義史のB型ワールド

2013年9月28日

姫路砥堀近くに新しく出来たラーメン屋さんに行ってみた!”黄金塩らぁめん”とやらを食べてみたけど、私にはちょっと塩辛いスープだった・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:59 PM
 
代理人記録
 
今から10年位前、姫路砥堀にある『ステーキと海老料理の本家かもめ屋』に良く行っていて、当ブログでも度々紹介した事があるのだが、最近はステーキを食べる時は西明石ホテルキャッスルプラザ内にある『ステーキ工房 小粋』に行く事が増えた事もあり、3年前に食べに行ったきり全然行って無い。そんな事もあり最近、姫路砥堀近辺に行ったのは、2年前に『らーめん丸刈本舗』とか『らーめん幕末白虎』を食べに行ったぐらいで、最近は全然行く事は無かった(その手前の姫路野里二本松交差点近くの『鶏白湯ラーメンとりの助』には何度か行っていたが・・・)。
 
そんな此処最近ご無沙汰していた、姫路砥堀辺りに、またまた新しいラーメン屋さんがオープンしたと耳にしたので、ドライブも兼ねて様子を見に行ってみた
 
らぁめんまさむね
こちらが今回行って来た新しいラーメン屋さん『らぁめん まさむね』で、お店がある場所は国道312号線沿いの姫路砥堀で、丁度お店の上近くを山陽自動車道の高架がある直ぐ北側辺りにお店がある。で、駐車場はお店の前にあるのだが、結構、車の交通量が多いので頭から突っ込むと後で出し難くなりそうだし、かと言ってお尻から入れるには一旦車の流れが切れてからで無いと困難・・・、と言うちょっと駐車しにくい様な場所だ。
 
ちなみにこのお店に行った前後に、直ぐ近くに2年前に誕生した『らーめん丸刈本舗』と『らーめん幕末白虎』のお店の前を通ってみたのだが、『らーめん幕末白虎』は既に閉店していた・・・。この近辺には、何年か前にも播州ラーメンのお店『好きやめん』等、ちょこちょこラーメン屋があったのだが、それらのお店もとっくの昔に亡くなっている・・・。交通量が多い割には不思議と、ラーメン屋さんには中々厳しい一帯みたい・・・。不思議だ・・・。
 
らぁめんまさむね
それはさて置き、何とかお店前に車を停めて店内に入ってみると、入口入って右側にはカウンター席が、左側にはテーブル席があり、更にその奥には座敷の様な席まであって、外から見た印象以上に結構広い店内だ。で、この日は未だ正午前のランチタイムには若干早目の時間帯だったのだが、お店が誕生して間も無い事もあってか、既にカウンター席は半分以上埋まっている。って事で、ちょっと息苦しそうだったので、入口近くのテーブル席に陣取る事にした。
 
らぁめんまさむねらぁめんメニューらぁめんまさむね逸品メニュー
そしてこちらが『らぁめん まさむね』の”らぁめんメニュー”と”逸品メニュー”で、”らぁめん”は”豚頭骨とげんこつを強火で12時間以上炊き続けたコラーゲンたっぷりスープと魚介だしをブレンドした特製スープ!”と言う”とんこつらぁめん”と”旨みの強いミネラル分を多く含んだ数種類の天然塩を干し貝柱を使用した透き通ったスープのぜいたく特製塩らぁめん!”と言う”黄金の塩らぁめん”の2種類があり、その他に定番の”ギョーザ”や”からあげ”、それにごはん物でチャーハン等があり、所謂ラーメン屋定番のメニューが一通り揃っている様だ。
 
らぁめんまさむねランチメニュー
で、通常メニューを見ていると、スタッフの年配のお姐さんが”ランチの方がお得ですよ”と、指示された?のがこちらの”ランチメニュー”で、ご覧の通り、”ライス”や”ギョーザ”や”からあげ”等がセットになったメニューがずらーっと並んでいる。で、例に寄って最近は少食になった事もあり、ラーメン単品で十分だったのだが、このお店に度々来る事も無いだろうし、久々に”ギョーザ”が食べたくなったので、”ギョーザセット”を食べてみる事に決定!!!ラーメンは本来であればお店の冠が付いた”まさむねとんこつらぁめん”を頼むべき処だとは思うのだが、気分的に”とんこつ”よりもあっさりしたスープの方が・・・、と思い”塩らぁめん”を選択!!!
 
らぁめんまさむね冷し豆乳担々麺メニュー
ちなみに、このお店は先にも書いた様に未だオープンして間も無いのだが、壁の張り紙をみると既に期間限定メニューと言う”冷し豆乳担々麺”なる物まであった。毎度の事ながら期間限定に弱い私なので、思わずこのラーメンと・・・、とも思ったのだが”担々麺”はそれほど好きでは無いし、豆乳ってのにも特に魅力を感じなかったので、今回はパスしたのであった・・・。きっと今はもう無い?かな?
 
らぁめんまさむね塩らぁめん
それはさて置き、間も無くしてまず最初に運ばれて来たのが、こちらの”黄金塩らぁめん”(ランチメニューには”塩らぁめん”としか書かれて無かったのが気になるが・・・)で、単品で注文した場合のお値段は680円也。トッピングの”斜め切りの葱”が、何と無く”もんどの蔵出し醤油麺”のネギを思い出してちょっと懐かしい?気になった・・・。で、そのお味であるが、ご覧の通りの透明系の正に”黄金のスープ”と言わんばかりの透き通った系のスープなのだが、味的にはちょっと塩っ気が多い感じ・・・。この味であれば普通に?”塩元帥の塩ラーメン”とか”もんどの塩ラーメン”の方が美味しい様な気がする。見た目が良かっただけに、ちょっと期待外れだったかな・・・。
 
らぁめんまさむね塩らぁめん
そしてこちらは”塩らぁめん”にトッピングされていた”チャーシュー”で、箸で摘まもうとしただけで崩れて行く柔らか”チャーシュー”だったが味的には普通に美味しい・・・。願わくば、後2~3枚ぐらい”チャーシュー”が入っていても良かったのでは?とは思うが・・・。
 
らぁめんまさむね塩らぁめん
ちなみにこの日食べた”塩らぁめん”の麺はこんな感じの縮れた細麺で、味的には可も無く不可も無く。雰囲気からすると、もう一つの”まさむねとんこつらぁめん”も同じ麺が使われているのでは無いかな?
 
らぁめんまさむねギョーザセット
で、そんなこんなで一足先に運ばれて来た”塩らぁめん”を食べていると、間も無くして”ギョーザ”が運ばれて来て、全品揃った”ギョーザセット”がこちらで、お値段は880円也。当ブログで何度も書いている様に”らーめん八角の平日のランチタイムの700円の定食”と比べるとコストパフォーマンスは良く無いが、価格的には一般的なランチのお値段かな?
 
らぁめんまさむねギョーザセットのギョーザ
そしてこちらが、メインの”ギョーザ”で、焼立て熱々で具もそこそこジューシーで普通に美味しいのだが、テーブルに備え付けのタレ何か変な味・・・。そんな事もあってタレを浸けるとイマイチ美味しく無くなる・・・。タレがもうちょっと美味しければきっと”ギョーザ”も、もっと美味しかっただろうなあ・・・。
 
てな事で、姫路にまた新しいラーメン屋さんが誕生したと耳にしたので、久々に姫路砥堀まで行って新しいラーメン屋さんに行ってみたのだが、この日食べた”塩らぁめん”と”ギョーザのタレ”は期待した味とは違ったかな。とは言え、お店の冠の付いた”まさむねとんこつらぁめん”を食べる為に、最低でも後一回は行くだろうし、限定ラーメンの内容に寄ってはその後も行くかも知れない・・・。地理的にもうちょっと近ければ言う事は無いのだが・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。