義史のB型ワールド

2013年9月5日

小野にちょっと怪しげなネーミングの”小野絶好調らーめん”と言うお店が誕生したと耳にしたので、ドライブがてらに食べに行ってみた!看板メニューは未だ発売されて無かった・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:32 PM
 
代理人記録
 
小野と言えば、加古川から西脇にかけての”播州ラーメン”のご当地エリアで、10数年前に管理人さんファミリー&30番さんファミリー&イーサン夫婦らとラーメンツアーで食べに行った『らんめん』とか、一時期、姫路や高砂にチェーン展開していた『好きやめん』(噂では本店は名前を貸しただけ?みたいな感じだったらしいが・・・)等、人気のラーメン屋さんが数多くある
 
そんな小野に、7月の下旬頃に”町おこしラーメン日本元気化プロジェクト/ラーメンで小野市と北播磨を元気に!”と言うキャッチコピーのちょっと怪しき”小野絶好調らーめん”なるお店が誕生したと耳にしたので、ドライブがてらに食べに行ってみた。
 
絆麺屋小野絶好調らーめん
こちらが今回行って来た『絆麺屋 小野絶好調らーめん』と言うラーメン屋さんで、お店がある場所は国道175号線沿い中古瀬南交差点近くの、写真を見ればお判りの様に”ジャパン小野店”の隣にある。『丸亀製麺』ファンの方には”記念すべき丸亀製麺の2号店である小野店”の直ぐ近く・・・、と言えば直ぐに頭にピンと来る?かな。
 
で、写真を見れば直ぐに判る様に、ディスカウントショップ”ジャパン”に併設されたコンテナハウスみたいな感じの店舗で、パッと見た感じは、一時期流行った、移動店舗型のラーメン屋さんっぽい感じにも見える。そんな事もあってか入口と出口が別々になった、私の中では美味しいラーメン『どうとんぼり神座』を思い浮かべる様なシステム?になっていた・・・。
 
絆麺屋小野絶好調らーめん
が、店内に入って見ると外から見て思ったよりは店内は広く、”ジャパン”側には厨房と、その前にはカウンター席があり駐車場側には、ご覧の様なテーブル席の部屋があり、どちらかと言うと広々としている。で、私が入店したのは正午前だったので、未だ先客は一組しか居なかったのだが、この写真を撮った後から、続々とお客さんが入って来て、あっと言う間にテーブル席もカウンター席も埋まってしまった・・・人の事は言えないが、みんな新しいお店が好きなのね 
 
絆麺屋小野絶好調らーめん白メニュー
で、実はこのお店、公式サイトを見てもらう方が早いのだが、このお店の看板メニューは小野の食材を地産地消した”おの恋らーめん”らしいのだが、それは8月末からの発売らしく、私が訪問したのは未だ8月の上旬だったのでラーメンメニューは”らーめん白”と”冷麺”の2種類しか出来ないとの事。折角ならば看板メニューのラーメンを食べたかったのだが、無い物は仕方が無い・・・。って事で、この博多ラーメンを進化させた”自家製本格派豚骨”スープの”らーめん白”を食べてみる事に決定!!!
 
絆麺屋小野絶好調らーめん絆麺屋小野絶好調らーめん
ちなみにテーブルの上にはこの様な、薬味やお漬物が入った入れ物が置いてあり、全て入れ放題食べ放題らしい。他のラーメン屋さんで、この様な食べ放題の漬け物がお店の中央に置いてあるお店が多々あるのだが、こうやって各テーブルの上にそれぞれ置いてくれていると、わざわざ席を立って取りに行く必要が無いので、そう言った意味では有り難い・・・
 
絆麺屋小野絶好調らーめん
てな事で、取り敢えず他のお店の味比べの意味も兼ねて、まずは”キムチ”を小皿に取ってスタンバイ!何時もの様に”キムチ”を先に食べてしまうとラーメンのスープの味が判らん様になってしまうので、ラーメンが出て来てから食べたのだが、特筆する程の味では無い物の、私の中では合格点を与えられる普通に美味しいキムチ”だった。
 
絆麺屋小野絶好調らーめん白ミニ餃子ライスセット
そんなこんなしていると、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”らーめん白”、650円と、セットメニューを見ると”餃子”は3個でボリューム的には十分だし値段も190円と、お手頃価格?な気がして追加した”ミニ餃子ライスセット”で、合計金額は840円也。安いと思ってセットを追加したのだが、結構エエお値段になってしまった様な・・・。
 
絆麺屋小野絶好調らーめん白
それはさて置き、こちらが”らーめん白”でご覧の通り、スープが白濁した博多風の豚骨ラーメンだ。メニューの説明に寄るとスープは”げん骨と豚頭骨と背脂を10時間以上かけて炊き出し、丁寧に臭みをとった、コラーゲンたっぷりの無添加スープ”で、タレは”国産大豆のみを使用した無添加の醤油に、削り節としいたけの出しをあわせた特製のかえし”との事。ちなみに麺の固さや、背脂の量は指定出来たのだが、今回は初訪問と言う事でどちらのノーマルを指定・・・。
 
で、そのお味であるが、確かに”豚骨臭”の全く無いマイルドなスープで、中々美味しい。”博多ラーメン”と言えば”豚骨臭”を抑える為に紅生姜を入れたりゴマを入れたりするが、そんな必要の全く無いスープで、個人的には好印象・・・。今度は”背脂多め”にして食べてみたいと思う。
 
絆麺屋小野絶好調らーめん白
そしてこちらは”らーめん白”にトッピングされていたチャーシューで、メニューに”豚のバラ肉を特製タレで炊き上げたトロトロ自家製チャーシュー”と書いてある通り、トロトロで何と無く豚の角煮に近い食感でこれまた旨い!しっかししたチャーシューが好みの人は、どう感じるかは不明だが、中々美味しいチャーシューだと思う。
 
絆麺屋小野絶好調らーめん白
ちなみに”らーめん白”の麺はこんな感じで、博多豚骨ラーメン定番の極細麺で、個人的には太麺好きなのだが、この麺も普通に美味しかった
 
絆麺屋小野絶好調らーめんミニ餃子
そしてこちらが”ミニ餃子ライスセット”の餃子で、ミニと書いてあったのはサイズでは無く、個数が3個と言う意味らしく、ご覧の通り大きさ的には”王将の餃子”並で、当然の如く焼立て熱々で具もジューシーで、ご飯との相性も全く問題無く普通に旨い!ボリューム的にも3個で、少食になった今の身には優しい量だったのも良かったかな。
 
絆麺屋小野絶好調らーめん餃子無料券
ちなみに食事を終え、レジで会計を済ますと、この様なオープン記念の”餃子無料券”をくれた・・・。餃子が無料で食べれるのなら、この日は”餃子セット”では無く”唐揚げセット”とかにすれば良かったかな?と思いつつお店を後にしたのであった・・・。
 
てな事で”ラーメンで小野市と北播磨を元気に!”と言う『小野絶好調らーめん』に行って来たのだが、看板メニューの”おの恋らーめん”は未だ食べれ無かったけど、この日食べた”らーめん白”も”餃子”も中々美味しかった。以前はもうちょっと明石よりにある『小野塩元帥』に時々来ていたのだが『塩元帥』は近くにも出来たので、当分の間、小野までラーメンを食べに来る事は無いと思っていたが、餃子の無料券を貰った事だし、そろそろ”おの恋らーめん”もメニューに加わっている頃?なので、また食べに行かなくては・・・。

久々に行った荒井小松原にある”ごはん高砂店”で”からあげのせカレーライス”を食べた!カレーは家庭的な味だが、確かに”からあげ”は旨い!!!

Filed under: カレー — 代理人 @ 7:35 PM
 
代理人記録
 
この日の夕方、ちょっとした買物に行った序でにふと、高砂市民御用達のお店『喜両由』に行って晩飯でも食べて帰ろうと思いお店の方へ向かっていた時、そのお店の直ぐ近くにある”定食と焼きそばのお店”の前に置いてある”おすすめ”の看板を見ると、”からあげのせカレーライス”と書いてあったので、何かそれが食べてみたくなって急遽そちらのお店に寄ってみた
 
まんぷく居酒屋ごはん高砂店
こちらが久々・・・、と言うのか、約9ヶ月ぶりに食べに行った『まんぷく居酒屋ごはん高砂店』で、このお店が誕生した時は”定食とやきそばのお店”と言うのが、コンセプト?だったのだが何時の間にやら看板は”呑み処、食い処”となりお店も”まんぷく居酒屋”になってしまった・・・。とは言えお店の名物メニューである”汁焼きそば”を筆頭に、メニューは基本的には変わって無い様な気がするのだが・・・。
 
まんぷく居酒屋ごはん高砂店おすすめメニュー
それはさて置き、こちらがお店の前に置いてあった”おすすめ”料理を書いたボードで、その中にちょっと興味を持った”からあげのせカレーライス”が書いてある。このお店で以前”カツカレーライス”を食べた事があるのだが、カレーの味はパッとしなかったのだけど、このお店の人気第1位が”からあげ定食”なので、前々から一度このお店の”からあげ”を食べてみたいと思っていたのと、私が良く利用する『カレーハウスCoCo壱番屋』で、個人的に一番好きなメニューが”野菜とフライドチキンのカレー”って事もあり、それにちょっと似た感じに思える”からあげのせカレーライス”が食べてみたくなったのだった。
 
まんぷく居酒屋ごはん高砂店からあげのせカレーライス
それはさて置き、こちらが実際に食べた”からあげのせカレーライス”で、以前食べた”カツカレーライス”の時と同じく味噌汁が付いてお値段は780円也。カレーに味噌汁が付いているのはちょっと珍しい・・・、と思うが『牛丼チェーンの松屋』を筆頭に、『S&Bカレーの王様』とか”大阪で食べた角煮カレーのお店”(どちらも既に閉店しているが)とか、意外とカレーに味噌汁が付いて来るお店は多い物だ・・・。
 
まんぷく居酒屋ごはん高砂店からあげのせカレーライス
そしてこちらが”からあげのせカレーライス”で、基本的には以前食べた事がある”カツカレーライス”のトンカツが鶏の唐揚げに変わっただけで、サラダ代わりの千切りキャベツが添えられている点も同じだ。で、ご覧の通り、カレーの中には豚肉や玉葱、それにジャガイモが沢山入っていて、雰囲気的にも実際に食べた味も家庭で作るカレーの様で、懐かしさもあって中々旨い!以前食べた”カツカレーライス”より美味しくなった様な気がする・・・。
 
まんぷく居酒屋ごはん高砂店からあげのせカレーライス
そしてこちらが”からあげのせカレーライス”にトッピングされていたこのお店ご自慢の”からあげ”で、少し大き目サイズの”鶏のからあげ”が2個乗っているだけなのだが、竜田揚げみたいに衣にも味付けがしてあるのか、確かに旨い!お店が人気一番のメニューと紹介するだけの事はある!と思える味だ。今度来た時は、”からあげ定食”を食べてみようかな?と思わせる美味しさだったかな。
 
まんぷく居酒屋ごはん高砂店からあげのせカレーライス
ちなみにこちらは”からあげのせカレーライス”に付いて来た”味噌汁”で、個人的には既に何度も食べて来た”味噌汁”なのだが、この日は何時も以上に”いりこ風味”満載で、これまたちょっとした懐かしさがあって、何時もより美味しかった様な気がする。でもやや”いりこ風味”が強過ぎる?とも言える味だったので、苦手な人はいるかも知れない・・・。
 
てな事で、4年半ぐらい前に、このお店が誕生した時から何度も行っているのだが、この日食べた”からあげのせカレーライス”が今まで食べた料理の中で一番美味しかった様な気がする。厨房を見ても以前とスタッフの顔が変っている?様な気もしたので、もしかしたら、味も変わったのかも知れない・・・。って事で、またちょくちょくこのお店に行ってみようかな?と思ったりする今日この頃・・・。

WordPress.com Blog.