義史のB型ワールド

2013年3月29日

またまたご主人様がやって来たので、今回は播磨町にある隠れ家的な居酒屋でランチを食べた!値段は高いがそれだけの価値はある!

Filed under: グルメ,焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:51 PM
 
代理人記録
 
最近は週一の如く、やって来ているご主人様であるが、この日も午後から某所での打合せの為にまたまたやって来る事となった。が、その打合せの開始時間は午後2時半とちょっと遅め・・・、って事で、それに合わせて今回はちょっと遅めのランチを食べてから打合せ場所に向かう事にした。で、この日ランチに向かった先は、以前から一度行ってみたいと思っていた、播磨町にある隠れ家的な居酒屋さん。とある事情もあって、ずっと前からそのお店に一度行ってみたいと思っていたのであった。
 
和み系居酒屋ふくろう
こちらが今回行って来た播磨町にある『和み系居酒屋ふくろう』と言うお店で、ご覧の通り”蔵を改造”?した和風なお店なのだが、表通りに面して無いので、まさに知る人ぞ知る!と言う感じの場所にある。で、何故私が、このお店に来てみたかったのかと言うと、10年ちょっと前ぐらいまで、この場所には『うんつく』と言う超人気&超有名なお好み焼屋さんが有り、私も先輩方とか甥っ子家とか一緒に良く食べに来ていたのだった。で、その『うんつく』が無くなってから、確か蕎麦屋さんになったり、居酒屋になったり・・・と、何度かお店は変わって来たのだが、『うんつく』が無くなってからは一度も来た事が無かったので、一度そのお店跡がどうなっているのか気になっていたので、ぜひ一度来てみたかったのだ。
 
で、まさに10数年ぶり?に来たのだが、場所は間違い無くこの場所なのだが、お店の雰囲気とか店前の駐車場は狭くて停めにくい印象があったのだが、駐車場は広くなっているし、何より奥が住宅地になっていたので、何か全然違うお店に来た様な印象。てか、お店自体もこんな蔵みたいな感じだったかどうかも、すっかり記憶に残って無いのだが・・・。
 
和み系居酒屋ふくろう
それはさて置き、このお店の名前が『ふくろう』と言う事もあり、お店の前にはこの様な”ふくろうの石像”が置いてある。当然、お好み焼屋『うんつく』だった頃にはこんな石像は無かったけど・・・。で、先にも書いた様に、この日はちょっと遅めのランチだったので、お店到着は午後1時15分頃だったのだが、お店前の駐車場は満車に近い込み具合だし、我々が案内された席の直ぐ横では、ヤンママ?軍団が宴会をしていて、物凄く煩い・・・。そんな事もあって、お店の方に”煩くて申し訳ありません・・・”と謝られたで、こちらが逆に恐縮してしまうぐらいだった。後日、別のお店に行った時も隣でやっていた宴会で迷惑したのだが、この時期は昼間から結構みなさん、宴会をしているのね・・・
 
和み系居酒屋ふくろうのお昼のメニュー
で、こちらが『和み系居酒屋ふくろう』の”お昼のメニュー”で、事前の下調べでは”かつめし”何かもメニューに載っていたのだが、昨年の10月にメニューをリニューアルした時に”かつめし”は無くなり、今はこの4種類のメニューしか無いとの事。で、その内容であるが”牛すき鍋”がメインとなった2段のお重の”ふくろう華遊膳”、”お造り御膳”、”にぎり寿司セット”、”ステーキ御膳”となっていて、一番安い”にぎり寿司セット”で1200円、ちょっと食べてみたかった”ステーキ御膳”は1800円と、ビジネスマン?がランチで食べるにはちょっとお高いお値段だ。とは言え、この中から選ぶしか無いので、取り敢えず一番無難そうな”牛すき鍋”がメインの”ふくろう華遊膳”とやらを食べる事に決定!!!
 
和み系居酒屋ふくろう華遊膳
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”ふくろう華遊膳”で、最初に”牛すき鍋”が運ばれて来て、その次に”2段のお重”、そして茶碗蒸しと味噌汁、最後に”にぎり寿司”が運ばれて来た。これに食後のデザートとドリンクが付いてお値段は1480円也。上でも書いた様にランチとしてはちょっと値段が高いが、その分豪華な内容だ。隣で宴会をしていたヤンママ軍団が何を食べたのかは定かでは無いが、この内容であればヤンママ達も、あるいはちょっと年配のオバタリアン達でも満足出来る内容では無いだろうか。
 
和み系居酒屋ふくろう華遊膳牛すき鍋
で、こちらが一番最初に運ばれて来た”ふくろう華遊膳”のメインとも言える”牛すき鍋”で、私はメニューを見た時からずっと”すき焼き”風の物が出て来ると言う思い込みがあったのだが実際はそうでは無く、お出汁に入った鍋料理の”牛すき鍋”だ。雰囲気的には、私が時々食べに行っている”喜両由のすき鍋”から、うどんやかやく等の具を少なくした様な感じの鍋だ。とは言え、お出汁自体はちょっと甘目のあっさり系で”喜両由のすき鍋”のお出汁と比べると、普通の鍋のお出汁に近い味だ。
 
和み系居酒屋ふくろう華遊膳牛すき鍋
そしてこちらが”牛すき鍋”の牛肉で、肉質的には値段也な感じだが、パッと見よりも思いの他沢山のお肉が入っていて、甘目のあっさり味ながら普通に美味しい。お出汁も最初は薄く感じだけど、食べているとじんわりと味に名馴染んで来て、結局最後まで飲み干した程に旨かった。後でも少し書くが、この”牛すき鍋”には白いご飯が良く合う様な気がしたが・・・。
 
和み系居酒屋ふくろう華遊膳お造り三種盛り
そしてこちらは”ふくろう華遊膳”の2段重の中の一つである”お造り”で、メニューには”お造り三種盛り”と書いてあったが、実際はマグロとイカの2種類だけ?だ。まさかレモンも三種のうちの一品?と言う事はあるまいし・・・。それはさて置き、こちらの”お造り”は大体イメージ通りの和食の王道の様な味で、可も無く不可も無く・・・、な”お造り”だった。
 
和み系居酒屋ふくろう華遊膳煮物と焼き物
続いてこちらは”お造りの隣にあった”煮物と焼き物”で、焼き物は”鮭の塩焼き”と、その下にはちょっと隠れて見えないが”玉子焼き”が、煮物は、人参と大根と小芋の3種類。写真には小芋が2個写っていつが、これはご主人様が小芋が嫌いとかで廻って来た分が加わった為・・・。こちらも”お造り”と同じく、如何にも和食?と言う内容で、味的にも可も無く不可も無くであった。
 
和み系居酒屋ふくろう華遊膳天麩羅盛合せ和み系居酒屋ふくろう華遊膳天麩羅盛合せ2
そしてこちらは2段重のメイン?とも言える”天麩羅盛合せ”で、天麩羅のネタは海老が2尾に、カボチャ、茄子、獅子唐?等々。それに天つゆでは無く抹茶塩が添えられている。で、当然の如く揚げ立て熱々で普通に美味しいし、海老もこの手の和食屋さんで出て来る海老の天麩羅にしては身は大きい方なのだが、最近は当ブログで良く書いている様に”たかさご本家の大海老天ぷら”を食べている事もあって、ちょっとインパクトが薄いのが残念。それと個人的には抹茶塩より天つゆで食べたい派なのだが、天つゆは無かったので、”牛すき鍋”のお出汁に少し浸けて食べたのだが、それはそれで美味しかったかな。
 
和み系居酒屋ふくろう華遊膳サラダ
ちなみに2段重にはもう一つ”サラダ”も付いていて、生ハムとかレタスとかプチトマト等が乗った、割りと良くある感じの”サラダ”で、それにドレッシングが掛かっていて、こちらも普通に美味しい。ま、このドレッシングが”お造り”とか”牛すき鍋”のお出汁と合うか?と言われると、ちょっと微妙な気はしないでも無かったが・・・
 
和み系居酒屋ふくろう華遊膳にぎり寿司3貫
そしてこちらは”ふくろう華遊膳”のご飯物である”にぎり寿司3貫”で、寿司ネタは”海老、たこ、サーモン”の3種でシャリは少し小ぶりな感じで味的には極々普通・・・。ただ上でも書いた様に”牛すき鍋”や”天麩羅盛合せ”をおかずに食べる事を考えると、寿司では無く、普通に白いご飯の方が良かったかも・・・、と言う気はしたが・・・。
 
和み系居酒屋ふくろう華遊膳茶碗蒸し和み系居酒屋ふくろう華遊膳茶碗蒸し
で、今回食べた”ふくろう華遊膳”にはこれまた和食の定番とも言える”茶碗蒸し”が付いていて、当然の如く熱々でこちらも旨い!更に具には海老も入っていて、先に紹介した海老天や海老の握りもあったので、さながら海老尽くしの様な感じだった。
 
和み系居酒屋ふくろう華遊膳赤だし
ちなみにこちらは”ふくろう華遊膳”に付いていた”赤だし”風のみそ汁で、こちらはあまり具の入って無い極々普通の”赤だし”だったかな。
 
和み系居酒屋ふくろう華遊膳デザートとコーヒー
で、この日食べた”ふくろう華遊膳”は1480円もする!と言う事で、食後にはデザートやコーヒー”も付いているとの事で、食事を終えると間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”デザートとコーヒー”で、コーヒーは極々普通だが、”デザート”は思った以上にボリュームがある感じ。
 
和み系居酒屋ふくろう華遊膳デザート
そしてこちらがその”デザート”で、プリン、ティラミス、オレンジの様なフルーツ、アイスクリーム等と、その内容も結構豊富で、どれも中々美味しい。ランチとしては値段はちょっと高かったが、この”デザートとコーヒー”が付いている事を考えると、それ程高いとは言い切れないかも知れない・・・
 
てな事で、この日は前々からちょっと気になっていた、播磨町にある”和み系居酒屋”にランチを食べに行ったのだが、値段はちょっと高かった物の、それに見合った内容で味も中々美味しかったし食後に”デザートやコーヒー”も付いていたので大満足!少なくとも今年の初め頃に食べに行った加古川野口にある隠れ家的なお店の和食屋さんのランチと比べると200円の差にも関わらず、内容的には雲泥の差があった様な気がする。ただしランチメニューは4種類しか無いし、値段もちょっと高いので、そう何度も行く様なお店では無い様な気もするが・・・。

WordPress.com Blog.