義史のB型ワールド

2013年3月4日

長崎物産展が開催されていたので久々に”ログキットの佐世保バーガー”を食べた!やっぱこのお店の”佐世保バーガー”は旨い!!!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:10 PM
 
代理人記録
 
現在、ハンバーガーチェーンのマクドナルドでは”Big America ALL STARS”と言うキャンペーンが開催されていて、私も遂先日、コーヒー無料券を使いに行った際に”アイダホバーガー”と言う”Big America シリーズのハンバーガー”を食べたのだが、個人的には何年か前に大阪で”1500円もした巨大バーガー”を食べたぐらい”巨大バーガー”が好きだ!その中でも、今年の初めに開催された”三木グルメサーカス”の会場でも売られていた”佐世保バーガー”一番好きだ!で、”佐世保バーガー”と言えばその代表格が『ログキット』と言うお店で関西にも支店を出しているのだが(大阪店は閉店したかも?)、私が食べるのはヤマトヤシキ加古川店で、毎年開催されている”長崎物産展”で出店している時で、時間があれば必ず一回は買いに行って食べている。そんな”長崎物産展”がまたまた開催されていたので、”ログキットの佐世保バーガー”を買いにヤマトヤシキに寄ってみた。
 
ログキット佐世保バーガー
こちらが少し前にヤマトヤシキ加古川で開催されていた”第12回長崎県の物産と観光展”の一角にあった”ログキットの佐世保バーガー”のブースで、以前は『ログキット』の売場前には行列が出来ていた時もあったのだが、この日は偶々なのか、”佐世保バーガー”のブームも去ってしまったのか、お客さんはチラホラとしか居なかった(昨年もガラーンとしてたっけ?)。
 
ログキット佐世保バーガー
で、早速”ログキットの佐世保バーガー”を買おうとすると、レジの処で今迄は多分売って無かった?と思う、この様な”スモークターキーレッグ”とやらも売っている。一体どんな商品なのかと説明書きを読むと”七面鳥の肉がたっぷりついたもも肉を、香ばしい燻製に仕上げた”物らしい・・・。何と無く美味しそうだったので買って食べてみようかな?と思ったのだが、値段を見ると1本681円もするので、ちょっと予想外・・・、と言うか”佐世保バーガー一つでボリューム満点なので、それ以外は要らない・・・、と思い今回は見送る事にした。また来年?気が向いたら買って食べてみようかな・・・。
 
ログキット佐世保バーガー
それはさて置き、こちらが”ログキットの佐世保バーガー”の売場の様子で”佐世保バーガー”実物の見本、それにもしかすると今までから売られていたかも知れない”スペシャルサンド”とか、あるいはこの他に480円のちょっとリーズナブルな”チーズバーガー”?何かも売られていた。で、以前に並んで買った時は作り立てをその場で包んでくれたのだが、今回はランチタイムと言う事もあってか、次々と作っていて先に用意された、作り置き?のハンバーガーが手渡された・・・。ま、持ち帰りが前提?の売場なので、どうせ持って帰るのだから多少の作り置きは問題無い・・・、と言う判断からなのかも知れないが、この日は直ぐ横にイートインコーナーが用意されていたので、私はそこで食べるつもりだったので、作り立てのバーガーを包んで欲しかったかな・・・。
 
ログキット佐世保バーガー
で、こちらが実際に買った”ログキットの佐世保バーガー”で、どうでもエエ話だが当ブログで過去に紹介して来た”ログキットの佐世保バーガー”の包み紙と比べてみると、毎回毎回、色やデザインが違っている。何かそれだけでもコストが掛かる様な気がするのだが・・・。でもデザインが違うって事は、当ブログみたいに過去に食べた写真を残して無いと誰も気が付かない?事の様な気もするが・・・。
 
ログキット佐世保バーガー
そしてこちらが包み紙を開けて中身を取り出した”ログキットの佐世保バーガー”で、お値段は880円也。それだけ聞くと物凄い高いハンバーガーと言う風に聞こえるが、以前買った”冷凍佐世保バーガー”は野菜類が一切入って無いのに、980円もした事に比べると作る手間も要らないし、野菜の他にも具材がたっぷりなので個人的にはそれ程高いとは思わない。ちなみに、同じヤマトヤシキの催し物で食べた事がある”ベースストリートの佐世保バーガー”はもうちょっとリーズナブルだったかな?私は”1000円のスペシャル佐世保バーガー”を食べたので、高かった・・・、と言う印象しか残って無いが・・・。
 
ログキット佐世保バーガー
それはさて置き、早速”ログキットの佐世保バーガー”を食べると、旨い!何か判らんが、兎に角旨い!!何度食べても、やっぱ”ログキットの佐世保バーガー”は旨い!!!『ログキット』の商品説明に寄ると”直径約15cmの自家製パテは、ビーフ100%でジューシーな味わい。3Lという一般にはなかなか手に入らない大きさのトマトとシャキッとしたレタスがフレッシュな食感を添えます。さらにマヨネーズとソースがマイルドに絡み、濃厚な口当たりのチェダーチーズ、プリプリのベーコン、元気の良い卵がそれぞれ口の中で主張します”との事。兎に角、ハンバーグは当たり前として、玉子にベーコンにレタスにトマトにチーズと、ハンバーガー定番の具が盛り沢山で、それに特製のソースが絡んで具が一体となって、兎に角旨いの一言!”佐世保バーガー”は、その大きさで話題になる事が多いが、味的にも中々大したもんだ・・・、てか最初に書いた様に、個人的には一番美味しいハンバーガーが”佐世保バーガー”だと思っている・・・。
 
ログキットスペシャルサンド
そしてこちらは1年ぶりに食べた”ログキットの佐世保バーガー”が美味しかったので、後日再びこの長崎物産展の会場に寄って、テイクアウトで買って帰った”スペシャルサンド”で、お値段は780円也。ご覧の様に、雰囲気的に”佐世保バーガー”と同じ様な内容で、とっても美味しかったのだが、何かも一つ味が足り無い・・・、と思ったら、当たり前の如く”パティ(ハンバーグ)”が入って無い・・・。値段が780円と、”佐世保バーガー”とそう大差無い値段なのだが、”パティ”が無いと思うとちょっと高い”サンド”だったかも・・・。
 
ログキットスペシャルサンド
ちなみに”スペシャルサンド”の両面はこんがりと焼いたトーストサンドになっていて、サクッとした食感があってこれはこれで良かったかな?
 
てな事で、久々に”ログキットの佐世保バーガー”を食べたのだが、相変わらずに旨い!も一つ贅沢な希望?を書くと、物産展の会場でもビールとかドリンクも一緒に販売して、ぜひその場で直ぐに食べたい気がするのだが・・・。それはさて置き、ハンバーガーと言えば・・・、以前、加古川市役所の近くにある”カレーと肉吸いのお店”の隣に、その時は未だ工事中だった新しいハンバーガーショップも既にオープンしているはず・・・。あのお店も何と無く巨大バーガーっぽい感じのお店だったから一度食べに行ってみるとするかな・・・。

丸亀製麺から発売されている”冷凍きつねうどん”を食べた!普通に美味しいけど値段を考えるとお店に行った方がエエかも・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:01 PM
 
代理人記録
 
十年ちょっと前に、加古川市役所近くに誕生したトリドールが展開するセルフうどんのお店『丸亀製麺』は、今では全国に600店近い店舗数を誇る、日本一の超巨大セルフうどんチェーンにまで成長した。当ブログで何度か書いて来たが”記念すべき第1号店の加古川店”が誕生した時は、まさかここまで大きく成長するとは、誰も思って無かったのだが、そんな手広く商売を広げている『丸亀製麺』の冷凍うどんがスーパーに売られていたので、買ってみた。
 
丸亀製麺冷凍うどんの売場
こちらがスーパーの”丸亀製麺製冷凍うどん”の売場で、ご覧の様に”きつねうどん”1人前398円と”かけうどん”2食入498円の2種類のうどんが売られていた(実は買ったのは昨年の11月頃なので、今はもう売ってるかどうかは定かでは無い・・・)。で、”冷凍きつねうどん”と言えば、テーブルマーク(以前の加ト吉)から販売されている冷凍麺が、常時ほぼ半額で売られているのに対して、この”丸亀製麺製冷凍きつねうどん”は398円もするし、そもそもお店で食べても確か400円程度なので、全く持ってお得感が無い!と、思いつつ、話のネタに買ってみたのであった(と言いつつ、数か月間、冷凍庫に眠ったままであったが・・・)。
 
丸亀製麺冷凍きつねうどん
そしてこちらが実際に買って来た”丸亀製麺製冷凍きつねうどん”で、発売元のトリドールの商品説明に寄ると”肉厚大判の油あげに、黄金色のうどんだしつゆが染み込む。食べごたえ満点の「きつねうどん」”との事。冷静になって考えると・・・、『丸亀製麺』って”きつねうどん”をそんなに押してたっけ?、どちらかと言うと、目の前で揚げる揚げ立て熱々の天ぷらのトッピングの方が、お店の売りでは無かったんだっけ?と言う気がするのだが・・・。
 
丸亀製麺冷凍きつねうどん
で、袋を開けて中身を取り出してみると、こんな感じで、大判の油揚げうどんが一つになった袋と、液体のだしつゆの袋が入っているだけで、至ってシンプルな内容。後はこれを鍋で茹でるだけの簡単調理だ。
 
丸亀製麺冷凍きつねうどん
そして完成した”丸亀製麺製冷凍きつねうどん”はこんな感じ(玉子は別途追加した物)で、またまた『丸亀製麺』の商品説明に寄ると”肉厚大判! こだわりの「油あげ」は、ほんのり甘く。うどんだしつゆが染み込み、柔らかくしっとりした食感、もっちりとした「うどん」と、いりこ、かつおなどのだしが効いた黄金色の「うどんだしつゆ」”との事。で、そのお味であるが、確かに”油あげ”はボリュームたっぷりで、食べ応えもあるし、ちょっと甘目で中々旨い!お出汁も、お店と同じ味かどうかは判断出来なかったが、普通に旨い!後は、他の冷凍食品みたいに、半額程度の200円ちょっとで売られていたら文句は無い!ってとこかな?
 
丸亀製麺冷凍きつねうどん
ちなみに冷凍うどんの麺はこんな感じの麺で、商品説明に寄ると”小麦の風味の生きたもっちり、のどごしの良い讃岐うどん”との事なのだが、そもそも『丸亀製麺』の特徴の一つが各店舗で打った自家製うどんを提供する・・・、と言うのが売りなのに、冷凍にして売る意味ってあるのかいな?とも思ってしまうのだが・・・。
 
てな事で、話のネタで”丸亀製麺製冷凍きつねうどん”を買って食べてみたのだが、普通に美味しい事には違い無いのだが、値段を考えるとお店に行って食べた方がエエし、何より常時ほぼ半額で売られている”テーブルマーク製の冷凍きつねうどん”で十分な気がする・・・。それはさて置き、トリドールも『丸亀製麺』に続く、新たな商売?を考えている様だが、今の処『焼きそば店の長田本庄軒』と『自家製麺ラーメン食堂・丸醤屋』はそこそこにお店が増えつつあるが、私のお気に入りのお店の一つである『揚げ立て天ぷら定食まきの』は”播磨町店”は閉店してしまったし、『焼きそば・お好み焼きの粉もん屋』は全店閉店してしまった様で、『丸亀製麺』以外の食べ物は順風満帆とは行って無い様だ・・・。ま、『丸亀製麺』の成功は低価格にあるのかな?と思わんでも無いし・・・。

WordPress.com Blog.