義史のB型ワールド

2013年12月26日

昨夜放送された小田和正『クリスマスの約束2013』について、一言二言・・・。

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 11:51 PM
 
代理人記録
 
何か毎年恒例になっているので・・・、昨夜放送された小田和正クリスマスの約束2013』について、一言二言・・・
 
今年で13回目を迎えた、毎年楽しみにしているTBS系の音楽番組『クリスマスの約束2013』が昨夜放送されたのでリアルタイムで見た。最近は割と似た様なパターンになって来たので、あまり期待をしていなかったのだが、少し前にTVで流れていた番組宣伝や当日の新聞広告を見ると、今回の目玉ゲストは吉田拓郎とミスチルの桜井和寿の様だ・・・。
 
クリスマスの約束2013
 
で、小田和正と吉田拓郎と言えば、少し前にNHKの拓郎の番組で二人だけで対談していたので、もしかするとNHKで何らかの歌番組があるかも?と思っていたら『クリスマスの約束2013』へのゲスト出演で実現したみたい・・・。それは兎も角として、フォーク世代の私にはやはり拓郎のアコースティックなギター弾き語りは聞いていても心地よい・・・。しかも行き成り”落陽”だもんなあ・・・(しかも小田さんのハーモニカ伴奏付)。思わず、10数年前に小樽のスナックでイーサン相手に”落陽”を唄った事を思い出してしまった・・・。
 
そんな事もあって、今年の『クリスマスの約束2013』は番組冒頭から大盛り上がり!で、その後は毎年恒例の”クリ約小委員会”のメンバーに寄る演奏があって、その後登場したのはミスチルの桜井和寿・・・。が、個人的には桜井が10年前に初参加した時に、ちょっとクリスマスの夜にふさわしく無い感じの”たがため”と言う曲を半ば無理やり?歌った事もあって、あまり良い印象は持って無かったのだが、昨日は本人もクリスマスに相応しい曲を・・・、と言う事で”365日”を唄った・・・。彼も10年経って大人になったなあ・・・と言うのが正直な印象。で、途中二人でこの番組の為に作った曲のドキュメントがあって、ちょっと中だるみしたが、久々に山下達郎の名曲”クリスマス・イブ”も聴けたし、此処までは大満足な内容だった・・・。
 
が、番組後半は、東北大学の為に作った校歌?とか、あるいはその曲作りの過程や練習風景のドキュメントがあって、何かちょっと尻すぼみになって行った様な印象・・・。何か何年か前にも早稲田大学の音楽サークルが出て来た時があったよなあ・・・。何と無くその時の似ている様な・・・。個人的にはドキュメントは要らないから、小田さんの歌声をもっと聞きたかった気がする・・・。
 
てか、ゲストが沢山出て来る時は、実質、小田さんは半分も唄って無いんじゃあ無いのかなあ・・・。そう思うとやっぱ『クリスマスの約束』の初回&第二回目の時の様に、ゲストは誰も来ず、小田さん一人で曲への思い入れを語りながら唄っていた頃の方が楽しかった気がする・・・。とは言え、どんな形でも良いから来年もまた『クリスマスの約束』は続けて欲しいと願っているけど・・・。 

出演:
小田和正

ゲスト:
桜井和寿(Mr.Children)
JUJU
スキマスイッチ
根本要(STARDUST REVUE)
松たか子
水野良樹(いきものがかり)
吉田拓郎

演奏曲目:

1.the flag
2.落陽
3.リンゴ
4.今日までそして明日から
5.人生を語らず
6.PLEASE MISTER POSTMAN
7.奏(かなで)
8.デイ・ドリーム・ビリーバー(Day Dream Believer)
9.365日
10.その日が来るまで
11.パノラマの街
12.クリスマス・イブ
13.緑の丘
14.What The World Needs Now Is Love
15.やさしい夜
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。