義史のB型ワールド

2013年12月2日

祭り見物の合間に姫路駅前地下街で”とり天えきそば”を食べた!”とり天”は中々美味しかったけど、お出汁が何時もより濃い目?だったような・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 11:39 PM
 
代理人記録
 
まだまだ続く播州秋祭りの頃のお話・・・。この日もまたまた姫路方面へ祭り見物へやって来た。が、先ほども書いた様にあまり時間も無いし、お腹もそれ程空いて無かったのと、高砂の祭りの日に食べれると楽しみにしていたら食べれ無かった事もあり、久々に”姫路駅名物えきそば”を食べに行ってみる事にした。で、”姫路駅名物えきそば”と言えばJR姫路駅のホームか、駅構内の中にある『まねきダイニング』で食べるのが基本だが、私の様な山電組の客の為?と言う程の事では無いが、駅の外でも食べる事が出来る・・・、って事で今年の春頃に姫路駅前地下街の『グランフェスタ』がリニューアルオープンした時に、その通りの中に出来た『えきそばグランフェスタ店』に行ってみる事にした。
 
えきそばグランフェスタ店
こちらが今回”姫路駅名物えきそば”を食べに行って来た『えきそばグランフェスタ店』で、この駅前地下街が改装される前には、『ずんどう屋/姫路駅地下店』があった直ぐ近くにある。ちなみに『ずんどう屋/姫路駅地下店』は復活せずにお店は無くなってしまった様だ・・・。で、このお店の前は『グランフェスタ』に来る度に通るのだが、何時来ても大勢のお客さんで賑わっている。上の写真は珍しくカウンター席に誰も客が居ない時に撮った写真だが、この日も私が食べた時は満席で、ちょっと窮屈な思いをしつつ食べたのであった
 
えきそばグランフェスタ店お品書き
それはさて置き、こちらが『えきそばグランフェスタ店』のお品書きで、何故かホームのお店や地上にあったお店とかに寄ってメニューの内容が微妙に異なるのだが、このお店のお品書きを見ると、定番の”えきそば 天ぷら”と”えきそば きつね”の他に”えきそば 昆布”とか”ごぼうかき揚げ えきそば”、とり天えきそば”、その他に季節限定の”夏のえきそば”とか”あんかけ えきそば”等がある。反対に以前、駅のホームで食べた”牛天えきそば”はメニューの中に無い・・・。それはさて置き、折角なので未だ食べた事が無い”とり天えきそば”を食べる事に決定!!!
 
まねきえきそばとり天えきそば
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”とり天えきそば”で、お値段は430円也。ご覧の様に定番の”えきそば 天ぷら”の”天ぷら”の変わりに”とり天”が載っただけの、イメージ通りの”とり天えきそば”だ。で、そのお味であるが基本的にはあっさりした和風出汁なのだが、何かこの日はちょっと醤油辛い様な印象・・・。何と無くであるが”とり天”の衣から何かの味が浸み出てお出汁に混ざった様な気がするお味・・・。そんな事もあってか何かあまり美味しく無い。下手すると少し前に食べた”レンジで食べるえきそば”の方が美味しいかも?と言う様な味だった。
 
まねきえきそばとり天えきそば
ちなみに”とり天えきそば”の”とり天”はこんな感じで、割と大き目の”とり天”が3個トッピングされていてボリューム満点!で、そのお味であるが、当然揚げ立て熱々で鶏肉も柔らかくて普通に美味しいのだが、衣に味が付けてあるのか、何と無く味がする・・・。多分この味がお出汁に浸み出たのでは?と思ったのだけど・・・。
 
まねきえきそばとり天えきそば
そしてこちらは”とり天えきそば”の麺で、”姫路駅名物えきそば”の定番の”中華麺”で、こちらは何時も通りのちょっと懐かしい柔らかな中華麺”で普通に美味しかった。
 
てな事で、この日は姫路方面へ祭り見物に出掛けた際に、久々に”姫路名物まねきのえきそば”を食べてみたのだが、”とり天”は美味しかった物の、”えきそば”自体は何かちょっとイマイチだった様な・・・。ま、実はこの前日、曽根の祭りで管理人さんの実家に行って、お酒を沢山飲んだ事もあってちょっと二日酔い気味だった事の影響があったかも知れない・・・。そんな事もあり、後日体調の良い時に”えきそば”の味を確かめたくなって、JR加古川駅にある『木八』に行くのだが、その話はまた後日・・・。

祭り見物の合間に姫路駅前地下街で”ケバブ丼”を食べた!ま、一回食べたら十分かなと言う味だった様な・・・。

Filed under: — 代理人 @ 8:18 PM
 
代理人記録
 
気が付けばもう12月・・・。しかし何故かまだ語り残した祭りの頃の話が残っているので、後々の記憶の為に簡単にでも書いて置こうと思う・・・。10月の中旬頃に姫路方面へ祭り見物に出掛けたのだが、祭り見物は時間の予定が立てられない。って事で、先に腹ごしらえで姫路駅周辺でランチを食べる事にした。
 
で、姫路駅周辺と言えばラーメン屋や、数年前まで時々食べに行っていた”焼鳥屋の親子丼”等、魅力的なお店が何軒もあるのだが、この日は早く食べれて、それ程ボリュームの無い物を・・・、と思い今年の春にリニューアルした姫路駅前の地下街『グランフェスタ』にある”ケバブ丼”が食べれるお店に行ってみる事にした。
 
KEBAB HOUSE(ケバブハウス)
こちらが今回行って来た『KEBAB HOUSE(ケバブハウス)』と言うお店で、お店がある場所は『グランフェスタ』の飲食店エリアの一角で、以前食べに来た事がある”鉄板焼スパ専門店”と”京風お好み焼のお店”の間にある。で、『グランフェスタ』のお店紹介に寄ると”世界三大料理のひとつ、トルコ料理の中でも特にポピュラーな 「ケバブ」と「トルコアイス」をファーストフードスタイルでご提供”するお店らしい。
 
ちなみに今年の3月頃に駅前地下街がリニューアルオープンした直後は、この場所には期間限定の出店で、北海道の物産物を扱うお店があった場所だ。で、このお店も多分、期間限定・・・、と思っていたら案の定、もうお店は無いらしい・・・。ま、何時お店の前を通っても、あまり流行っている様には見えなかったし・・・
 
KEBAB HOUSE(ケバブハウス)のメニュー
それはさて置き、こちらが『KEBAB HOUSE(ケバブハウス)』のメニューで、店名通り”ケバブ”が売りのはずなのだが、ご覧の通り”世界中で愛されているお肉料理「ケバブ」を、日本人でも食べやすいどんぶりスタイルにアレンジした”と言う”ケバブ丼”がメインになっている。で、どれを食べたら良いのか判断に苦しんだのと初訪問と言う事で、メニューの先頭に載っている”ケバブ丼 野菜とり肉”を食べてみる事にした。
 
ケバブハウスケバブ丼野菜ととり肉
てな事で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”ケバブ丼 野菜とり肉”で、お値段は600円也。お店の紹介には”当店のケバブは鶏肉と牛肉を使い、時間をかけてじっくりとローストしますので、脂が抜け落ちとってもヘルシー”と書いてあったが、今回食べたのが”野菜とり肉”なので、残念ながら牛肉の姿は無い・・・
 
で、そのお味であるが、何と無くケチャップ風味(メニューに寄るとトマトソースか?)の鶏肉ご飯みたいな感じで、確かにあまり普段食べた事の無い味ではあるが、これまたそれ以上の物でも無い。この味なら丼では無く”ケバブサンド”を食べた方が美味しかったかも・・・。
 
ちなみに最初、お店に入ってから中々お水が出て来なくて、糞暑い日なのにサービス悪いなあ・・・、と思っていたのだが”ケバブ丼”を運んで来た後、”お飲物は何にしますか?”とお店の人が聞いて来た。思わずサービスでドリンクが付いているのかと思ったので、確認すると、有料との事。お金払うなら要らない!と言うと、”それなら水で良いですか?”と言うので、頷くと漸く水が運ばれて来た・・・。何かそんな居酒屋みたいな商売せんと、先に水を持ってこんかい!と、その時は思ったのだが、もうお店が無いからどうでもエエか・・・。
 
ケバブハウスケバブ丼野菜ととり肉
ちなみにこちらが”ケバブ丼 野菜とり肉”の”野菜とり肉”で、鶏肉自体は思いの他、沢山入っていてそれなりにボリューム満点ではあった・・・。
 
てな事で、このお店は期間限定のお店だし早目に食べておかないと食べれ無くなる・・・、と思ってこの日食べてみたのだけど、まあ、どうでも良かったかな・・・。ちなみに先にも書いた様にこのお店は2013年11月1日に閉店したらしい・・・。そう言えば大手前公園近くにもケバブ料理のお店があったのだけど、あのお店も今はもう無いのだっけ?それはさて置き、この場所は未だ空き店舗のままっぽいのだが、この後、別のお店出来るのかなあ・・・。隣の”鉄板焼スパ専門店”も”京風お好み焼のお店”も、あまり流行っている様に見えないのだけど・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.