義史のB型ワールド

2013年10月13日

石焼地どりのお店が鶏だけを使ったラーメン屋を始めたので食べに行ってみた!今迄に無い感じの鶏白湯スープで中々旨い!!!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:33 AM
 
代理人記録
 
播州秋祭りの真っ最中だが、ここで久々に比較的新しい話題をひとつ・・・。
 
9月の初め頃だったかに明姫幹線を走っていると、加古川別府から少し西へ行った、『らーめん2国』よりは少し東の辺りの、今は安田交差点の角っ子に大きなビルを建てて移転した『石焼地どりのお店 おじぎ屋』が元々あった場所に立っていた建物が解体され、何か新しいお店っぽい建物を立てていたので、ラーメン屋が出来たらエエのになあ・・・、とその横を通る度に見ていたら、9月の下旬頃になって”鶏塩麺”と言う看板が立った。お!私の願い通りラーメン屋やん!と思ってオープン予定日を見ると、お店の外のガラス窓に”10月1日12時OPEN”と書いてあった。てな事で、10月1日を待って早速食べに行ったのでご紹介・・・。
 
鶏麺ぺこり
こちらが今回行って来た、『石焼地どりのお店 おじぎ屋』が始めた、鶏だけを使ったスープのらぁーめんのお店で、最初は看板の”鶏塩麺”が店名かと思っていたら、店名は『鶏麺ぺこり』と言うらしい・・・。ちなみにこの場所は『おじぎ屋』が安田交差点の処に移転した後も、何か他のお店をやっていたのだが、食べ物屋では無かったので私が興味を惹く事は無く、全然覚えて無いのだが、こうして再び『おじぎ屋』関連のお店が誕生したと言う事は、土地の権利はずっと持っていた?って事なのね。
 
鶏麺ぺこり
そしてこちらが『鶏麺ぺこり』の看板で、この”ちょんまげ着物姿のおじぎ”を見た時、あらまこの場所に再び『おじぎ屋』が復活したのか?と思ったのだが、まさかこの”ぺこり”とやらが店名とは・・・。
 
鶏麺ぺこり
ちなみに『鶏麺ぺこり』の店内はこんな感じで、お店入口入って直ぐの処は、9人ぐらいが座れるカウンター席が、そして道路側には4人掛けのテーブルが3卓程あったが、私が訪れた日は未だお店が誕生して日が浅い事もあってか、テーブル席の方はロープが張られていて、入れ無かった・・・。
 
鶏麺ぺこりのこだわり
そしてこちらが『鶏麺ぺこり』の”こだわり”で、お店を経営しているのが”石焼地どりのお店”と言う事もあって、スープは鶏だけを使って作っているらしく、”どろり、とろり、さらり”の3タイプのスープがあるらしい・・・。で、このポスターを見た時は気が付かなかったのだが、”どろり”は”汁無しのまぜそば”らしい・・・。
 
鶏麺ぺこりのメニュー
で、お店自体はスタッフが現金を触らなくて済む様に食券制になっているらしく、こちらがその食券自販機でご覧の様に”どろり、とろり、さらり”のスープが選べる他、麺も”細麺”か”太麺”が選べるらしい・・・。で、初訪問なのでお店の看板メニューを・・・、と思ったのだが、”まぜそば”タイプは余り好きでは無いので、”濃厚とろーり鶏スープ”の”とろり”の細麺を食べる事に決定!!!(ちなみにこの日は気が付かなかったが、後日行ってみると各ボタンに小さな張り紙があって、”さらり”系は標準では”唐揚げ”のトッピングは無いらしいので、ご注意を)。
 
鶏麺ぺこりとろり細麺
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”とろり”らぁーめんで、お値段は690円也。先に紹介した壁に貼ってあったポスターに書いてあった説明に寄ると”鶏油の香りがたまらない、極旨濃厚スープ。鶏骨だけで作る、まるで豚骨らーめんの様なコク”との事。トッピングはチャーシューの代わりに鶏の唐揚げが2個、それにモヤシやネギ等がトッピングされている。
 
で、その肝心のスープであるが、確かにとろりとした、あるいはまったりとした感じで、何と無くポタージュスープみたいな雰囲気だが、近くにある似た様な”鶏塩らーめんのお店 麺魂”のスープとはまた違った感じで、中々美味しい。個人的にはこのスープに魚介系のスープをミックスして欲しい気もしたが、お店のコンセプトが”鶏だけで作る!”なので鶏系スープオンリーは仕方が無い事だ・・・。
 
鶏麺ぺこりとろり細麺
そしてこちらがラーメンにトッピングされていた”鶏の唐揚げ”で、そもそもこのお店が焼鳥屋さんがやっているお店と言う事だったので、お店に来た時から”鶏の唐揚げ”を食べてみようと決めていたのだが、ラーメンにトッピングされていると言うので、単品では注文しなかったのだ。で、当然の如く揚げ立て熱々で普通に美味しいのだが、やはり気持ち的には”鶏の唐揚げ”は生ビールか白いご飯と共に食べたかったかな。それに折角”鶏だけで作る!”と言う事であれば”笠岡ラーメン”とか、あるいは姫路にある『京都熟成細麺らぁ~めん 京』の”鶏しおらぁ~めん”の様な”鶏チャーシュー”にして欲しかったかも・・・。
 
鶏麺ぺこりとろり細麺
ちなみに今回食べた”ラーメン”の麺は、お店オススメの”細麺”で、ちょっと黄色い色した玉子麺っぽい、まろやか?な食感の麺で、こちらも中々美味しかった。流石に麺には鶏は使って無いだろうけど・・・
 
鶏麺ぺこりお漬物鶏麺ぺこりガリ
で、そんなこんなでラーメンを食べていると、この”鶏塩スープ”には途中でガリを入れて食べるのがオススメ・・・、と言う事なので、自販機の横に置いてあった食べ放題のガリを小皿に取って来てスープに入れて食べてみると、確かにちょっとガリの甘辛い風味が加わって、スープが・・・、と言うかガリ自体が旨い何かこのガリとスープで、お茶碗一杯の白いご飯が食べれそうな感じだった。
 
てな事で、『石焼地どりのお店 おじぎ屋』が始めた”鶏だけを使ったラーメン”を食べに行ってみたのだが、とろみはある物のどちらかと言うとあっさりした感じで、中々美味しかった。それにしても何故かこの近辺には『鶏塩らーめん麺魂』とか『俺のらーめん丸髙家』の”白鶏らーめん”とか、鶏白湯系のスープのラーメンを出すお店が増えて来たんだろう???姫路には”とんこつ系”のお店が多いのだが、加古川は”鶏系”のスープが好きな人が多いのかな?

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。