義史のB型ワールド

2013年3月17日

NHKの歌番組SONGSで”「時代」~中島みゆき~”と言う内容で放送されるらしい。でも本人は秘蔵映像のみらしい・・・。

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 6:47 PM
 
代理人記録
 
NHKの音楽番組の一つであるSONGS』は、以前から中島みゆきに出演交渉をしているらしいのだが、中々実現しない。中島みゆきと言えば20年ぐらい前にはNHK-FMで音楽番組を担当していたし、何よりプロジェクトXで密接な関係になったので、ミュージシャン一人にスポットを当てたSONGSぐらいは出演してもエエのに・・・、と言うファンの思いもあるのだが、それでも今まで登場した事は無い。が、昨日放送されたSONGSの次週予告で、遂に”「時代」~中島みゆき”と言うタイトルの内容で放送されると言う、告知が流れたのだが・・・。
 
NHK SONGS ~「時代」~中島みゆき~
 
その放送内容をNHKの公式サイトを観ると”次回のSONGSは、中島みゆきの「時代」をめぐる特集。カバーした多くのアーティストや中島みゆきの秘蔵映像とともに、「時代」の魅力に迫ります。”との事。うーん、どうやら本人の出演も無いし、「時代」で秘蔵映像と言えば、やっぱり30年以上前のTV番組コッキ―ポップに出演した時の映像なのかなあ・・・・(それて、昨夜のスマステーションでも流れたたのだが・・・)。
 
ファンとしては昨年、劇場公開された”歌姫劇場版”の特典映像として上映された”中島みゆきコンサートツアー2010”の”時代”を唄った時の映像が放送されれば画期的な事なんだけど、そんな期待をしても無理なんだろうなあ・・・。せめて”プロジェクトX”最終回でスタジオで生で唄った”ヘッドライト・テールライト”の映像でも流してくれたら、有り難いのだけどテーマが「時代」だから、それもちょっと難しいのかも知れない・・・(ちなみに”ヘッドライト・テールライト”は、昨年のとある番組でワンコーラスだけ放送されたが・・・)。

2013年3月16日

折角の半額祭なので、今度は”讃岐おうどん居酒屋”で”大海老天カレーのおうどん”を食べた!海老天は旨いがカレーは・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:26 PM
 
代理人記録
 
昨年の10月の初旬に高砂中島に新しくオープンした『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』は『お好み焼き・鉄板焼き・ファミリー居酒屋の偶』の姉妹店と言う事もあってか、何と無く私の好みにはあって無い。そんな事もあって、取り敢えず目ぼしいメニューは一通りチェックしたので、暫くの間はこのお店に行く事は無いかな・・・、と思っていたのだが、少し前に紹介した様に新聞の折込にこのお店の”半額券が付いたチラシ”が入っていたので、それに釣られて食べに行ったら、うどんは兎も角として、揚げ立て熱々の大海老天は身もプリプリとして中々美味しかった!そんな事もあり、残る”半額券”を使いにまたまた『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』に行ってみる事にした。
 
讃岐おうどん居酒屋たかさご本家
こちらがまたまた行って来た『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』で、この日は日曜日の正午前の訪問と言う事もあってか、今まで来た中では一番空いていた。日曜日なので、もっと賑わっていると思っていたので、ちょっと意外だったかな?
 
たかさご本家大海老天カレーのおうどん2
ちなみにこちらは”半額券が付いたチラシ”に載っていた『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』のこだわりで、それを読むともっともらしい事は書いてあるのだが、個人的な印象としては今の処、それ程の旨さを感じた事は一度も無い。ま、お出汁に関しては前回食べた”磯香る緑三昧のおうどん”は、出汁に海苔や天かすが加わった事もあってか、ちょっと美味しかったけど・・・。
 
たかさご本家お昼のうどん膳のメニュー
そしてこちらが”お昼のうどん膳”のメニューで、前回の記事でも書いた様にお店が誕生した時と比べると、少し内容が変わっている。更にこのメニューの中には、この日の私のお目当て?である”大海老天カレーのおうどん”が載って無いのだが、スタッフのおねえさんに、半額券を渡すとそのままオーダーが通った・・・。ちなみに、この”お昼のうどん膳”に載っている”うどん単品価格”は通常メニューに載っている価格と全く同じなので、わざわざ”お昼のうどん膳”メニューとして出す意味があるのかな?と思ってしまうのだが・・・。
 
たかさご本家大海老天カレーのおうどん半額
それはさて置きこちらが以前、新聞の折込に入っていた”半額券付きのチラシ”に載っていた”大海老天カレーのおうどん”の写真で、これだけ見ると”海老天”がえらく大きく見える・・・。それにしても元の値の1380円ってちょっと高いなあ・・・、と思って当ブログに書いた『たかさご本家』初訪問の時の記事に載せているメニューを見ると、以前あったメニューは”海老天カレーうどん”でお値段は1080円だった。って事は”海老天”が”大海老天”に変わっただけで300円アップになったって事の様だ。普通の”カレーうどん”が680円なので、差額を計算すると700円・・・、って事は”大海老天”は1尾で350円もする?と言う計算になるのかな?これって安いのか高いのか・・・、良く判らん・・・。ま、今回は半額なので不満は無いのだけど・・・。
 
たかさご本家大海老天カレーのおうどん
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”大海老天カレーのおうどん”で、お値段は半額価格で税込724円也。基本的には以前このお店で食べた”カレーうどん”に”大海老天”2尾がトッピングされただけの、至ってシンプルな内容の”天ぷら入りのカレーうどん”だ。前回、半額で食べた”磯香る緑三昧のおうどん”には”大海老天”2尾の他に、”野菜の掻揚げとカボチャの天ぷら”等も付いていたのに比べるとちょっとショボイ・・・。元の値が税込で1449円もする事を考えると、”野菜の掻揚げとカボチャの天ぷら”ぐらいは付いていてもおかしく無いと思うのだが・・・。ちなみに”カレーうどん”の味は、以前に食べた時と同様に・・・、あまり私の好みでは無いお出汁だ・・・。
 
たかさご本家大海老天カレーのおうどん
そしてこちらが、この日食べた”大海老天カレーのおうどん”の命?とも言える”大海老の天ぷら”で、ご覧の様に確かに大き目の海老で、身もプリプリだし、当然の如く揚げ立て熱々で中々美味しい。通常価格の1380円も払って食べる価値があるかどうかは別としても、半額ならば中々価値のある大海老天”かも。ま、私の大好きな”伊勢海老の天ぷら”には足元にも及ばない味ではあるが・・・。
 
たかさご本家大海老天カレーのおうどん
ちなみに”大海老天カレーのおうどん”の麺はこんな感じで、上で紹介した様に”本場讃岐うどんのコシと喉ごしを忠実に再現した”らしいのだが、個人的には『丸亀製麺』とか『讃岐めん うどんや』の麺の方が美味しいのでは?と思ってしまうのだが・・・。
 
てな事で、”半額券”に釣られてまたまた『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』に行って来たのだが、”カレーうどん”のお味は兎も角として、前回と同様に”大海老天”は食べ応えもあって中々旨かった!で、この日はもう”半額券の付いたチラシ”は貰えなかったのだが、まだまだ手元には”半額券”が数枚残っている・・・、って事で、後日ご主人様が来られた時に、またまた食べに行って来たのだが、その話もまた後日・・・。

2013年3月15日

PS3レコーダー化&iPad2お風呂場TV化計画の一旦で、遅まきながらnasneを買った!VAIO無しでも中々使える!

Filed under: コンピューターとインターネット — 代理人 @ 10:52 PM
 
代理人記録
 
TV放送が地デジに変わったが、私の住んでいる処は地元CATV局がデジアナ変換をしてくれるので、今でも従来からあるアナログ放送受信機が使える。そんな事もあり、未だPSX(SONYのゲーム機PS2にDVDレコーダーが一体になった様な商品)が現役で活躍しているのだが、流石にDVD-Rの書込みが怪しくなって来たので、最近は余り使わなくなった
 
で、その他にPS2の後継機であるPS3もあるのだが、ほとんどゲームで使う事は無く、完全にマルチメディアプレーヤーとして使っている。が、前々からこのPS3もPSX同様にレコーダー機能を付けたくて別売で販売されている地デジチューナーを買おうかな?とずっと思っていたのだが、その商品はPS3専用で、かつ地デジ専用だったので何かイマイチ購入する気に至らなかった(唯一はイオンの日に5000円ぐらいで売っていた時があったので、思わず衝動買いしそうにはなったが、その時は既に別商品の販売が決定していたので、思い度留まった)。
 
そんな感じで、ここ1~2年色々と思案していたら、遂に昨年の夏にSONYから新製品となるBS放送にも対応し、しかもPS3専用では無い、ネットワーク対応のレコーダーが発売すると発表があった。ネットワークレコーダーなので、愛用のiPad2でTVを見る事が出来るかも・・・、と言う事で発売を心待ちにしていたのだが、何と発売日前日になって不具合が発見されたとかで急遽、発売が延期になった。それから1ヶ月程経って無事に発売されたのだが、何か出鼻をくじかれた感じだったのと、発売後の口コミ等を読んで色々と研究?していた事もあり、そのまま数か月が経ち漸く先月の初め頃に購入したのであった。
 
nasne(ナスネ)
てな事で、こちらが今回買ったネットワークレコーダーnasne(ナスネ)”と言う商品で、箱の右下に書いてある様に500GBのHDDを内蔵しているので、これ一つでTVの視聴と録画も出来て標準価格は16980円也。とは言え、この商品はネットワーク専用と言う事で、このままTVに接続する事が出来ず、例えばPS3を通してTVに映すとか、あるいはSONYのVAIOや、最近人気のアンドロイド端末、そしてiPadやiPhone等から放送中のTVや録画した番組を観る・・・、と言うちょっと変わった商品だ。
 
nasne(ナスネ)
で、箱を空けて中身を取り出すとこんな感じで”nasne(ナスネ)”本体と、PS3用のアプリ、それにLANケーブルやアンテナケーブル、後は電源アダプターがあるだけの至ってシンプルな内容だ。何と言っても今時の商品なんで、マニュアル類はほとんど無く、簡単な説明書が入っているだけで、後はネットを見てね・・・、と言う事の様だ。ま、商品自体がネットワーク有き?なので、当たり前なのかも知れないが、確かに評判通り、初心者には扱いにくいのかも知れない・・・
 
nasne(ナスネ)
そしてこちらが、ネットワークレコーダー”nasne(ナスネ)”の本体で、先にも書いた様にこれ自体にTV出力は一切無く、LAN端子とアンテナ接続端子があるだけだ。で、事前にネットの口コミ等を読むと、無線接続が出来ないとか、単体で設定が出来ないので使い難いとか色んな情報が書き込まれていたのを読んだ事があるが、我が家の場合、既に無線LAN環境も整っているしBS・CSのアンテナも完備している・・・、って事で、nasneにアンテナとLANケーブルを接続しただけで、早速、iPad2でTwonky Beamと言うアプリを使って接続すると、全国共通のチャンネルであるBS・CSはそのまま映った
 
流石に地上波デジタル放送は地域に寄ってチャンネルの周波数が異なるので、設定しないと映ら無い様だが、ここでもPS3を使うまでも無く、パソコンから設定画面を呼び出して設定しただけで、簡単に映る様になった。PS3もVAIOも無くても取り敢えずは何とか使えるじゃん!と言う印象。とは言え、実際にTVや録画した番組を観る時は、PS3を使った方が便利そうだったので、アプリを入れたのだが、実際の処、PS3にアプリを入れるのが、一番手間だった様な気がする・・・。
 
nasne(ナスネ)
で、この商品を買ってまず最初に一番やりたかったのが、愛用のiPad2のテレビ化(最終目標はお風呂テレビ化なのだが・・・)。って事で、今使っている無線対応のお風呂テレビと、nasneを使ってiPad2でTVを映したのを並べたのがこちら。元々、お風呂テレビの方もデジアナ変換されてから送信されて来るので、若干の遅れがあるのだがnasneの場合は、もっと色々変換してから送られて来る事もあってか、映像的には30秒ぐらいずれがある様だが、特に電波が途切れる様な事は無く、快調にTVが視聴出来る!これで、もしもお風呂テレビが壊れても、今後はiPad2を変わりにお風呂テレビにする事が出来ると言う訳だ。ただし、iPad2はそのままでは防水対応では無いので、防水ケースを買って来る必要はあるのだが・・・。
 
ちなみに我家にはSONYのVAIOは無いのだが、以前からDiXiM Digital TVと言うアプリを使っていて、それを使ってnasneの映像を観る事が出来るのだが、流石にちょっとバージョンが古い為か実際に試してみると、音声と画像がずれる・・・、って事でこちらは実用にならない・・・。iPad2でも普通に観れるのに遥かに能力が高い?はずのPCがそんな事では・・・、と思ってしまうのだが・・・。
 
それは兎も角として、将来的にiPad2をお風呂テレビとして使う為に、防水ケースでも買って来ようっと!!!

”もんどでチリとまと麺”を食べた序でに、チキンラーメンのトマトスープ味を食べた!思った程、悪くは無い味かな・・・。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 8:25 PM
 
代理人記録
 
昨日”もんどで食べたチリとまと麺”を紹介したが、今年の初め頃だったかに日清のチキンラーメンから”トマトスープ風のチキンラーメン”が売られていたので、何と無く似た様な感じ?な気がしたので買ってみた。
 
チキンラーメンどんぶりトマトスープにバターの香りを添えて
こちらが今回買って来た”フレンチ坂井宏行シェフ監修”の”チキンラーメンどんぶり トマトスープにバターの香りを添えて”と言うカップラーメン。坂井宏行と言えば人気番組だった料理の鉄人の2代目フレンチの鉄人であるが、関西にお店が無い?事もあって、この人の料理は食べた事は無い・・・(ま、関西にお店があったとしても、本人が居て料理する事は無いだろけど・・・)。
 
チキンラーメンどんぶりトマトスープにバターの香りを添えて
それはさて置き、早速蓋を開けてみると、最初から麺とスープが一体化している”チキンラーメン”なのだが、別途、液体スープの袋が付いている。この液体スープが、トマトスープ?って事の様だ。日清の商品説明を読むと、麺は普通に”しょうゆベースのチキンスープで味付けした、香ばしい「チキンラーメン」の麺”らしい・・・。
 
チキンラーメンどんぶりトマトスープにバターの香りを添えて
で、お湯を注いで3分待って完成した、液体スープを入れる前の”チキンラーメンどんぶり  トマトスープにバターの香りを添えて”はこんな感じで、生卵は私が追加した物だが、標準のかやくとして”蒸し鶏、ゴボウ、ネギ、ニンジン、スクランブルエッグ”等が入っている。そしてやはり気になるのが、このまま食べたらどんな味がするのか?と言う事で、少しスープを飲んでみたのだが、気の精かちょっと薄味な気はしたが、普通に”チキンラーメン”の味だ。
 
チキンラーメンどんぶりトマトスープにバターの香りを添えて
そしてこちらが液体スープの袋を開けてチキンラーメンの上から掛けてみるとこんな感じで、想像通り?中からは”チリとまと麺のチリコンカン”ならぬ、トマトペーストの様な物が出て来た。これを一気に混ぜてしまうのか、徐々にスープに溶かして味の変化を楽しむべきなのか、定かでは無いが、面倒なので、とりあえずスープに混ぜてしまう事に・・・。
 
チキンラーメンどんぶりトマトスープにバターの香りを添えて
で、出来上がった”チキンラーメンどんぶり トマトスープにバターの香りを添えて”はこんな感じ。またまた日清の商品説明を読むと”「チキンラーメン」のローストしたしょうゆの風味を、トマトのほどよい酸味で引き立て、さらにバターの香りを利かせることでコク深い味わいに仕上げたスープ”との事。実際に食べてみると、もっとトマト味が強いのかと思っていたのだが、それ程でも無く意外と?美味しい。ちょっと変わったチキンラーメンだが、偶に食べる分には良いかも知れない・・・。
 
てな事で、相変わらずちょっと変わった”チキンラーメン”が売られていたら、ちょこちょこ買って食べていて、この他にも”チキンラーメン受験生応援カップ ”何かも買って食べたのだが、中々ブログに書く気になれなくて・・・。面倒だから記事無しの写真だけをアップ・・・、ってのもやってみようかな?と思う今日この頃なのであった。

2013年3月14日

今年初の”もんど”で新メニューの”チリとまと麺”を食べた!ちょっと変わったラーメンだが中々旨い!

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 9:43 PM
 
代理人記録
 
2年ぐらい前までは時々登場していた”限定裏ラーメン”に釣られて、最低でも月に一回、多い時は毎週の如く食べに行っていたJR東加古川駅近くにある『新在家ラーメンもんど』だが、2011年9月に”限定裏ラーメン”を辞めてからは、めっきりと訪問回数が減ってしまった。が、やっぱ一年の〆は”もんどのラーメン”やで・・・、と思い昨年末に久々に『もんど』に行ったら”新味 豚骨醤油麺”がメニューから消え、その代わりに、一度だけ”麺研(メンラボ)会員”向けに限定で登場した事がある”チリとまと麺”がメニューに加わっていた。
 
が、その日は冒険をせず、無難にお店の今の看板メニューである”もんど謹製中華そば”を食べたのだが、昨年の5月頃に”チリとまと麺”が”麺研会員”向けで登場した時は写真撮影禁止!って事で、その姿を紹介する事が出来なかったので、ちょっと前にその”チリとまと麺”を食べに?あるいは、紹介する為の写真を撮るのを目的に?、久々に『もんど』に行って来たのでご紹介。
 
新在家ラーメンもんど
こちらが今年初めて訪問となる『新在家ラーメンもんど』で、この日はちょっと遅めの午後12時40分頃の訪問だったのだが、テーブル席はほぼ埋まっていて、カウンター席はチラホラと空いてる席があったのだが、私が入店してからもまだまだ続々とお客さんがやって来て、カウンター席もほぼ埋まってしまった・・・。が、お店のスタッフはと言うと、マスターと奥さんの二人だけ・・・。確かにカウンターの奥は席を間引いていたし、セットメニューも少なくしてる様ではあったが、それでも続々とやって来るお客さんの応対と、ラーメン作りで四苦八苦している・・・。”限定裏ラーメン”があった頃は5~6人ぐらいの体制でやっていた頃とは偉い違いだ・・・。流石に二人だけでお店をやる様になると、”限定裏ラーメン”が復活する日は来ないかも知れない・・・
 
新在家ラーメンもんどのメニュー
それはさて置き、こちらが今のメニューで、”謹製中華そば”、”蔵出し醤油麺”、”チリとまと麺”の3種類となっている。10年程前に『もんど』が誕生した時のメニューと比べると完全に別のラーメンメニューになってしまった様な気が・・・。それにしても、何故”豚骨系のラーメン”は無くなってしまったんだろう・・・。てか、個人的には”加古川ブラック”をレギュラーメニューに入れて欲しい気がするのだが・・・。
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺のメニュー
そしてこちらが、この日の私のお目当てである”チリとまと麺”で、ネーミングから想像すると”とまとラーメン”の様な印象を受けるのだが、メニューの説明に書いてある様に、ベースは醤油スープのラーメンで、所謂世間一般にある?”とまとラーメン”とは少し違う。で、この”チリとまと麺”にはチーズご飯セット”と言うオプションが用意されていて、麺を食べ終えた後に残ったスープに入れて食べると、リゾット風になって二度楽しめる様になっている・・・。とは言え、そんなに量は食べれ無いので素直に”チリとまと麺”単品で注文!!!
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”チリとまと麺”で、お値段は850円也。一般的な”とまとラーメン”はスープ自体がトマトベースになっている場合が多いのだが、この”チリとまと麺”の場合はメニューに書いてある通り、ベースは普通の醤油スープで、その上に”チリコンカン”と呼ばれる”豆とトマトの煮込み”がトッピングされていて、その”チリコンカン”を少しずつスープに溶かして食べて行くと、徐々にトマトスープに変化して行くと言う仕組みだ。試しに先にラーメン鉢の淵の方のスープを飲んでみると、”もんどの中華そば”とも”蔵出し醤油麺”とも違う様な印象の醤油スープだが、それはそれで普通に美味しいラーメンスープだ。
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺
そしてこちらが”チリとまと麺”の命とも言える”チリコンカン”で、昨年届いた紹介メールに寄ると”チリコンカンとはメキシコ料理の豆の トマト煮込み”との事。これを少しずつスープに溶かして行く事により、醤油スープからトマトスープの味に変化して行く・・・、と言うのがこのラーメンの最大の特徴だ。で、この”チリコンカン”は”豆のトマト煮込み”との事だが、他にも挽肉とかソーセージとか、あるいは玉ねぎや青梗菜?の様な野菜も沢山入っていて、色んな食感が楽しめて中々旨い!普通にラーメンとして食べた場合は、評価が分かれそうな気もするが、他では味わえ無い一風変わったラーメンだと思うと、これはこれで美味しいラーメンでは無いかな。
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺
そしてこちらが”チリとまと麺”の麺で、メニューに寄ると”もっちりした太麺”との事だが、雰囲気的には何処と無く平打ち麺に近い様な麺だ。多分、この麺も東京カネジン製麺だと思うが、何と無く以前のこのお店の看板ラーメンだった”もんどラーメン”で使われていた麺に近い様な印象で、この麺も中々旨い!思えばこの『もんど』で色んな種類の麺を楽しませて貰って来たが、何か久々にまた一味違う麺に出会った様で、ちょっと嬉しかったかな。出来る事ならば、この麺で普通の”中華そば”とか”蔵出し醤油麺”を食べてみたい気がする・・・。
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺
ちなみに先に紹介した写真では”チリコンカン”の具が良く判らないので、もう1枚、食べてる途中の写真をご紹介。こちらを見ると良く判る様に、豆やらソーセージやら挽肉やら玉ねぎ等、様々な具が入っている事がお判りいただけ様・・・。特にラーメンの中にソーセージ?と思うかも知れないが、意外とこのスープにソーセージがマッチしていて中々旨い!それに豆も挽肉も美味しくて、スープの底にたまっていた挽肉を最後の一粒まで完食したのであった。
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺
で、具はそれだけかな?と思っていたら、何とまだその下にラーメンの定番とも言えるモヤシも入っていて、これもまたスープに浸して食べると中々旨い!何かこうなって来るとラーメンを食べているよりは、トマト鍋?を食べている様な雰囲気ではあったが・・・。
 
てな事で、今年初の『新在家ラーメンもんど』に行って、昨年は会員限定の為に撮影禁止とかで写真が撮れ無かった”チリとまと麺”を食べて来たのだが、多分好き嫌いは判れるとは思うが、トマトラーメン系が好きな人には満足出来るラーメンでは無いかな。第一、こんな変わったラーメン、中々他のお店でも食べれ無いので興味のある方は、メニューにある間に早目に食べに行った方がエエかも・・・。それにしても、この日はマスターと奥さんの二人だけでお店を切盛りしていたので、結構大変そうだったなあ・・・。他の従業員の人ってみんな辞めてしまったんだろうか・・・。二人だけだと”限定裏ラーメン”なんてやってられんだろうし・・・。当分の間は、今の3種類のラーメンメニューのままでやって行くのかな???
 
 
最後に・・・、私が以前に”トマトラーメン”を食べのは・・・、と気になって過去の写真を調べていたら、丁度このブログを始める少し前に、姫路広畑にあるホームセンタームサシの2Fに、当時あった複合施設?『姫路城下らーめん宿場町』の中に、一時期出店していた、その名も『香港トマトラーメン』と言うお店で食べたラーメンの写真が残っていたので、懐かしさも兼ねて此処でご紹介
 
姫路城下らーめん宿場町香港トマトラーメン
こちらが『香港トマトラーメン』の、多分”トマトラーメン”・・・。味に関しては全く持って覚えて無いが・・・。それはさて置き、確か『らーめんたろう』にも店舗限定でこれと似た”トマトラーメン”があった様な・・・。長い間『らーめんたろう』には行って無いので、久々に行って”トマトラーメン”でも食べてみようかしら・・・。

2013年3月13日

”かつや感謝祭第2弾”は実質50円引きでしか無いのだが、こんな機会でも無いと食べない気がしたので”海老・ヒレカツ定食”を食べてみた。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理, — 代理人 @ 9:22 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、毎月1回はフェアメニューが登場していた、とんかつとカツ丼のチェーン店『かつや』だが、最近はネタ切れになって来たのかフェアメニューの登場感覚が若干開いて来て、その代わりに今度は”かつや感謝祭”と言うのを開催する様になった。が、今年の初めに開催された”感謝祭第1弾”は、昨年末に開催された”年末感謝祭”に比べると全然お得感が無い!って事で、久々に『かつや』に行くのをパスしたのだった。
 
で、2月の中旬頃に”感謝祭第2弾”が開催されていて、今回もイマイチお得感が無いなあ・・・、と思いつつ偶々近くを通った事もあり、昼飯に食べてみる事にした
 
かつや東加古川店
こちらがこの日行って来た『かつや/東加古川店』で、今年になって未だ?2回目の訪問だ。で、この日は少し早目の時間帯での訪問と言う事や、”感謝祭価格”にあまりお得感が無いから?なのか、入店時は店内は閑散としていたが、正午が近づくに連れて続々とお客さんが入って来た。相変わらず『かつや』って、そこそこ人気があるのね?
 
かつや感謝祭第2弾海老フェアメニュー
そしてこちらが”かつや感謝祭第2弾海老フェアメニュー”で、今回の内容は”海老・ロースカツ定食”と”海老・ヒレカツ定食”が600円(税込価格630円)と、通常価格よりも150円安いのだが、ご存じの通り私が『かつや』に行く時は必ず”100円の割引券”を利用しているので、実質は50円の割引でしか無い(感謝祭の時は割引券は使えない)のでイマイチお得感は薄い。”年末感謝祭”の様に500円ぽっきりだったら、メチャ安い!と思えるのだけどねえ・・・。それはさて置き、内容的には”昨年の感謝祭第2弾”と同じなのだが、昨年は”海老・ロースカツ定食”を食べたので、今回は”海老・ヒレカツ定食”を食べてみる事にした。
 
かつや東加古川店海老・ヒレカツ定食
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”海老・ヒレカツ定食”で、お値段は通常価格787円の処、今回は感謝祭価格で600円(税込価格630円)也。何度も『かつや』に来ているので、”海老フライ”も”ヒレカツ”も結構な回数を食べているのだが、この組合せで食べるのは初めてかも・・・。てか、今回の様な”感謝祭価格”じゃ無ければ普段は頼まない様な気はするが・・・。
 
かつや東加古川店海老・ヒレカツ定食
そしてこちらが”海老・ヒレカツ定食”のメインである”海老フライ”と”ヒレカツ”で、それぞれ2個ずつある。って事は”80gのロースカツ”1枚と”ヒレカツ”2個が同じ価格と言う計算・・・。正確な計算はちょっと難しい?のだが、”80gのロースカツを使ったカツ丼(梅)”が490円、”ヒレカツを3個使ったヒレカツ丼”が690円もする事を考えると、何か計算が合わない・・・、てか”海老・ヒレカツ定食”の方がお得な様な気はする・・・。
 
かつや東加古川店海老・ヒレカツ定食
それはさて置き、こちらが”海老・ヒレカツ定食”の”海老フライ”で、個人的には好んで”かつやの海老フライ”を食べ様とは思わ無い?のだが、ここ最近は”海老フライ フカヒレあんかけご飯”とか”海鮮カツ丼”とか”冬の海鮮カツ丼”とかで、半強制的に?”かつやの海老フライ”を食べさせられている?ので、すっかりお馴染みとなってしまった。ま、味的も何時も通りの”海老フライ”で、可も無く不可も無くだが・・・。
 
かつや東加古川店海老・ヒレカツ定食5
そしてこちらが”海老・ヒレカツ定食”のもう一つのメインである”ヒレカツ”で、これまた個人的には”かつやのヒレカツ”を好んで食べる事は滅多に無く、この様なフェア期間中の時と言う気がする。味的にも”かつやの場合はロースカツ”の方が美味しい様な気がするし・・・。
 
かつや東加古川店海老・ヒレカツ定食
ちなみに”ヒレカツ”のお肉はこんな感じで、ロースに比べると脂分は少なくさっぱりした味で普通に美味しい。とは言え、”牛肉だとヒレ肉”を食べる事の方が多いのだが、豚肉はロースの方が美味しいかな?と言う気がしないでも無かったが・・・。
 
かつや東加古川店海老・ヒレカツ定食
そしてこちらは”海老・ヒレカツ定食”に付いていた毎度お馴染みの”とん汁(小)”で、これまた何時もの通り具沢山だが、この”とん汁”も最近良く食べる様になって来たので、味的にマンネリ感が出て来た様な・・・。やっぱちょっと最近、『かつや』に行き過ぎたかも知れない・・・。
 
てな事で、今回は”かつや感謝祭第2弾”の150円引きセールに行ってみたのだが、何時も”100円の割引券”を利用している私には実質的に50円の割引でしか無いし、食べた内容も時々食べる”海老フライ”と”ヒレカツ”だったので、これまた新鮮味も薄かったかな・・・。で、現在は期間限定フェアメニューとして”カレーカツ丼”の販売期間中なのだが、またまた”チキンカツ”だし”カレーカツ丼”も偶に食べた事があるので、今回は未だ食べに行っていない・・・。更に3月末頃に始まる”感謝祭第3弾”も”ヒレカツ”の様だし・・・、ちょっと『かつや』も面白味が無くなって来た?かな?

2013年3月12日

またまた希望軒に行って、漸く”希望軒ブラック”を食べた!ブラックと言うよりは、濃い目の醤油ラーメンっぽい味だったかな。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:52 PM
 
代理人記録
 
少し前に新メニューとやらの”希望軒ブラック”を食べに久々に『希望軒ラーメン』に行ったら、メニューの中に期間限定の”鶏塩白湯ラーメン”と言うのがあったので、思わずそちらを食べてしまったので、後日再び”希望軒ブラック”を食べるべく、またまた『希望軒ラーメン』に行って来た。
 
希望軒/東加古川店
こちらがまたまた行って来た『希望軒ラーメン/東加古川店』で、この日も日曜日の昼間の訪問だったのだが、お店到着時はちょっと早目の時間と言う事もあり未だそれ程多くのお客さんは居なかったが、これまた正午が近づくに連れてどんどんとお客さんがやって来た。以前にも書いた様に、普段このお店の前を通った時は、あまり店内にお客さんが居る様子は伺えなかったのだが、流石に日曜日には、それなりにお客さんは入っているのね・・・、みたいな。
 
希望軒/希望軒ブラックのメニュー
そしてこちらが”希望軒ブラック”のメニューで、そこに書いてある商品説明を読むと”色が澄んだ鶏チンタンスープ”を使用した”鶏の旨味がたっぷりの希望軒オリジナルの醤油ラーメン”との事。何か、私が期待している”ブラックラーメン”と言うよりは、”ちょっと濃い目の醤油味のラーメン”?と言う気がしないでも無い・・・。
 
希望軒/しおラーメンのメニュー
ちなみに”鶏チンタンスープ”を使ったもう一つのラーメンがこちらの”しおラーメン”で、元々『希望軒』が誕生した頃には”塩ラーメン”なるメニューは無かったのだが、明姫幹線沿いに『東加古川店』(今は別のラーメン屋)が出来た時に、夜限定メニューで食べた事があるのだが、その頃は”塩ラーメン”と言いつつも”背脂たっぷり”だったのだが、今はあっさりを売りにしたのか”背脂たっぷり”では無くなった様だ。”背脂の無い塩ラーメン”が、どんな物なのか、次回はこちらの”塩ラーメン”を食べてみる事にしよう・・・。
 
希望軒/希望軒ブラック
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”希望軒ブラック”で、トッピングの”半熟味玉”は前回訪問時のレシート持参で無料サービスだったので、お値段は714円也。商品説明を読むと”鶏の旨味と黒醤油の相性バツグンの、あっさり醤油ラーメン”と書いてあるが、表面に鶏油が大量に浮いている事もあってか、私の大好きな”富山ブラック”や”加古川ブラック”の様なインパクトのある黒さは無い。実際に食べても”富山ブラック”の様な魚介風味は一切無く、雰囲気的には”大阪ブラック”にた感じの、ちょっと濃い目で甘辛い醤油スープと言う印象。残念ながら私のお気に入りの”ブラックラーメン”の中に加わる事は無いお味?だったかな。
 
希望軒/希望軒ブラック
ちなみに”希望軒ブラック”の麺はこんな感じの多加水な食感の”太ちぢれ麺”で、前回食べた”鶏塩白湯ラーメン”の”中細ちぢれ麺”とはまた異なる麺ではあったが、味的にはどちらも似たり寄ったり?な感じの麺で、可も無く不可も無く・・・。麺に関しても”富山ブラック”や”加古川ブラック”、あるいは”大阪ブラック”等の麺の方が断然美味しかった
 
希望軒/希望軒ブラック
ちなみに”希望軒ブラック”のスープ表面にはご覧の様に鶏油?がたっぷりと浮いていて、雰囲気的にはこってりとしてそうではあるが、普段からもっとこってりしたスープのラーメンを食べている私からすると、ま、平均的な油の量?かな?で、この鶏油と、ベースの黒醤油の味が好きか嫌いかで評価は分かれる様な気がするスープな気がする・・・。
 
希望軒/希望軒ブラック
そしてこちらは前回訪問時のレシート持参で無料となった半熟味玉”で、味の浸み具合はちょっと未だ物足りない感はあったのだが、黄身は半熟トロトロで普通に美味しい半熟味玉”だ。特に今回は無料サービスだったので、それ以上の旨さがあったかも知れない・・・。
 
希望軒/旧姫路本店希望軒/希望軒ブラックのメニュー看板
最後に・・・。少し前に姫路に行った際、その昔に『希望軒本店』があった場所を通ったので、折角なので、今ある『希望軒/姫路店』(正確には姫路琴岡店)の写真を撮って来た。このお店は記念すべき『希望軒本店』の第一号店だったのだが、民事再生法適用して暫く経ってから一度閉店し、その後は『らぁめん力王』となっていたのだが、数年前に『らぁめん力王』が閉店した後に『希望軒/姫路店』として再び復活したのであった(そう言えば、今の『希望軒本店』ってどのお店なんだろう・・・?)。
 
てな事で、以前からちょっと気になっていた”希望軒ブラック”を食べに行ったのだが、私の大好きな”ブラックラーメン”の類では無く、何か普通にちょっと濃い目の醤油ラーメンと言う印象だった。それはさて置き、この日のレシートを持ってお店に行くと、またまた”半熟味玉”が無料になるので、上でも書いた様に今度は新しくなった?”塩ラーメン”を食べに行ってみようかな・・・。

2013年3月11日

コンビニへ行くと”大阪トンテキ”とコラボしたと言う”トンテキ弁当”が売られていたので買ってみた。ニンニク無いし味もちょっと・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:14 PM
 
代理人記録
 
此処数年、私の中でちょっとしたマイブーム(死語に近い?)になっている”四日市名物とんてき”だが、今年の初め頃に長島温泉へ行った際に、その敷地内にあった”ジャズドリーム長崎”で、久々に”四日市とんてき”を食べたらやっぱり旨かった!そんな事もあって、また何処かで美味しい”とんてき”を見つけたら食べてみたいなあ・・・、と思っていたら近くのコンビニで『大阪トンテキ』とコラボしたと言う”トンテキ弁当”が売られていたので買ってみた。
 
大阪トンテキコラボトンテキ弁当
こちらがコンビニで売っていた、”関西で人気の「大阪トンテキ」とのコラボ弁当”したと言う”トンテキ弁当”。で、お値段は498円也。私が『大阪トンテキ』の実店舗で食べてから既に1年半近く経つので、ちょっと味は忘れてしまったが、ある意味”トンテキ”の命とも言える”トンテキソース”の味が、”本場四日市とんてき”のタレと比べるとちょっとイマイチだった?と言う様な記憶が残っているのだが・・・。
 
大阪トンテキコラボトンテキ弁当
それはさて置き、こちらが蓋を外して中身を取り出した”トンテキ弁当”の姿で、”四日市とんてき”の付け合せの定番と言えば”千切りキャベツ”なのだが、コスト削減の為か、あるいはコンビニ弁当だからなのか、キャベツの姿は無く、スパゲティとマカロニサラダが付いている。それにしても”四日市とんてき”と言えば野球のブローグの形をした馬鹿でかい豚肉で、見た目にもインパクトの大きい料理なのだが、この弁当の”トンテキ”は値段の関係もあって、それ程の大きさは無く、何と無く良くある”豚肉のステーキ”みたいな感じだ。
 
大阪トンテキコラボトンテキ弁当
そしてこちらが”トンテキ弁当”のメインであるトンテキで、発売元のコンビニの商品説明に寄ると”柔らかい豚ロース肉を、ご飯と相性の良いにんにくの風味が効いたウスターソースベースのタレを絡めてじっくり焼き上げました”との事。で、そのお味であるが、先ずは豚肉が薄切りでちょっと安っぽい感じ。そして何よりタレの味がイマイチ。こってりソースなんだけど、商品説明にある様な”にんにく風味”は、あまり感じられず、何か”四日市とんてき”のタレとは程遠い味?と言う様な印象。ま、値段が値段なので仕方が無いのだろうけど、これで『大阪トンテキ』のコラボと名乗って良い物なんだろうか・・・。
 
てな事で、今回はコンビニ弁当で”トンテキ”を食べたのだが、今思うと、雰囲気的には”松屋の豚テキ定食”に近い味?だったかも知れない。でもやっぱ、”焼いたにんにくの塊”ぐらいは欲しかったかな。てか、何と無く久々に美味しい”とんてき”が食べたくなって来た・・・。となると『播磨の里』辺りへ行くのが無難かな

昨年、岡山笠岡で食べた笠岡ラーメンがスーパーで売っていたので買ってみた。ま、普通に醤油ラーメンの味だったかな?

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 8:47 PM
 
代理人記録
 
近くのスーパーに行くと、昨年の今頃に神戸垂水で食べ、そして夏頃にはご主人様の運転手として福山へ行く途中に寄り道して食べた”岡山笠岡ラーメン”をイメージした、その名も”笠岡風ラーメン”と言う”レンジでチンする簡単料理のラーメン”ってのが売られていたので買ってみた。
 
レンジで簡単笠岡風ラーメン
こちらがスーパーで売っていた”レンジで簡単に本格ラーメン”と言うのがキャッチコピーの”笠岡風ラーメン”で、商品のラベルの説明を読むと”あっさり鶏ベースの醤油スープ、鶏チャーシューをトッピング”との事。更に味玉も入っていて、さながら”鶏尽くし”な感じのラーメンだ。
 
レンジで簡単笠岡風ラーメン
で、レンジでチンして完成した”笠岡風ラーメン”の様子がこちらで、ご覧の通り、ちょっとスープが少な目?な感じなので、スープをじっくりと味わうにはちょっと物足り無かった事もあり、雰囲気的には極々普通の中華そば・・・、みたいな味だったかな。ま、スーパーで売っているレンジでチンして食べるラーメン・・・、と言えば、多かれ少なかれこんな感じなんだろうけど・・・。
 
レンジで簡単笠岡風ラーメンの鶏チャーシュー
そしてこちらは”笠岡風ラーメン”の大きな特徴の一つであるトッピングの”鶏チャーシュー”で、本場”岡山笠岡で食べた笠岡ラーメン”や”神戸垂水で食べた笠岡ラーメン”に入っていた”親鳥を使った噛み応えがしっかりした鶏チャーシュー”とは違い、雰囲気的には豚肉のチャーシューに似た感じの味だ。そう言えば、姫路にあるラーメン屋で食べた”鶏しおらぁ~めんの鶏ちゃあしゅう”はこんな感じだったかな?(おっと、直ぐこの前、マルハンの飯屋で食べた”しょう油ラーメンも鶏ちゃーしゅー”が入っていたのだっけ?何か最近、”鶏チャーシュー”に良く縁がある様な・・・)。
 
レンジで簡単笠岡風ラーメン
ちなみに今回食べた”笠岡風ラーメン”の麺はこんな感じの麺で、レンジでチンして食べるタイプのインスタント麺?としては、割と普通の麺に近い食感があり、以前、管理人さんの息子が”コンニャクみたいな麺と称したコンビニ麺”よりは、マシ?だったかな?
 
鶏五目ご飯のおにぎり(2個入り)
で、こちらは”笠岡風ラーメン”だけではちょっと物足りなさそうな気がしたので、一緒に買って来て食べた”鶏五目ご飯のおにぎり”で、まさにこの日は鶏オンパレードなセットになった。それは兎も角として、この”鶏五目ご飯のおにぎり”もオーソドックスな内容な割には、普通に美味しかったかな
 
てな事で、今回はスーパーで売っていた”笠岡風ラーメン”をやらを食べてみたのだが、味的には極々普通の醤油ラーメン?みたいな感じだったかな。それにしても今まで余り話題になる事が無かった笠岡ラーメン”だが、こうしてスーパーで売っているぐらいなので、徐々にメジャーになって来た?って事なのかな?

2013年3月10日

最近は”かつや”でしか”カツ丼”を食べて無い気がしたので、久々に荒井にあるうどん屋で”カツ丼”を食べた!相変わらず流行ってる・・・。

Filed under: — 代理人 @ 9:47 PM
 
代理人記録
 
何と無くであるが、最近”カツ丼”と言うと『かつや』でしか食べて無い様な気がして、このままだと他のお店の”カツ丼”の味を忘れてしまう・・・、と言うのかまさに『かつや』の味に洗脳されてしまう様な気がしたので、久々に高砂荒井にある『喜両由』に”カツ丼”を食べに行く事にした。
 
喜両由
こちらが久々に行って来た高砂荒井、小松原交差点の近くにある讃岐うどんのお店?『喜両由』で、この日は土曜日の夜6時半頃と言う事もあってか、店内は大賑わいで座敷席はチラホラと空いていたが、テーブル席はほぼ満席。どうにか一卓だけ空いていたテーブル席に座る事が出来たが、このお店は昼間や土日の夜はお店入口付近に待ち客が溢れるぐらいに流行っている、この界隈では一番人気のお店?と言えるだろう・・・。
 
喜両由カツ丼
そしてこちらがこの日食べた”喜両由のカツ丼”で、”カツ丼”の他に味噌汁とお漬物が付いてお値段は780円也。”かつやの490円のカツ丼”と比べると、値段は高いがボリューム的には結構あるし、値段も他のお店とそう大差は無いだろう・・・。何より味は間違い無いので、安心感があるのが大きい
 
喜両由カツ丼
そしてこちらがメインの”カツ丼”で、卵を2個以上使っているのか、何時もの様に半熟トロトロで中々エエ感じカツ綴じに使っているお出汁も私好みの味で、中々旨い!”かつやのカツ丼”も悪くは無いが、”喜両由のカツ丼”にはまた一味違った旨さがある!
 
喜両由カツ丼
ちなみに”カツ丼”のトンカツのお肉はこんな感じで、肉厚は平均的な感じで”かつやのカツ丼”の方が分厚いかも。それと、トンカツ自体の大きさがもっと大きかったと言うイメージがあったのだが、改めて大きさを見た感じでは”かつやの80gのロースカツ”とあまり大きさは変わらない様な気がした。でもトンカツ自体は普通に美味しかったけど。
 
喜両由カツ丼のみそ汁
そしてこちらは”カツ丼”に付いていた”味噌汁”で、内容的には、具に豆腐とワカメとアゲが入っただけのシンプルな”味噌汁”だが、これまたベースの出汁が私の好みに合っているからなのか、普通に美味しい。特に”牛丼チェーンで出て来る様な、具がほとんど入って無い味噌汁”と比べると、雲泥の差でこちらの”味噌汁”の方が美味しいかな。
 
喜両由カツ丼のお漬物
序でに紹介して置くと、”カツ丼”には他に、この様な”白菜のお漬物”も付いていて、これまた美味しい”白菜のお漬物”だった。
 
てな事で、最近は”カツ丼”と言うと『かつや』でしか食べて無い様な気がしたので、久々に『喜両由』に行って来たのだが、期待通りに旨かった。それにしても、このお店は平日、休日、昼、夜問わず、相変わらず流行っているのには感心させられる。ま、この近辺にファミリーで気軽に行ける様なお店があまり無いと言う事が大きいのかも知れないが、決して値段が安いお店でも無いのにねえ・・・。それはさて置き、シーズンが終わってしまう前に、このお店の”牡蠣フライ定食”でも食べに、また行って来ようかなっと。
« 前のページ次のページ »

WordPress.com Blog.