義史のB型ワールド

2013年4月22日

ドカ盛りラーメンで有名な神戸ちぇりー亭が明石魚住に出来たので”こってり牛味らぁめん”を食べてみた!こっちの方が私の好みに合ってるかも。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:49 PM
 
代理人記録
 
数年前に東京にある『ラーメン二郎』が出す”ドカ盛ラーメン”がブームとなり、最近はあちらこちらで所謂”二郎インスパイア系”と呼ばれる”ドカ盛ラーメン”を提供するお店が関西にも増えて来て、私も2年ぐらい前に東加古川にある”新在家ラーメンもんどでもんジロウ”とか、今は亡き”加古川大盛軒で元祖角ふじ麺”を食べたり、あるいは昨年は年始に神戸で”ドカ盛ラーメン マッチョ”、年末に同じく神戸で”ラーメン・つけ麺 神起”等で本格的な”二郎インスパイア系ドカ盛ラーメン”を食べたりしたのだが、そんな”二郎インスパイア系”に似たドカ盛のラーメンを出すお店が三田にあり、その支店が明石大蔵谷に進出して来たので、丁度2年前のGWに食べに行ったのだが、今年の3月の中旬頃に明石魚住にも支店が誕生したので久々に食べに行ってみた。
 
神戸ちぇりー亭/明石魚住店
こちらが今回食べに行って来た、ドカ盛ラーメンが売り?の男のらぁめん『神戸ちぇりー亭/明石魚住店』で、このお店は元々は『東麺房/魚住店』だったのだが、その後、短期間だけ『風人雷人』となり、その跡地に明石二見人口島近くにあったラーメン屋『三角ラーメン』が移転して来て『三角ラーメン/魚住店』となっていたのだが、残念ながらその『三角ラーメン/魚住店』も閉店し、今回は神戸ちぇりー亭』と相成ったのであった。そんなラーメン店鬼門の地で、果たして『神戸ちぇりー亭』が生き残れるのかどうか、これまたちょっと楽しみでもある。
 
ちなみに以前あった『三角ラーメン』は魚住に移転したと同時に土山にもお店が出来たので、その『三角ラーメン/土山店』はどうなったのかな?と、帰り道に寄ってみたら『三角ラーメン/土山店』の方は未だお店は営業していた。後・・・、どうでもエエ話だが、明石魚住と言えば数年前には、今や大阪周辺ではあちこちに支店を出している『ラーメン四天王』とか、あるいは一時期、姫路に2店舗もあった『ラーメン大統領』の明石魚住店等もあったが、残念ながらほとんど無くなってしまった。何故か魚住近辺は長続きするラーメン屋さんが少ない、ちょっと不思議なエリアでもある・・・。
 
神戸ちぇりー亭全男盛メニュー
で、上でも書いた様に『神戸ちぇりー亭』と言えば所謂”ドカ盛りラーメンの二郎インスパイア系”のお店として有名?で、お店の売りはドカ盛りの”全男盛”と言う、上の写真の様なドカ盛ラーメンが看板メニューらしいのだが、正当な”二郎系のお店”は”野菜増しは無料”なのだが、このお店の場合は、肉増しは当然としても野菜増しも別途追加料金がかかる・・・。と言う事で”二郎系”のラーメンを売りにしている割にはイマイチお得感が無い・・・。ま、私の大好きだった”もんジロウ”も、そう言う意味ではお得感は薄かったけど・・・。
 
神戸ちぇりー亭メニュー
それはさて置き、こちらが『神戸ちぇりー亭』のメニューで、以前『大蔵谷店』へ行った時に食べた”ド根性の醤油らぁめん”を筆頭に、この日食べた”こってり牛味らぁめん”、それにご主人様は既に食べた事があると言う”純情なつけ麺”等のラーメンをベースに、無料で背脂、にんにくの量が増やせるのと、別途追加料金は掛かるが肉や野菜等を追加してドカ盛ラーメンに出来る様になっている。ちなみに微妙にラーメンの値段が上がっている様な・・・(反対にトッピングは少し安くなってるのかな?)。
 
神戸ちぇりー亭ランチメニュー
そしてその他にもこの様な”ランチメニュー”があって、ラーメンにプラスして”白ご飯”や”とろ卵”、それに”ギョーザ”とか”カラアゲ”がセットになったメニューが数多くあるのだが、パッと見た感じ余りお得感が無い?と言うのか、私のオススメの”らーめん八角のランチの定食”に比べると割高だし、そもそもこのお店のラーメンは麺だけでも標準で200gある、やや大盛りのラーメンなので、今回はラーメン単品で食べる事に決定!
 
神戸ちぇりー亭こってり牛味らぁめんのメニュー
で、先にも書いた様に、以前『大蔵谷店』に行った時にお店の看板メニューである”ド根性の醤油らぁめん”を食べたので、今回は未食の”ド根性こってり牛味らぁめん”を食べてみる事に決定!”牛味らぁめん”なので背脂の量とかは関係無いのかな?と思っていたが、どうやら”牛の旨み脂”が追加されるだけで、ベースのスープは同じらしく背脂やにんにくの増量が可能との事だったので、例の如く”背脂多め、にんにく多め”でオーダー!!!
 
神戸ちぇりー亭こってり牛味らぁめん
そして間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”こってり牛味らぁめん”で、お値段は720円也。麺も肉も野菜も増量しなかったので、パッと見た感じは全くドカ盛系のラーメンには見えない・・・。先に紹介した”ドカ盛ラーメン マッチョ”とか”ラーメン・つけ麺 神起”、あるいは姫路にある”ドカ盛ラーメン丸十”何かと比べても、見た目のインパクトは薄い・・・。そもそも以前”博多金龍で食べた野菜ラーメン”は値段が500円にも関わらず350gの野菜が入ってたからなあ・・・。やっぱ”二郎系”と謳う限りは(てか、お店的には”二郎系”とは言って無いのかな?)、せめて野菜だけでも無料で大盛りが出来る様にして欲しい気はする・・・。
 
それはさて置き、そのお味であるが”牛の旨み脂”がプラスされているからなのか、以前食べた”ド根性の醤油らぁめん”は結構醤油風味が強くて甘辛い様な印象があったのだが、この”こってり牛味らぁめん”のスープはそれ程に醤油辛さは無く、どちらかと言うと甘い感じでそこそこ美味しい。少なくとも以前食べた”ド根性の醤油らぁめん”よりは”こってり牛味らぁめん”のスープの方が私の好みには合っている。
 
神戸ちぇりー亭こってり牛味らぁめん
ちなみに”こってり牛味らぁめん”のを横から見ると、こんな感じの底が深い?様な形のラーメン鉢で、色違いではあるが基本的には以前食べた”ド根性の醤油らぁめん”のラーメン鉢と同じく底が深くなっている。この器の方が大盛りに見える?とか、何か意味があってこんな形になっているのだろうか・・・
 
神戸ちぇりー亭こってり牛味らぁめん
それはさて置き”こってり牛味らぁめん”の麺はこんな感じで、メニューの説明に寄ると”もっちりとした食感とシコシコとした歯触りの極太特注麺を200g”との事。ただし”麺ゆで約3分”となっているので、”もんじろうの極太麺のゆで時間10分”とか”加古川大盛軒の極太麺のゆで時間10分”と比べるとかなり短い・・・、って事で麺の太さもそれなりの?極太麺だ。個人的には太麺大好きなので、もっとぶっとくてもエエ様な気はするが・・・(ちなみに”つけ麺”は更に太い麺らしいので、何時か食べてみたいとは思っているのだが・・・)。
 
神戸ちぇりー亭トッピング野菜盛無料券
最後に・・・、帰り際にこの様な”神戸ちぇりー亭明石魚住店OPEN記念!”の”トッピング野菜盛無料券”をくれた。って事で、少なくとも5月末までに、もう一度行って”野菜盛のラーメン”を食べる事になると思う・・・。気持ち的には今度は”つけ麺”が食べたいのだが、折角の”野菜盛”なので、普通に”ド根性の醤油らぁめん”を食べ様かな?
 
てな事で、男のらぁめん『神戸ちぇりー亭』が明石魚住にも誕生したので、遅ればせながら食べに行って来たのだが、この日食べた”こってり牛味らぁめん”の方が以前食べた”醤油らぁめん”よりは美味しかったかな?それに”野菜盛無料券”も貰った事だし、今度は久々に、その”醤油らぁめん”の方を食べてみようと思う・・・。それは兎も角、ラーメン屋鬼門の地で、『神戸ちぇりー亭』がどれだけ長続きするか・・・、そちらの方もまた見物だ・・・。

WordPress.com Blog.