義史のB型ワールド

2013年4月3日

スーパーの駅弁大会で”利久の牛たん丼”とやらが売られていたので買ってみた。薄切り牛たんだったけど中々旨い!

Filed under: 駅弁 — 代理人 @ 9:49 PM
 
代理人記録
 
私が若かりし頃、新入社員1年目の冬に東北5日間出張の旅に出た時、最終日に仙台で”牛たん”を食べて以来、結構”仙台牛たん”好きになってしまった。そんな事もあり数年前に仙台5日間の出張へ行った時とか、あるいは東京出張の際に宿泊したホテルの近くにあった”仙台牛たんのお店”に行っで食べたりもした。そして遂先日も大阪に出来た仙台牛タンのお店『利久』で”仙台牛たん”を食べたのだが、遂この前、近くのスーパーへ行くとその『利久』の”牛たん丼”と言う駅弁が売られていたので買ってみた。
 
スーパーオークワ利久牛たん丼チラシ
ちなみに、こちらがそのスーパーの駅弁大会のチラシに載っていた”利久の牛たん丼”の写真で、これを見ると私が以前、東北物産展か何かのイベントで買って食べた事がある”利久の牛たん弁当”とは違い、薄切りの牛たんを麦飯の上に乗せただけ?の様な感じの”牛たん丼”の様だ。
 
オークワ駅弁大会利久牛たん丼
そしてこちらが実際に買って来た”利久牛たん丼”で、箱が結構デカイのは加熱式容器に入っている、所謂”紐を引っ張ると温まる、スチームレンジ付きのお弁当”になっているからだ。そんな事もあってか、駅弁としては結構高い1300円と言うお値段だ。
 
オークワ駅弁大会利久牛たん丼の商品説明
ちなみにパッケージの裏にはこの様な”牛たん炭焼 利久”のお店の云われ?が書いてある。個人的には先にも書いた様に、何処かの百貨店で開催されていた東北物産展の会場で”利久の牛たん弁当”を買うまでは全然知らないお店の名前だったのだけど・・・。ちなみに私が仙台へ行った時に食べたお店は、地元では結構有名店だったのだが、その頃は未だこの様な記録を残す習慣?が無かったので、何と言うお店だったのか覚えて無い・・・。お店があった場所は・・・、何と無く判るのだけど・・・。
 
オークワ駅弁大会利久牛たん丼
それはさて置き、容器に付いていた紐を引っ張って7~8分程経って、完成した?と言うのか加熱して出来上がった”利久牛たん丼”は、こんな感じで、発売元の『利久』の商品説明に寄ると”食べやすい厚さにスライスした牛たんを焼き上げ、特製のタレで味付した牛たん丼”との事。確かに、名前の如く麦飯の上に焼いた牛たんを乗せただけのシンプルな丼だ。
 
オークワ駅弁大会利久牛たん丼
てな事で、まずは上に載っている”牛たん”だけを食べてみると、ご覧の通りの薄切りで、所謂一般的な”牛たん塩焼き”に出て来そうな感じで、”仙台牛たんの極厚の醍醐味”は全く無いのだが、そのままでも”仙台牛たん”同様の下味が付いている様で、タレを浸けなくても中々美味しい。その辺りが”焼肉屋さんで食べる牛たん焼き”と少し違うかな?
 
オークワ駅弁大会利久牛たん丼
で、そのまま食べても”牛たん”に味が付いていて美味しかったのだが、折角、特製のタレが付いていたのでそのタレをかけて食べると、ちょっと濃い目な感じだが、このタレも美味しくてこれまた旨い!何か思っていた”仙台牛たん焼”とは全く違う・・・、と言うのか雰囲気的には以前食べた”牛たん三彩”とか別の駅弁屋が売って居た”牛たん弁当”言う駅弁と似た感じだったけど、下味とタレの美味しさが上回った分、今回の”利久牛たん丼”の方が美味しかった様に思う・・・。
 
オークワ駅弁大会利久牛たん丼
そして”牛たん”の下には定番の”麦飯”だが、雰囲気的には”白米”の割合がちょっと多い様な・・・。とは言え”仙台牛たん”には”麦飯”が合うのよね。ちなにみ”麦飯”の上にはキャベツをボイルした様な物が敷いてあった・・・。これはちょっと変わってた様な・・・。
 
オークワ駅弁大会利久牛たん丼
最後に・・・、今回食べた”利久牛たん丼”にも以前食べた”利久の牛たん弁当”にも付いていたのと同じ様な感じの”南蛮味噌”が少しだけ付いていて、こちらはそのまま食べても、あるいは”麦飯”と一緒に食べても中々美味しい南蛮味噌”であった。
 
てな事で、この日はスーパーで売っていた”利久牛たん丼”を買って食べたのだが、”牛たん焼き”が薄切りタイプだったのがちょっと残念だったのと、値段が1300円もする事を考えると、以前食べた1365円の”利久の牛たん弁当”の方がお得な気はするが、それでも流石に『利久』!って事で、味的には中々美味しかった。となるとまた、『利久』のリアル店舗に行って本格的な”仙台牛たん焼き”を食べってみたいと思うのであった。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。