義史のB型ワールド

2013年4月21日

スーパーへ行くと”明星一平ちゃん鯛だし塩”と言う20周年記念カップ麺が売られていたので買ってみた。味は値段也だった・・・。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 6:24 PM
 
代理人記録
 
昨年、福山鞆の浦で”鯛ラーメン”で以来、”鯛ラーメン”と書かれた商品をみつけると思わず買ってしまう今日この頃なのだが、少し前にスーパーのカップ麺売場に行くと”明星一平ちゃん 鯛だし塩”と言う20周年記念のカップ麺が売られていたので買ってみた。
 
明星一平ちゃん鯛だし塩20周年記念
こちらが今回買って来た”明星一平ちゃん 鯛だし塩 20周年記念”と言うカップ麺で、発売元の明星の商品説明に寄ると”鯛と鶏を組み合わせた旨だし淡麗塩スープに、しなやかな細麺を合わせた、味わい深い一杯。鯛つみれと花ナルトがにぎやかさを演出”との事。確かに桜色?と言うのか鯛を焼いた色?と言うのか、そんな感じの鮮やかなデザインで、何と無く春らしい感じのカップ麺だ。
 
明星一平ちゃん鯛だし塩20周年記念
で、蓋を開けて中に入っている袋を取り出してみると、粉末スープ、調味油、かやくの3つの袋が入った、割と一般的?な感じのカップ麺だ。ま、”明星一平ちゃんシリーズ”の一品なので、私が良く買う『とかち麺工房』ブランドの様なレトルト具材等は入って無い。麺も当然の如く?フライ麺だし・・・。
 
明星一平ちゃん鯛だし塩20周年記念
それはさて置き、完成した”明星一平ちゃん 鯛だし塩”カップ麺はこんな感じで、確かに何と無く華やかな感じのする出来映えだ。再び、明星の商品説明に寄ると”じっくり煮込んで濃縮した鶏の旨みに、鯛エキス、鰹エキス、ホタテの旨みを合わせ、揚げにんにくの風味でパンチをつけたクリアな塩味のスープ。ポークオイルに魚介の風味を効かせた調味油を添付し、コク深いスープに仕上げた。鯛つみれ、キャベツ、花ナルト、タマゴ、斜め切りねぎを取り合わせ、記念商品らしく、おめでたい感じと春らしい季節感を演出し、彩り鮮やかに取り合わせた具材”との事。これを読んでると、物凄く美味しいカップ麺の様に聞こえるが、大体イメージ通りの、あっさりした塩味スープのカップ麺で、カップの蓋に大きく書かれていた”鯛つみれ”も、何か普通のかやくで、特に印象に残らない至って普通のカップラーメンだったかな。
 
明星一平ちゃん鯛だし塩20周年記念
ちなみに麺はこんな感じで、明星の商品説明に寄ると”しなやかでコシのある、細めの油揚げ麺”との事。最近、”明星一平ちゃん”シリーズは全然食べて無いので、何とも言えないが、麺は普段から売られている”明星一平ちゃんカップ麺と同じ?なのでは無いかな
 
てな事で、商品名に”鯛だし塩”とあったので、思わず買ってしまったカップラーメンの”明星一平ちゃん 鯛だし塩”であるが、所詮100円前後で売られている一般的なカップ麺・・・、と言う事で、味的にもそんな感じの味だったかな。ま、福山鞆の浦で食べた”鯛ラーメン”も、ちょっと期待外れだったし・・・。10年ちょっと前に、但東町にあったラーメン『壱学』で食べた、その日偶々”鯛から取ったスープのラーメン”が懐かしい・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。