義史のB型ワールド

2013年7月11日

久々に荒井にある人気のうどん屋”喜両由”に行って”串カツ定食”を食べた!初夏なので”ぶっかけうどん”にしてみた。それでもお腹一杯!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:05 PM
 
代理人記録
 
この日の夜、何と無く”串カツ”が食べたくなった。お手軽に”串カツ”を食べるとなると近くの居酒屋に行くのが手っ取り早いのだが、そんなにしっかりと食べたい訳でも無く、何本か食べれたらそれで十分・・・、って事で、久々に荒井にある『喜両由』に行って”串カツ定食”を食べる事にした。
 
喜両由
こちらが久々に行って来た、荒井小松原にあるお食事処『喜両由』で、この日は日曜日の午後6頃の訪問と言う事もあって、既に7~8割の席が埋まっていて、後からもドンドンとお客さんがやって来る。このお店は意外と料理が出て来るのが早いのと、席数も多いので客の回転は良いのだが、それでも帰り際には入口で待ち客が出て居た。相変わらず、この界隈では一番賑わっているお店だ。
 
喜両由串カツ定食ぶっかけうどん
で、席に着くなり速攻で”串カツ定食”を注文!間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”串カツ定食”で、この”串カツ定食”には”味噌汁”代わり?に”かけうどん”が付いているのだが、毎回お出汁もほぼ全て飲み干すのでお腹が超満腹になり、後で苦しい思いをするので、今回は冷たい”ぶっかけうどん”に変更した。その他に小鉢お漬物が付いて、お値段は990円也。この内容で、このお値段は安い方かな?とは思うのだが、個人的には”うどん”では無く、丼物を頼んだ時に付いて来る”味噌汁”にして、値段を下げてくれた方が有難いのだが・・・。
 
喜両由串カツ定食ぶっかけうどん
そしてこちらが”串カツ定食”のメインである”串カツ”で、この写真ではちょっと判り辛いが、一番手前にあるのは小海老を3匹ほど串に刺して揚げた海老の串カツで、その向こうに見えるのは豚肉と玉ねぎ等を串に刺して揚げた串カツが2本の、合計3本?の串カツが盛られている。この手前の海老の串カツは世間一般の物と少し変わっているが、普通に美味しい。海老の大きさを気にしなければ3匹の海老が食べれてお得かも・・・。
 
喜両由串カツ定食ぶっかけうどん
ちなみにこちらはもう1本の串カツで、上でも書いた様に豚肉と玉ねぎと、それにピーマン?を刺した様な、割とオーソドックスな串カツで、こちらも普通に旨い!同じ物が2本あるのは、ちょっと寂しいが、定番の豚肉の串カツで味的にも旨いから問題は無い?かな?
 
喜両由串カツ定食ぶっかけうどん
そしてこちらは”串カツ定食”の”ぶっかけうどん”で、多分、私が『喜両由』でフルサイズ?の”ぶっかけうどん”を食べるのは初めての事だが、やっぱ”からあげ定食”や”カキフライ定食”に付いている小鉢に入った”ミニサイズのぶっかけうどん”で十分だったかも。で、みるからにちょっと辛そうなお出汁に浸かっているが、実際に食べてもちょっと辛いが、思った程の醤油辛さは無く生姜や海苔やネギの薬味の効果もあって普通に美味しい。麺は讃岐風の手打ちうどんだが、この麺が好きか嫌いかは評価が分かれるかも・・・。
 
喜両由串カツ定食
で、”串カツ定食”にはその他にもこの様な小鉢が付いていて、その中身は大根や竹輪やこんにゃく等をおでん風に煮込んだ様な物だ。味的にも家庭的な素朴な味だが、こう言った一品があるだけでも何と無くお得感がある気がする。その辺りがこのお店の人気の一つなのかも知れない。
 
喜両由串カツ定食
後、どうでも良いけど”漬物”も付いていて、こちらも白いご飯に良く合う美味しい”漬物”だった。
 
てな事で、久々に荒井にある『喜両由』に行って”串カツ定食”を食べて来たのだが、”ぶっかけうどん”はミニサイズか、あるいは”味噌汁”でも良い様な気がしないでも無いが、値段もお手頃だしこのお店の中では結構好きなメニューかも知れない。少なくとも同じ値段の”冷しソーメン定食”よりはお得感がある様な気がする・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.