義史のB型ワールド

2013年4月19日

年に一度のお楽しみ?って事で”北海道展”で”旭川ラーメン山頭火”の”しおらーめん”を食べた!流石に以前程の感動は無くなったが中々旨い!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:34 PM
 
代理人記録
 
北海道と言えば味噌ラーメン発祥の地として、札幌ラーメンが超有名&定番になっているが、最近では札幌は味噌ラーメン、旭川は醤油ラーメン、函館は塩ラーメンと何か無理やり区分けされているのだが、確かに旭川には有名な醤油ラーメンのお店が多い。で、私が若かりし頃?オートバイで旭川に行った時は『旭川らぅめん青葉』と言うラーメン屋(後に明石ラーメン波止場が誕生した時、その中に『青葉』が出来たので初日に食べに行った!)、マイカーで旭川に行った時は『旭川ラーメン蜂屋』と言うラーメン屋(後に東京出張した際に、遥々と新横浜ラーメン博物館まで出掛けて行って、その中の店で食べた!)に行ったりと、個人的にも結構、旭川でラーメンを食べて来た
 
が、そんな醤油ラーメンで有名な旭川で最近(と言っても、もう大分経つが・・・)人気なのが北海道ではちょっと珍しかった”塩味ベースの豚骨ラーメン”で話題の『らーめん山頭火』で、私がオートバイやマイカーで北海道一周をしていた頃には未だ無名だったのだが、10数年前に姫路山陽百貨店の北海道物産展の会場で初めて食べて以来、私の大好きなラーメン屋の一つになり、大阪に進出して来た際に『八尾店』や『西新地店』等に食べに行ったぐらい・・・。で、その『らーめん山頭火』が、昨年に続いて今年もヤマトヤシキ加古川店で開催されていた春の大北海道展に出店していたので、今年も食べに行ってみた。
 
ヤマトヤシキ加古川店/春の大北海道展/旭川らーめん山頭火ヤマトヤシキ加古川店/春の大北海道展/旭川らーめん山頭火
こちらがヤマトヤシキ加古川店で開催されていた春の大北海道展の会場の一角にあった『旭川らーめん山頭火』の特設茶屋で、今回も近場?だった事もあり物産展の前半と後半の2回行ったのだが、どちらも昼前後の時間だったにも関わらず、前半に行った時は常時満席の賑わい(左側の写真)だったが、後半は閑古鳥が鳴いていた(右側の写真)。ま、この特設茶屋に限った事では無く、物産展の会場全体が、そんな感じだったけど・・・。
 
旭川らーめん山頭火しおらーめん
それはさて置き、こちらが約1年ぶりに食べた”旭川らーめん山頭火のしおらーめん”で、お値段は790円也。一応ジャンルは”しおらーめん”なのだが、ベースが豚骨スープなので白濁した白湯スープで、豚骨とは言いつつもどちらかと言うとあっさりした感じで、ちょっと甘目な感じだが、これが中々旨い!流石に10数年前に初めて食べた頃に比べると、ちょっと感動は薄れて来たが、今でも好きなラーメンの一つである事には違い無い!
 
旭川らーめん山頭火しおらーめん
で、上の写真ではちょっと見え難かったが今回食べた”しおらーめん”には、この様な割と大き目のチャーシューが2枚程入っていた。商品説明に寄ると”赤身と脂身が程良く調和した、豚バラ肉の一部分だけを使用”したと言うチャーシューとの事で、実際に食べてみると、トロっとした感じの柔らかいお肉でこれまた旨い!ちなみに手前に写っている小梅は”しおらーめん”のみのトッピングだ。
 
旭川らーめん山頭火しおらーめん
そしてこちらは”しおらーめん”の麺で、ご覧の通り?”低加水の中細縮れ麺”だ。ま、麺に関しては最近、自家製麺のお店なんかが増えて来た事もあって、それらと比べると特にどうって事の無い、普通の麺・・・、みたいな感じだったけど・・・。
 
で、何時もであれば”しおらーめん”だけを食べれば満足するのだが、昨年同様に割と直ぐに行けるヤマトヤシキ加古川店で開催されている・・・、と言う事もあり物産展の後半に、今度は”しょうゆらーめん”を食べに行ってみた。
 
旭川らーめん山頭火しょうゆらーめん
こちらが、北海道物産展の後半に食べに行った”しょうゆらーめん”で、こちらもお値段は790円也。ラーメンの種類は”しょうゆらーめん”となっているが、ベースは豚骨スープなので所謂”とんこつ醤油”系のラーメンで、スープの色を見ただけだと先に食べた”とんこつしおらーめん”と見た目は大きく違わない様な・・・。が、こちらには小梅もキクラゲも無く、変わりに海苔がトッピングされている。で、そのお味であるが、今書いた様に基本的には”山頭火ご自慢の豚骨(玉骨)・野菜・干魚を使った白湯スープ”で、確かに醤油風味は加わっているが、どちらかと言うと甘目で、こちらも中々旨い!”山頭火の王道は、しおらーめん”だとは思うが、偶にこの”山頭火のしょうゆらーめん”を食べてみるのも良いかも知れない・・・。
 
旭川らーめん山頭火しょうゆらーめん
ちなみにこちらは”しょうゆらーめん”にトッピングされていたチャーシューで、パッと見た感じは先に食べた”しおらーめん”のトッピングの物とは違う部位の様な感じもしたが、それはきっと偶々なだけなんだろう・・・。
 
旭川らーめん山頭火しょうゆらーめん
も一つ序でに紹介して置くと、”しょうゆらーめん”の麺も、これまた”しおらーめん”の麺と全く同じの”低加水の中細縮れ麺”の様であった。
 
てな事で、昨年に続いて今年もヤマトヤシキ加古川店の北海道物産展に、私の大好きな『旭川らーめん山頭火』が出店していたので、今年も食べに行ってみたのだが、流石に最近は色んなスープのラーメンを食べている事もあり、初めてこの”山頭火のしおらーめん”を食べた時程の感動は無くなってしまったが、それでも未だ美味しい部類のラーメンである事には違い無い。大阪へ行くと実店舗があり、何時でも食べれるのだが、大阪へ行った時は他のお店に行ってみたい・・・、と言う事で、私が次回”山頭火のしおらーめん”を食べるのは1年後の北海道物産展の日なのかも知れない・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。