義史のB型ワールド

2013年6月4日

残っていた半額券の利用期限が迫って来たので、またまた”たかさご本家”に行って”大海老天ぷらのおうどん”を食べた!これで暫くの間、お別れかな?

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 11:15 PM
 
代理人記録
 
昨年の10月頃に高砂中島に誕生した、お好み焼チェーン『偶』がやっていると言う『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』なのだが、私はランチタイムしか行った事が無いけど、その印象はと言うと全体的に値段が高く、その割りに味が伴って無いと言う印象・・・。てな事で、定番の”ぶっかけうどん”や”きつねうどん”、それにお店の名物の様な”クリームうどん”等を一通り食べた後は、もう行く事は無いかな?と思っていたら、今年の初め頃に半額券が付いた折込チラシが入っていたので、それに釣られて何度か行き、そしてその後も再び、半額券付きのチラシを貰った事もあり、毎月1回以上は行く様になってしまったのだだが、その半額券の有効期限がいよいよ迫って来たので、最後にもう一回だけ食べて置こう!と思い、またまた行って来た
 
讃岐おうどん居酒屋たかさご本家
こちらがまたまた行って来た『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』で、前回は4月の中旬頃に、ご主人様が来られた時に一緒に行った日以来の訪問だ。で、このお店は客が入って居る時と入って無い時の差が激しく、大入り満員の日があるかと思えば、閑散とした日もあるのだが、この日は半額券の有効期限が迫って来た事もあってか、思った以上にお客さんが入っている。ま、その時の客がみんな半額券を持っていたかどうかは、定かでは無いが・・・。
 
で、残っていた半額券は”大海老天ぷらのおうどん”と”大海老天カレーのおうどん”の2種類が残っていたのだが、このお店の”カレーうどん”の味が、あまり私の好みでは無い・・・、と言う事もあり素直に”大海老天ぷらのおうどん”を食べてみる事に決定!ちなみにちょっとご飯物も・・・、と思ったりもしたのだが、それでは折角の半額と言うお得感が失われそうな気がしたので、例の如く単品での注文だ!
 
たかさご本家大海老天ぷらのおうどん
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”大海老天ぷらのおうどん”で、通常税込価格1344円の処、今回も半額券利用で税込価格672円。今回は忘れずに大盛り(1.5玉)で注文!その点は抜かりは無かったのだが、残念ながら天かすは付いて来なかった・・・。個人的には、このお店のうどんのお出汁にも若干の物足りなさを感じていて、天かすを要れる事に寄って、少し私好みの味に近づくので、天かすが付いているかいないかは、私に取っては大きな違いだったのだが・・・。
 
たかさご本家大海老天ぷらのおうどん
そしてこちらが”大海老の天ぷら”で、今回は麺が大盛り(1.5玉)あるので写真を見たら、普通サイズの海老の天ぷらに見え無くも無いが、何時も通りの食べ応え満点の”大海老の天ぷら”だ。で、そのお味はと言うと、揚げ立て熱々で、衣はサクサク、それにうどんのお出汁を少し吸わせて食べると、相変わらず旨い!うどんやお出汁は兎も角として、この”大海老の天ぷら”だけは何回食べても期待を裏切らない!
 
たかさご本家大海老天ぷらのおうどん3-4
ちなみに”大海老の天ぷら”の海老の身はこんな感じのプリプリした大き目の身で、しっかりとした海老の風味がするボリューム満点の海老だ。やっぱ”大海老”はこれぐらいの大きさで無いとねえ・・・。
 
たかさご本家大海老天ぷらのおうどん
そしてこちらは”大海老天ぷらのおうどん”の麺で、メニューには注文をいただいてから麺を茹でるので時間がかかる・・・、と書かれてあるが、実際には5分も経たないで運ばれて来たので、本当に一から茹でたのかどうかは、ちょっと疑わしい・・・。ま、味的には何時もの”たかさご本家のうどん”で、可も無く不可も無く・・・、と言う印象ではあったが・・・。
 
てな事で、半額券の有効期限が迫って来たので、またまた『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』に行って来たのだが、流石に今回は半額券が付いたチラシは貰えなかったので、これで半額券は完全に手元から消えたので、多分暫くの間、このお店に行く事は無い様な気がする・・・。そう言えば、最後の最後まで”生ビール”半額券を一度も使わないまま終わってしまった・・・。一度ぐらいは夜の時間帯に行っても良かったかなあ・・・
広告

少し前に”やきそば牛丼”とか”お好み風メンチカツカレー”を食べたのだが、今度はコンビニで”お好み焼き風味のビフカツ重”が売られていたので買ってみた。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 7:51 PM
 
代理人記録
 
少し前に”すき家のやきそば牛丼”とか”ココイチのお好み風メンチカツカレー”と言う、粉もん系とコラボした牛丼やカレーを食べたのだが、今度はコンビニへ行くと”お好み焼き風味のビフカツ重”なる物が売られていたのだが、何と無く”かつめし”のお好み焼風?と言う感じもしたので買ってみた
 
桑原征平粋甘食堂わが青春のお好みビフカツ重
こちらが今回買って来た”桑原征平の粋甘食堂”シリーズ?の”わが青春のお好みビフカツ重”と言う商品で、我々世代には結構馴染のある、元関西テレビのアナウンサーの桑原征平の冠が付いた商品で、私は今回が初めてなのだが、時々”桑原征平の粋甘食堂”と言うシリーズでこの様な弁当が発売されているらしい・・・。
 
ちなみに他にも”人生しみじみねり天うどん”とやらも売られていたのだが、練タイプの天ぷらが入ったうどんだったので、それは私の好みでは無いから買わなかった。何せその昔、愛媛松山の駅で”じゃこてんうどん”を食べて以来、”練タイプの天ぷらのうどん”は毛嫌いする様になってしまった物で・・・。
 
桑原征平粋甘食堂わが青春のお好みビフカツ重
ちなみに”桑原征平粋甘食堂/わが青春のお好みビフカツ重”には、この様な”青のり”と”てん玉”が付いていて、これを後からふりかける事により、お好み焼き風味を演出する・・・、と言う仕掛けになっている様だ。
 
桑原征平粋甘食堂わが青春のお好みビフカツ重
そしてこちらが実際に食べた”わが青春のお好みビフカツ重”で、ご飯の上に千切りキャベツを敷きつめ、その上に一口大に食べ易くカットされたビフカツを乗せ、さらに上からお好み焼ソースとマヨネーズ、それに添付の青のりとてん玉を振りかけた、その名の通りの”お好みビフカツ重”だ。個人的には、何と無く”加古川名物のかつめし”に見えなくも無い・・・、と思って買ってみたのだが、実際に食べてみると確かにお好み焼風味がして、何か判らんが普通に美味しい・・・。”かつめし”とも、あるいは”ソースカツ丼”ともまた一味違う”お好みビフカツ重”で、これはこれで中々美味しかったかな。
 
桑原征平粋甘食堂わが青春のお好みビフカツ重
ちなみに”お好みビフカツ重”にトッピングされていた”ビフカツ”の牛肉はこんな感じで、お肉に関しては、正にこの手の”かつめし弁当”に良くある様な、ちょっと歯応えのあるお肉で可も無く不可も無く・・・、と言う印象だった・・・。
 
てな事で、この日はコンビニで売っていた”お好みビフカツ重”とやらを食べてみたのだが、コンビニ弁当としては割と美味しいレベルの弁当だったかな。それにしても何で最近、こう言った”お好み風味”のカレーや丼が流行っているのだろう???てか、これって関西だけの事なのか、全国的な物なのか、それもちょっと気になる・・・、嫌、どうでもエエか・・・。

WordPress.com Blog.