義史のB型ワールド

2013年7月23日

夏野菜のカレーの季節だねえ・・・、って事で久々に”まいどおおきに食堂”へ行って来た。”夏野菜カレー”は値上がりしていたが普通に旨い!

Filed under: カレー — 代理人 @ 8:55 PM
 
代理人記録
 
6年前の2007年の3月頃、一カ月間の間、丸々和歌山で缶詰状態になっていた。その時に社員食堂代わりに利用していたのが『まいどおおきに食堂』(『まいどおおきに食堂』は各店舗にそのお店がある場所の地名にちなんだ店名を付けるのだが、何と無く懐かしくなって、和歌山缶詰時代に連日食べに行っていたお店の名前を調べてみると『和歌山中食堂』の様だ)。
 
で、その頃はメニューの中にカレーが無くて、カレーが食べたい時は近くの『CoCo壱』に行ったりしていたのだが、数年後にカレーもメニューに加わったので、それに釣られてこちらに帰って来てからも時々食べに行ったりしているのだが、最近は夏場になると”夏野菜のカレー”とやらが期間限定で発売されるので、今年も食べに行ってみた。
 
まいどおおきに食堂/加古川北在家食堂
こちらが久々に行って来た『まいどおおきに食堂/加古川北在家食堂』で、昨年の秋口にフェアメニューの”秋の味覚”を求めて食べに来た時以来の訪問だ。ランチタイムにはちょっと早目の正午前の訪問だったのだが、日曜日って事もあってか、既に店内は大賑わいでテーブル席はほぼ全席が埋まっている。ま、このお店は食事を終えると直ぐにお店を出るしか無い?雰囲気なので、それなりに回転は良いのだが、相変わらず大流行りの様だ。ちなみに、東加古川にあったお店とか播磨町にあったお店は数年で潰れてしまったので、やはり立地条件は大きいかも知れない・・・。
 
まいどおおきに食堂/期間限定夏のご馳走メニュー
そしてこちらが『まいどおおきに食堂』の期間限定”夏のご馳走”のメニューで、私のお目当ての”夏野菜カレー”の他に”焼肉”やら”チキン南蛮”等のちょっと楽しげなメニューが並んでいる。で、早速、注文コーナーで”夏野菜カレー”を頼んだのだが、”夏野菜カレー”は出来上がってから席まで運んでくれるので、トレイの上に置かれたのは番号札のみ。それはそれで構わないのだが、レジが混んでいて全然列が進まない・・・。そんな時に目の前に出て来たのが、これまた”夏のご馳走”メニューに載っていた”そうめん”!って事で、”夏野菜カレー”だけじゃあ足りないかも?と思わず手に取ってしまった・・・。
 
加古川北在家食堂夏野菜カレーとそうめん
で、結局、レジの列が大混雑していたので、列に並んでいる間に出来上がって来たのが、こちらの”夏野菜カレー”と、思わず手にしてしまった”そうめん”で、合計金額は819円也。この手のセルフ形式の一膳めし屋に良くあるケースだが、美味しそうと思いついつい品数を多く取ってしまうの、レジで会計する際にその金額に驚かされる物なのだが、今回は2品、それも”カレー”と”そうめん”だけで800円超えとは、ちょっとびっくりしたりして・・・。
 
加古川北在家食堂夏野菜カレー
それはさて置き、こちらがメインの”夏野菜カレー”で、お値段は609円也。何と無く昨年食べた時とビジュアルが違う様な気がしたので、昨年の写真と比べてみると、お皿が横長のグラタン皿みたいな物から、普通?のまん丸いお皿に変わっている。何年か前に『明石二見食堂』で食べた”夏野菜ゴロゴロのカレー”に雰囲気は似ているが、オクラが入っているので、やはり最近の”夏野菜カレー”だと言える・・・。で、そのお味であるが見た目から想像出来る様に家庭で作る様なカレーで、何と無く懐かしさもあって普通に美味しい。本格的な欧風カレーとか、インドカレーとはまた全然違う味で、これはこれで旨い!後は値段が昨年と同じ504円なら全然文句は無かったのだけど・・・。
 
加古川北在家食堂そうめん
そしてこちらは”夏野菜カレー”だけでは少し物足りなさそうかな?と思って手にした、これまた夏の定番の”そうめん”で、ご覧の通りのミニサイズ?なのでお値段は210円也。おつゆは専用の入れ物が見つからなかったので、そのままかけて”ぶっかけ風”で食べてみたが、味的には極々普通の”そうめん”ながら、それなりに美味しかった
 
てな事で、今年もまたまた『まいどおおきに食堂』に行って”夏野菜カレー”を食べて来たのだが、味的には家庭的な優しい味だし野菜たっぷりなので、個人的には結構好きなんだけど、昨年と比べて値段が100円もアップしているのは、ちょっといただけ無い・・・。そんな値段するなら他のお店に行っちゃうぞ!みたいな。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。