義史のB型ワールド

2013年8月18日

琵琶湖湖岸のリゾート生活で食べた近江牛シリーズ第3弾は大津にある老舗のお店”松喜屋本店”!今回食べた中で一番旨かったかも・・・。

Filed under: ステーキ,焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:04 PM
 
代理人記録
 
琵琶湖湖岸のリゾート生活の中盤、この日の天気予報では午前中は雨と言う事だったので、遠出はせずに近くにある”スパリゾート雄琴あがりゃんせ”に行って、温泉に浸かってゆったりしよう・・・と言う計画。が、しかしやはりランチは近江牛が食べたい!って事で、雨も午前中の早々に上がったので、比較的近い?大津まで近江牛を食べに行ってみる事にした。
 
れすとらん松喜屋本店
で、滋賀大津にある近江牛のお店と言えば、何年か前に来た時に食べに入って大後悔したお店があるのだが、そんなお店は見向きもせず、リゾートマンションのご利用案内に書いてあった、”明治初期、全国に「近江牛」の名を広めた老舗 「松喜屋」の直営レストラン”と言われる『れすとらん松喜屋』に行ってみる事にした。こちらがその『れすとらん松喜屋』で、お店がある場所は石山なので、大津からは若干離れてはいるが、近江八幡へ行くよりは遥かに近い。で、ご覧の通り、中々風格のある佇まいのお店だ。
 
れすとらん松喜屋こだわり
ちなみにこちらは『れすとらん松喜屋』の公式サイトに載っていた”お店のこだわり”で、何やら色んな事が書いてある。で、このお店の事は今回滋賀に着いてから初めて知ったお店なのだが、結構有名なお店らしい。ちなみに滋賀の他に京都にもお店があるらしい・・・
 
れすとらん松喜屋本店のメニュー
そしてこちらがお店入口の処に置いてあった『れすとらん松喜屋』のメニューで、これに寄ると2Fはステーキカウンター、3Fはテーブル席の大広間になっていて、食べる料理に寄って2F、3Fに分かれるらしい。で、滋賀に来てこの日までに食べた近江牛の料理は”ビフカツ丼”と”ビフカツ膳”なので、そろそろ本格的なステーキが食べてみたい・・・、と思ったのだが、目の前で焼いてくれるステーキカウンター席では写真も撮り辛いし、何と無く浮いてしまいそう・・・、って事で無難に3Fの大広間に行ってみる事にした。
 
れすとらん松喜屋本店れすとらん松喜屋本店
で、こちらが今回案内された3Fの大広間のテーブル席?で、大広間と書いてあったので宴会場の様なだだっ広い部屋を想像していたのだが、実際には幾つかの小部屋に判れた大広間だ。で、どう言った判断で各部屋に案内しているのかは定かでは無いが、私が案内された部屋は、おじさん一人の先客が居る部屋だった。もしかしたら、おじさんの客はみんなこの部屋に集まられていたのかも知れない・・・。
 
れすとらん松喜屋本店限定!夏のレディースランチメニュー
それはさて置き、ます最初に目に留まったのが、こちらの”本店限定!夏のレディースランチ”と言うメニューで、最初にお店入口とか階段に貼ってあったポスターを見た時に、色んな料理が一度に楽しめて中々楽しそう・・・、でも”レディースランチ”と書いてあるし・・・、と思って、お店に入った時にスタッフのオネエサンに尋ねると、男性でも注文可能と言う話だったので、最初はこの”レディースランチ”を食べ様かな?と思った・・・。
 
れすとらん松喜屋本店夕照ランチメニューれすとらん松喜屋本店夕照ランチメニュー
が、実際に部屋に案内されてからメニューを見ていると、これまた”本店限定!!地産の食材を使用した1日20食限定の夕照ランチ”と言うメニューがあり、こちらも一度に色んな料理が楽しめる内容になっている。若干、先の”本店限定!夏のレディースランチ”と内容が似ている様な感じだが、あちらにあった”よもぎのおこわ”とか”シーフードマリネ”よりもこちらの内容の方が、私の好みに合っていそうなので、結局この”夕照ランチ”とやらを食べる事に決定!で、このランチのメイン料理である”近江牛肉石焼き”のお肉が、ロースかモモバラのどちらかが選べるとの事だったので、これまたどうせなら美味しい方が良い?と言う事で、ロース(その代わり1000円高い)をチョイス!!!
 
れすとらん松喜屋夕照ランチ3種盛り合わせとコールドビーフ
てな事で料理を頼んでから暫しの間待っていると、まず最初に運ばれて来たのが”夕照ランチ”の前菜である”3種盛り合わせ”と”近江牛のコールドビーフ”で、ご覧の通り中々お洒落な器に盛られている。これを見てビールが無いのは寂しい・・・。でも車移動だし・・・、って事で仕方無く雰囲気だけでも・・・、と、ノンアルコールビールを注文!!!ちなみに大広間の割りには老舗のお店と言う事もあってか、やや照明が暗い。そんな訳でピントが甘い写真が多いので、その辺りはご了承の程を・・・。
 
れすとらん松喜屋夕照ランチ近江牛のコールドビーフれすとらん松喜屋夕照ランチ近江牛のコールドビーフ
で、まず最初に食べたのが、こちらの”近江牛のコールドビーフ”で、お肉にべったりと味噌ダレの様な物がかかっていて、お肉の姿が良く見えないが、食べてみると結構柔らかいお肉で中々旨い!ちなみに手前の黄色い玉子焼きの様な物は”泡醤油”と呼ばれる物で、お店の説明に寄ると”昆布や鰹節、味醂などで味を整えた再仕込醤油とゼラチンで作った”物らしい・・・。そう言われてみると、醤油の様な味がしたが、聞かずに食べると何じゃこりゃ?と思ったかも知れない・・・。
 
れすとらん松喜屋夕照ランチ近江牛の味噌漬
続いては”3種盛り合わせ”の一番左側にあった”近江牛の味噌漬”で、こちらはちょっと歯応えのあるお肉で、何と無く焼豚っぽい感じの食感と味ながら、ちょっと変わった一品でこちらもウマい
 
れすとらん松喜屋夕照ランチ近江牛のしぐれ煮
そしてこちらは”3種盛り合わせ”の真ん中にあった”近江牛のしぐれ煮”で、見た目は割とオーソドックスな”牛のしぐれ煮”だが、これまた旨い!こちらはビールのおつまみと言うよりは、白いご飯と一緒に食べたくなる様な味だった。
 
れすとらん松喜屋夕照ランチ鴨の和風煮
で、”3種盛り合わせ”の3品目は”鴨の和風煮”で、滋賀に到着した時の記事にも書いたが、琵琶湖と言えば鴨肉が名物だが、シーズンは冬なのできっと滞在中には食べる事は無いと思って、琵琶湖到着当日に比叡山の麓の有名な蕎麦屋で”鴨なんばんそば”を食べたのだが、まさか近江牛専門店で鴨肉が出て来るとは意外だった。で、ご覧の通り”鴨なんばんそば”に入っている鴨肉とは違い、どちらかと言うと金沢名物の”鴨の治部煮”に似た感じで、お肉も柔らかくて、こちらも旨い!てか、前菜に出て来た料理は全て美味しかったので、”夕照ランチ”にして大正解!と思った瞬間でもあった。
 
れすとらん松喜屋夕照ランチ近江牛の冷しゃぶと近江地鶏の茶碗蒸し
そしてその”3種盛り合わせ”をチビチビと食べていると、続いて運ばれて来たのがこちらの”近江牛の冷しゃぶ”と”近江地鶏の茶碗蒸し”で、”茶碗蒸し”の脇に見えるのは”近江牛の冷しゃぶ”様の胡麻ダレだ。
 
れすとらん松喜屋夕照ランチ近江牛の冷しゃぶ
そしてこちらが”近江牛の冷しゃぶ”で、パッと見た時にちょっと美味しそうなお肉に見えたので、まずは一切れそのまま何も浸けずに食べたのだが、確かに肉の味はする物の、やっぱり何か味が足りない・・・、って事で、添付の胡麻ダレを浸けて食べたら、これがまたまた旨い!雰囲気的には最初に出て来た”近江牛のコールドビーフ”と似ている気もしたが、お肉の新鮮度(と言うか生っぽさ)や、柔らかさ、それに味と、3拍子?とも、こちらの”近江牛の冷しゃぶ”の方が断然旨い!!!
 
れすとらん松喜屋夕照ランチ近江牛の冷しゃぶ
余りにも美味しかったので、もう一枚”近江牛の冷しゃぶ”のお肉を紹介すると、こちらは先ほど食べたお肉の下に隠れていた、もう一枚のお肉で、ご覧の通りそのまま”すき焼き”か”しゃぶしゃぶ”にして食べれるぐらいの割りと大き目で、サシも入った美味しそうなお肉だ。てか、先にも書いた様に実際に食べてもメチャ旨かった。更にお肉の下に敷いてあった玉ねぎのスライスも、お肉と一緒に食べても、玉ねぎだけを食べてもこれまた旨かった!!!
 
れすとらん松喜屋夕照ランチ近江地鶏の茶碗蒸し
そしてこちらが”近江地鶏の茶碗蒸し”で、この写真には椎茸しか見えないが、中には結構大き目の”近江地鶏の鶏肉”が沢山入っていて(写真も撮ったのだがピンボケだったのでカット)、これがまた旨い!当然、”茶碗蒸し”自体も熱々だしお出汁の味も私好みで”茶碗蒸し”としても最近食べた中では一番美味しい茶碗蒸し”だった。
 
れすとらん松喜屋夕照ランチ近江牛肉石焼き
そんなこんなしていると、この日食べた”夕照ランチ”のメイン料理である”近江牛肉石焼き(八幡蒟蒻添え)”のロース肉が運ばれて来た。比較する物が写って無いので、その大きさは判り難いが雰囲気的には100g程度のお肉でご覧の通り、エエ色艶をしていて中々旨そうなお肉だ。ちなみにメニューに書いてあった”八幡蒟蒻”は、お肉に添えられている”赤コンニャク”の事みたい。それにしてもこの手の”牛肉の石焼き”には焼野菜が付き物なのだが、このランチには野菜は付いて無い。日頃から肉だけ食べれたら野菜はどうでもエエ派の私なので、その点でも好感度アップ!!!
 
れすとらん松喜屋夕照ランチ近江牛肉石焼きれすとらん松喜屋夕照ランチ近江牛肉石焼き
てな事で、早速1枚ずつ丁寧に、コンロの上に備えられた石鍋に乗せてお肉を焼いて食べてみると、旨い!!!単純に旨い!!!滋賀に来てから食べた”近江牛のビフカツ丼”も”近江牛のビフカツ膳”も少し不満があったのだが、このお肉は文句無く旨い!やっぱお肉は、何も浸けずにそのまま焼いて、食べる時に好みでタレに浸けたりワサビに浸けたりして食べるのが一番!って事かな。何れにしても1000円アップしてロース肉にして大正解だったかも・・・。
 
れすとらん松喜屋夕照ランチ近江牛肉石焼き
ちなみにこちらは”近江牛肉石焼き”に浸けて食べる様に用意された薬味?で、左側からニンニクスライス、泡塩とワサビ、それにステーキソースで、泡塩は上で紹介したお店のこだわりの中に書いてあった、このお店オリジナルの塩の塊?でお店の説明に寄ると昆布だしをとり、お塩を入れ、あわ立てて寒天で固めたもの”らしい。で、お肉を幾つかこの泡塩を浸けて食べてみたのだが、お店が言う程の美味さを感じるかどうかは、ちょっと微妙だ。単純にワサビかステーキソースで食べた方が美味しいかった様な気もするのだが、それらをじっくり味わうには、お肉の量がちょっと足りなかった?てか、このお肉はもうちょっと食べたかった・・・
 
れすとらん松喜屋夕照ランチご飯・赤だし
ちなみに”夕照ランチ”には白いご飯と赤だしも付いていて白ご飯はお肉との相性はバツグンだったあし、赤だしは例に寄って私にはちょっと濃い味に感じたが、筍?みたいな具も入っていて中々美味しい赤だしだったかな。
 
れすとらん松喜屋夕照ランチ季節のデザートれすとらん松喜屋夕照ランチ食後のドリンクと季節のデザート
で、近江牛のオンパレードを満喫して一服していると、間も無くして食後のドリンクと季節のデザートが運ばれて来た。個人的にはドリンクとアイスクリームだけがあれば、それで十分な気はしたが、スイカや葡萄が付いた、如何にも夏らしい感じのデザートで、普通に美味しかった
 
てな事で、この日も近江牛が食べたい!って事で、リゾートマンションの案内ブックに載っていた滋賀石山にある『れすとらん松喜屋』に行って”夕照ランチ”を食べてみたのだが、正に近江牛尽くしで、大概この手のセット物を頼むと何品か外れ料理が有りそうな物なのだが、今回食べた料理はどれも全て旨かった!ま、しいて挙げるなら”赤コンニャク”だけは無くても良かったけど・・・。で、翌日も彦根で近江牛を食べるのだが、結果的に今回の滋賀滞在中に食べた近江牛の中では、このランチが一番旨かったかな。次に滋賀に行く事があれば、ぜひまたこのお店に行って、今度は2Fのステーキカウンターで豪華なステーキを食べてみようと思うのであった!!!

近江八幡から車で10分ぐらいの処に”安土城跡”があったので行ってみた!今回の滞在中で一番キツイ登り坂で、この後、足がクタクタに・・・。

Filed under: 観光,旅行 — 代理人 @ 4:39 PM
 
代理人記録
 
近江八幡日牟禮ヴィレッジ』がある近江八幡を散策していて八幡山の上から近くの山並みを見ていたら直ぐそばに”安土城跡”があるのを発見!車で10分少々の距離だったので、こんな機会でも無い限り、行く事は無いかな?と思い、ちょっと行ってみる事にした。
 
史跡安土城跡
こちらが”史跡安土城跡”の登り口?で、入山料は確か500円ぐらい?だったかな?で、写真を見れば判るのだが登り口の処に杖が用意してあったのだが、その時はそんな杖なんて必要無い・・・、と思って登り始めたのだが、これが中々ハードな階段!私は先ほどの近江八幡散策の時から手にしていたペットボトルを片手に登山を開始したのだが、丁度同じタイミングで、これまた私と似た様な、少し若い兄ちゃんが、前と後ろに一人ずつ登っていたのだが、その二人はペットボトルは用意して無かった様で、下山して来るなり二人共一目散で、近くにあった売店に飛び込んでいた。こんな糞暑い中で、ペットボトル無しで登ってたら熱中症になりまっせ
 
史跡安土城跡
それはさて置き、早速、登り口正面にある大手道石段天守台跡を目指して登頂?開始!ご覧の様に真っ直ぐな石の階段が延々と続いていて、天守台跡は遥か彼方。しかもこの石の階段が意外と高さがあって、中々ハード・・・。日頃から高御位を登っている方々や、そこへ缶ビールのケースを持って上がった管理人さんなら、軽い道のりだったかも知れないが、ここ最近全く運動をしていない(唯一は自転車ぐらい?)私には、はっきり言って拷問の様な行程であった!
 
史跡安土城跡
ちなみに大手道石段の途中の左右には”伝羽柴秀吉邸”や”伝前田利家邸”や”伝徳川家康邸”と呼ばれる、何と無くNHK大河ドラマ”利家とまつ”でお馴染みの名前がチラホラと出て来て、とりあえず寄り道しながら一つずつ見て廻ったので、余計に時間がかかる・・・。ま、未だこの時は元気は残っていたのだけど・・・。
 
史跡安土城跡
そしてこちらは大手道石段の一番上から、今登って来た登り口方面を見た様子で、登り口が遥か遠くに見える・・・。で、天守台跡は直ぐそのなのかな?と思いきや、まだまだ行程の半分ぐらい来た程度で、此処からは更にクネクネとした石段が続き、少々バテ気味で登って行くのであった。
 
ちなみに、そんな私の為にか、石段の途中にはロールプレイングゲームの旅の途中にあるエネルギー回復ポイントの様な、石のテーブルと椅子が置いてある場所が、何ヵ所もあり、その椅子を見つける度に小休憩をしながら天守台跡を目指したのだった。まさにリアルドラゴンクエストみたいな感じ?だった・・・。
 
史跡安土城跡黒金門跡
そんなこんなで漸く黒金門跡?を通過。登り始めてから此処までで約15分経過・・・。ま、途中何回も休憩したのでロス時間が多少あるのだが・・・。
 
史跡安土城跡本丸跡
そしてこちらは本丸跡・・・、らしい・・・。何か普通に山の上にある広場にしか見えないのだが、その昔は此処に本丸があったのだろう・・・。そして此処にもエネルギー回復ポイントのテーブルと椅子が置いてあったので、天守台跡を目前にして小休止・・・。
 
史跡安土城跡
で、本丸跡で小休憩をした跡は、最後の力を絞り出して天守台跡を目指す・・・。何と無く石畳の先に光明の光が射している様な・・・。ちなみに登り始めてから約20分少々経って漸く辿り着いたのだった・・・。
 
史跡安土城跡
最後の石段を登って行くと、見えて来たのが、こちらの天守台跡・・・。雰囲気は兵庫県にある竹田城跡っぽいが、スケールはかなり小さい!!!
 
史跡安土城跡
そしてこちらが天守台跡の様子で、ご覧の通り以前は柱が立っていたと思われる礎石が碁盤の目の様に並んでいるのみ・・・。ぜひ此処に天守閣を復元して欲しいよなあ・・・、そうで無いと、もう二度と来ないぞ!みたいな・・・。ま、多分だが私が天守台跡まで登るのはこれが最初で最後の様な気はするが・・・。
 
史跡安土城跡
ちなみに折角なので、天守台跡礎石の様子を別の角度からもう一枚ご紹介。ま、上の写真と基本的には一緒なので、特に説明する事も無いのだが・・・。
 
史跡安土城跡
そしてこちらは天守台跡の一角にあった安土城天守台跡の説明のボード。上の写真をクリックすれば写真は大きくなるのだが、それでもちょっと字は読めないよね・・・。ま、興味のある方はネットで調べて頂戴・・・。
 
史跡安土城跡
そしてこちらは天守台跡から琵琶湖を見た様子で、やや薄曇りだった事もあり何と無く琵琶湖は見えるが、その向こうにあるであろう比叡山の姿は全然見えない・・・。で、天守台跡で小休憩していたら、西の空が俄かに曇り出して雷の音も聞こえて来たので、もしかすると最近流行り?のゲリラ豪雨がやって来るかも・・・、と思い慌てて下山開始!
 
史跡安土城跡
で、下山コースは登って来た道とは違い、摠見寺(そうけんじ)を通るコースになっていて、その途中にはこの様な三重塔が出て来た。この三重塔は多分当時のままの姿?な感じで、物凄く歴史を感じる古びた雰囲気で、中々見応えはあった。しかも普通、三重塔は下から見上げるだけなのだが、下山コースが丁度一回の屋根?の横を通過するので、屋根も間近で観れて中々凄かったかな
 
史跡安土城跡
そして三重塔を下って来ると、今度は摠見寺の仁王門が出て来た。話に寄ると”入母屋造本瓦葺き楼門”で、当然表側?の両脇には仁王像が立っていた。で、ご覧の通り、こちらも中々年季が入った建物で、歴史を感じさせる・・・。で、この楼門を通過した辺りから、ポツポツと雨粒が落ちて来たので、このまま一気に駐車場まで降りて行ったのであった。
 
てな事で、近江八幡から直ぐ近くだったので”安土城跡”に行ってみたのだが、八幡山から見た時は低い山?に見えたので甘く見ていたら、意外と天守台跡までの行程がハードで、おかげでこの日の夜から翌日まで、足が張った状態が続いたのだった。嫌あ、もう歳なんだから無理はするもんじゃあ無いよねえ・・・、と思いつつリゾートマンションへと帰路に着いたのであった。

WordPress.com Blog.