義史のB型ワールド

2014年1月8日

加古川プラザホテルの1Fにあるレストランで”ふわとろオムかつめし”を食べた!最近似た様な”かつめし”を食べたが、ご飯がバターライスなのが、ちょっと寂しい・・・。

Filed under: かつめし — 代理人 @ 11:29 PM
 
代理人記録
 
此処最近、毎週の如く食べに行っていた加古川プラザホテル1Fにあるレストランだが、毎回”加古川農林漁業祭 協賛メニュー”である”ふわとろオムかつめし”を食べ様と思いつつも、その日の”日替りランチ”のメイン料理に釣られて、”日替りランチ”ばかりを食べていたのだが、そうこうしている間に”ふわとろオムかつめし”の提供期間が終わりに近づいて来た。このまま一度も食べずして終わってしまうのも何か寂しい・・・、と言う気がしたので、この日は”日替りランチ”のメインが何であれ、絶対に”ふわとろオムかつめし”を食べ様!と意を決し、またまた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランに行ってみた。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテル1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、先にも書いた様にこの頃は毎週の如く来ていたのだが、その度に”ふわとろオムかつめし”を食べ様と思いつつ、その日の”日替りランチ”のメイン料理に釣られて毎回”日替りランチ”を食べていたので、この日は入口に置いてある”日替りランチ”のボードに目を配る事も無く、そそくさとお店の中に入って行ったのであった。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』ふわとろオムかつめしメニュー
そしてこちらが『リヴィエール』の”加古川農林漁業祭 協賛メニュー”のチラシで、そこに書いてある説明を読むと八幡町産の卵と志方町産の鹿児の華米を使ったふわとろオムかつめし”をこのお店で出しているらしい・・・。ちなみに他の”加古川農林漁業祭協賛店”では、2014年1月末まで”協賛メニュー”を提供している場合が多いのだが、このお店は何故か11月末までだったので、今はもう無い・・・、はず・・・。それはさて置き、この日のお目当てはこちらの”ふわとろオムかつめし”!って事で、早速注文!
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』ふわとろオムかつめし
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”ふわとろオムかつめし”で、他に”サラダ”が付いてお値段は1050円也。お値段は最近ずっと食べていた”日替りランチ”と同じ値段なのだが、残念ながら”スープ”は付いて無い・・・。メニューにはスープ、ソルベ、コーヒーがセットになった追加オプションがあったのだが、個人的にはソルベやコーヒは不要なので、頼まなかったのだけど、せめてスープだけは付けて欲しかったかも・・・。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』ふわとろオムかつめし
それはさて置き、こちらがメインの”ふわとろオムかつめし”で、当然の如くライスが玉子で包まれているが、それ以外の見た目も1年位前の夏にご主人様と一緒に来た時に食べた”牛フィレかつめし”とは全く異なる感じで、どちらかと言えば少し前に立て続けに食べた”かつめし風オムライス”とか”そばめしのオムライス ~かつめし風~”等に似た感じだ。で、ご覧の通り、かつめしのタレ・・・、と言うのかサラサラとした感じのデミグラスソースがお皿一杯にかかっていて、これまた以前食べた”牛フィレかつめし”とは違う様な味わいな気がしたが、甘過ぎずすっぱ過ぎずの味で、普通に美味しい
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』ふわとろオムかつめし
そしてこちらは”ふわとろオムかつめし”にトッピングされている”カツ”で、当然ながらお肉は牛肉だ!最近食べた、これと似た感じの”かつめし風オムライス”とか”そばめしのオムライス ~かつめし風~”はポークカツだったので、その点はポイントは高い!が、折角の”加古川農林漁業祭”メニューな癖して何処にも”加古川牛”とは書いて無いので、多分一般的な外国産のお肉な気もする・・・。とは言え、そこそこに柔らかくて全体的な印象としては普通に美味しいふわとろオムかつめし”だったかな。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』ふわとろオムかつめし
ちなみに”ふわとろオムかつめし”の玉子は、こんな感じで、流石にホテルの中にあるレストラン・・・、と言う事もあってか玉子の半熟度は申し分無しで、トロトロして中々ウマい!やっぱオムライス系の玉子はこうで無くっちゃねえ・・・。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』ふわとろオムかつめし
そしてもう一つ、その玉子の中のご飯はこんな感じで、メニューに寄ると”バターライス”との事だったが、印象的には普通の白いご飯みたいな感じだったかな。少し前に食べた”かつめし風オムライス”や”そばめしのオムライス ~かつめし風~”の中身が”ケチャップライス”だったり”そばめし”だったりしたので、この点はちょっと残念だったけど、その代わりカツがビーフカツだったので良しとしておこう・・・
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』ふわとろオムかつめしのサラダ
そしてこちらは”ふわとろオムかつめし”に付いていた”サラダ”で、基本的には最近ずっと食べていた”日替りランチ”に付いていた”サラダ”と全く同じで、一回だけ”コーンの粒”が入って無かった事があったが、この日はちゃんと”コーンの粒”もトッピングされていたので、やはりあの時は忘れられていたのか、”コーンの粒”が品切れになっていたのだろう・・・。
 
てな事で、このレストランで”加古川農林漁業祭 協賛メニュー”として”ふわとろオムかつめし”が販売されている事を知ってから、一度は食べてみようと思っていたのだが、この日に漸く食べる事が出来た。味と内容的にはご覧の通りの大体想像していた通りだったので、可も無く不可も無くな印象だが、一応期間限定のメニューらしいので食べれた事だけで満足かな。そして此処暫く続いた、このレストランのランチも、あるいは”オムライス系かつめし”もこれで一旦ひと段落するのであった・・・。

イオンシネマ加古川に行った際に、レストラン街にある喫茶店で”ビーフカレー”を食べた!手作りと書いてあったが、業務用カレーに似た様な味だった。

Filed under: カレー — 代理人 @ 8:08 PM
 
代理人記録
 
個人的に映画大好きなので、今でも定期的に映画を観に行っている。で、そんな時、以前であれば焼肉としゃぶしゃぶのお店『但馬屋』映画の半券を見せると生ビールが無料になるランチを食べる事が多かったのだが、残念ながら『但馬屋』は閉店。代わりに『かつや』へ行ったり『麺のまたざ』に行ったり、最近では和食のお店『がんこ』に行ったりしているのだが、何処のお店も『但馬屋』程のお得感が無い。で、この日も映画を観に行った際ん、何か食べ様かな?と思ったのだが、これと言って目ぼしいお店が無かったので、以前から一度食べてみようか?と思っていた、イオン明石のレストラン街の中にある喫茶店の”ビーフカレー”を食べて見る事にした。
 
グリーンいずも
こちらが今回行ってみたイオン加古川のレストラン街の一角にある喫茶『グリーンいずも』で、何年か前までは隣がラーメン屋さんだった事は今でもはっきりと覚えている(何せ何度も食べに行った事があるから忘れる事は無い!)のだが、このお店が何時からあるのかは全く持って記憶が無い・・・。と言うか、このレストラン街に今現在存在するお店は、お好み焼屋『あすな路』を始め、ファミレス風の『ハートランド』や、炊き立て御飯が自慢の『樹庵』等、他のお店は全て入った事があるのだが、このお店だけは喫茶店と言う事もあり、今まで一度も利用した事は無かったのだった・・・。確か以前はオムライスのお店だった様な気もするのだが、違うかな???
 
グリーンいずも本日のおすすめビーフカレー
それはさて置き、このお店の前は映画を観に来た時や、イオン加古川に買物に来た時等に、必ずこのお店の前を通るのだが、お店の前にはこの様な本日のおすすめ”と言う看板が飾ってあり、時々この日と同じ様に”特製手作りビーフカレー”が500円・・・、と書いてある時があったので、個人的にカレーも大好き!と言う事もあり、以前から一度食べてみたいと思っていたのだった。
 
グリーンいずもカレー・ハヤシメニュー
そしてこちらが店内に置いてあった”カレー・ハヤシ”のメニューで、”ビーフカレー”の他にも定番の”カツカレー”や”コロッケカレー”、その他に”ハヤシライス”等のメニューも並んでいるのだが、500円で食べれるのは”ビーフカレー”のみ!って事で、素直に”ビーフカレー”を注文!!!
 
グリーンいずもの店内のサイン色紙
ちなみにレジの上の壁を見ると、この様なサイン色紙がずらーっと飾られていた。きっとイオン加古川(以前のサティ加古川)のイベントで、芸能人がイベントでやって来た際に、この喫茶店を利用したか、あるいはこの喫茶店からコーヒーや食事等の出前を取った際に、サインをしてもらった・・・、って事なんだろう・・・。とは言え、最近はイオン加古川もパッとしないので、芸能人を呼ぶ事も減った様な気がするが・・・(サンモール高砂も芸能人を呼ぶ事は皆無になったもんなあ・・・)。
 
グリーンいずも特製手作りビーフカレー
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”特製手作りビーフカレー”で、通常価格620円の処、この日はサービス価格で500円也。表の看板やメニューには”じっくり煮込んだ手作りカレー”と書いてあったが、パッと見た感じ、一昔前に喫茶店で良く食べていた業務用カレーに似ている・・・。何年か前、サンモール高砂の一角にある喫茶店『ぴっける』で食べた事がある”ビーフと野菜のカレー”は、見た目も味的にも家庭の味がする正に自家製カレーっぽかったが、このカレーには自家製カレーにありがちな、ゴロゴロした野菜は入って無く、具の肉の煮込み具合が、若かりし頃に喫茶店で食べていた業務用カレーのお肉にそっくりなのだ!
 
グリーンいずも特製手作りビーフカレー
ちなみに”特製手作りビーフカレー”をアップで見るとこんな感じで、実際に食べた味も、若かりし頃に良く食べていた喫茶店の業務用カレーの味そっくりな印象・・・。ま、お店が”手作り”を謳っているので、そんな事は無いのだろうと思うが、個人的な印象としては、ちょっと懐かしい喫茶店の業務用カレーを食べてる様だったが、それはそれで慣れ親しんだ味と言う事もあって普通に美味しかった。ま、欠点があるとするならば入店時間の関係もあって、ライスが中途半端な温かさだった事ぐらい?かな?
 
てな事で、イオン加古川へ行ってこのお店の前を通る度に、一度食べてみたいと思っていたビーフカレー”を食べたのだが、手作りかどうかは別にしても、やっぱり喫茶店のカレー・・・、と言う味だったかな。きっと私がこのお店を利用するのはこれが最初で最後かも知れない・・・。ま、お茶を飲みに立ち寄る事ぐらいはあるかも知れないが・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.