義史のB型ワールド

2013年8月19日

琵琶湖湖岸のリゾート生活で食べた麺類シリーズ第4弾は何故か滋賀で”博多うどん”!!!何と無く関西風の柔らかうどんで、スープも中々旨かった!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 11:23 PM
 
代理人記録
 
琵琶湖湖西のリゾートマンション生活の中盤、この日は余り遠くには出掛けなかったので、夕方からリゾートマンションでゴロゴロ過ごしていたのだが、そろそろ夕食の時間が迫って来たので例に寄って何処かのお店に食べに行く事にした。が、少し前にも書いた様に、リゾートマンション近くにはこれと言ったお店が無く、お店が沢山ある処と言えば約8kmぐらい離れた堅田辺りまで行かなければならない。
 
が、この前行った『ラーメン藤/わに店』から少し行った処に、何故か滋賀県なのに”博多うどん”のお店があった。でも滋賀県に来て”博多うどん”ってのもなあ・・・、と思って最初は全然行く気は起らなかったのだが、リゾートマンションから何処かへ出掛ける際には必ずと言ってそのお店の前を通っていたので、段々と洗脳されて来たのと、近くには他に目ぼしいお店が無かった事もありその”博多うどん”のお店に行ってみる事にした。
 
博多うどん小麦屋/小野本店博多うどん小麦屋/小野本店
こちらが今回行って来た『博多うどん小麦屋/小野本店』で、ご覧の通り、看板に”博多うどん”の特徴である”表面ふんわり・中もちもち”と言う文言が書いてある。ちなみに”うどん”や”そば”の発祥は博多らしい・・・。正確には製粉技術伝承地らしいのだが、そう言えば以前に冷凍食品で食べたB級グルメの”小倉焼うどん”の袋には”小倉が焼うどん発祥の地”って書いてあったっけ・・・。北九州恐るべし・・・!
 
博多うどん小麦屋/小野本店
ちなみにこちらが『博多うどん小麦屋/小野本店』の店内の様子で、外から見た時はカウンター席が中心の小さなお店に見えたのだが、意外と店内は広くテーブル席もゆったりとしている。で、夜の部は午後6時からだったのだが、夜の部開始と共に何処からとも無く、あちらこちらからお客さんがやって来て、その中にはテイクアウト?のお客さんも居た。すっかり地元に根付いているお店の様だ。
 
博多うどん小麦屋/小野本店あったかいうどんメニュー
そしてこちらが『博多うどん小麦屋/小野本店』の”あったかいうどん”のメニューで、その中には”山笠うどん”とか”どんたくうどん”なる、如何にも”博多うどん”と言う様なメニューがあったのだが、これまた以前にカップ麺で”博多のうどんウエスト監修 ごぼう天うどん”を食べた時から”博多うどん”と言えば”ごぼう天”がトッピングされているもの!と言うイメージがあったので、”ごぼ天うどん”を食べてみる事に決定!!!
 
博多うどん小麦屋/小野本店サービスセットメニュー
が、何か”ごぼ天うどん”だけでは物足りないかな?と思ってメニューを見ているとこの様な”サービスセット”ってのがあったのだが、その中には何故か”ごぼ天うどんセット”ってのが無い・・・。お店の人に”ごぼ天うどん”でセットに出来ないか?とお願いしてみようかと思ったのだが、先の”あったかいうどん”メニューに自慢の牛肉のうま煮”と書いてあったので、そもそも次にこのお店に来る機会が無いかも知れないし・・・、って事で”肉ごぼうセット”にする事にした。
 
博多うどん小麦屋肉ごぼうセットメニュー
で、その”肉ごぼうセット”では、ご飯は”白ご飯炊き込みご飯いなり寿司”の3つの中から選べるのだが、どう考えても”白ご飯”よりも”炊き込みご飯”か”いなり寿司”の方が単価が高そう・・・、と言う小市民根性が芽生えて来たので、個人的にも大好きな”炊き込みご飯”をチョイス!!!
 
博多うどん小麦屋こだわり
ちなみにこちらはメニューと一緒に置いてあった雑誌の切り抜きで、それに寄ると”博多うどん”の特徴は”出汁にこだわっている”らしい・・・。日頃から書いている様に、私は”ラーメン”でも”うどん”でも、”麺よりもスープ、出汁重視派”なので、その辺りも私の好みにもピッタしの”うどん”の様だ!ま、関西風のうどんが好きな人は、みんな出汁重視派だとは思うけど・・・。
 
博多うどん小麦屋雑誌の紹介記事
そしてこちらはその”雑誌の紹介記事”のページ全体で、これを読むと”博多うどん”の歴史が判る・・・、って事で、適当に読んでくだされ。
 
博多うどん小麦屋肉ごぼうセット
そんなこんなしていると、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”肉ごぼうセット”で、メインの”肉ごぼううどん”の他に、”炊き込みご飯”と”ミニサラダ”、それに”塩昆布”が付いて、お値段は850円也。”牛肉のうま煮”と”ごぼ天”がトッピングされているので単純比較は出来ないが、セルフ式の讃岐うどんのお店と比べると、値段はちょっと高い様な気がする・・・。ま、味が美味ければちょっとぐらい高くても許せるのだけど・・・。
 
博多うどん小麦屋肉ごぼううどん
そしてこちらがメインの”肉ごぼううどん”で、その名の通り、うどんに”牛肉のうま煮”と”ごぼう天”がトッピングされたボリュームたっぷり?な”うどん”だ。で、そのお味はと言えば、”牛肉のうま煮”の汁が混ざっているのか、ちょっと甘目だが関西風の出汁っぽい感じで、中々旨い!先の雑誌の記事では、一般的な”博多うどんはカツオブシや昆布のみならず、サバ、イワシなど10種類以上の魚介類を使用”と書いてあったが、このお店が果たしてどうかは定かでは無いが、確かに美味しい出汁に違い無い!
 
博多うどん小麦屋肉ごぼううどん
そしてこちらが”博多うどん”の命とも言える麺で、パッと見た感じは讃岐うどん風の極太な麺だが、食べてみるとお店の看板とか雑誌の紹介記事に書いてあった通り結構柔らかい。とは言え、今の様に讃岐うどんがブームになるまでは、この様な柔らか麺のうどんを食べて育った世代なので、何と無く懐かしくもあってか中々旨い!一応”博多うどん”らしいが、個人的には昔長柄の”関西風のうどん”と言う印象だったかな。
 
博多うどん小麦屋肉ごぼううどん
で、こちらが私の中での”博多うどん”の代表的なトッピングの”ごぼ天”で、これまた先の雑誌の紹介記事の中では”地元で一番の人気は揚げたてごぼう天婦羅をのせた「ごぼ天うどん」で、カラリとした天婦羅の油がこの甘い出汁に絡むと絶妙”と書いてある様に、普通に旨い!ただ、関西で食べる”ごぼう天”は、ごぼう自体に甘く味が付いていた様な気がしたが、そう言った味付けはして無かった?かな?(ちょっと自信が無い・・・)。
 
博多うどん小麦屋肉ごぼううどん
そしてもう一つのトッピングが、こちらの”牛肉のうま煮”で、残念ながら”近江牛”とは書いて無いし、そもそもお肉が細切れで何と無く昼間に食べた”近江牛のしぐれ煮”に近い感じだが、これまたちょっと甘目ながらお肉も柔らかくて普通に旨い!流石に肉の味を楽しむと言うよりは、甘目の味付けで食べるお肉の様な感じではあったが、十分美味しかったかな。
 
博多うどん小麦屋炊き込みご飯
そしてこちらが”肉ごぼうセット”の”炊き込みご飯”で、残念ながら炊き立て熱々では無く、昼に炊いたご飯をそのままジャーに入れて保温していた様な感じの温かさだ。しかも具は人参とか牛蒡や椎茸だけで、鶏肉っぽい物は入って無い。そんな事もあってか、この”炊き込みご飯”は極々普通の味だった。
 
博多うどん小麦屋肉ごぼうセット
その他にも”肉ごぼうセット”には”ミニサラダ”とご飯のお供の”塩昆布”も付いていたのだが、”ミニサラダ”は”うどん”や”炊き込みご飯”とはちょっと合って無かった様な気がする・・・。内容的にも大した物では無かったし・・・
 
博多うどん小麦屋肉ごぼううどん天かす博多うどん小麦屋天かす
ちなみに”天かす”は各テーブルに用意されていて、自由に入れ放題だったので途中から加えてみたのだが、”天かす”に出汁が浸み込んで、これはこれでまた旨い!やっぱ、”うどん”には”天かす”は必要だよなあ・・・。
 
てな事で、泊まっていたリゾートマンションの割りと近くにあった”博多うどん”のお店に行ってみたら、普通に関西風のうどんに近い味で意外と旨かった!最初は”滋賀県に来て博多うどん”?と言う抵抗もあったのだが、帰る頃にはまた食べに来ても良いかな?と思いつつ、お店を後にしたのであった。

琵琶湖湖北をドライブしていたら長浜まで辿り着いたので、近江牛のビフカツ膳を食べた後で、長浜城と黒壁スクエアを散策してみた。

Filed under: 観光,旅行 — 代理人 @ 7:41 PM
 
代理人記録
 
この日の朝は天気が良かったので(と言うか、天気予報では翌日から雨・・・、だった事もあり)琵琶湖の湖北方面へドライブに出掛ける事にした。
 
琵琶湖湖北函館山
で、琵琶湖湖北へ向かっていると、その途中に私が大阪に在住していた頃に、時々スキーをしに来ていた”函館山”の看板が見えて来たので、ちょっと懐かしくなって少し寄り道をして、その”函館山”の麓まで行ってみた。上の写真の左側に山頂まで白い線が延びているのが、見えるが、それがゲレンデまで上がる為のゴンドラでスキー場はその山頂の向こう側にある。で、”函館山スキー場”の公式サイトに載っているゲレンデマップを見れば一目瞭然で、ゲレンデ自体はシングルリフトが横並びしている様な横に広いゲレンデで、距離があるリフトは1本だけ別の方向に延びているだけの、何と無く六甲人口スキー場をちょっと広げただけの様なスキー場なのだが、当時は未だマイカーを持って居なかったので、先輩の車で来たのだが此処へ来た時は某女子がずっと一緒だったので、個人的には楽しい思い出一杯のゲレンデなのだった。
 
琵琶湖湖北伊吹山
そしてその後、湖北をドライブしていたのだが、まだまだ時間があった?ので、急遽?そのまま長浜まで行ってみる事にした。で、長浜方面へ車を走らせていると、今度はこれまた懐かしい”伊吹山スキー場”のある伊吹山が見えて来た。上の写真の山の斜面が三角状になっている処が多分ゲレンデで、”伊吹山スキー場”のゲレンデは南斜面にあるので、直射日光をまともに受ける為、晴天の日は異常に雪解けが早いゲレンデでもあった。で、このスキー場も登行用のゴンドラに乗ってゲレンデまで上がる(今はもうちょっと便利になっているはず・・・)システムだったので、ノーチェーンで行けると言う事もあり、これまた女子を連れて行くには便利なスキー場なのでもあった。。ちなみに、あのテレホンカードを作った時の元の写真を撮ったのが、この”伊吹山スキー場”だ。そんな事もあり、この伊吹山も何か懐かしい・・・。ちなみに後から”伊吹山スキー場”の事を調べていたら・・・、既に閉鎖している様だ・・・。
 
それはさて置き、そのまま琵琶湖湖岸に沿って何かして行くと、いよいよ長浜に到着!!!”伊吹山スキー場”へ行く時に北陸自動車道長浜ICで何度も降りた事はあるが、長浜市街へ来たのは、数年前に加賀・山代温泉ホテル百万石へ泊まりに行った次の日に、長浜にある鴨料理で有名な旅館『浜湖月』に来た時以来だ。その時は、旅館に泊まっただけで、市内観光をしなかったので市内を散策するのは今回が初めての事だ。
 
豊公園とその周辺の地図
ちなみに、長浜に着いてから駐車場を探して案内板通りに走っていたら長浜城の南隣にある『豊公園』の無料の市営駐車場に到着!無料と言う点では非常に便利なのだが、此処から長浜で一番有名?な観光スポット『黒壁スクエア』まで歩いたら、糞暑かった事もあり結構疲れた。最初から『黒壁スクエア』を行くのが目標の場合は『黒壁スクエア』周辺の駐車場に停める方が良いと思う・・・。ちなみに上の案内図の一番右上の隅っこに、何年か前に鴨料理を食べに行った『浜湖月』も載っている・・・。それだけ有名な旅館?だったって事かな?
 
長浜城歴史博物館
で、その市営駐車場から長浜城の天守閣が見える北の方へ歩いて行くと目の前に長浜城・・・、と言うのか長浜城歴史博物館が現れた。歴史博物館と言う名が付いている事から判る様に、この長浜城天守閣は昔あった物では無く、”1983年に犬山城や伏見城をモデルにし模擬復元されたもの”らしい・・・。
 
長浜城歴史博物館
それは兎も角として、天守閣の城壁に沿って城の正面方向に向かって歩いていると、丁度角っ子から天守を見ると、何と無く時代劇映画や時代劇TVドラマに良く出て来る城の構図?みたいな感じの場所があったので、ちょっと写真を撮ってみた。ま、この城が実際に映画やTVドラマで使われる事は滅多に無い様な気はするが・・・。
 
長浜城歴史博物館
そしてこちらが長浜城歴史博物館の正面で、館内?は5F建ての展示室になっているらしい・・・。で、当然の如く、博物館に入るには入館料が必要だったので、此処から眺めただけで長浜城歴史博物館とはお別れをしたのであった・・・。
 
長浜タワービル
で、長浜城からJR長浜駅を抜け『黒壁スクエア』の方へ歩いていると、その途中に物凄く昭和テイストと言うのか、ゴジラの映画に出て来そうな、その名も”長浜タワービル”と言う建物を発見!ご覧の通り、如何にも昭和の建物!と言う様な外観で、この時は昼間だったので、電飾は点いて無かったが、きっと夜になると怪しく輝くのでは?と思うのだが・・・。ちなみに、その昔高砂町内の国鉄高砂駅近くにあったパチンコミリオンも屋上にタワーは無かったが、雰囲気的にはこんな感じだった様な記憶があるのだが・・・。
 
黒壁スクエア黒壁1號館 黒壁ガラス館
そんなこんなでJR長浜駅の風景を見ながらウロウロしていたら、無事に『黒壁スクエア』に到着!こちらが、その代表格と言うのかシンボル的存在の『黒壁1號館 黒壁ガラス館』で、元は”「黒壁銀行」の愛称で親しまれてきた旧第百三十銀行”だったらしい・・・。でも黒壁と言うには全然黒く無いじゃん!と思うのは私だけ?で、個人的には建物には興味はあったが、ガラスには興味が無いので、こちらも中には入らず仕舞い・・・
 
黒壁スクエア黒壁2號館 スタジオクロカベ
そしてこちらは『黒壁1號館 黒壁ガラス館』の直ぐ裏手にあった『黒壁2號館 スタジオクロカベ』と言う建物。こちらには少し入ってみたのだが、やはり私にはあまり縁が無さそうな雰囲気だったので、直ぐに出て来た・・・。
 
黒壁スクエア黒壁5號館 札の辻本舗
そしてこちらは『黒壁5號館 札の辻本舗』で、先の二つは余り黒壁っぽく無かったが、『黒壁スクエア』の一体にはこの様な黒壁の何処と無く懐かしい建物が、あちこちにあった。そしてそのほとんどのお店が、ガラス屋だったり土産物屋だったり、お食事処だったりする・・・。後日訪れる彦根の”夢京橋キャッスルロード”とは、また違った趣があったかな。
 
黒壁 大手門通り
ちなみにこちらは”黒壁 大手門通り”の入口で、この商店街?の中にも何やら楽しげなお店が並んで居そうだったのだが、上でも書いた様に駐車場が長浜城の南側だったので、これ以上遠く離れると帰りがつらい・・・、って事で泣く泣く此処でUターン。また長浜に来る事があるかどうかは判らないが、この商店街を散策するのは、今度来た時のお楽しみに取って置こう・・・。
 
てな事で、長浜には伊吹山スキー場へ行く時に通ったり、数年前に鴨料理を食べに来たりした事があるのだが、本格的に市街を散策したのはこれが初めてだった。ちなみにJR長浜駅も、以前に鴨料理を食べに来た時に降り立った駅とは違い、何か近代的な駅に変貌していた・・・。その時に食べた鴨肉には余り良い印象は残って無いので、また食べに来る事は無いと思うが”近江牛”か”湖北ブラックラーメン”を食べる為ならば、また来るかも知れない・・・。

WordPress.com Blog.