義史のB型ワールド

2013年3月23日

姫路に出来た”ちゃあしゅうや亀王”で”佐賀黒醤油つけ麺”を食べた!麺は兎も角、あご節と使ったつけスープは中々旨い!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:26 PM
 
代理人記録
 
この日はちょっとしたパソコンの周辺機器の買物で、久々に姫路飾磨にあるパソコンショップに行った。で、その後は何処かで昼飯でも食べてから帰る事にしたのだが、余り遠くへ行きたく無かったので、2~3年前に加古川にもある『ちゃあしゅうや亀王』の姫路飾磨店が直ぐ近くに出来た事を思い出したのと、そのお店には未だ行った事が無かったので、そのラーメン屋さんに行ってみる事にした。
 
ちゃあしゅうや亀王/姫路飾磨店
こちらが今回行って来た『ちゃあしゅうや亀王/姫路飾磨店』で、『ちゃあしゅうや亀王』と言うと加古川野口交差点近くにもお店があるラーメン屋で、10数年前にラーメンブームに乗っかって?以前あった中華料理の『龍鳳』がラーメン専門店の『ちゃあしゅうや亀王』に変わったのだった。で、私は当然の如く?『ちゃあしゅうや亀王/加古川店』が誕生した初日か二日目辺りに食べに行った事があるのだが、確かその時はラーメンは半額だった様な覚えが・・・。ちなみに『ちゃあしゅうや亀王』には姉妹店として『九州らーめん亀王』と言うラーメン屋さんもあって、こちらもあちらこちらのショッピングセンターのフードコードで偶に見掛ける事がある・・・。
 
ちゃあしゅうや亀王/姫路飾磨店のメニュー
それはさて置き、こちらが『ちゃあしゅうや亀王/姫路飾磨店』のメニューで、お店の冠通り”厚切りちゃあしゅうめん”、”炭火焼きちゃあしゅうめん”、”骨付きちゃあしゅうめん”等のお店ご自慢の”ちゃあしゅうめん”の他に、これまたお店定番の”亀王ラーメン”、そして何時から出来たのか”亀王らーめん昔味”とか、あるいは”醤油らーめん”、”特濃醤油らーめん”等、数多くのラーメンメニューが揃っている。定番の”亀王ラーメン”を兎も角として、ちょっと”醤油系”のラーメンは食べてみたい様な気がする
 
ちゃあしゅうや亀王/九州油ソバのメニュー
ちなみに『亀王』と言えばお店曰く、”関西で油ソバを広めた亀王”と言うぐらいに看板メニューとなっているのが、こちらの”九州油ソバ”で、お店の商品説明に寄ると”秘伝のタレでじっくり煮込んだ自家製ちゃあしゅうと旨味たっぷりの魚介ピリ辛味噌が、19番手ちぢれ麺と絡み合い、一度食べたら忘れられない旨さ”との事。とは言え、10年ぐらい前だったか関東では確かに”油そば”はブームになったが、関西ではイマイチ流行らなかった様な気がするのだが・・・。ちなみに私が食べた”油そば”と言えば”らーめん八角の期間限定メニュで油そば”か”博多金龍で食べたその名も金龍そば”ぐらいしか無い様な・・・。ま、”油そば”では無く”まぜそば”と言う呼び名に置き換えると”もんどの限定裏メニューで、まぜそば加古川ブラック”ってのも食べた事はあるのだが・・・。
 
ちゃあしゅうや亀王佐賀黒醤油つけ麺あご節のメニュー
で、どのラーメンを食べ様かと思案していると、別のメニューにこの様な”佐賀黒醤油つけ麺”と言う物を発見!そう言えば、以前『加古川店』の前を通った時にも確か”佐賀黒醤油”とか書いた幟が立っていた様な気がしたので、何と無く興味が沸いて来た。で、その”佐賀黒醤油つけ麺”のメニューを見ると”あご節香る甘みとコクの一品”と書かれた”あご節を使ったつけ麺”と”ゆず香る辛みと香りの一品”と書かれた”辛節のつけ麺”の2種類があったのだが、個人的には辛いのは最近パスしている事や、”あご節”を使ったスープがどんな物なのか、ちょっと試してみたくなったので”佐賀黒醤油つけ麺あご節”とやらを食べる事に決定!!!
 
ちゃあしゅうや亀王佐賀黒醤油つけ麺あご節
てな事で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”佐賀黒醤油つけ麺あご節”の小盛(1玉)で、お値段は780円也。後で気が付いたのだが、普通のメニューにある”つけ麺”は、麺を大盛りにしても値段が一緒だったので、もしかするとこの”佐賀黒醤油つけ麺”も大盛りにしても同じ値段だったのかも知れないのだが、注文時にお店のスタッフのオバサンからは特に説明が無かったので、1玉の小盛にしたのであった。ま、個人的には麺よりスープ派なので、別に大盛りを食べたかった訳では無いのだが・・・。
 
ちゃあしゅうや亀王佐賀黒醤油つけ麺あご節
そしてこちらが”佐賀黒醤油つけ麺”の麺で、メニューの説明に寄ると”20番特製麺”との事。元々、麺にはあまり拘りの無い私だったので”20番特製麺”と言われてもイマイチ、ピンと来なかったのだが新在家ラーメンもんど』の”限定裏ラーメン”で色んな種類の麺を食べて来た結果、何と無くその麺の種類は判って来た感じ。とは言え、今まであちこちのお店で食べて来た”つけ麺は極太麺が多かった”事もあり、この、限りなく普通のラーメンと同じ様な印象の”20番特製麺”には、あまりインパクトは感じ無かったけど・・・。
 
ちゃあしゅうや亀王佐賀黒醤油つけ麺あご節
それはさて置き、こちらが私の最大の関心事である”佐賀黒醤油つけ麺あご節”のつけ汁で、一般的な”つけ麺のつけ汁”は、当たり前だが麺を浸けて食べる事もありスープが濃い過ぎてそのままでは飲み難いのが一般的で、このつけ汁も確かに濃い味なのだが、元々濃い系の味に慣れている私なので、そのままでも普通に飲めるぐらいの濃さだ。そしてこの”佐賀黒醤油”と”あご節”を使ったスープとやらが、中々旨い!”つけ麺”のスープと言うよりは、ちょっと濃い目の醤油ラーメンのスープみたいで、個人的には結構好きな味だ。
 
ちゃあしゅうや亀王佐賀黒醤油つけ麺あご節
で、このつけ汁の中にはたっぷりと具が入っていて、パッと見た時はマグロ煮?シーチキンの塊?っぽく見えたのだが、食べてみると魚臭さは無く、どうやら鶏肉のようだ。雰囲気的には”もんどの加古川ブラック”に入っていたゴロゴロチャーシューに似た感じだが、鶏肉と言う事もあって若干食感は違うのだが、濃い目のつけ汁と相まって中々旨い!これはこれでちょっと変わっていて中々楽しかったかな。
 
ちゃあしゅうや亀王佐賀黒醤油つけ麺あご節
ちなみに、つけ汁に麺を浸けて食べている様子がこちら。先にも書いた様に、つけ麺としてでは無く麺を全部一度に入れて普通に醤油らーめんとして食べてみたかった様な気がする・・・。
 
てな事で、この日は姫路にある『ちゃあしゅうや亀王』で”佐賀黒醤油つけ麺”を食べたのだが、麺は兎も角としてつけ汁は中々美味しかった。その旨さが”佐賀黒醤油”に寄る物なのか”あご節”を使ったスープだからなのか、定かでは無いが何と無くこのお店の”醤油らーめん”にも興味が出て来たので、今度は『加古川店』に行って”醤油らーめん”でも食べてみようかな?と思うのであった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。