義史のB型ワールド

2013年10月6日

この夏に滋賀に行った時に自分へのお土産で買って帰った”近江牛ラーメン”のカップ麺を食べた!スープが醤油辛くて近江牛の味が台無し?みたいな。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 7:11 PM
 
代理人記録
 
少し前に7月の中旬頃に1週間程の間、滋賀へ行った時に買って帰った”近江牛うどん”のカップ麺を紹介したが、その時にも書いた様に他にも”近江牛ラーメン”と言うカップ麺を買っていたのだが、折角なのでそちらも簡単にご紹介
 
近江牛ラーメンカップ麺
こちらが滋賀へ行った時に買って来た”滋賀県産和牛 近江牛ラーメン 醤油味”と言う名のカップ麺で、販売元は『南産業』となっていたが、前回紹介した”近江牛うどん”と同様に、氷結乾燥ノンフライ麺使用って事で、誰がどう見ても当ブログですっかりお馴染みの『とかち麺工房』製のカップ麺の様だ・・・。ちなみに『南産業』の商品説明に寄ると”全国三大和牛の「近江牛」をレトルトパックし、カップラーメン。スープは黒醤油で味付けされ、お肉に合う味で仕上げている”との事。
 
近江牛ラーメンカップ麺
そしてこちらが”近江牛ラーメン 醤油味”のカップ麺の中身で、氷結乾燥ノンフライ麺の他に、レトルトの具、液体スープ、乾燥具材と、『とかち麺工房』定番の”有名店の味を再現したカップ麺”の中身とほとんど同じ・・・。これを見ただけで何と無く味の想像が付いてしまいそうな・・・
 
近江牛ラーメンカップ麺
それは兎も角として、こちらが完成した”近江牛ラーメン”のカップ麺で、滋賀からの帰りに寄った大津SAで食べた本物?の”近江牛ラーメン”とは違い、醤油味と言う事で以前”神戸さんちか麺ロードで食べた神戸牛ラーメン”とか”姫路食博で食べた牛テールスープらーめん”の様に、濃い醤油色をしている。で、そのお味だが、見た目通り、ちょっと醤油辛い・・・。しかも雰囲気的にはスープには”近江牛”は使って無い、世間一般に良くある感じの醤油味だ。うーん、何かちょっと期待外れ?な味かも・・・
 
近江牛ラーメンカップ麺
そしてこちらが、レトルトの具に入っていた”近江牛”で、基本的には先に紹介した”近江牛うどん”に入っていた物と似た様な感じだが、メンマが入っている分、ちょっと少な目な気もする。で、味的には普通に美味しいのだけど特に”近江牛”を感じられる様なお肉でも無かった様な気がする・・・。
 
近江牛ラーメンカップ麺
ちなみに”近江牛ラーメン”の麺はこんな感じの氷結乾燥ノンフライ麺で、割りと細麺だが毎度お馴染みの『とかち麺工房』の麺と同じだったかな。
 
てな事で、滋賀へ行った時に買って帰った”近江牛ラーメン”のカップ麺を食べたのだが、私の中では『とかち麺工房』製のカップ麺はどれを食べても美味しい・・・、と言うイメージがあったのだが、この”近江牛ラーメン”のスープはちょっと醤油辛かったかな・・・。どちらかと言うと関東系の人を対象にした味付けのスープだったのかも知れない。てか、スープにも”近江牛”を使って欲しかったかも・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。