義史のB型ワールド

2013年11月8日

スーパーへ行くと駅弁大会をやっていたので淡路屋の”但馬牛すきしゃぶ弁当”を買って見た!流石、淡路屋だけの事はあって中々旨い!!!

Filed under: 駅弁 — 代理人 @ 8:50 PM
 
代理人記録
 
久々に駅弁のお話・・・。季節柄、最近スーパーに行くと時々駅弁大会をやっているのだが、例に寄って今回紹介する駅弁は9月下旬頃に買って食べた駅弁・・・。
 
神戸駅淡路屋但馬牛すきしゃぶ弁当メニュー
ちなみにこちらが今回スーパーで買って来た”神戸駅 淡路屋 但馬牛すきしゃぶ弁当”のメニュー写真で、発売元は兵庫県を代表する駅弁屋で、かつ、個人的にも幼い頃から時々食べている”肉めし”で有名な『淡路屋』だ。昔?は”肉めし”の他、数種類の駅弁しか売って無かったのに、今では何十種類もの駅弁を販売しているが、『淡路屋』が販売する駅弁(特にお肉系の物)は、どれを食べてもハズレの無い、安心して食べれる個人的に大好きな駅弁屋さんでもある。
 
神戸駅淡路屋但馬牛すきしゃぶ弁当
そしてこちらが実際に買って食べた”但馬牛すきしゃぶ弁当”で、何と無く高級感の漂う黄金色のパッケージに入っていて、お値段は1200円也。駅弁としては高価な部類に入るが、先にも書いた様に『淡路屋』は値段に見合うだけのお肉を使っているので、値段が高くても、その分、味に期待が出来るので気兼ねなく買う事が出来る・・・。ちなみに個人的に『淡路屋』でこれより高い駅弁は、本格的なしゃぶしゃぶの駅弁”松風”とか、あるいはワインが丸々1本付いた”ワイン弁当”等を買って食べた事がある・・・。
 
神戸駅淡路屋但馬牛すきしゃぶ弁当
それはさて置き、早速”但馬牛すきしゃぶ弁当”のパッケージを開け、中身を取り出すと、左から”但馬牛しゃぶしゃぶ”、”ごまだれ、卵焼、菜の花煮、人参”、”但馬牛すきやき”が仕切りに区切られて入っている。『淡路屋』の商品説明に寄ると”兵庫県産黒毛和牛「但馬牛」を、甘辛く炊きあげた「すき焼き」と、素材の味を活かした「しゃぶしゃぶ」、二つの味でご堪能あれ!”との事。お肉の量は多い様な少ない様な微妙な感じだが、中々旨そうだ。
 
神戸駅淡路屋但馬牛すきしゃぶ弁当
てな事で、まずは”但馬牛しゃぶしゃぶ”から食べてみると、流石にそのままでは味が薄いので、添付の”ごまだれ”を掛けて食べると、熱々では無いが、お肉は柔らかくて中々旨い!お肉の下のご飯も白飯では無く”醤油御飯”になっていて、これまた旨い!そう言えば、『淡路屋』の看板商品である”肉めし”も、白ご飯では無く味付けご飯になっている様に、『淡路屋』の駅弁はご飯も中々旨いのだ!
 
神戸駅淡路屋但馬牛すきしゃぶ弁当
そしてこちらが”但馬牛すきしゃぶ弁当”のもう一つのメインである”但馬牛すきやき”で、こちらは当然の如く?すき焼き風味の味が付いていて、これまたお肉も柔らかくて旨い!この手の”すき焼き弁当”を偶に食べる事はあるが、その中でも1、2を争うぐらいの旨さがある。ちなみに”但馬牛すきやき”の下のご飯は”すきやき御飯”になっていて、これまた旨い!一つの駅弁の中で、実質4つぐらいの味わいがあって、中々楽しい駅弁であった。
 
てな事で、久々に駅弁を・・・、しかも私のお気に入りの『淡路屋』の駅弁で”但馬牛すきしゃぶ弁当”を買って食べたのだが、期待通りの中々美味しい駅弁だった。最近はあまり駅弁を買って食べて無かったので、これを機会にまた色々と新しい駅弁を食べてみたいと思うのであった!

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。