義史のB型ワールド

2013年6月24日

久々に大久保方面へ行った時に寿司が食べたいと言う話になったので、玉津にある”おばけ寿司”に行った。期待の大トロは値段の割に・・・、だった。

Filed under: — 代理人 @ 10:29 PM
 
代理人記録
 
時々書いているのだが、昨年からちょっとした事情で月に1回か2回、明石大久保方面へ行く事がある。で、この日も久々に行って来たのだが、序でに何処かで食事をする事になった。最初は焼肉屋にでも・・・、と言う話もあったのだが何と無くあっさり系した物の方が良いと言う事で、お手軽に回転寿司屋さんに行く事になった。で、私一人で行く時は100円の回転寿司屋に行く事がほとんどなのだが、折角なので100円の回転寿司屋じゃ無いところ・・・、と言う事で玉津にある『おばけ寿司』に行ってみる事にした。
 
おばけ寿司/玉津店
こちらがこの日行って来た回転寿司のお店『おばけ寿司/玉津店』で、個人的には『二見店』には行った事があるが、流石に玉津まで行く事は、ほとんど無かったのでこの『玉津店』に来たのは今回が初めてだ。でも思った程、お店が大きく無かったので、最初、お店の前を通った時は気が付かずに通り過ぎてしまったのだった・・・
 
おばけ寿司/玉津店
ちなみにこちらが『おばけ寿司/玉津店』の店内の様子で、何と無くであるが私がご愛用の『スシロー』や『くら寿司』と比べるとちょっと高級感がある。そして壁の一角にはお皿の色毎の値段表が張ってあったのが、何かちょっと懐かしい・・・(と言いつつ、少し前に行った『函館市場』も皿の色に寄って値段が違う回店寿司屋だったので、そんなに久々では無いのだが・・・)。
 
おばけ寿司/極上大トロ
で、寿司屋!と言えば、普通の鮨屋でも、あるいは回転寿司屋でも何処へ行っても欠かせないのが”大トロ”!って事で、まず最初にオーダーしたのが、こちらの”天然本マグロ極上大トロ”で、お値段は2貫で840円也。ご覧の通り、100円の回転寿司屋に比べると、ネタはそこそこ大きいのだが、実際に食べてみるとちょっと筋があったとの、期待した程のトロトロ感は無く、口の中で蕩ける様な食感は無かった・・・。値段が値段だけに期待していた事もあって、ちょっと失望感が大きい・・・。てか、この程度の”大トロ”ならば、今年の新年会で私が持って行った”大とろ”の方が何倍も美味しかった様な気が・・・。てか、あの”大とろ”は1貫で500円だったから、値段的には美味しくても当たり前か・・・。やっぱ値段?かな?
 
おばけ寿司/おばけ煮穴子一本
続いて注文したのは”おばけ寿司名物”と書いてあった、その名も”おばけ煮穴子一本”で、お値段は473円也。名物と言う事で食べてみたのだが、確かに丸々一本の穴子でボリュームはあったが、味的には至って普通に”煮穴子”だ。やはり高砂市民には”焼穴子”の方が口に合っている・・・、って事かも・・・。
 
おばけ寿司/フォアグラ
そしてその次に頼んだのは、最近あちこちの回転寿司屋でも見かける様になった”フォアグラ”で、お値段は368円也。個人的には大好きな”フォアグラ”なのだが、前回食べたのは、丁度1年前にご主人様とランチで東加古川にある洋食屋さんで食べた時以来だ。で、この”フォアグラ”の寿司はそんな洋食屋さんで出て来る様な大きさがある訳では無く、以前に”スーパーで売っていた一口大のフォアグラ”程度の大きさしか無い。とは言え、ちょっと甘目のジュレの様なタレが掛かっていて”フォアグラ”独特の脂身のトロトロ感もある。何と無くであるが、私の大好きな”フォアグラ丼”のプチ版?極小版?みたいな感じで中々旨かった
 
おばけ寿司/エビの天ぷら
で、”大トロ”と”煮穴子”と”フォアグラ”を食べた後、他にこれと言って食べたいネタが無い。でふと一品メニューを見ると”エビの天ぷら”ってのがあったので、思わず頼んでしまったのがこちらの”エビの天ぷら”で、ご覧の様に”海老天が3本”盛られていて、お値段は473円也。当然の如く、揚げ立て熱々で普通に美味しい”海老天”なのだが、ここ最近は”たかさご本家の大海老の天ぷら”ばかり食べていた?事もあって、”たかさご本家の大海老の天ぷら”の方が遥かに旨い!また”たかさご本家の半額セール”って無いかなあ・・・。
 
おばけ寿司/活〆タイ
それはさて置き、”フォアグラ”は美味しかったけど、それ以外は思った程では無かった事もありちょっとテンションが下がり気味・・・。それに加え、元々魚はあまり好きでは無い私なので、他に食べたい寿司ネタも無いし・・・。でも未だ何か食べ足りない・・・、と思って、この日初めて目の前に廻っている寿司から手に取ったのが、こちらの”活〆タイ”で、お値段は、多分263円也。””は時々食べるし、鮨屋に行くと必ず出て来るのでそれなりに食べているのだが、それらと比べてもそこそこ美味しい”鯛の握り寿司”だったかな。
 
おばけ寿司/中トロ
で、もう一皿何か食べ様かと思いつつも、もう一度”極上大トロ”にチャレンジする気になれず他に食べたい物も無いし・・・、と思っていたら、偶々目の前に廻って来たので、またまた手に取ってしまったのが、こちらの”中トロ”で、お値段は473円也。手に取る前は美味しそうに見えたのだが、実際に手にしてみると、何か脂のノリはイマイチ・・・。個人的な印象としては普通の赤身?を食べてる様だった。
 
てな事で、久々にお皿の色に寄って値段が違う回転寿司屋のお店『おばけ寿司』に行って来たのだが、値段の割に”天然本マグロ極上大トロ”は思った程では無かったなあ・・・。そう考えると少し前に食べた”函館市場のまぐろづくしセット”の方が遥かに価値がある様な気がする。てか、その前に大阪で食べた”津軽海峡まぐろづくし”の様な、本格的な”大とろ握り”が食べたい!値段もお手頃だったしね。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。