義史のB型ワールド

2013年6月18日

久々の”夜ココ”で”粗挽きイタリアンハンバーグ鉄板カレー”を食べた!ハンバーグは至って普通の味だったけど、全体的にはまあまあかな。

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:56 PM
 
代理人記録
 
今から20年ちょっと前、未だ『カレーハウスCoCo壱番屋』の支店が加古川にも高砂にも無かった頃、管理人さん夫婦がスキー用具を買いに姫路へ行った際(加西のYちゃんも一緒?)に、当時は未だ姫路にも1店しか無かった(はず?)の、姫路文化センター近くにあった『CoCo壱』に食べに行った事がある・・・。その頃は私も未だ京都在住生活で、偶にスキーをしにこちらへ帰って来ていた頃でもあった・・・。そんな事をふと思い出したら何と無くまた『CoCo壱』のカレーが食べたくなったので、またまた行ってみた。
 
カレーハウスCoCo壱番屋/高砂北インター店
こちらがまたまた行って来た『カレーハウスCoCo壱番屋/高砂北インター店』で、この日は平日の午後6時半頃と言う、ちょっと中途半端な時間帯と言う事もあってか、店内は未だ数組のお客さんが居る程度だった。私が京都に住んでいた頃は、この時間帯でも結構流行っていたりしたのだが、それは場所的な物なのか、あるいは『CoCo壱』のお店が増えすぎて珍しく無くなってしまったからなのか・・・、ま、どうでもエエけど・・・。
 
CoCo壱番屋粗挽きイタリアンハンバーグ鉄板カレーメニュー
で、毎度の事ながら、最近『CoCo壱』へ来ると期間限定のメニューを食べる事が多い(ん?何か最近、そんなお店ばっかりになって来た様な・・・)。で、この日は久々のディナータイムの訪問と言う事で、夜限定の”夜ココ”メニューを見ると、今回は”粗挽きイタリアンハンバーグ鉄板カレー”で、一体どんなカレーなのかと商品説明を読むと”お肉の食感が楽しめる粗挽きハンバーグに、こんがり焼いたチェダーチーズをトッピング。トマトの爽やかな酸味と香り豊かなジェノバソース、そしてイタリアン野菜で彩り鮮やか”との事。何か良く判らんが、例に寄って取り敢えずこの”夜ココ”カレーを注文!!!
 
CoCo壱番屋粗挽きイタリアンハンバーグ鉄板カレー
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”粗挽きイタリアンハンバーグ鉄板カレー”で、お値段は880円也。以前であれば”鉄板カレー”を席に運んで来てから、その場でカレールーをご飯の上に掛けていたのだが、最近はその手間を省いたのか、最初から鉄板の上にたっぷりとカレールーが注がれている。でも何か以前に比べて、鉄板の上でカレーがグツグツする感が薄れて来た様な・・・。グツグツしないと、普通のカレーと変わらないのでは?と思ってしまうのだけど・・・。ちなみにカレーの味自体は、何時もの”ココイチのポークカレー”そのまんまで、可も無く不可も無く・・・、って感じ・・・。
 
CoCo壱番屋粗挽きイタリアンハンバーグ鉄板カレーCoCo壱番屋粗挽きイタリアンハンバーグ鉄板カレーメニュー
そしてこちらが”粗挽きイタリアンハンバーグ鉄板カレー”の命?とも言える”お肉の食感が楽しめる粗挽きハンバーグ”&”こんがり焼いたチェダーチーズ”&”トマトの爽やかな酸味と香り豊かなジェノバソースとイタリアン野菜”で、何と無くであるがカレーのトッピングとして食べるよりは、この具をおかずに白いご飯が食べたい気分・・・。ちなみに細かい解説は上の右の写真をご覧あれ。
 
ちなみにこの”イタリアン野菜たっぷりのジェノバソース”って何処かで見た事がある様な・・・、と思って以前の記事を探ってみると食べた事は無いが”ふわたまベジタブルカレー”の写真に写っている物に近い様な気が・・・
 
CoCo壱番屋粗挽きイタリアンハンバーグ鉄板カレー
で、その”粗挽きイタリアンハンバーグ”の味はと言うと”ハンバーグ”自体は肉がギュッと詰まった感じでちょっと固い。雰囲気的には以前食べた”粗挽きグリルハンバーグ”に似ている様な感じだが、ハンバーグが固い分印象はイマイチだったかな。少なくとも前回食べた”チーズイン煮込みハンバーグ”の方は柔らかくて美味しかった様な気がする・・・。
 
てな事で、またまた『CoCo壱』に行って久々に”夜ココ”メニューの”粗挽きイタリアンハンバーグ鉄板カレー”とやらを食べたのだが、上にかかっていた”ジェノバソース”は要らないから、もうちょっと”ハンバーグ”を美味しくして欲しい様な・・・。何れにしても”鉄板カレー”シリーズもちょっとネタが尽きて来た様な気がしないでも無い・・・
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。