まいどおおきに食堂/加古川北在家食堂』で、この日の訪問時間は午後12時40分頃と、正にランチタイムど真ん中と言う時間帯と言う事もあり、店内は満席に近いぐらいの大賑わい。とは言え、この『まいどおおきに食堂』チェーンは順風満帆と言う訳でも無く、この近辺でも『加古川平岡食堂』や『明姫幹線はりま食堂』等、既に閉店してしまったお店が数多くあり、なにやらあちらこちらで裁判沙汰にもなっているらしい・・・。ちなみにこのお店も直営店では無くFC店なのだが、今の処それなりに流行っているから裁判沙汰とは無縁なのかも知れない・・・。
 
加古川北在家食堂加古川名物かつめし始めました
それはさて置き、久々の訪問だったので何を食べ様かな?と思いつつお店の入口を開けると目の前にこの様な”加古川名物かつめし始めました”の張り紙があった。雰囲気的に『まいどおおきに食堂チェーン全店でやっているフェアメニューでは無く、この『加古川北在家食堂限定のメニューっぽいのと、”かつめし”と聞いて食べない訳にもいかない・・・。って事で、この日はこの”かつめし”を食べる事に決定!
 
加古川北在家食堂かつめし
で、”かつめし”は注文してから作るので約5分ほどかかる・・・って事で、出来上がってから席まで運んで来てくれたのがこちらの”かつめし”で、お値段は600円也。ご覧の通り、脇にはボイルしたキャベツが添えられた見た目的には凄くオーソドックスで王道の”かつめし”だ。
 
加古川北在家食堂かつめし
そしてこちらが”かつめし”のメインとも言える”ビフカツ”で、”かつめしのタレ”がたっぷりとかかっていたので、一瞬誤魔化されそう?になったが、”ビフカツ”はあまり大きく無いサイズだ。で、そのお味であるが要となる”かつめしのタレ”は甘くも無くかと言って酸味が強い訳でも無い、ややこってりした濃い目の味だが、これまた美味しい訳でも無く不味い事も無い、何かそんな感じの味。このお店に食べに来る客層を考えると、もうちょっと甘目でもエエ様な気がするのだが・・・。
 
加古川北在家食堂かつめし
ちなみに”かつめし”の”ビフカツ”はあまりのお肉はこんな感じで、ちょっと厚みはあるが肉の味は割と淡白。でも少し前に姫路バイパス別所PAで食べた”ビーフかつめし”のお肉よりは遥かに柔らかだった。でも値段と肉質を考えると、このお店の目と鼻の先にある『神戸HIROYA廣家/尾上店』で”カツめし”を食べる方が良いかも知れない・・・。
 
てな事で、久々に行った『加古川北在家食堂』のお店入口に”かつめし”のメニューが貼られていたので試しに食べてみたのだけど、一応、ビフカツがトッピングされたオーソドックスな”かつめし”だったけど、タレもお肉も今一つパッとしなかったなあ・・・。直ぐ近くにお店はボロい(おっと失礼!)が、味は中々旨い”カツめし”が食べれる『神戸HIROYA廣家/尾上店』もあるしなあ・・・。てか、そもそも少し前に食べた惣菜と弁当のお店『きちん』で売っていた”加古川かつめし”の方がよっぽどウマかった気がする・・・
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。