義史のB型ワールド

2013年7月19日

マクドの1000円バーガー第二弾のブラックダイヤモンドも食べてみた!トリュフの姿は無く、メチャ高いだけのマッシュルームバーガーだった!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:05 PM
 
代理人記録
 
もう少し早くアップしようと思いつつ、何やかんやで1週間近く経ってしまったが、明日の第3弾発売前に書いて置こう・・・。
 
マクドナルドクォーターパウンダーブラックダイヤモンドメニュー
こちらがマクドナルドの1000円ハンバーガーの第2弾で発売された”クォーターパウンダー ブラックダイヤモンド”のメニュー写真で、メインが”トリュフソース”を使っていると言う事もあってか、具にはこれと言った大きな特徴は無く、今まで何度も発売された”Big Americaシリーズ”のハンバーガーと比べても迫力が無い様に見える・・・。
 
マクドナルドクォーターパウンダーブラックダイヤモンド
で、第2弾の”クォーターパウンダー ブラックダイヤモンド”の特徴はと言うと・・・、こんな感じで、パッと読んだ限りで言うと最大の特徴は黒トリュフを使ったフォンド・ボー仕立ての”トリュフソース”の様だ。と言う事で、第1弾で食べた”ゴールドリング”の様な、巨大ベーコンとかパイナップルみたいな特徴的な具は無さそう・・・。
 
マクドナルドクォーターパウンダーブラックダイヤモンド
てな事で、こちらが実際に買って来た”クォーターパウンダー ブラックダイヤモンド”で、”ゴールドリング”の時と同様に立派な紙袋と豪華な二重の紙箱に入っている。前にも書いたけど、コスト的にはこれらのデコレーション代だけで200円以上はかかっていそうな気がする・・・。
 
マクドナルドクォーターパウンダーブラックダイヤモンドマクドナルドクォーターパウンダーブラックダイヤモンド
そしてこちらが箱の中身で、例の如く、型崩れを防止する為なのか、紙のリングで囲われている。ちなみに今回はこのリングの直径は計らなかったが、前回の計測ではリングの直径は12.5cmだった。今回も多分同じ大きさだと思うが・・・。
 
マクドナルドクォーターパウンダーブラックダイヤモンドマクドナルドクォーターパウンダーブラックダイヤモンド
で、前回はその大きさを比較出来る様な写真が今一つ無かったので、今回は何時ものお皿に乗せた写真の他に、缶ビールを横に置いた写真を撮ってみた。ご覧の通り、それなりに大きなバーガーではあるが、値段が1000円も割りにそれ程の巨大バーガーでは無く、何度も書いている私の大好きな”佐世保バーガー”の方が直径自体が大きいし、具もたっぷりなので内容的には”佐世保バーガー”の方がお得な気がする。てか、そもそもボリュームで言うと、少し前に食べた”ロッテリアのビッグリブサンド”の方がボリュームも圧倒的ながら、値段も半額と、お得感は”ビッグリブサンド”の勝ち!ま、”トリュフ”の値段を考えると、何とも言えない・・・、と、この時点では思っていたのだが・・・。
 
マクドナルドクォーターパウンダーブラックダイヤモンド
そしてこちらがリングを外した後の”クォーターパウンダー ブラックダイヤモンド”で、”ゴールドリング”の様な巨大なベーコンやパイナップルが無い事もあって、割と普通のサイズの”クォーターパウンダー”に見える・・・、てか、偶に発売される”Big Americaシリーズ”と雰囲気は似ている・・・。嫌、この中に”トリュフ”が眠っているはずなので、そんな事は無い・・・、と、心に言い聞かせてみたのだけど・・・。
 
マクドナルドクォーターパウンダーブラックダイヤモンド
で、今書いた様に、1000円もするのだがから、きっと”トリュフ”をスライスした物が最低でも1枚ぐらいは入っている・・・、と、期待を込めて”トリュフ”の姿を探してみたのだが、キノコ類はマッシュルームのみで、”トリュフ”は全く持って見つからない・・・。えええ~!!!、って事は、具は”1/4パウンドビーフパティ”を除くと、ほとんどマッシュルームだけやんけえ!!!
 
それなら”トリュフソース”の中に、トリュフを下した粒状の物が入っているに違い無い・・・、と思ってソースの方もまさぐってみたが、別に”トリュフ”っぽい感じの物は入って無かった・・・。ソース自体の味も結構濃い目なので、”トリュフ”の風味も全然無かったし・・・。
 
マクドナルドクォーターパウンダーブラックダイヤモンドマクドナルドクォーターパウンダーブラックダイヤモンド
ちなみにマクドナルドの説明に寄るとこんな感じで、バンズやソース、それにビーフパティとチーズを除くと、このバーガーの特徴はマッシュルームとオニオンだけになる・・・。へ?これってマッシュルームを焼肉みたいなスライスビーフに変えると、以前発売された”Big Americaシリーズ”の”ラスベガスバーガー”じゃあ無いの?と言う印象。確かに、バンズも違うしソースにも”トリュフ”が入っているらしいので、コスト的には高くなっているのかも知れないが、個人的には完全に”Big Americaシリーズ”の一つだよなあ・・・。どうみても400円前後の内容でしか無い様な気がするのだが・・・。
 
マクドナルドクォーターパウンダーブラックダイヤモンド
それはさて置き、気を取り直して”クォーターパウンダー ブラックダイヤモンド”を食べてみると・・・、まず印象に残るのが、ちょと黄色い感じのバンズ。何やら卵黄をたっぷり使ったブリオッシュと言うパンとかで中々美味しい普通のマクドの安っぽいバンズには飽き飽きしていたので、例えば少し前に食べた”ル・グラン ソーセージのチャバタパン”みたいに、ちょっと変わったバンズの方が断然楽しい
 
で、後はマッシュルームとオニオンが中心で、ソースも濃厚なのでイマイチ”トリュフ”の風味が無い。”エメンタールチーズ”とやらもチーズ好きにはウケは良いのかも知れないが、チーズに全然関心が無い私には普通のチーズだ。そんな事もあり、全体的には完全に”マッシュルームバーガー”みたいな感じだったかなあ・・・。このバーガーの何処に1000円のコストがかかったのか、詳細が知りたい様な気がしたバーガーであった。
 
マクドナルドクォーターパウンダーブラックダイヤモンド
ちなみにこちらは実際に買った”クォーターパウンダー ブラックダイヤモンド”に付いて来た、バーガーの詳細の説明書きで、一つずつを読みながら食べると何か美味しそうに思えなくも無いのだけど、やっぱメインの具?がマッシュルームだからなあ・・・。ま、キノコ好きには好評なのかも知れないが、個人的には”Big Americaシリーズ”の域を全然超えていなかった様な気がする・・・。
 
てな事で、またまた話題のマクドナルドの1000円ハンバーガーを買って食べたのだが、味は兎も角として、この内容で1000円は完全にぼったくり価格だよなあ・・・。”トリュフソース”の味が判る人には兎も角、これに1000円も払うなら、”西神にあるホテルでトリュフソースのかかったステーキ”を食べる方が絶対に良いよねえ・・・。さあて、明日の最終回の”ルビースパーク”はどうしようか?何かソーセージみたいな具が入っているかた、食べてもエエかな?とは思っているのだけど・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.