義史のB型ワールド

2013年9月29日

明石まで足を延ばして”木曽路”で”松茸会席”を食べてみた。”土瓶蒸し”に”すき焼き風の鍋”に”天ぷら”と、まさに松茸尽くしで中々旨かった!!!

Filed under: グルメ — 代理人 @ 8:48 PM
 
代理人記録
 
当ブログで時々書いている様に、ちょっとした事情で最近、月に一回ぐらいの割合で明石大久保方面へ出掛けて行く事がある。で、そんな時はその近辺でランチかディナーを食べに行くのだが、この日は久々に明石にある『木曽路』に行ってみる事にした。
 
しゃぶしゃぶ・日本料理 木曽路/明石店
こちらが久々に行って来た、しゃぶしゃぶ・日本料理のお店『木曽路/明石店』で、このお店には時々来ているのだが、前回来た時は店内満席&駐車場満車で入れ無かったので、この日は先に電話で予約しての訪問だ。そんな事もあってこの日はすっと入れたが、案の定この日もお店開店前から、数組のお客さんが入口付近で待っていて、後からも続々とお客さんがやって来て正午前には店内は満席になっていた・・・。相変わらず何時来ても流行っている・・・、不思議だ・・・。
 
しゃぶしゃぶ・日本料理 木曽路/明石店
それはさて置き、早速メニューを見てみると、この日は9月になっていた事もあり既に秋の逸品松茸づくし”なる季節限定のメニューが登場していて、”松茸の土瓶蒸し”とか”焼き松茸”、それに”松茸・トロ握り”等のメニューが並んでいる。そう言えば、これらの料理は4年ぐらい前に、『木曽路/神戸ハーバーランド店』で食べた事があった様な・・・。
 
しゃぶしゃぶ・日本料理 木曽路/松茸会席
そんな中、私の目に留まったのは、お手軽に”松茸づくし”が楽しめる?”松茸会席(萩)”、5250円のコースと言うコース。確か9月末までの期間限定メニューだし、折角この時期に来たのも何かの縁・・・、って事でこの”松茸会席(萩)”を食べる事に決定!!!
 
木曽路松茸会席萩木曽路松茸会席萩
まず最初に運ばれて来たのが、こちらの”松茸会席(萩)”の”先付”で、その内容はと言うと、梅肉が乗った生貝柱、椎茸、ホウレン草のお浸し等々・・・。どれも大体見たまんまの味だったけど、ふとこの写真を見て後から思うと、その時は椎茸だと思って食べたキノコは、もしかすると”松茸”だった?って可能性もあるのかな?でも確か、味は椎茸だった様な・・・。
 
木曽路松茸会席萩
そしてその次に運ばれて来たのがこちらの”前菜”で、流石に和食料理専門店と言う事もあって、綺麗に飾り付けされた感じの料理が並んではいるが、私の大好きな『生州割烹 輝髙』に出て来る”前菜”程の見た目の感動は無い・・・。
 
木曽路松茸会席萩木曽路松茸会席萩木曽路松茸会席萩
ちなみにその”前菜”の料理はこんな感じで、私の苦手な魚はあるが、”松茸”の姿は無い・・・。ま、雰囲気的には大体見た感じの味の料理だし、この時はワイワイガヤガヤ言いながら食べたので、余り記憶に残って無い料理ばかりだ・・・
 
木曽路松茸会席萩木曽路松茸会席萩
そしてその次に運ばれて来たのが、私のお目当ての一つでもある”松茸土瓶蒸し”で、先にも書いた様に4年ぐらい前に『木曽路/神戸ハーバーランド店』で食べた”松茸土瓶蒸し”と全く同じ土瓶に入っている。
 
木曽路松茸会席萩
そしてこちらが”松茸土瓶蒸し”の中身で、どんな物が入っているのかと覗いてみると、最初はこれまた椎茸かな?と思ったぐらいの大きさの”松茸”の他に、海老、魚の切身、鶏肉、銀杏等が入っているが、何と無くスカスカしてる様な印象・・・。昨年”西神オリエンタルホテル”の和食屋さんで食べた”松茸香味膳”の中の”土瓶蒸し”と比べても、具は少なそう・・・。ま、同じく昨年『かごの屋』で食べた”松茸と鱧の土瓶蒸し”よりはマシ?嫌、似た様なもんかな?
 
木曽路松茸会席萩木曽路松茸会席萩
てな事で、取り敢えず”松茸土瓶蒸し”の中身を器に取り出してみると・・・、ご覧の通り”海老”は普通サイズ?と言うか、どちらかと言うと大き目で不満は無いが、”松茸”は縦にカットされた細身の物が2本入っているだけ・・・。この夏に『生州割烹 輝髙』で食べた”鱧と松茸のお吸い物”には”丸々1本の松茸”が入っていたのとは偉い違いだ・・・。とは言え、お出汁は普通に美味しくて全体的にも中々旨い松茸の土瓶蒸し”であった。
 
木曽路松茸会席萩木曽路松茸会席萩
そしてその次に運ばれて来たのが、こちらの”お造り(3種)”で、その内容は”マグロ、鯛、ハマチ?”で、当然の如く”松茸”は無い・・・、って当たり前か・・・。”大とろ”が無いのは残念だが、鯛もハマチ?も新鮮で中々美味しいお造り”だった。
 
木曽路松茸会席萩
で、そろそろメイン料理が出て来る頃か・・・、と思っていたら続いて目の前に運ばれて来たのがこちらの”煮物”で、その中身は海老の他に、ジャガイモか何かを磨り潰して作った様な皮に包まれた饅頭みたいな物が餡の中に浸かっている。パッと見た感じは日本料理に良くありそうな感じで、美味しそうなのだけど”松茸づくし”のコースな割に、またまた”松茸”の姿が無いのが残念・・・。
 
木曽路松茸会席萩
ちなみに、その饅頭ぽい物の中には”いわしのつみれ”みたいな感じの団子状の物が入っていた。魚嫌いの私にはちょっと癖のある味だ・・・。せめて、”鶏肉のつみれ”とかにして欲しかったかも・・・。
 
木曽路松茸会席萩
そしていよいよ目の前に運ばれて来たのが”松茸会席(萩)”のメイン料理である”一人鍋”様の具材が盛られたお皿で、ご覧の様に”牛肉”と”松茸”、それにエリンギや白菜、ネギ等の野菜が盛り付けられている。雰囲気的には”松茸のすき焼き”っぽい感じの食材だが、用意されたのは、携帯燃料を使用したコンロにお出汁が張ったアルミ鍋で、雰囲気的には”すき焼き鍋”みたいな感じだ。
 
木曽路松茸会席萩
そしてこちらが”一人鍋”用の牛肉で、確かに見た目は美味しそうなのだが、流石にお盆に『生州割烹 輝髙』で食べた”但馬牛のしゃぶしゃぶのお肉”と比べると、明らかに肉質は落ちる様だしボリュームも少ない。ま、もっと質の良いお肉が食べたいのであれば、もっと上等なコースの料理を注文せよ!って事なんだろうけど・・・。
 
木曽路松茸会席萩
そしてこちらが、”一人鍋”の本来の主役である”松茸”で、薄切りではある物の、それなりの大きさがある。てか、漸く”松茸”らしいものを見た様な気がする・・・。先に出て来た”松茸土瓶蒸し”にもこれぐらいのサイズの”松茸”を入れて欲しかったかも・・・。
 
木曽路松茸会席萩
それはさて置き、まずは白菜エリンギ類と、火が通り難そうな感じの”松茸”等を、鍋の中に投入!
 
木曽路松茸会席萩
そして”松茸”や白菜等に火が通った辺りで、牛肉を投入!!!お出汁は想像通り、ちょっと甘目のすき焼き風の味付けで”牛肉”や”白菜”は火が通った時点で、特に何も浸けずにこのまま食べれる状態。で、そのお味であるが”牛肉”は生で見た時は対した肉質では無い・・・、と思った物の煮込んだ後でもお肉は柔らかくて中々旨い!”松茸”も、香りがするかどうかは兎も角として、如何にも”松茸”を食べている・・・、と言う食感がありこれまた楽しい!ま、この季節の風物詩としては十分に満足出来た”松茸の牛肉のお鍋”だったかな。
 
木曽路松茸会席萩
で、”松茸の牛肉のお鍋”を食べ終えると間も無くして〆のご飯物と、更に”揚物”のお皿が運ばれて来た・・・。〆は”松茸御飯”とお吸い物ぐらいと思っていただけに”揚物”まで付いていたのはちょっと意外だ。もしかしたら”揚物”は”一人鍋”より先に出て来るのが正しい順では?と思ったが、後からメニューを見てもこの順番で正しいらしい・・・
 
木曽路松茸会席萩
それはさて置き、こちらが”揚物”の小皿で、その内容は海老のあられ揚げ”と”松茸の天ぷら”との事。海老のあられ揚げ”は天ぷらの衣の変わりに”あられ”?を使って揚げた様で、サクサクとは違うカリカリとした食感で中々美味しい。それにしても”土瓶蒸し”とか”煮物の小鉢”とかにも海老が入っていたし、まるで”松茸づくし”では無く”海老づくし”だった様な・・・。ちなみに手前の赤い真ん丸状の物は梅干しでは無く、天つゆに入れる”もみじおろし”だった。
 
木曽路松茸会席萩
そしてこちらが”揚物”のもう一品である”松茸の天ぷら”で、先ほどの”一人鍋”の中に入っていた”松茸”と同じぐらいの大きさがある。昨年、”西神オリエンタルホテル”で食べた”松茸香味膳”にも”松茸の天麩羅”が付いていたが、今回はちゃんとした?大きさの”松茸の天ぷら”で、滅多に食べない事もあってか、味がどうのこうのと言うよりも、珍しさが勝って普通に美味しかったかな
 
木曽路松茸会席萩
で、”揚物”を食べた後はいよいよ〆のご飯物で、”松茸づくし”と言う事もあり当然の如くご飯は”松茸御飯”だが、パッと見た感じは”松茸御飯”と言う寄りも”キノコご飯”みたいな感じにも思える・・・。そう言えば、何年か前に『生州割烹 輝髙』で食べた”松茸ごはん”には、テンコ盛りの”松茸”が入っていたが、あんな立派な”松茸ごはん”は他のお店では中々出会えない・・・。ま、”松茸狩り”とかに行けば、あんな立派な”松茸ごはん”が食べれるのかも知れないが・・・。それはさて置き、味的には普通に美味しい松茸御飯”だったけど・・・。
 
木曽路松茸会席萩
ちなみにこちらは”松茸御飯”に付いていたお吸い物で、”松茸のお吸い物”では無く、”松茸御飯”の風味を邪魔せぬ様にか、極々普通のお出汁のあっさりしたお吸い物だった。
 
木曽路松茸会席萩
で、食後にはこの様な、ちょっと日本料理のお店にしては洋風な感じのデザートも付いていたのだが、何故かドリンクは別料金だったので、お替りのお茶(流石にこのお店では、お茶を継ぎ足す事はせず、温かいお茶の入った湯呑みに交換してくれる)を飲みながらデザートをいただいたのであった。
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路秋の食材
最後に・・・、レジの処にはこの様な”松茸”を初めとした、栗やカボチャやカボス?の様な秋の食材が置いてあった。思わずお土産で”松茸”を1本ぐらい貰えるのかな?と思ってしまったが、そんなサービスは無かった・・・
 
てな事で、久々にしゃぶしゃぶ・日本料理のお店『木曽路/明石店』に行って今回は”松茸会席”を食べたのだが、先付や前菜、それに煮物は無くても良い様な気はしたが、全体的には中々楽しい松茸づくし”の料理のオンパレードだった。次回『木曽路』に行く時は冬場になってからだと思うので、一度このお店で”ふぐ”でも食べてみたい・・・、と思っているのだが・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.