義史のB型ワールド

2013年4月2日

毎年発売されている”来来亭のカップ麺”だが、今回は”旨辛麺”が売られていたので買ってみた。でもやっぱ普通のが良いな・・・。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 9:32 PM
 
代理人記録
 
7~8年前頃から毎年定期的に発売されている、滋賀が本拠地ながら今や全国に200店舗数を数えるまでに成長した『ラーメン来来亭』が監修し、エースコックから発売されている”来来亭のカップ麺”なのだが、今年は何とノーマルの”しょうゆラーメン”では無く、激辛ラーメンとも言える”旨辛麺”がカップ麺となって発売されていた。私は以前に、リアル店舗で”旨辛麺”が未だ”感激ラーメン”と呼ばれていた頃?に一度食べた事があるのだが、その名の通り、超激辛だったので、今回の”旨辛麺”のカップ麺はどうしようか、ちょっと悩んだのだが、毎年必ず買って食べている”来来亭のカップ麺”なので、やはりパスする訳には行かない!って事で買ってみた。
 
エースコック来来亭旨辛麺エースコック来来亭旨辛麺
こちらが今回買って来たエースコックから発売されている”ラーメン来来亭監修の旨辛麺”と言うカップ麺で、商品説明を読むと”関東から九州に店舗展開をするラーメンチェーン「来来亭」監修のもと、店舗で1日30食限定で発売されている「旨辛麺」を再現。唐辛子&豚脂入りで旨みを感じられる激辛ラーメン”との事。先にも書いた様に、私は”旨辛麺”は食べた事は無いが、基本的には以前食べた”感激ラーメン”をカップ麺にした様な、唐辛子を使った激辛ラーメンの様だ。ちなみに、今回は縦型カップなのでカップの蓋に”100円の割引券”は付いて無い・・・。
 
エースコック来来亭旨辛麺
で、早速カップ麺の蓋を開けると、何時もの”お椀タイプの来来亭カップ麺”では無く、”縦型カップの来来亭カップ麺”と同じく、ちょっと小さ目サイズの”背脂入り液体スープ”と”激辛の元入った様な調味油”の二つの袋が入っている。肝心要のスープは最初から麺に絡めてある様で、カップヌードルの様にお湯を注ぐだけで、スープ入りカップ麺が出来上がる様だ。
 
エースコック来来亭旨辛麺
てな事で、お湯を注いで5分待って出来上がった状態がこちらで、まずは”背脂”も”調味油”も入れずに少し食べてみると、かやくの中に既に唐辛子が入っているので、ややピリ辛だが普通そのままでカップ麺として食べれる様な感じ・・・
 
エースコック来来亭旨辛麺
そしてこちらは激辛の元とも言える調味油と、液体スープと言いつつ実際は”背脂”しか入って無い袋を投入した直後の”旨辛麺”カップの様子・・・。真ん中にあるドロッとした感じの物が、来来亭カップ麺の命とも言える”背脂”で、これまた縦型カップ版の時と同様に”背脂”の量は少ない。ま、何れにせよ、激辛調味油と混ぜてしまうと”背脂”の旨みってのは、余り感じ無くなってしまう様な気はするのだが・・・。
 
エースコック来来亭旨辛麺
で、こちらが”背脂”と”激辛調味油”を完全に混ぜた状態の”ラーメン来来亭監修旨辛麺”カップの様子。中々辛そうだ・・・、てか、実際に食べるとやっぱり辛い!でも以前にリアル店舗で食べた”感激ラーメン”程の激辛さは無く、普通に良くある激辛カップ麺と同じ様なレベル・・・。ま、旨いかどうかと聞かれると、やっぱり辛いとしか言い様が無いので、今度この”旨辛麺”のカップ麺が売られていても買わない事にしよう・・・
 
エースコック来来亭旨辛麺
ちなみに麺はこんな感じの麺で、こちらは何時もの”ラーメン来来亭監修しょうゆラーメン”の麺と同じタイプのフライ麺だったかな?
 
てな事で、毎年1~2回発売されている『ラーメン来来亭』のカップ麺で、今回は”旨辛麺”とやらを食べたのだが、基本的には良くある激辛タイプのカップラーメン?と言う様な印象だった。個人的にはやはり、何時も売られている”100円の割引券”が付いたお椀タイプの”ラーメン来来亭監修しょうゆラーメン”のカップ麺の方が好きかも・・・。と言ってもまあ、所詮カップ麺なので、それ程にこだわる必要も無いのだろうけど・・・。

WordPress.com Blog.