義史のB型ワールド

2013年6月10日

久々に行った”とんかつ屋さん”で”からあげ定食”を食べた!値段と内容を考えると”らーめん八角”の”からあげ定食”の方がエエかも・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:26 PM
 
代理人記録
 
少し前に『らーめん八角』へ行って”唐揚げ”を食べたら、何か以前と違ってあまり美味しいとは思わなかった。偶々その日だけの事なのか、それとも味が変わったのかは定かでは無いが、ちょっとがっかりした事もあり何か他のお店で”からあげ”が食べてみたくなった。ま、”からあげ”はある意味、他のラーメン屋さんに行っても、あるいは定食屋さんの様なお店に行っても何処でも食べれるのだが、ふと頭に浮かんだのが、高砂中島にある”とんかつ屋さん”のランチメニュー?にある”からあげ定食”!とんかつ屋さんで”からあげ”ってのも何か変だけど、以前から一度食べてみたい気がしていたので、久々にそのお店に行ってみた。
 
お食事処とんかつ心(こころ)
こちらが久々に行って来た高砂中島にある『お食事処とんかつ 心(こころ)』で、このお店は偶に満席に違いぐらいに賑わっている事があるのだが、この日は午後0時半と言うランチタイムど真ん中の時間帯と言うのに割と店内は閑散としていた。ちなみに、このお店が以前『博多とんこつラーメン八丁堀』だった事を知る人は少ない・・・(私も偶に書いて置かないと忘れている事がある・・・)。
 
お食事処とんかつ心おすすめランチメニュー
そしてこちらが『とんかつ心』の”おすすめランチメニュー”で、この日のお目当てはこの中にある”からあげ定食”なのだが、私は既に何度も来ているので”とんかつ定食”や”かつとじ丼”等は食べた事があるが、”ミックスフライ定食”系は”キス”のフライが含まれている事もあり一度も食べた事が無い。何時か”ミックスフライ定食”も食べてみようとは思っているのだが・・・。
 
お食事処とんかつ心からあげ定食
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”からあげ定食”で、メインの”からあげ”がテンコ盛になったお皿の他に、みそ汁とお替り自由のご飯とお漬物等が付いてお値段は840円也。”からあげ”には以前食べた”とんかつ定食”と同じく千切りキャベツやポテトサラダが逸れられている。他に”からあげ”用のレモンと胡椒、それにキャベツ用のドレッシング等が付いている、ちなみにご飯はお替り自由だ。
 
お食事処とんかつ心からあげ定食
そしてこちらが”からあげ定食”のメインである”鶏のからあげ”で、若干小ぶりな気もするが、当然の如く揚げ立て熱々で、しかも鶏肉もジューシーで中々美味しい!白いご飯との相性も文句無し!ただやはり”からあげ”だけでは途中でちょっと飽きて来るので、”からあげ”以外の何かとセットにしてくれた方が嬉しい様な・・・。
 
お食事処とんかつ心からあげ定食
ちなみにこちらは”からあげ定食”に付いていた”みそ汁”で、何時も通りの”とん汁仕立てのみそ汁”なのだが、何と無く以前に比べて具が少なくなった様な・・・。それでも他のお店の、ワカメやアゲだけの頼りない味噌汁に比べると、普通に美味しいみそ汁”だったかな。
 
お食事処とんかつ心食後のアイスコーヒーお食事処とんかつ心(こころ)の店内
そしてこちらはランチタイムサービスの食後の珈琲で、ご覧の様に店内の真ん中辺りにセルフコーナーが用意されていて、ドリップマシンを使って自分でコーヒーを入れて飲むのだが、アイスコーヒーもあったので、そのボタンを押したのだが、出て来たのは出来立て熱々のホットコーヒーで、そこに用意された氷で冷やして飲むアイスコーヒーだった。てか、ホットコーヒーを注いだ時点で、ほとんど氷は溶けてしまったのだけど・・・
 
てな事で、この日は何と無く『らーめん八角』以外の”からあげ”が食べたくなって、高砂中島にある”とんかつ屋さん”に行ってみたのだが、内容的には割と普通の”からあげ”だったかな。ただ値段を考えると雰囲気的に、”ラーメン屋さんで唐揚げ定食”を食べた方がお得な気もする。それは兎も角、今度はまた別のお店で”唐揚げ定食”を食べてみようと思うのであった!
広告

マルハンのラーメンイベントで食べる予定の”中華蕎麦とみ田のつけそば”の生インスタント麺が売られていたので買ってみた!魚粉が無いのが寂しいが中々旨い!!!

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 7:28 PM
 
代理人記録
 
今年になってから毎月一回、パチンコマルハンの中にある飯屋さんでやっているラーメンイベントに行って、この近辺では中々味わえ無い東京周辺にあるラーメン屋さんのラーメンを食べている。その第1弾で登場した『中華蕎麦 とみ田』監修のチルドタイプの生麺で”特濃中華そば”と言うのを少し前に食べたのだが、今度は今週末食べに行く予定の?”中華蕎麦とみ田のつけそば”のチルドタイプの生麺が売られていたので買ってみた。
 
中華蕎麦とみ田つけそばこちらが今回買って来た”中華蕎麦とみ田のつけそば”のチルドタイプのインスタント麺で、発売元は当ブログでもお馴染みになりつつある”アイランド食品の銘店伝説シリーズ”の商品だ。ちなみにその”アイランド食品”の商品説明に寄ると”千葉・松戸に店を構える『中華蕎麦 とみ田』は、様々なメディアで紹介されている濃厚さが売りの人気ラーメン店”で、この”つけそば”の特徴と言えば”超極太のストレート麺に、和風豚骨つけだれと魚介の旨みを効かせた濃厚な味わいです”との事。雰囲気的には以前にマルハンのイベントで食べた”豚骨醤油ラーメン”の”つけ麺”版?と言うのを期待しているのだが・・・。
 
中華蕎麦とみ田つけそばちなみに”中華蕎麦とみ田のつけそば”の袋の裏を見るとこの様な商品説明が書いてあり、それに寄ると”素材の旨味と特徴を最大限に引き出すことに成功した「とみ田」ならではの重厚な味わい”との事。何か漠然とした説明としか思えないけど・・・。
 
中華蕎麦とみ田つけそばそれはさて置き、こちらが完成した”中華蕎麦とみ田のつけそば”で、”魚粉のパンチが効いた濃厚なつけダレが食べ応えのある極太ストレート麺にしっかりと絡みます。濃厚ながらもゆずの香りでさっぱり食べられるつけ麺”との事。基本的には”つけ麺”王道の”魚介豚骨系”のスープと”極太麺”の様だ。ちなみに具のチャーシューや味玉はスーパーで買った市販品なのでご了承を・・・。
 
中華蕎麦とみ田つけそばそしてこちらが”つけそば”のつけだれで”豚骨魚介”風味のスープで、大体イメージしていた通りの、何と無く姉妹店?とも言える”加古川大盛軒のつけ麺”にも似た味で、普通に美味しい。欲を言えばこれに魚粉なんかが付いていたら、もっと美味しかった様な気がするのだが・・・。
 
中華蕎麦とみ田つけそばちなみに”つけそば”の麺はこんな感じの”極太ストレート麺”で、麺を湯掻くのに7~8分もかかった、割と本格的な”極太麺”ではあったが、やはりインスタント麺の限界なのか、思っていた程の極太では無い様な・・・。やはり何時ぞやお取り寄せで食べた”六厘舎のつけ麺の極太麺”ぐらいの太さは欲しかったかな。
 
てな事で、この週末に食べる予定?の”中華蕎麦とみ田のつけそば”のチルドタイプの生麺が売られていたので、買ってみたのだがオーソドックスな”魚介豚骨のつけだれ”ではあったが、中々美味しかった。当然、本物?はもっと美味しいはず?なので、今週末に食べる予定の”中華蕎麦とみ田のつけそば”が、今からメチャ楽しみなのであった!!!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.