義史のB型ワールド

2013年3月1日

久々の”希望軒”で期間限定の”鶏塩白湯ラーメン”を食べた!何か色々入ってゴチャゴチャし過ぎな気がするのだが・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:52 PM
 
代理人記録
 
十数年前に、仕事の関係で時々姫路の余部(よべ)まで行っていた時期があった。最初はJR姫新線を使って行っていたのだが、本数が少ないし乗り換えの不便・・・、と言う事で途中から車で行く事になった。で、その帰りに国道2号線を通っていたのだが、姫路車崎東交差点から少し東へ行った角っ子に”希望軒”と書いて”ホープ軒”と読むラーメン店があった(後に誕生した『ずんどう屋姫路本店』から十数m西へ行った辺り)。現在の『希望軒』の公式サイトに寄ると”希望軒が生まれたのは1991年。姫路市に9坪の店舗をオープンしたのが始まりで、わずか9坪の店に、200人の行列が出来ていた”と言う人気店で、当時は未だ姫路や加古川近辺には今程多くのラーメン店が無かった事もあり、私も余部からの帰り際に時々寄って食べていたのだった。
 
その後、播磨町の明姫幹線沿いに『加古川店』が出来た(現在は『虎と龍/播磨町店』になっているが)ので、私が『希望軒本店』へ行く事は無くなったのだが、その後『希望軒』は事業を拡大したのが裏目となって、民事再生法を適用を申請、今は創業当時の経営者とは別の会社が営業&運営しているはず?なので、何と無く別のラーメン屋さん?と言う気がしないでも無いが、復活した『希望軒』(呼び名も今は”KIBOU-KEN”になっている・・・)は、その後どうやら持ち直した様で、それなりに店舗も増えて来ている。
 
そんな個人的に、ちょっと懐かしい『希望軒』であるが、最近お店の前を通ると新メニューと書かれた”希望軒ブラック”のポスターや看板が置いてあったりするので、前々からちょっと気になっていたのだが、少し前に”姫路ブラック”を食べた事もあってブラック繋がりで”希望軒ブラック”を食べに行ってみる事にした。
 
希望軒/東加古川店
こちらが久々に行って来た『希望軒/東加古川店』で、このお店が出来たのは民事再生法適用した後に出来た店舗なので、どちらかと言うと比較的新しいお店・・・、と言う事になる。で、時々このお店の前を通る事があるのだが、私がお店の前を通った時は駐車場にはあまり車が停まっている様子は無く、店内を覗いてもあまりお客さんが入っている様には見えなかったのだが、この日は日曜日のランチタイムでの訪問と言う事もあってか、そこそこお客さんは入っていた。土日とか深夜には結構流行っている?って事なのかな?
 
希望軒二大看板スープのごま味噌
で、『希望軒』が話題になったのは、私の中では”ピリカ”と呼ばれるその名の如く、ちょっとピリ辛いごま味噌ラーメン”が人気で有名になったと言う記憶があるのだが・・・。そんな事もあってか、店内に置いてあるメニューブックを開くとトップページに”二大看板スープ”の一つとして、この様な”ごま味噌ラーメン”の頁があった。個人的には”味噌ラーメン”系はあまり食べないので、ほとんどこの”ごま味噌ラーメン”は食べた事が無いのだが・・・。
 
希望軒二大看板スープのとんこつ
そしてこちらが”二大看板スープ”のもう一つの”とんこつスープ”の説明で、個人的には昔の『希望軒姫路本店』(今、同じ場所に今は姫路店はあるが本店では無く支店扱いになっている)で良く食べたのが、この”とんこつラーメン”で、明幹沿いに出来た『加古川店』で良く食べたのもこの”とんこつラーメン”と、当時は夜限定メニューだった背脂たっぷりの”塩味ラーメン”がほとんどだった。『加古川店』には、ご主人様とも何回か行った様な記憶があるのだが・・・、あのちょっとツンと鼻に来る匂い?のある、あの独特のスープのラーメンだ。
 
希望軒東加古川店/鶏塩白湯ラーメンのメニュー
それはさて置き、上でも書いた様に、この日は新メニューと書いてあった”希望軒ブラック”を食べ様と思っていたのだが、メニューの中に、この様な期間限定の”鶏塩白湯ラーメン”と言うメニューを発見!!!お目当てだった”希望軒ブラック”は通常メニューの頁に載っていたのと、期間限定に弱い私だし”鶏白湯系ラーメン”も最近あちこちのお店で食べているので、この日は急遽予定を変更?して、この”鶏塩白湯ラーメン”を食べてみる事にした。
 
希望軒東加古川店/鶏塩白湯ラーメン
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”鶏塩白湯ラーメン”で、お値段は714円也。メニューに書いてあった商品説明に寄ると”天然焼塩タレと鶏白湯スープを合わせた極上の一杯。ほのかに香る揚げにんにくとの相性も抜群です~☆”との事。目の前に運ばれて来た時から、ニンニク油?または香味油?みたいな油の香りが辺りに漂って来た。そのスープの表面には油の他にニンニクチップもトッピングされていて、最近あちらこちらで食べた”鶏白湯ラーメン”とは少し違う様な印象。
 
で、そのお味であるが”鶏塩”と言う事もあってか、甘さは抑え目でどちらかと言うとややショッパイ感じ。それに先の油とかニンニクチップの影響もあって、何か”鶏白湯スープ”の味わいを邪魔している様な気がする・・・。全体的に、私が期待した”鶏白湯スープ”とは違っていたかな???
 
希望軒東加古川店/鶏塩白湯ラーメンの麺
ちなみに”鶏塩白湯ラーメン”のはこんな感じの”中細ちぢれ麺”だが、多分、何処かにある工場で一括生産されたの様で、店頭自家製麺の様な味わいは無く、可も無く不可も無く・・・、みたいなだったかな。
 
希望軒東加古川店/鶏塩白湯ラーメン
それはさて置き、食べ進んでいる間にスープ表面に浮いていた油分がスープを混ざって来て、雰囲気的には普段食べている?”鶏白湯スープ”の様な白濁色のスープになって来たが、それでもやっぱ色んな味が混ざり合っていて、私の思う”鶏白湯スープ”とは違ったかな・・・。そう言えば以前に姫路飾磨にあるラーメン屋で”鶏しおらぁ~めん”を食べたけど、圧倒的にあちらのお店の方が美味しかったかも・・・
 
てな事で、前々からあちらこちらにある『希望軒』の支店の前を通る度に、新メニューと書かれた”希望軒ブラック”がちょっと気になっていたので食べに行ってみたのだが、メニューの中にあった期間限定のメニューである”鶏塩白湯ラーメン”を食べてみたのだが、やはりレギュラーメニュー入り出来ない?のが何と無くうなずける味のスープのラーメンであった。ま、元々が”とんこつラーメン”が自慢のお店で”鶏白湯スープ”を期待する方が無理だったのかも知れないが、私が食べたかった”希望軒ブラック”は”鶏清湯スープ”を使用と言う事で、これまたちょっと不安を抱えつつ、その”希望軒ブラック”を食べに、後日また『希望軒』に行って来たのだが、その話はまた後日・・・。

ケンタッキーフライドチキンで、肉と肉でライスを挟んだ”チキンライス”とやらを食べた!でもケチャップライスが固まってた・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:23 PM
 
代理人記録
 
以前、ケンタッキーフライドチキンチキンとチキンでベーコンやチーズを挟んだ”チキンフィレダブル”と言うのを食べた事があるのだが、今回は、チキンとチキンで”ケチャップライス”を挟んだ、その名も”ケンタッキーチキンライス”と言う商品が売られていたので食べてみた。
 
ケンタッキーフライドチキン/ケンタッキーチキンライスメニュー
ちなみにこちらが、その”ケンタッキーチキンライス”のポップ画像でケンタッキーの商品説明に寄ると”肉厚なチキンフィレ2枚でケチャップライスをはさむ、新発想のチキンライス”との事。雰囲気的には上でも書いた様に”チキンフィレダブル”の挟んだ具を、以前は単品で売られていた”ケチャップライス”に変えただけ?とも言える商品の様だ。
 
ケンタッキーフライドチキン/ケンタッキーチキンライス
で、こちらが今回買って来た”ケンタッキーチキンライス”で、ケンタッキーはロッテリアと違い店内撮影オーケー?なので、お店で食べても良かったのだが、何と無くではあるがフライドチキン系を食べる際にはビールが必要?と言う気がしたのでテイクアウトで買って来たのだった。それにしても宣伝ポップを見てイメージしていた大きさに比べると、若干小さい様な気がする・・・。
 
ケンタッキーフライドチキン/ケンタッキーチキンライス
それはさて置き、包み紙を開いて中から取り出した”ケンタッキーチキンライス”がこちらで、お値段は単品で450円也。包みを開いた側は中身が良く見えなかったので、反対側に向けていたら、チキンとケチャップライスがバラバラになって来た・・・。てか、そもそも、サンドしている割には一体感が無くて、元々バラバラだった?様な気がしないでも無い・・・。
 
ちなみに『ケンタッキーフライドチキン』の商品説明に寄ると”オリジナルチキン”と”全く同じ調理法により、カーネル・サンダース秘伝の11ハーブ&スパイスで味付けする肉厚なチキンフィレ(鶏胸肉)一枚肉2枚をバンズ代わりにし、その間にケチャップライスとチェダースライスチーズ、特製トマトソース、特製マヨソースをはさみ込んだ、常識を覆すサンドメニュー”との事。何度も書くが?”チキンフィレダブル”と中身が違うだけで、商品説明もほぼ同じだ・・・。
 
ケンタッキーフライドチキン/ケンタッキーチキンライス
で、早速”ケンタッキーチキンライス”を食べてみると、チキンは確かに普段から食べている”オリジナルチキン”に近い感じの味で、更に骨無しなので食べ易いし、普通に美味しい(ちょっとモシャモシャした食感?と言う雰囲気もあったが・・・)。しかしサンドされている”ケチャップライス”が、何と無く固められた感じで、もちっとした食感でちょっとイマイチ・・・。再びケンタッキーの商品説明に寄ると”一口食べると、ふっくらジューシーに揚げたチキンフィレの旨みに、ていねいに仕上げたケチャップライス、チーズと特製トマトソースのコクや酸味がハーモニーとなってひろがる、ボリュームたっぷりで、なおかつ、一気に食べきれてしまうおいしさ”との事なのだが、上でも書いた様に、食べていると全体的に崩れて来てちょっと食べ難いし、それぞれをバラバラで食べているのと似た感じ・・・、と言うのか以前食べた”ケチャップライスとオリジナルチキンのセット”と全く同じ?様な気がする・・・。
 
てな事で、何やらちょっと楽しそうだったので”ケンタッキーチキンライス”を食べてみたのだけど、チキン自体の味は普通のオリジナルチキンと同じ味だったので普通に美味しかったけど、”ケチャップライス”のもっちゃりした食感とか、サンドの割には一体感の無い辺りにちょっと無理があるのでは?と思う様なチキンサンド?だった気がする。とは言え、こう言った商品でも無い限り、最近はケンタッキーフライドチキンへ行く回数が減っていたので、これはこれで楽しかったかな?

WordPress.com Blog.