義史のB型ワールド

2013年12月19日

くら寿司から好評発売中の”らーめん”の種類が4種類に増えたと耳にしたので、新メニューの”7種の魚介とんこつ醤油らーめん”を食べてみた!結構私の好きな魚介豚骨系スープじゃん!

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 9:00 PM
 
代理人記録
 
最近は寿司では無く”うな丼”や”天丼”や”らーめん”に釣られて行く様になった木がする回転寿司の『くら寿司』であるが、発売以来意外と人気商品に成長したらしい”くら寿司のらーめん”が、今度は4種類のスープになって登場した!と公式サイトで宣伝されていたので食べに行ってみた。
 
くら寿司/アイモール高砂店
こちらが久々に行って来た『くら寿司/アイモール高砂店』で、以前にこのお店で”7種の魚介醤油らーめん”を食べた時は、未だ直接客の処まで運んでくれる専用レーンが無い時だったので、ラーメンがちんたらちんたらと廻って来て、麺が延びてしまうやん!と、ちょっと気になったのだが、今はこのお店にも専用のレーンが出来たので安心してラーメンを注文する事が出来る・・・。
 
くら寿司らーめんメニュー
それはさて置き、こちらが『くら寿司』の公式サイトに載っていた”新しいらーめん”の紹介のバナーで、それに寄ると従来から販売されていた”あっさりスープ”の”7種の魚介醤油らーめん”に加え、”こってりスープ”の”7種の魚介とんこつ醤油らーめん”、”あっさりながらちょっと旨辛”の”7種の魚介旨辛醤油らーめん”、それの”こってり旨辛”版の”7種の魚介旨辛とんこつ醤油らーめん”が加わっている。ま、”旨辛”を別にすると大きくは”こってりスープ”版が増えた?と言う印象!
 
くら寿司7種の魚介とんこつ醤油らーめんメニューくら寿司らーめんのこだわり
で、そのそんな”4種類のスープのらーめん”の中から、私が選んだのが個人的にも大好きな魚介豚骨系の”7種の魚介とんこつ醤油らーめん”!『加古川大盛軒』やら『濃厚つけ麺 風雲丸』が無くなって以来、この近辺でお手軽に”魚介豚骨系スープのらーめん”が食べれ無くなったので、久々にちょっと食べたいなと思ったのだった(ま、今年の夏頃にパチンコマルハンの飯屋のイベントで、思いっ切り”豚骨魚介系スープのつけ麺”を食べた気はするが・・・)。
 
くら寿司7種の魚介とんこつ醤油らーめん
それはさて置き、相変わらず店内が大賑わいしている事もあってか、ちょっと待たされた後に漸く運ばれて来たのが、こちらの”7種の魚介とんこつ醤油らーめん”で、お値段は税込価格378円也。写真では全体の大きさがちょっと判り難いが、具の味玉や葱の大きさから想像していただくとして、基本的にはハーフサイズに近い”らーめん”だ。で、そのお味であるが商品名通り”魚介とんこつ醤油スープ”で中々ウマい!以前食べた”7種の魚介醤油らーめん”も、魚介風味で普通に美味しかったが、あっさりスープだった事もありちょっと物足りなさがあったが、こちらは”魚介とんこつ”と言う事もあってかしっかりとした濃い味のスープで、その分旨さが上回っていた様な気がする。
 
くら寿司7種の魚介とんこつ醤油らーめん
ちなみに”7種の魚介とんこつ醤油らーめん”の麺はこんな感じの、これまた以前食べた”7種の魚介醤油らーめん”の麺とは異なる、ちょっと太目で縮れた平打ち麺で、これまた旨い!”もんどのつけ麺播磨”で”手もみ平打ち麺”を食べる様になってから、この手の麺が結構好きになってしまったのだが、まさかこんな麺が『くら寿司』でも食べれる様になるとは夢にも思っていなかったのだけど・・・。
 
くら寿司かににぎり(一貫)
で、”7種の魚介とんこつ醤油らーめん”を食べて一応は目的を果たしたのだが、流石にそれだけでは何か食い足りない・・・、って事で、オーダーしたのがこちらの”かににぎり(一貫)”で、お値段は税込価格105円也。もっとぶっとい蟹の脚身が載って出て来るのかと思いきや、ご覧の通り、細めの脚身が2本載っている。その味も何と無く”紅ズワイ蟹”かな?と思う様な味だった・・・。
 
くら寿司 熟成【天然】中とろ
そしてその次に運ばれて来たのは、この日は”大とろ”が無かったので、仕方無くオーダーしたこちらの ”熟成【天然】中とろ”で、これまたパッと見た感じは普通の”マグロの赤身”と変わらんのでは?と言う様な印象。ま、そう思って食べてみるとそこそこ脂が乗っていて普通に美味しかったけど・・・。
 
くら寿司佐世保レモンステーキ風
で、”かににぎり”も”中とろ”もパッとしなかったので、魚系は辞めて置こうと思い追加オーダーしたのが、こちらの”佐世保レモンステーキ風”で、こちらもお値段は105円也。ステーキ風と言う割には薄切り肉の寿司ではあるが、値段を考えると普通に美味しかったかな
 
くら寿司京風だし巻き玉子
そしてもう一つ追加注文したのが、メニューの写真を見ると美味しそうだった、こちらの”京風だし巻き玉子”で、こちらもお値段は105円也。ちょっと値段の高い回転寿司屋『廻鮮漁港』で出て来る様な注文後に焼いて出て来る”焼立て熱々の玉子焼”を期待したのだが、流石に『くら寿司』ではそんな手間をかけた物が出て来る訳も無く、大きさはそこそこデカかったけど作り置きされた、どちらかと言うとちょっと冷たい感じの”京風だし巻き玉子”だった・・・。
 
てな事で、”らーめん”の種類が増えた!と宣伝されていたので久々に『くら寿司』へ行ってみたのだが”7種の魚介とんこつ醤油らーめん”は期待通りに美味しかった。ま、ラーメン専門店のスープや麺と比べてしまうと若干気になる点が無いでも無いが、値段も手頃だし、またぜひ食べてみたいと思うのだった。てか、この辺りのラーメン屋さんでこの手の”豚骨魚介系スープのラーメン”を出してくれるお店があれば・・・、と思ってしまうのだけど・・・。

WordPress.com Blog.