義史のB型ワールド

2013年3月14日

今年初の”もんど”で新メニューの”チリとまと麺”を食べた!ちょっと変わったラーメンだが中々旨い!

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 9:43 PM
 
代理人記録
 
2年ぐらい前までは時々登場していた”限定裏ラーメン”に釣られて、最低でも月に一回、多い時は毎週の如く食べに行っていたJR東加古川駅近くにある『新在家ラーメンもんど』だが、2011年9月に”限定裏ラーメン”を辞めてからは、めっきりと訪問回数が減ってしまった。が、やっぱ一年の〆は”もんどのラーメン”やで・・・、と思い昨年末に久々に『もんど』に行ったら”新味 豚骨醤油麺”がメニューから消え、その代わりに、一度だけ”麺研(メンラボ)会員”向けに限定で登場した事がある”チリとまと麺”がメニューに加わっていた。
 
が、その日は冒険をせず、無難にお店の今の看板メニューである”もんど謹製中華そば”を食べたのだが、昨年の5月頃に”チリとまと麺”が”麺研会員”向けで登場した時は写真撮影禁止!って事で、その姿を紹介する事が出来なかったので、ちょっと前にその”チリとまと麺”を食べに?あるいは、紹介する為の写真を撮るのを目的に?、久々に『もんど』に行って来たのでご紹介。
 
新在家ラーメンもんど
こちらが今年初めて訪問となる『新在家ラーメンもんど』で、この日はちょっと遅めの午後12時40分頃の訪問だったのだが、テーブル席はほぼ埋まっていて、カウンター席はチラホラと空いてる席があったのだが、私が入店してからもまだまだ続々とお客さんがやって来て、カウンター席もほぼ埋まってしまった・・・。が、お店のスタッフはと言うと、マスターと奥さんの二人だけ・・・。確かにカウンターの奥は席を間引いていたし、セットメニューも少なくしてる様ではあったが、それでも続々とやって来るお客さんの応対と、ラーメン作りで四苦八苦している・・・。”限定裏ラーメン”があった頃は5~6人ぐらいの体制でやっていた頃とは偉い違いだ・・・。流石に二人だけでお店をやる様になると、”限定裏ラーメン”が復活する日は来ないかも知れない・・・
 
新在家ラーメンもんどのメニュー
それはさて置き、こちらが今のメニューで、”謹製中華そば”、”蔵出し醤油麺”、”チリとまと麺”の3種類となっている。10年程前に『もんど』が誕生した時のメニューと比べると完全に別のラーメンメニューになってしまった様な気が・・・。それにしても、何故”豚骨系のラーメン”は無くなってしまったんだろう・・・。てか、個人的には”加古川ブラック”をレギュラーメニューに入れて欲しい気がするのだが・・・。
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺のメニュー
そしてこちらが、この日の私のお目当てである”チリとまと麺”で、ネーミングから想像すると”とまとラーメン”の様な印象を受けるのだが、メニューの説明に書いてある様に、ベースは醤油スープのラーメンで、所謂世間一般にある?”とまとラーメン”とは少し違う。で、この”チリとまと麺”にはチーズご飯セット”と言うオプションが用意されていて、麺を食べ終えた後に残ったスープに入れて食べると、リゾット風になって二度楽しめる様になっている・・・。とは言え、そんなに量は食べれ無いので素直に”チリとまと麺”単品で注文!!!
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”チリとまと麺”で、お値段は850円也。一般的な”とまとラーメン”はスープ自体がトマトベースになっている場合が多いのだが、この”チリとまと麺”の場合はメニューに書いてある通り、ベースは普通の醤油スープで、その上に”チリコンカン”と呼ばれる”豆とトマトの煮込み”がトッピングされていて、その”チリコンカン”を少しずつスープに溶かして食べて行くと、徐々にトマトスープに変化して行くと言う仕組みだ。試しに先にラーメン鉢の淵の方のスープを飲んでみると、”もんどの中華そば”とも”蔵出し醤油麺”とも違う様な印象の醤油スープだが、それはそれで普通に美味しいラーメンスープだ。
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺
そしてこちらが”チリとまと麺”の命とも言える”チリコンカン”で、昨年届いた紹介メールに寄ると”チリコンカンとはメキシコ料理の豆の トマト煮込み”との事。これを少しずつスープに溶かして行く事により、醤油スープからトマトスープの味に変化して行く・・・、と言うのがこのラーメンの最大の特徴だ。で、この”チリコンカン”は”豆のトマト煮込み”との事だが、他にも挽肉とかソーセージとか、あるいは玉ねぎや青梗菜?の様な野菜も沢山入っていて、色んな食感が楽しめて中々旨い!普通にラーメンとして食べた場合は、評価が分かれそうな気もするが、他では味わえ無い一風変わったラーメンだと思うと、これはこれで美味しいラーメンでは無いかな。
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺
そしてこちらが”チリとまと麺”の麺で、メニューに寄ると”もっちりした太麺”との事だが、雰囲気的には何処と無く平打ち麺に近い様な麺だ。多分、この麺も東京カネジン製麺だと思うが、何と無く以前のこのお店の看板ラーメンだった”もんどラーメン”で使われていた麺に近い様な印象で、この麺も中々旨い!思えばこの『もんど』で色んな種類の麺を楽しませて貰って来たが、何か久々にまた一味違う麺に出会った様で、ちょっと嬉しかったかな。出来る事ならば、この麺で普通の”中華そば”とか”蔵出し醤油麺”を食べてみたい気がする・・・。
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺
ちなみに先に紹介した写真では”チリコンカン”の具が良く判らないので、もう1枚、食べてる途中の写真をご紹介。こちらを見ると良く判る様に、豆やらソーセージやら挽肉やら玉ねぎ等、様々な具が入っている事がお判りいただけ様・・・。特にラーメンの中にソーセージ?と思うかも知れないが、意外とこのスープにソーセージがマッチしていて中々旨い!それに豆も挽肉も美味しくて、スープの底にたまっていた挽肉を最後の一粒まで完食したのであった。
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺
で、具はそれだけかな?と思っていたら、何とまだその下にラーメンの定番とも言えるモヤシも入っていて、これもまたスープに浸して食べると中々旨い!何かこうなって来るとラーメンを食べているよりは、トマト鍋?を食べている様な雰囲気ではあったが・・・。
 
てな事で、今年初の『新在家ラーメンもんど』に行って、昨年は会員限定の為に撮影禁止とかで写真が撮れ無かった”チリとまと麺”を食べて来たのだが、多分好き嫌いは判れるとは思うが、トマトラーメン系が好きな人には満足出来るラーメンでは無いかな。第一、こんな変わったラーメン、中々他のお店でも食べれ無いので興味のある方は、メニューにある間に早目に食べに行った方がエエかも・・・。それにしても、この日はマスターと奥さんの二人だけでお店を切盛りしていたので、結構大変そうだったなあ・・・。他の従業員の人ってみんな辞めてしまったんだろうか・・・。二人だけだと”限定裏ラーメン”なんてやってられんだろうし・・・。当分の間は、今の3種類のラーメンメニューのままでやって行くのかな???
 
 
最後に・・・、私が以前に”トマトラーメン”を食べのは・・・、と気になって過去の写真を調べていたら、丁度このブログを始める少し前に、姫路広畑にあるホームセンタームサシの2Fに、当時あった複合施設?『姫路城下らーめん宿場町』の中に、一時期出店していた、その名も『香港トマトラーメン』と言うお店で食べたラーメンの写真が残っていたので、懐かしさも兼ねて此処でご紹介
 
姫路城下らーめん宿場町香港トマトラーメン
こちらが『香港トマトラーメン』の、多分”トマトラーメン”・・・。味に関しては全く持って覚えて無いが・・・。それはさて置き、確か『らーめんたろう』にも店舗限定でこれと似た”トマトラーメン”があった様な・・・。長い間『らーめんたろう』には行って無いので、久々に行って”トマトラーメン”でも食べてみようかしら・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.