義史のB型ワールド

2013年7月31日

久々に西明石にあるホテルの中の日本料理のお店に行ったので”蛸御膳”を食べた!久々の蛸尽くしで中々旨い!!!

Filed under: グルメ — 代理人 @ 9:51 PM
 
代理人記録
 
当ブログで時々書いている様に、近頃月に1~2回の割合で明石大久保方面へ出掛ける事がある。で、この日も約一カ月ぶりぐらいに明石大久保まで行ったので、まずは恒例のランチタイムとなった。で、大久保周辺にはお手頃なお店が無いので、久々に明石にある、しゃぶしゃぶ・日本料理の『木曽路』に行く事にしたのだが、お店に到着すると時間は未だ正午にもなって無いのに駐車場は満車で車が停められない。しかも空き待ちをしている車も何台か停まっている。時間的にどう考えても直ぐに空きそうな気配が無いので『木曽路』を諦めて、久々に西明石にあるホテルの中の日本料理のお店『赤石』に行く事にした。
 
ホテルキャッスルプラザ日本料理赤石
こちらが久々に行って来た西明石にあるホテルキャッスルプラザの地下1Fにある日本料理のお店『赤石』で、この日は明石で何かあったのか、このホテルの駐車場も大賑わいで久々に屋上まで上がった。ま、このホテルの駐車場は停めれる台数はあまり多く無く、以前来た時も近くの提携駐車場へ行ってくれ・・・、と言われたのだけど・・・
 
ホテルキャッスルプラザ日本料理赤石
そんな事もあってか、このお店に入っても個室は空き部屋が無かったのか、あるいは人数の関係なのか奥の大部屋?に案内された。で、上の写真がその大部屋の様子なのだが、このお店は数年前に改装され、大部屋と言えども以前と比べるとお洒落でゆったりしている。とは言え、先客にお酒を飲みながらの爺さん二人客が居て、ちょっと煩かったけど・・・。
 
それはさて置き、何を食べ様かと思案した結果、月替わり膳でもエエかな?と思ったのだが、ちょっと食べてみたかった”鱧尽くし”は前月で終わっていて、この月の内容は何と無く今一つな気がしたので、私がこのお店に来た時に時々食べている、このお店のご自慢のメニューの一つで明石の代表素材「たこ」を盛り込んだ蛸御膳”を食べる事にした。
 
日本料理赤石蛸御膳
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”蛸御膳”で、”たこしゃぶの小鍋”の他に、お造りや天ぷらやご飯等の御膳がセットになって、お値段は2800円也(消費税とサービス料を入れると3234円だったが・・・)。”蛸づくし”と言えば、少し前に紹介した”ながさわの半夏生たこ膳”が頭に浮かぶが、同じ様な名前のメニューでも”天ぷら”以外の内容は全然違う・・・。ちなみに写真の上の方にチラッと写っているのは同行者が食べた”天婦羅御膳”で、内容的にはオーソドックスな内容だったけど、そちらも中々美味しそうだった。
 
日本料理赤石蛸御膳
それは兎も角、”たこしゃぶ”はお湯が沸くまで待つとして、まずは”蛸御膳”のメインの御膳から食べてみる事に・・・。その内容はご覧の通り”お造り / 焚き物 / 天ぷら”等が一通り揃った、これだけでも十分かも?と思える中々豪華な御膳だ。
 
日本料理赤石蛸御膳
てな事で、まずは”蛸御膳”の”お造り”から食べてみると、ネタは”蛸とマグロの赤身”の2種類のみで、蛸には梅肉が、マグロには山芋のとろろがそれぞれ付いている。マグロの赤身はどうって事の無い味だが、蛸はしっかりと歯応えがあって中々旨い!少し前に”ながさわの半夏生たこ膳”の中にあった”明石生だこ”よりも、こちらの蛸の方が美味しかったかも・・・。
 
日本料理赤石蛸御膳日本料理赤石蛸御膳
そしてこちらは”蛸の天ぷら”で、これまた少し前に”ながさわの半夏生たこ膳”にも”蛸の天ぷら”は付いていたが、こちらの方が蛸自体も大きいし身もプリプリとしていて、しかも当然の如く揚げ立て熱々でこれまた旨い!こう言った”蛸御膳”で無いと滅多に口にしない”蛸の天ぷら”であるが、あらためてその美味しさを実感したのであった。ちなみに野菜の天ぷらは”サツマイモ、カボチャ、獅子唐”の3品であった。
 
日本料理赤石蛸御膳
そんな中、パッと見た感じ、蛸とは全然関係無さそうな小鉢が一つあって、一体何かな?と思って食べたら雰囲気的には”冬瓜の味噌あんかけ”みたいな感じの物で、上にかかっている味噌が甘くて、これまた普通に旨い!ただ気持ち的には”蛸御膳”なので”蛸の柔らか煮”みたいな物が入っている方が嬉しかったけど・・・。
 
日本料理赤石蛸御膳日本料理赤石蛸御膳
で、そんなこんなしていると”たこしゃぶ”用の出汁が入った?小鍋が沸いて来たので、そろそろ”たこしゃぶ”をして食べてみる事に。その”たこしゃぶ”用の蛸の身はこんな感じで、薄切りの様な、それなりに厚さがある様な感じの蛸が結構な量、お皿に盛られていて中々ボリュームがある感じ。実際に食べた後に思ったのは、”たこしゃぶ”の量はもうちょっと少なくても良いので、この蛸を何か別の料理にして、もう一品増やしてくれた方が良かった様な気がした・・・。
 
日本料理赤石蛸御膳日本料理赤石蛸御膳
それはさて置き、早速蛸の身を一切れずつ小鍋に入れて”たこしゃぶ”をしてみると、その熱で蛸の身がキュッとしまってちょっと丸まった感の”たこしゃぶ”が完成!これを添付のポン酢に浸けて食べると、これまた身がプリッとして中々旨い!”蛸のお造り”や”蛸の天ぷら”とはまた一味違う味わいで、中々美味しかった。”お肉のしゃぶしゃぶ”とどちらを選ぶか?と聞かれると、普通に”肉のしゃぶしゃぶ”を選ぶが、偶に食べる”たこしゃぶ”も結構おつなもんだ。
 
日本料理赤石蛸御膳
そして”蛸御膳”もいよいよ終盤、”御膳”のお盆に乗っていた〆のご飯を食べる事に・・・。確かお品書きには”蛸釜飯”と書いてあったが、ご覧の通りどう見ても”蛸のご飯”には見えない・・・、てか”蛸の身”の姿すら見えない様な・・・。それなりに具は入っているのだが、何と無く魚の身を解した様な感じの物だ。もしかすると、月替り膳のメニュー内容に書いてあった”鱧の炊き込みご飯”?なのかな?味もそんな感じだったけど、鱧の骨っぽい感触は全然無かったので、普通に鯛飯だったかも・・・。
 
日本料理赤石蛸御膳
そしてこちらは”蛸御膳”に付いていた、汁物で雰囲気的には味噌汁と言うよりも赤出汁っぽい感じの物で、割りと上品な味で普通に美味しい赤出汁だった。
 
日本料理赤石蛸御膳
で、食事を終えると、御膳は片付けられその代わりに食後のホットコーヒーが運ばれて来た。頼む料理に寄ってはデザートが付いている場合もあるのだが、この日食べた”蛸御膳”にはデザートは付いて無い様であった。
 
てな事で、この日は最初に行った『木曽路』が満車だったので、久々に西明石のホテルの中にある日本料理のお店『赤石』に行って”蛸御膳”を食べたのだが、”たこしゃぶ”を食べたのは久々だったので、これはこれで楽しかった。次回は久々に明石魚の棚に行って、また蛸三昧をしてみたいと思うのであった!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.