義史のB型ワールド

2013年11月7日

ヤマダ電機加古川店の近くにある中華料理屋さんで”酢豚セット”を食べた!昔ながらの街中の中華屋さんっぽい感じで悪くは無いが場所が遠いので・・・。

Filed under: 中華料理 — 代理人 @ 8:12 PM
 
代理人記録
 
尾上の処にあったヤマダ電機が別府に移転してしまい、かつ、お店に行く度に買物せずとも少しばかりのポイントをくれていた、ポイントマシンが無くなって以来、あまりヤマダ電機に行く事は無くなっていた。が、今年、三宮のヤマダ電機でMac miniを買った時に、ケータイポイントに加入した事もあり、再び、ちょくちょくポイントを為に別府のヤマダ電機に立ち寄る様になった。
 
で、この日もヤマダ電機に行ったのだが、時間的にちょうどランチタイム・・・。この近くでランチと言えば10が付く日には”和牛かつめし”が380円で食べれる八角グループの『めし炊き名人ぱっぱ屋』を始めとして、最近はラーメン屋さんも増えて来たのだが、ふと以前からちょっと気になっていた小さな中華料理のお店に行ってみる事にした。
 
中華料理満福亭
こちらが今回行って来た中華料理『満福亭』と言うお店で、お店がある場所は一応明姫幹線沿いの、ケンタッキーフライドチキンの通りを挟んで西側の一角にある。確か以前は”てんこもり弁当”があった場所で、その前は何があったかは・・・、憶えて無い・・・。個人的にはこの前は良く通る物の、あまり立ち止まる?場所では無いので、気にした事の無い場所・・・、とも言える・・・。
 
中華料理満福亭の定食メニュー
で、お店に近づくと入口のドアの横のガラス窓に、この様なメニューが書いて貼ってある。これを見ると店内での飲食の他にも”お持ち帰り弁当”も売っているらしい・・・。で、このメニューの中に”日替り定食”があったので、それを食べ様と思っていたら、残念ながらこの日は祝日で”日替り定食”は出来ないとの事・・・。
 
中華料理満福亭お昼のランチメニュー中華料理満福亭一品メニュー
そしてこちらが店内に置いてあった”お昼のランチメニュー”と”一品メニュー”のめにゅーで、これを見る限りセットメニューはランチタイムのみ?なのかな?何か他にもメニューがあった様な気もするが、写真を撮ったのはこの二つだけなので詳しい事は定かでは無い。で、先にも書いた様にお得な”日替り定食”は出来ないと言う事なので、無難?に”酢豚セット”を食べる事にした。
 
中華料理満福亭酢豚セット
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”酢豚セット”で、メインの”酢豚”の他にサラダ、漬物、ライス、スープ、それにこの日の一品で”春巻”がセットになって、お値段は780円也。ちなみにライスとスープはお替り自由らしい・・・。以前に『大阪王将』で食べた”酢豚定食”とか、あるいはちょっと有名な『中国料理店 民生』で食べた”酢豚定食”と比べると、平均的な価格?かな?と言う印象・・・。
 
中華料理満福亭酢豚セット
そしてこちらが”酢豚セット”のメインである”酢豚”で、ご覧の通り豚肉が何か縦長っぽい感じに切ってあって普段食べ慣れている”酢豚”とは何か印象が異なる。とは言え、味付けはオーソドックスな甘酢のあんで、シャキシャキした玉ねぎや人参等の野菜と一緒に食べると普通に美味しい・・・。特筆する点は得に無かったが、町中の中華屋さんとしては極々平均的な味な気がする。
 
中華料理満福亭酢豚セット
そしてこちらは”酢豚セット”に付いていたこの日の一品で、その内容はご覧の通りの”春巻”1本。味的にはこれまたオーソドックスな味の”春巻”で、普通に美味しかったけど、それ以上の物でも無かったかな。
 
中華料理満福亭酢豚セット
ちなみに”酢豚セット”に付いていたスープは、中華料理屋さんの定番とも言える”玉子スープ”で、溶き玉子もたっぷり入っていたが、こちらも平均的な味のスープだった。
 
てな事で、明石方面から帰って来る途中に必ず通る明姫幹線沿いにお店があるので、以前から少し気になっていたので、この日、ヤマダ電機に寄った序でに食べに行ってみたのだが、所謂、昔長柄の町中の中華料理屋さんと言う味で、悪くは無いがそれ以上の物でも無い。お店がもっと近くにあれば偶に行っても良いかな?と思うけど、きっと次回は他のお店に行ってしまう気がする・・・。

WordPress.com Blog.