義史のB型ワールド

2013年4月5日

コンビニへ行くと赤井英和ならぬ、”赤いヒレカツ”弁当とやらが売られていたので買ってみた。普通に美味しいけどボリュームが足り無い?

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:33 PM
 
代理人記録
 
コンビニへ行くと”ABC朝日放送「ごきげん!ブランニュ」と「新世界串かつだるま だるま大臣」とのコラボ商品”と言う”赤井英和”ならぬ、”赤いヒレカツ弁当”と言う、まさに駄洒落な?弁当が売られていたので買ってみた。ちなみに大阪で有名な『新世界串かつだるま』は姫路にも支店があって、私もお店が誕生した直後に2度ばかり行った事があるのだが、最近は全然行って無い・・・。
 
ファミマ赤いヒレカツ弁当メニュー
ちなみに”赤いヒレカツ弁当”の他にも、ご覧の様な”赤いヒレカツサンド”、”赤いヒレカツ焼そば”、”赤いヒレカツおむすび”等の商品も売られていたので、後日買って食べ様思いつつも、今日現在”赤いヒレカツ弁当”以外の物は未だ食べて無い・・・
 
ファミマ赤いヒレカツ弁当
そしてこちらが今回買って食べた”赤いヒレカツ弁当”で、お値段は498円也。”赤いヒレカツ”と書いてあったので、てっきり赤い豚肉のヘレを使った豚カツが入っているのか?と思ってみたのだが、どうやら赤いと言うのは”だるま大臣監修の赤いソース”の事の様で、実際は色んな”串かつ”が入った”串かつ弁当”みたいな感じの内容だ。
 
ファミマ赤いヒレカツ弁当
で、こちらが実際の”赤いヒレカツ弁当”の中身で、商品説明を読むと”赤井英和氏にちなんだ赤いソースをヒレカツに使用しました。ごきブラ特製メニューである「玉子焼き」「ハンバーグ」をはじめ、海老、豚ヒレ、レンコン、うずら、赤ウインナーの7種の味を楽しめる仕立て。また、ご飯の上には梅胡麻(赤色)・赤ウインナー(赤色)と赤い色にもこだわり、赤井英和の好物の沢庵もトッピング。だるま大臣監修の特製赤いソースにカツをどぶ漬けして、お召しあがり下さい”との事。
 
上でも書いた様に”ヒレカツ弁当”とは書いてある物の、実際にはヒレカツは一切れだけだ。とは言え、”だるま大臣監修の特製赤いソース”の効果もあってか、全体的には普通に美味しい弁当だ。後は、串かつの種類は多かったのだが、それぞれが全部小さ目な感じで、何かちょっとボリュームが少なく感じたのがちょっと残念だったかな?
 
ファミマ赤いヒレカツ弁当ファミマ赤いヒレカツ弁当
ちなみに、こちらがこの弁当の命?とも言える”だるま大臣監修の赤いソース”で、これまた商品説明を読むと”マスタードとケチャップを加え旨みをアップ”したらしい・・・。ま、色的に赤いと思えるかどうかはちょっと微妙な気はしたが、確かにこのソースは美味しかった・・・、様な気はする・・・。
 
てな事で、買った時はダジャレ狙いの安易なコンビニ弁当・・・、と言う様な思いはあったのだが、実際に食べてみると意外と美味しかった。そんな事もあり、このフェア期間が終わる前に”赤いヒレカツ焼そば”ぐらい食べておこう・・・、と思って後日買に寄ったのだが、人気があるのか、その時は”赤いヒレカツ焼そば”は売り切れだった・・・。果たして食べる日が来るかどうか・・・、その結果はまた後日当ブログ?にて・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.