義史のB型ワールド

2013年12月31日

いよいよ日本海・城崎蟹ツアーへと出発!その”特急はまかぜ”の中で食べた”下村の焼き穴子”の方が先に食べた”ミニ穴子丼”よりも旨い!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:16 PM
 
代理人記録
 
急遽行く事になった日本海・城崎蟹ツアーだが、JR姫路駅で”まねきのえきそば”を食べた後、いよいよ城崎行きの列車に乗り込む事に・・・。で、この日は日曜日の出発だし未だ12月の上旬って事もあり列車も空いている?と言う予想の元、自由席で行く事となった。そんな訳でちょっと早目にホームに上がって大阪方面からやって来る列車の到着を待っていると、間も無くして”特急はまかぜ”到着!
 
蟹ツアー特急はまかぜ
こちらが今回、日本海・城崎蟹ツアーへ向かう際に乗った”特急はまかぜ”で、上の写真は城崎駅到着後の様子だが、流石に満席とまでは行かないままの、8割方の席は埋まっていたかな?ちなみに私が列車で旅をするのは、3年ぐらい前に昔の同期入社の友人に会いに行った”北陸福井越前蟹ツアー”の時以来だ・・・。雪が積もる可能性がある季節は、列車の旅に限る・・・
 
蟹ツアー特急はまかぜ列車内
で、列車の旅の最大の利点は気兼ね無く、道中お酒を飲みながら行ける事!って事で、早速、缶ビールで乾杯!とは言え、最近は少食になった私なので、昼間に缶ビールやお菓子を食べ過ぎると、折角の蟹料理が食べれ無くなると困る・・・、って事で、この日はちょっと控え目にしたけど・・・
 
蟹ツアー特急はまかぜ列車内下村の焼き穴子
そしてこちらが先輩がJR加古川駅前で買って来てくれた”下村の焼き穴子”・・・の包紙で、”焼き穴子専門店の下村”と言えば一子相伝のお店として有名な事もあり、高砂市民からすると”下村と言えばやっぱ高砂やで・・・”とは思う物の、今は高砂沖で穴子が獲れる事も少なく、以前に明石の居酒屋さんで出会ったおじさんの話に寄ると、”高砂の下村”でも明石置きの穴子・・・、てか、今ではそれすらほとんど獲れ無い時代なので、高砂や加古川や明石等の違いはほとんど無いかも知れないのだが・・・。
 
蟹ツアー特急はまかぜ列車内下村の焼き穴子
それはさて置き、こちらが実際に食べた”下村の焼き穴子”で、一人一本買って来てくれたので、缶ビールを飲みながらこの”焼穴子”を一本丸ごと食べたのだが、穴子自体は何処産か判らない物の下村秘伝のタレで焼かれた穴子は期待通りメチャ旨い!列車に乗り込む前に”まねきダイニング”で食べた”ミニ穴子丼”の穴子は、どちらかと言うとタレで食べた様な感じだったが、この”下村の焼き穴子”は、何も浸けずとも、このままで旨い(ま、タレを浸けて焼いているので素の味と言う訳では無いが・・・)!!!やっぱ”下村の焼き穴子”は旨いねえ・・・、と思いつつ城崎へと向かって行ったのであった・・・。
 
ちなみに・・・、”下村の穴子”と言えば、今年の”たかさご万灯祭”の日にも食べるチャンスがあったのだが、後で買いに行ったら売り切れていて食べる事が出来なかった・・・。来年も売っていたらゐの一番に買って食べる事にしよう・・・

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。