義史のB型ワールド

2013年12月2日

祭り見物の合間に姫路駅前地下街で”とり天えきそば”を食べた!”とり天”は中々美味しかったけど、お出汁が何時もより濃い目?だったような・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 11:39 PM
 
代理人記録
 
まだまだ続く播州秋祭りの頃のお話・・・。この日もまたまた姫路方面へ祭り見物へやって来た。が、先ほども書いた様にあまり時間も無いし、お腹もそれ程空いて無かったのと、高砂の祭りの日に食べれると楽しみにしていたら食べれ無かった事もあり、久々に”姫路駅名物えきそば”を食べに行ってみる事にした。で、”姫路駅名物えきそば”と言えばJR姫路駅のホームか、駅構内の中にある『まねきダイニング』で食べるのが基本だが、私の様な山電組の客の為?と言う程の事では無いが、駅の外でも食べる事が出来る・・・、って事で今年の春頃に姫路駅前地下街の『グランフェスタ』がリニューアルオープンした時に、その通りの中に出来た『えきそばグランフェスタ店』に行ってみる事にした。
 
えきそばグランフェスタ店
こちらが今回”姫路駅名物えきそば”を食べに行って来た『えきそばグランフェスタ店』で、この駅前地下街が改装される前には、『ずんどう屋/姫路駅地下店』があった直ぐ近くにある。ちなみに『ずんどう屋/姫路駅地下店』は復活せずにお店は無くなってしまった様だ・・・。で、このお店の前は『グランフェスタ』に来る度に通るのだが、何時来ても大勢のお客さんで賑わっている。上の写真は珍しくカウンター席に誰も客が居ない時に撮った写真だが、この日も私が食べた時は満席で、ちょっと窮屈な思いをしつつ食べたのであった
 
えきそばグランフェスタ店お品書き
それはさて置き、こちらが『えきそばグランフェスタ店』のお品書きで、何故かホームのお店や地上にあったお店とかに寄ってメニューの内容が微妙に異なるのだが、このお店のお品書きを見ると、定番の”えきそば 天ぷら”と”えきそば きつね”の他に”えきそば 昆布”とか”ごぼうかき揚げ えきそば”、とり天えきそば”、その他に季節限定の”夏のえきそば”とか”あんかけ えきそば”等がある。反対に以前、駅のホームで食べた”牛天えきそば”はメニューの中に無い・・・。それはさて置き、折角なので未だ食べた事が無い”とり天えきそば”を食べる事に決定!!!
 
まねきえきそばとり天えきそば
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”とり天えきそば”で、お値段は430円也。ご覧の様に定番の”えきそば 天ぷら”の”天ぷら”の変わりに”とり天”が載っただけの、イメージ通りの”とり天えきそば”だ。で、そのお味であるが基本的にはあっさりした和風出汁なのだが、何かこの日はちょっと醤油辛い様な印象・・・。何と無くであるが”とり天”の衣から何かの味が浸み出てお出汁に混ざった様な気がするお味・・・。そんな事もあってか何かあまり美味しく無い。下手すると少し前に食べた”レンジで食べるえきそば”の方が美味しいかも?と言う様な味だった。
 
まねきえきそばとり天えきそば
ちなみに”とり天えきそば”の”とり天”はこんな感じで、割と大き目の”とり天”が3個トッピングされていてボリューム満点!で、そのお味であるが、当然揚げ立て熱々で鶏肉も柔らかくて普通に美味しいのだが、衣に味が付けてあるのか、何と無く味がする・・・。多分この味がお出汁に浸み出たのでは?と思ったのだけど・・・。
 
まねきえきそばとり天えきそば
そしてこちらは”とり天えきそば”の麺で、”姫路駅名物えきそば”の定番の”中華麺”で、こちらは何時も通りのちょっと懐かしい柔らかな中華麺”で普通に美味しかった。
 
てな事で、この日は姫路方面へ祭り見物に出掛けた際に、久々に”姫路名物まねきのえきそば”を食べてみたのだが、”とり天”は美味しかった物の、”えきそば”自体は何かちょっとイマイチだった様な・・・。ま、実はこの前日、曽根の祭りで管理人さんの実家に行って、お酒を沢山飲んだ事もあってちょっと二日酔い気味だった事の影響があったかも知れない・・・。そんな事もあり、後日体調の良い時に”えきそば”の味を確かめたくなって、JR加古川駅にある『木八』に行くのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。