義史のB型ワールド

2013年3月7日

スーパーへ行くと駅弁大会では無く鹿児島フェアとかで”鹿児島よくばり弁当”とやらが売られていたので買ってみた。”曽於さくら牛”は確かに旨い!

Filed under: 駅弁 — 代理人 @ 9:16 PM
 
代理人記録
 
当ブログで紹介している様に、時々スーパーで開催されている全国駅弁大会未だ食べた事が無い駅弁を中心に買って食べているのだが、少し前に近くのスーパーに行くと駅弁大会では無かったのだが、鹿児島フェアとか言うのが開催されていて、その中の一つとして何種類かの鹿児島駅の駅弁が売られていた。
 
鹿児島よくばり弁当売場
こちらがその時の駅弁の売場の様子で、ご覧の通り”極・黒豚めし”、”鹿児島よくばり弁当”、”桜島とりめし”の3種類の鹿児島の駅弁が売られていた。雰囲気的には、黒豚、鹿児島牛、桜島鶏と、豚、牛、鶏が3つとも揃った感じだが、”極・黒豚めし”は食べた記憶があったことと、やはり牛肉大好きな私なので、牛肉が入った弁当の方が良い!って事で真ん中にあった”鹿児島よくばり弁当”を買ってみる事にした。
 
鹿児島よくばり弁当
で、こちらが実際に買って帰った”鹿児島よくばり弁当”のパッケージで、発売元の『松栄軒』の商品説明に寄ると”駅弁漫画「駅弁ひとり旅」の作者はやせ先生、双葉社、阪神百貨店、松栄軒との新幹線開業記念コラボ駅弁。鹿児島黒毛和牛曽於さくら牛と鹿児島黒豚の料理を存分に味わえる。曽於さくら牛は、品質A4〜A5のみのお肉を使用。この高級和牛を鹿児島の醤油を使いしぐれ煮に仕上げました。全国でも有名な鹿児島県産黒豚は、肉質も柔らかく旨みあふれる豚肉を使用。この黒豚を特製醤油ダレで焼き上げました”との事。私はあまり漫画を読まないので、良く知らないが”駅弁漫画「駅弁ひとり旅」”って人気があるのかな?
 
鹿児島よくばり弁当
ちなみにパッケージに書かれてある”曽於さくら牛”とは何ぞや?かと言うと、箱の裏側の説明に寄ると”良質の素牛にAランクのとうもろこしを配合した特別飼料「さくら」と霧島連山の清冽な水を与えて育てられた「曽於さくら牛」”との事。個人的には”曽於さくら牛”と言う名前は初めて聞いたが、今後の為に?しっかりと覚えて置く事にしよう・・・
 
鹿児島よくばり弁当鹿児島よくばり弁当
それはさて置き、こちらが実際の”鹿児島よくばり弁当”の中身で、”曽於さくら牛のすき焼”や”鹿児島産黒豚のたれ焼”の他に添え物として”桜島大根”を煮た物?や”鹿児島郷土菓子 いこもち”等が付いて、お値段は1100円也。パッケージの写真と比べると、真ん中の金糸玉子の列が、ちょっと幅広い様な気がするのだが、それって気の精なのかな?ちなみに実際に食べた時は特に意識をして食べて無かったので、判らなかったが商品説明に寄るとご飯は和風だし味飯”だったらしい・・・。今となっては確認出来ないのが残念ながら、普通に白飯?と思って食べた気がするのだけど・・・。
 
鹿児島よくばり弁当
それはさて置き、こちらがこの駅弁?のメインとも言える”鹿児島産 曽於さくら牛 すき焼”で、発売元の『松栄軒』の商品説明に寄ると”A4〜A5の最高ランクと評価の高い牛肉を特製醤油ですきやき風に仕上げ”との事。で、実際に食べた感想としては、お肉の味がどうのこうのと言う以前に、老若男女誰もが好みそうな甘辛いすきやき風の味で中々旨い!肉の良し悪しや、肉本来の味を感じるのかタレの味で食べるのか、様々な意見はありそうだが、個人的には普通に食べて普通に美味しかったので、これはこれで中々美味しい駅弁だったと思う・・・。
 
鹿児島よくばり弁当
そしてこちらは”鹿児島よくばり弁当”のもう一つのメインの具である”鹿児島産黒豚のたれ焼”なのだが、先に食べた”曽於さくら牛のすき焼”が割りと美味しかった事もあり、こちらは極々普通の豚肉?と言う様な味だった・・・。”二兎追うものは・・・”と言う諺がある様に、この駅弁も牛肉を売りにするのか豚肉を売りにするのか、どちらか一つにした方が良かったのかも知れない・・・。
 
鹿児島よくばり弁当
ちなみに、こちらは”鹿児島よくばり弁当”の隅の一角にあったデザート?の”鹿児島郷土菓子 いこもち”で、見た目は普通のお餅なのだが、商品説明を読むと”もち米を先に煎ってから作る鹿児島独自の餅菓子で、とても香ばしく素朴な優しい味わい”との事。とは言え、この手の餅とか、あるいは甘ったるい物がイマイチ好きでは無い私には、有っても無くても良かった一品?かな?
 
でな事で、今回は駅弁大会でも無いのに普通に売られていた”鹿児島よくばり弁当”とやらを買って食べてみたのだが、確かに発売元の説明にある様に”曽於さくら牛のすき焼”と言うのは中々美味しかった。コスト的に全て”曽於さくら牛”を使うとこの駅弁価格で提供出来ないから、豚肉が混ざっていたのかも知れないが、個人的には”曽於さくら牛”だけを使った駅弁があれば、ぜひまた食べてみたいと思うのであった。

WordPress.com Blog.