義史のB型ワールド

2013年3月10日

最近は”かつや”でしか”カツ丼”を食べて無い気がしたので、久々に荒井にあるうどん屋で”カツ丼”を食べた!相変わらず流行ってる・・・。

Filed under: — 代理人 @ 9:47 PM
 
代理人記録
 
何と無くであるが、最近”カツ丼”と言うと『かつや』でしか食べて無い様な気がして、このままだと他のお店の”カツ丼”の味を忘れてしまう・・・、と言うのかまさに『かつや』の味に洗脳されてしまう様な気がしたので、久々に高砂荒井にある『喜両由』に”カツ丼”を食べに行く事にした。
 
喜両由
こちらが久々に行って来た高砂荒井、小松原交差点の近くにある讃岐うどんのお店?『喜両由』で、この日は土曜日の夜6時半頃と言う事もあってか、店内は大賑わいで座敷席はチラホラと空いていたが、テーブル席はほぼ満席。どうにか一卓だけ空いていたテーブル席に座る事が出来たが、このお店は昼間や土日の夜はお店入口付近に待ち客が溢れるぐらいに流行っている、この界隈では一番人気のお店?と言えるだろう・・・。
 
喜両由カツ丼
そしてこちらがこの日食べた”喜両由のカツ丼”で、”カツ丼”の他に味噌汁とお漬物が付いてお値段は780円也。”かつやの490円のカツ丼”と比べると、値段は高いがボリューム的には結構あるし、値段も他のお店とそう大差は無いだろう・・・。何より味は間違い無いので、安心感があるのが大きい
 
喜両由カツ丼
そしてこちらがメインの”カツ丼”で、卵を2個以上使っているのか、何時もの様に半熟トロトロで中々エエ感じカツ綴じに使っているお出汁も私好みの味で、中々旨い!”かつやのカツ丼”も悪くは無いが、”喜両由のカツ丼”にはまた一味違った旨さがある!
 
喜両由カツ丼
ちなみに”カツ丼”のトンカツのお肉はこんな感じで、肉厚は平均的な感じで”かつやのカツ丼”の方が分厚いかも。それと、トンカツ自体の大きさがもっと大きかったと言うイメージがあったのだが、改めて大きさを見た感じでは”かつやの80gのロースカツ”とあまり大きさは変わらない様な気がした。でもトンカツ自体は普通に美味しかったけど。
 
喜両由カツ丼のみそ汁
そしてこちらは”カツ丼”に付いていた”味噌汁”で、内容的には、具に豆腐とワカメとアゲが入っただけのシンプルな”味噌汁”だが、これまたベースの出汁が私の好みに合っているからなのか、普通に美味しい。特に”牛丼チェーンで出て来る様な、具がほとんど入って無い味噌汁”と比べると、雲泥の差でこちらの”味噌汁”の方が美味しいかな。
 
喜両由カツ丼のお漬物
序でに紹介して置くと、”カツ丼”には他に、この様な”白菜のお漬物”も付いていて、これまた美味しい”白菜のお漬物”だった。
 
てな事で、最近は”カツ丼”と言うと『かつや』でしか食べて無い様な気がしたので、久々に『喜両由』に行って来たのだが、期待通りに旨かった。それにしても、このお店は平日、休日、昼、夜問わず、相変わらず流行っているのには感心させられる。ま、この近辺にファミリーで気軽に行ける様なお店があまり無いと言う事が大きいのかも知れないが、決して値段が安いお店でも無いのにねえ・・・。それはさて置き、シーズンが終わってしまう前に、このお店の”牡蠣フライ定食”でも食べに、また行って来ようかなっと。

WordPress.com Blog.