義史のB型ワールド

2013年6月22日

値段が下がってから初めて”吉牛”を食べた!味には満足したが、つゆの量が減った様に感じたのは気の精?

Filed under: — 代理人 @ 11:13 PM
 
代理人記録
 
今年の4月にライバル店と同水準の価格に合わせる為に100円の値下げを行った牛丼チェーンの『吉野家』であるが、何時でもその価格・・・、と言うのか、個人的には此処数年の間は”110円引きの牛丼祭り”の時に行くのが恒例となっていたので、今更100円引き・・・と言われても・・・、と思って全然行って無かったのだが、先日ふと加古川方面へ行った際に、久々に”吉牛”が食べたくなったので寄ってみた。
 
吉野家/250号線加古川店
こちらが久々に行って来た『吉野家/250号線加古川店』で、訪問時間は正午半と言う事や、値下げしてから既に2ヶ月ほど経っていると言う事もあってか、店内は意外と閑散としていた。値下げする前にこの時間に来た時はもっと賑わっていたのだけど・・・。ま、偶々、そう言う日だったのかも知れないが・・・。
 
吉野家牛丼並
そしてこちらが久々に食べた”牛丼並”で、お値段は値下げ価格の280円也。先にも書いたが、此処数年は季節毎に開催されていた”牛丼祭りで110円引きの270円”の時に食べに来るのが大半だった事もあり、個人的には10円の値上げ?と言う気がしないでも無い。とは言え、30年来の愛しい”吉牛”で、何時もの様に美味しい・・・。てか、30年前でも確か200円ちょっとの値段だったので、そう考えると今でも280円で食べれるのは凄い事だと思ってしまう・・・。
 
吉野家牛丼並
ちなみに以前にこの時間帯にこの『吉野家/250号線加古川店』へ来ると、最初に用意したご飯が全部出た頃だったのか、その後に炊上ったかの様な熱々ご飯の場合が多かったのだが、この日はそれ程に熱々では無い(と言っても十分に温かかったが)。それ以上に気になったのは、特に”つゆだく”を指定しなくても、このお店は何時でも”つゆ”は大目に入っていたのだが、この日は反対に”つゆ抜き”かいな?と思うぐらいの量しか入って無かった。これも偶々、その時の店員さんの加減なんだろうけど、最初にそうと判っていたなら”つゆだく”で頼むのにね・・・。
 
てな事で、既に夏恒例の”うな丼”の幟が並ぶ中、遅まきながら値下げした”吉牛”を食べてみたのだが、30年来の慣れ親しんだ味(もっと言うと『なか卯』の方が慣れ親しんだ年数的には長いのだが、『なか卯』は味を変えてしまったからねえ・・・)で、相変わらず旨かった。やっぱ、年に数回は”吉牛”を食べないと始まらん!みたいな感じだったかな。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。