義史のB型ワールド

2013年11月21日

10月初旬に誕生した石焼地鶏のお店がやっているラーメン屋にまたまた行って、今回は”さらり”を食べた!確かにちょっとあっさりだけど中々旨い!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:29 PM
 
代理人記録
 
10月初旬に明姫幹線沿い加古川別府近くに誕生した石焼地鶏のお店がやっているラーメン屋『鶏麺 ぺこり』は、基本的にはスープは1種類なのだが、その濃度に応じて3種類のメニューがあった(と言っても一つは”汁なし油そば”だが・・・)。で、初訪問時は一番のオススメ?とか言う”とろり”を食べたのだが、やはりその他のスープもちょっと気になる・・・、って事で、再び『鶏麺 ぺこり』に行ってみる事にした。
 
鶏麺 ぺこり
こちらがまたまた行って来た石焼地鶏のお店がやっているラーメン店『鶏麺 ぺこり』で、このお店の営業開始時間は正午からと言う事もあり、正午前にお店に到着するとお店の前には既に10人前後の開店待ちの行列が出来ていた。何かパチンコ屋さんみたい・・・、てか、この辺りでラーメン屋さんの前の行列を見たのは久々かも・・・。ちなみに、このお店へ行く途中に前を通った『らーめん2国』とか『天下一品』は既に店内は大賑わいしていたが・・・。やっぱ午前11時半にはお店を開けて欲しいかも・・・。
 
鶏麺 ぺこり
で、こちらが前回紹介出来なかった『鶏麺 ぺこり』のカウンター席で、ご覧の様に7~8人座れば満席になってしまう、コの字型のカウンター席だ。この他に4人掛けのテーブル席が3卓程あるが、流石にこの日は一気に全ての席が埋まってしまった・・・。普段から何時もこれだけ賑わっているのか、スタッフの方も4~5人は居たかな・・・。
 
鶏麺ぺこり食券販売機
それはさて置き、表の行列がそのまま店内の券売機の行列になったので、しばしの間待たされていたのだが、漸く順番が廻って来たので、早速食券を買おうとすると、ボタンの処に以前来た時には無かった小さな紙が一杯貼られている・・・。何じゃらほい?と思って良くみると、各ラーメンに”鶏の唐揚げ”がトッピングされているのかどうかが書いて貼ってある様だ。そう言えば、一番安い490円の”さらり”は、純粋にスープを楽しみ為か、”鶏の唐揚げ”がトッピングされて無いのだが、それを知らないお客さんからクレーム?が付いたのかも知れない・・・。それは兎も角として、今回はその”さらり”を食べるのが目的だったので、私は素直にその食券を買う事に・・・。
 
鶏麺ぺこりさらり太麺
で、麺は太麺か細麺が選べるのだが、個人的に太麺好きだし前回訪問時に細麺を食べたので、今回は太麺を選択したのだが、他のお客さんはほぼ全員が細麺を頼んだ事もあり、一緒に入ったお客さんよりも少し遅れて運ばれて来たのが、こちらの”さらり”の太麺で、お値段は490円也。ご覧の様にチャーシューも、このお店ご自慢の”鶏の唐揚げ”も乗っておらず、ネギとモヤシと揚げチップ?っぽい物がトッピングされているだけだ。以前はこんな感じの、麺とスープのみのラーメンを出すお店がチラホラとあった物だが、最近はあまり見掛ける事が無くなった様な・・・。
 
それはさて置き”さらり”のスープのお味であるが、確かに前回食べた”とろり”に比べると、あっさり・・・、と言うのか”さらり”とした、割と普通のラーメン屋のスープに似た感じの濃度だが、その割りにしっかりと鶏の風味と脂分があって中々旨い!後は好みに寄ると思うが、個人的にはこってり好きな事もあって、前回食べた”とろり”の方が美味しいと言う気はしたが・・・。
 
鶏麺ぺこりさらり太麺
ちなみにこの日食べた”さらり”は先にも書いた様に”太麺”を選んだのだが、ご覧の通り”太麺”と言うよりは、何と無く”中太麺”と言う様な感じだが、個人的に”太麺”好きな事もあってか、中々美味しい麺だ。今回は”さらり”だったので、スープの絡み具合はちょっと物足りなさを感じたので、次回は”とろり”で”太麺”を食べてみたいと思うのであった。
 
鶏麺ぺこりガリ鶏麺ぺこりガリ
で、”さらり”のスープはそのまま食べても普通に美味しかったのだけど、トッピングが無い事もあり途中からちょっと物足りない気がして来たのと、丁度カウンターの目の前にこの様な”鶏らぁ~めんにはガリ”と言う”但し書き”があったので、今回も少し”ガリ”をスープに入れて食べると、スープがキリっと引き締まった様で、これまた旨かった!このお店に来た時はぜひ一度は”ガリ”を入れて食べてみるのが良いと思う・・・。
 
てな事で、またまた石焼地鶏のお店がやっているラーメン屋『鶏麺 ぺこり』に行って、この日はややあっさり目の”さらり”を食べてみたのだが、こちらも中々美味しかった。となるとやはりもう一つのメニューである”どろり”も食べてみようかと思うけど、麺が2玉あるらしいし、そもそも”汁なし油そば”は余り好きでは無いのでどうしようかな?と、ちょっと思案しているのであった!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。