義史のB型ワールド

2013年9月14日

今夜は”たかさご万灯祭2013”!でもその前に”ぼっくりんとご当地キャラランド”!!”ふなっしー”を呼べ!”ふなっしー”を!!!

Filed under: 祭り — 代理人 @ 11:48 PM
 
代理人記録
 
今夜は”たかさご万灯祭2013”の日!!!と言う事もあり、夜は例年以上のお客さん?が押し寄せてどの会場も物凄い人出だったのだが、まずはその前にサンモール高砂で行われた”ぼっくりんとご当地キャラランド”のお話・・・。その名の通り、高砂市のゆるキャラ”ぼっくりん”を中心に、全国?のご当地キャラがやって来る・・・、と言う企画なのだが、チラシを見る限り全国で超人気の”ふなっしー”も”くまもん”も来ない・・・。でもちょっと気になるキャラが・・・、って事でキャンドルが点灯されるよりも少し早い時間から見学に出掛けて行った。
 
ぼっくりんとご当地キャラランド
こちらが”ぼっくりんとご当地キャラランド”のステージの様子で、当然の如く、最初に登場したのは高砂市のゆるキャラぼっくりん”!!!個人的には、何年か前の”たかさご万灯祭”の時とか、あるいは数年前に姫路で行われた”B-1グランプリ”の会場とか、あちらこちらのお目に掛かっているのが、”ぼっくりん”の踊り?を見たのは今回が初めかも・・・。
 
ぼっくりんとご当地キャラランド
そしてその後、ちょっと影が薄くなった兵庫県のゆるキャラ”はばタン”を筆頭に、あまりお目に掛かった事が無いゆるキャラがステージ上に登場・・・。個人的にはステージ上のゆるキャラよりも、その横で踊っていたオネエチャン(バックの子供達では無いよ)の方が気になったりしたのだが・・・。
 
ぼっくりんとご当地キャラランド
で、その後、ステージから降りて来た”ぼっくりん”は意外と?子供達に人気・・・で、ご覧の通り行くとこ行くとこで子供達に囲まれている・・・。そう言えば観客の子供達も一緒に踊っていたから、保育園とか幼稚園で踊りを教わるのかな?
 
高砂高校開校90周年ゆるキャラまつえもん
そんな中、私の目に留まったのが、ステージの脇に居たゆるキャラ・・・、と言うか、そいつの頭に付いている学校の校章の様なマーク・・・。おお!こいつが噂の高砂高校開校90周年で作られた?とか言うゆるキャラの”まつえもん”かあ・・・。廻りの観客からは”ぼっくりん”の子分?とか”ぱちもん”とか言われていたが、正真正銘のオリジナル?のゆるキャラ・・・、のはず・・・。でもなあ、私が観ても”ぼっくりん”の偽もん?にしか見えんかったしなあ・・・。
 
高砂高校開校90周年ゆるキャラまつえもん
それはさて置き、カメラ(と言っても携帯電話)を向けると一応ポーズを作ってくれました。でもステージに上がっても、挨拶をしただけで1~2分で降りて行き寄ったし・・・、何かもうちょっと芸を覚えなあかんねえ・・・(中身は多分、高砂高校生なので、精神的に未だ余裕無いのだろうね・・・)。それに高校のキャラなんやから、学生服とかセーラー服でも着たらエエのにね・・・。
 
高砂高校年間行事
ちなみにサンモール高砂の通路の一角には”高砂高校”のブース?があって、部活動の紹介と、この様な”高砂高校年間行事”が紹介されていて、その中に10月に”90周年記念行事”と言う予定が書かれていた・・・。何をするのかちょっと気になるぞお・・・。それは兎も角、部活動の紹介文を読んでいたら”将棋部”の紹介文が無い?あれ?っと思ってその場に居た、現役の生徒に尋ねると”将棋部”なんて無いらしい・・・。ええええええええ!!!!!!!高砂高校の将棋部と言えば、数年前に”村田智穂”と言う女流棋士を生んだ伝統ある???部なんやでえ・・・私が堂々と?あるいは偉そうに?先輩面出来る貴重な倶楽部なんやでえ・・・。そんなショックもあって、”90周年記念行事”に何が行われるのか、聞くのを忘れてしまったのであった・・・。
 
最後に・・・、”たかさご万灯祭2013”のお話は、また写真を整理してから追々と・・・、って事でヨロシク!!!
広告

吉野家で”新・焼鳥つくね丼”を食べた!うずらとしし唐が追加されて50円高くなった・・・、のが新しい処?

Filed under: — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
少し前に”衣笠丼を食べに、なか卯”へ、あるいは”お好み牛玉丼を食べに、すき家”へ行ったので、やっぱその次は吉野家』やで(おっと、そう言えば最近は『松屋』には行って無いな・・・)と言う事で、またまた『吉野家』に行ってみる事にした。
 
吉野家/250号線加古川店
こちらがまたまた行って来た『吉野家/250号線加古川店』で、本来であれば看板メニューの”吉牛”を食べるべき処なのだが、最近は例に寄って期間限定のメニューを食べる事が多い・・・。で、ご覧の様にお店の前には”ねぎ塩ロース豚丼”とか”牛カルビ丼”等の幟が立っていて、私も両方とも既に食べたのだが、ある意味『吉野家』の夏の定番”うな丼”は、値段が上がった事や、今年は”将棋屋でうな重”を食べた事もあり、食べる気になれない・・・。
 
吉野家新・焼鳥つくね丼メニュー
そんな事もあり、これまた例に寄って、この夏に登場した”新・焼鳥つくね丼”を食べてみる事に・・・。『吉野家』の公式サイトに載っている”新・焼鳥つくね丼”の商品説明を見ると、昨年の秋頃に発売された”焼鳥つくね丼”の他に、その時には無かった”鳥マヨつくね丼”とやらが追加されている。で、パッと見た時は同じ値段ならマヨネーズがかかっている方がお得?と思って、じっくりとメニューの写真を見ると、”鳥マヨつくね丼”の方には”うずら”と”ししとう”が乗って無い・・・どちらを取るか好みの問題とも言えるが、やっぱ折角なら”うずら”があった方が・・・、って事で無難に?”新・焼鳥つくね丼”の方を食べてみる事に・・・。
 
吉野家新・焼鳥つくね丼並
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”新・焼鳥つくね丼”の並盛で、お値段は440円也。ご覧の通り昨年発売された”焼鳥つくね丼”に”うずらの卵”と”ししとう”が加わっている。が、昨年食べた”焼鳥つくね丼”の写真と見比べるとネギのトッピングが無くなったみたい・・・。タレの味が変わったのかどうか定かでは無いが、味も限り無く昨年食べた焼鳥つくね丼”と同じ様な印象。”うずらとししとう”が増えただけで50円のアップは、ちょっと高いかな?
 
吉野家新・焼鳥つくね丼並
ちなみにこちらが”新・焼鳥つくね丼”にトッピングされていた”うずらの卵”と、1つだけ乗っている”つくね”で、”うずら”は一般的な茹でただけの”うずら”なので、味的には全く特徴の無い味。”つくね”は、昨年食べた”焼鳥つくね丼”と同じで、普通に美味しかったけど、それ以上の物でも無かったかな。
 
てな事で、またまた『吉野家』へ行って、この日も期間限定のメニューである”新・焼鳥つくね丼”を食べたのだが、味的には悪くは無い物の、値段と内容を考えるとやっぱ普通に”280円の吉牛”を食べた方が良いよなあ・・・。個人的に『吉野家』には頑張って欲しいので、応援の意味も兼ねて定期的に食べに行っているのだが、やっぱ”吉牛”を超える商品は中々出来ないみたい・・・。かと言って”吉牛”だけでは、運営的に厳しそうだし・・・。何とか頑張って欲しい・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.