義史のB型ワールド

2013年2月21日

今年初の”かつや”で”チゲ風チキンカツ丼”を食べた!久々に”チキンカツ”だったけど、チゲ風ってのがねえ・・・。

Filed under: — 代理人 @ 9:24 PM
 
代理人記録
 
お店に行く度に”100円の割引券”が貰えるのと、月に一回程度の割合で”期間限定のフェアメニュー”が登場したり、あるいはちょっとお得な”感謝祭”をやっていたりして、それに釣られて一昨年の秋頃から毎月1回は必ず行っている様な気がする、とんかつ・かつ丼チェーン『かつや』なのだが、流石にちょっと飽きて来たのと、年始に行われた”感謝祭第1弾”が全然お得感が無かった事もあり、今年になってからは未だ一度も『かつや』には行って無かった・・・。
 
が、月末近くになって”100円の割引券”の有効期限が迫って来たのと、新しい”期間限定のフェアメニュー”が始まっていた事もあり、久々に『かつや』に寄ってみる事にした。
 
かつや東加古川店
こちらが今年になってからは、初めての訪問となるとんかつ・かつ丼チェーンの『かつや/東加古川店』で、訪問時間が正午半過ぎと、正にランチタイムど真ん中の時間帯と言う事もあって、カウンター席の方はほぼ満席・・・。しかし何故かテーブル席の方は閑散としている・・・。そんな事もあって、狭苦しいカウンター席を避け、久々に道路側のテーブル席に座る事にした。
 
かつやチゲ風チキンカツ丼フェアメニュー
そしてこちらが1月の前半から始まった”期間限定のフェアメニュー”で、今回は”チゲ風チキンカツ丼”との事。当初の予告では”旨辛カツ丼”とか書いてあったので、てっきり普通の”ロース豚カツ”を使った丼だと思っていたのだが、余程原価が安くて儲かるのか?またまた”チキンカツ”を使っている様だ。どうせなら、”チキンカツ”か”ロース豚カツ”か選べる様にしてくれたらエエのに・・・。
 
かつや東加古川店チゲ風チキンカツ丼
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”チゲ風チキンカツ丼”で、通常価格514円の処、例の如く”100円の割引券”利用で414円也。ご覧の様に”チゲ風”って事で、”卵とじされたチキンカツ”の脇にシメジや豆腐が添えられている。で、そのお味であるが、名前の如く”チゲ風”・・・、と言うのかキムチっぽい風味の卵とじで、まあ普通・・・。この味が好きか嫌いかで好みが分かれそうな気がするが、個人的には、同じ辛いカツ丼でも、もうちょっと別の辛さの方が良かった様な気がする・・・。
 
かつや東加古川店チゲ風チキンカツ丼
ちなみにこちらが”チゲ風チキンカツ丼”の”チキンカツ”で、このお店の期間限定フェアメニューで時々出て来る”チキンカツ”は、大き目の物を食べ易い様にカットしている場合が多いのだが、今回のは以前食べた”新潟タレカツ丼”の時の様に、”小さ目のチキンカツ”がカットされずそのままの状態で3個入っていた。味的には、ちょっとさっぱりした感じで可も無く不可も無く・・・、何時もの”チキンカツ”の様であった。
 
てな事で、今年になってから初めて『かつや』に行って、これまた今年初の期間限定フェアメニューで”チゲ風チキンカツ丼”を食べてみたのだが、予想通り?あまり大した”カツ丼”では無かったかな。そして間も無く始まる次のフェアメニューは、またまた”チキンカツを使ったカレーカツ丼”の様だし、今年もフェアメニューは”チキンカツ”を使い続けるみたい・・・。って事で、そろそろ私も『かつや』から足を洗う日が近いのかも知れない・・・。

2013年2月20日

”唐揚げ無料券”に釣られてまたまた”ばり馬”に行って来た!唐揚げは3個だけだが結構大きくて全部食べたお腹一杯!!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:10 PM
 
代理人記録
 
昨年の12月の初め頃、折込新聞チラシに入っていた『最強濃厚らーめん ばり馬』の”冬の餃子祭り”に、お得な無料クーポン券が6枚も付いていたのだが、結局使ったのはたったの1枚だけ。その最大の理由は『ばり馬』がそれ程に好きでは無いからなのだが、何か残り5枚のクーポン券を捨ててしまうのも勿体無い・・・。って事で、有効期限が迫って来た1月の下旬頃に、そのクーポン券の中にあった”唐揚げ無料券”を使いに、久々に『ばり馬』に行って来た。
 
最強濃厚らーめん ばり馬/姫路御国野店最強濃厚らーめん ばり馬/姫路御国野店
こちらがまたまた行って来た『最強濃厚らーめん ばり馬/姫路御国野店』で、昨年の11月の中旬頃に『濃厚つけ麺 風雲丸/姫路御国野店』から同じグループチェーンの『ばり馬』に変わったばかりの、そう言った意味では未だ新しいお店だが、今から5年ぐらい前は、この場所からもう少し西へ行った、姫路花田にあるスーパーオートバックスの駐車場の敷地内にあった頃があるし、今では姫路大塩とかJR姫路駅の駅構内の一角にもお店が出来ている・・・。その他にも同じグループラーメンチェーン店で『鶏白湯らーめん とりの助』も姫路野里にあるから、姫路だけでも同じグループチェーンのお店が4店もある事になる。そんなに人気があるのか?ちょっと不思議な気がしないでも無いが・・・
 
最強濃厚らーめん ばり馬/姫路御国野店のメニュー
それはさて置き、こちらが『最強濃厚らーめん ばり馬/姫路御国野店』のラーメンメニューで、醤油豚骨系のラーメンを中心に、節系、濃塩、醤油、味噌、それに、つけ麺等、結構な種類のラーメンメニューがある。ちなみに以前はお店の看板に”新・和歌山らーめん”と書いてあったのだが、最近出来るお店にはその文字は無い・・・。
 
最強濃厚らーめん ばり馬/ばり濃らーめんのメニュー
そんな中から、この日は久々にお店の看板メニューである”ばり濃らーめん”の”煮玉子無し”を食べてみる事に・・・。当然、これに無料の”唐揚げが3個”付くのだが、『ばり馬』に来ると欠かせないのが、これまたお店ご自慢の”ばり辛漬け”!!!”ばり辛漬け”や”唐揚げ”には白いご飯が良く合う!って事で、ちょっと食べ過ぎかな?と思いつつ、何時もの様に”白めし”も追加してしまった・・・。
 
最強濃厚らーめん ばり馬/ばり馬らーめんのメニュー
ちなみに前回食べたのが、こちらの”ばり馬らーめん”で、某所の商品説明に寄ると”和歌山の定番ラーメン。豚骨しょうゆ本来のコクと旨みを感じられるメニュー”との事。”ばり濃らーめん”との違いは背脂の有無だけ?だったかな?
 
最強濃厚らーめん ばり馬/姫路御国野店の漬物屋台
で、ラーメンを注文した後、まず最初に向かったのはお店の中央にある”漬物屋台”。以前あった『濃厚つけ麺 風雲丸』や、あるいは姫路野里にある『鶏白湯らーめん とりの助』にも同じ様に”漬物屋台”?コーナー?があるのだが、私の大好きな”ばり辛漬け”があるのは『ばり馬』だけだ。その代わり、ラーメン屋にしては珍しく?キムチは置いて無い・・・。確か『風雲丸』が末期の頃、お店の外に立ててあった幟にはキムチ食べ放題・・・、とか書いてあったのだけど・・・。
 
最強濃厚らーめん ばり馬/白めしとお漬物
それはさて置き、こちらが+50円で追加した”白めしランチ”と”漬物屋台”から自分でお皿に盛って来た”お漬物”の2品!うっかりしていて、ご飯を小盛にして貰うのを忘れていたのでご飯はテンコ盛りだ。で、この”白めし”が炊き立て熱々で、漬物だけでこのテンコ盛りのご飯が1杯食べてしまえそうな旨い飯だ。何年か前に『姫路大塩店』で食べた”前日の残りご飯の様だった超激マズの白めし”とは偉い違いだ。やっぱ、ご飯は炊き立てが一番!!!
 
最強濃厚らーめん ばり馬/お漬物
そしてこちらが、この日に私が取って来たお漬物で、その内容はと言うと、『ばり馬』定番の”ばり辛漬け”にオーソドックスな”白菜”、それにご飯のおかずなのか、ラーメンのトッピングにするのか、ちょっと謎だったけど何故か置いてあった”コーン”の3品。毎度の事ながら、このお漬物と、後から運ばれて来る”唐揚げ”、それにちょっとしたスープがあれば、ラーメンは無くても良い?様な気がする・・・。てか、このお店で一番美味しいのが、この”ばり辛漬け”だと思ってしまうのだが・・・。
 
最強濃厚らーめん ばり馬/ばり濃らーめんと無料唐揚げ
で、そんなこんなで一足先に”お漬物”をおかずに”白めし”を食べていると、間も無くして”ばり濃らーめん”と”無料の唐揚げ”が運ばれて来て、この日私が頼んだ全料理が揃った。これだけのボリュームで、総額は734円なので私のオススメの”らーめん八角の平日のランチ”並に安い!ま、今回は”唐揚げ”が無料だったからなのだが、『ばり馬』では時々”唐揚げ”や”餃子”が無料になる券を配っているので、そう言った時を狙えばお安く食べれるかも・・・(てか、実際、私がこのお店に来るのは無料券がある時がほとんどなのだが・・・)。
 
最強濃厚らーめん ばり馬/ばり濃らーめん
そしてこちらが久々に食べる”ばり濃らーめん”で、単品価格は682円也。ん?丁度3年ぐらい前に『姫路大塩店』で食べた時より値段が下がっている?ま、前がちょっと高過ぎた・・・、って事をお店の方でも気が付いたって事なのかな?ちなみにお店の商品説明に寄ると”豚骨、鶏ガラ、香味野菜をじっくり煮込んだ濃厚スープに背脂が乗った一品”との事。背脂は”ラーメン来来亭”の背脂と同じ様なチャッチャ系の背脂で、このお店では量の指定は出来ない?のだが、それなりに沢山浮いていて、普通に美味しい。あまり期待をしていなかったからか、あるいは”ばり濃らーめん”を食べるのが久々だったからなのか、今まで何度か食べて来た中では一番美味しかった様な気がする・・・。
 
最強濃厚らーめん ばり馬/ばり濃らーめん
ちなみに”ばり濃らーめん”の麺はこんな感じの何時ものストレートの中細麺で、味的には可も無く不可も無く・・・、って感じだったかな。
 
最強濃厚らーめん ばり馬/無料唐揚げ
で、こちらがある意味、この日のお目当て?とも言える、無料券を使った”唐揚げ3個”で、以前の『風雲丸』時代に同じく”唐揚げ”無料券を使って食べに来た事があるのだが、その時は何かカスカスな感じの”唐揚げ”が出て来たのだが、今回は割りと大き目サイズの”唐揚げ”で、最初5個ぐらいあるのかな?と思ったぐらいの大きさだ。。で、そのお味であるが、当然の如く、揚げ立て熱々で、鶏肉もジューシーで中々旨い!この”唐揚げ”をおかずにして食べる”白めし”も、これまた旨い!この”唐揚げ”ならば、無料券がもう1枚付いていたので、もう一度食べに来ても良かったかも知れない・・・。
 
てな事で、”唐揚げ無料券”に釣られてまたまた『最強濃厚らーめん ばり馬』に行って来たのだが、この日食べた”唐揚げ”は文句無く旨かったし、”ばり濃らーめん”も久々だったからか、そこそこ美味しかった。それに”ばり辛漬け”も、炊き立て熱々の”白めし”も旨かったので、この日は大満足!それでいてお値段が総額で734円だったので、これまた文句無し!次回、お得なクーポン券が付いた折込チラシが入るのは夏頃だと思うが、次回もまた無料の”唐揚げ”を食べに来る事にしよう・・・。

2013年2月19日

大阪で”だし茶漬け”を食べた!お出汁が美味しいので、具が無くても食べれそうな感じ・・・。

Filed under: — 代理人 @ 9:48 PM
 
代理人記録
 
中島みゆきコンサート大阪公演”を観に行った帰り、時間的にあまり余裕は無かったのだが、ちょっと小腹が空いたので昼間に行ったエキマルシェ大阪の施設内にある”1日分の野菜カレー”を食べたお店の向かい側にあった”だし茶漬け専門店”で軽く?お茶漬けを食べてから帰る事にした。
 
だし茶漬けえん/エキマルシェ大阪店
こちらがその時に入った『だし茶漬け えん/エキマルシェ大阪店』で、お店の紹介文を読むと”家庭で食べるお茶漬けの概念を変える、極上のだし茶漬け。和食屋の本格的な味が気軽に楽しめる、ヘルシーファーストフードのお茶漬け”がコンセプトの”だし茶漬け専門店”との事。で、入店時間が午後9時半過ぎだったのだが、流石に大都会?って事もあってか、奥のテーブル席はほぼ満席(と言ってもあまり座席数は多く無い)。そんな事もあり、入口近くのカウンター席に陣取る事となった。
 
だし茶漬けえん/エキマルシェ大阪店のメニューだし茶漬けえんのこだわり
そしてこちらが『だし茶漬け えん』のメニューとお店のこだわりで、メニューを見ると一番シンプルな”刻み菜漬けのぶぶだし茶漬け”が680円で、一番高いのは900円する様な、色んな種類の”だし茶漬け”が用意されている。この他にも日替りの”季節のだし茶漬け”等もあり、何を食べるか選ぶのが中々悩ましい・・・。
 
だし茶漬けえん/エキマルシェ大阪店鯛だし茶漬け見本
そんな数ある”だし茶漬け”のメニューの中から、私が気になったのは昨年以来あちらこちらのお店で食べている”鯛茶漬け”で、お店の商品説明に寄ると”宇和島より直送の新鮮な「真鯛」を使用した本格的な鯛だし茶漬け”との事・・・。
 
しかし次は何時大阪に来るか判らないし、大阪に来ると他に行きたいお店が沢山あるので、このお店に今度来るのは何時になるか判らない・・・、って事で思案した挙句”二種類のだし茶漬けが楽しめる”と言う”だし茶漬けハーフ&ハーフ”を食べる事にした。
 
だし茶漬けえん/だし茶漬けハーフ&ハーフ
てな事で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”だし茶漬けハーフ&ハーフ”で、お値段は980円也。この”だし茶漬けハーフ&ハーフ”は、メニューにある”だし茶漬け”であれば、どの組合せでも可能らしく、今回選んだ”鯛だし茶漬け”は単品だと900円、もう一品の”鶏飯風だし茶漬け”は700円するのだが、組合せ的には800円の”焼き鮭といくらの親子だし茶漬け”を選んだ方が特な気もしたのだが、その辺りは、きっとトッピングの具の量とかご飯の量とかで調整されている?んだろうなあ・・・。
 
だし茶漬けえん/だし茶漬けハーフ&ハーフの鯛だし茶漬け
で、こちらが”だし茶漬けハーフ&ハーフ”の一品目で、私が一番食べてみたかった”宇和島産 鯛だし茶漬け”で、お店の商品説明に寄ると宇和島産の新鮮な真鯛を使用し、ごまやクルミを入れたコクのある自家製胡麻ダレと合わせた贅沢なだし茶漬け”との事。それにしてもトッピングの胡麻ダレのかかった鯛の身を見ると、少し前にマルハンの飯屋さんで食べた”鯛味噌茶漬け”の方が豪華に見えてしまうのだが・・・。
 
それはさて置き、出汁をかける前に、例の如く胡麻ダレのかかった鯛の身だけを食べてみると、鯛の身自体は極々普通だが、自家製胡麻ダレの旨みがあって、中々美味しい。これまた何時もの様に、この鯛の身をあてにしてお酒が飲めそうな感じだ。
 
だし茶漬けえん/だし茶漬けハーフ&ハーフの鯛だし茶漬け
そしてその後、お店ご自慢の”極上だし”をかけて、”鯛だし茶漬け”にして食べてみると、だしだけでも中々美味しいのだが、それに自家製胡麻ダレの味がプラスされて、これがまた旨い!。そう言えば、昨年”明石魚の棚で食べた鯛茶漬け”は普通のお茶だったので、お茶漬けにして食べるよりも、そのまま”鯛めし”として食べた方が美味しかったのだが、流石にこのお店は”だし茶漬け専門店”の看板を掲げているだけの事はあって、出汁がメチャ美味しいので、お茶漬けにして食べるのが正解だ!
 
だし茶漬けえん/だし茶漬けハーフ&ハーフの鶏飯風だし茶漬け
そしてこちらは”だし茶漬けハーフ&ハーフ”のもう一品として選んだ”奄美大島 鶏飯風だし茶漬け”で、お店の商品説明に寄ると蒸し鶏、錦糸たまご、しば漬け、椎茸煮、青菜をたっぷりのせた、奄美大島の郷土料理”との事。今回、私が何故この”奄美大島 鶏飯風だし茶漬け”を選んだのかと言うと、私が時々映画を観に行っている、ワーナーマイカル加古川近くに『奄美人(あまみんちゅ)』と言う”奄美大島の郷土料理のお店”があり、そこで”鶏飯”を食べた事があるから・・・。それ以来、例えば『ごちそう村』何かに行った際に、偶々メニューにあった”鶏飯”を食べたりと、個人的には結構好きな料理の一つでもある。
 
だし茶漬けえん/だし茶漬けハーフ&ハーフの鶏飯風だし茶漬け
で、本物の”奄美名物の鶏飯”も”鶏がらスープ”をかけて食べるのだが、同じ様にこのお店ご自慢の”極上だし”をかけて食べると、まさに”鶏飯”その物な感じで、こちらも中々旨い!先に食べた”鯛だし茶漬け”には胡麻ダレがかかっていたので、お出汁にその胡麻ダレの味が混ざってしまって、出汁本来の味が楽しめなかったのだが、こちらの場合はそんな事も無く、また具の”蒸し鶏”や”椎茸煮”等の味が加わってこれまた旨い!やはり私は”鶏飯”が好きかも・・・。
 
だし茶漬けえん/だし茶漬けハーフ&ハーフの鶏飯風だし茶漬け
ちなみにお店ご自慢の”極上だし”はこんな感じで、出汁自体は無色透明なのだが、実際に飲んでみるとしっかりと味が付いていて、確かにこの出汁が旨い!てか、このお店の評価?は、このお出汁で決まってしまう・・・、と言っても過言では無いのかも知れないが・・・。
 
だし茶漬けえん/だし茶漬けハーフ&ハーフの季節の小鉢
そしてこちらは”だし茶漬け”に付いていた季節の小鉢で、その内容はと言うと”ふろふき大根”の様で、上から”鶏そぼろ”?の様な物が入った餡が掛かっていて、普通に美味しい。しかし”だし茶漬け”と一緒に食べるよりは、どちらかと言うと、白いご飯のおかずとして食べた方が美味しい様な気がする味でもあった。
 
だし茶漬けえん/だし茶漬けハーフ&ハーフの季節の小鉢
そしてこちらは、もう一品付いていた季節の小鉢で、最初見た時はデザートのプリン?かな?と思ったのだが、実際に食べてみると”ゴマ豆腐”みたいな物だった。それに少し甘口のタレがかかっていたのだが、こちらも”お茶漬け”のお供として食べるにはどうかな?と思う様な味な気がしたのだけど・・・。
 
てな事で、私が乗る予定の阪神電車梅田駅の西口から近い事もあり、またまたエキマルシェ大阪に行って、今回は”だし茶漬け”を食べてみたのだが、期待通りの中々美味しい”だし茶漬け”だった。内容的に、お酒には合わない様な感じなのが、ちょっと残念だが、昼間に来て、仕事の合間に軽く食事をする時には結構、便利かも知れない。とは言え、このお店の直ぐ近くには、今度は”かにチャーハン”専門店があって、そちらもぜひ食べてみたい気がする。次回、私が大阪に来るのは”中島みゆきコンサート追加公演”で新生フェスティバルホールに行く時まで無いかも知れないが、もしもチケットが入手出来たら、その”かにチャーハン”専門店に行ってみたいと思うのであった。

2013年2月18日

大阪で”一日分の野菜カレー”とやらを食べた!キャンプ場で食べるカレーをイメージしているらしいのだが、何故か炒めてる・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 11:24 PM
 
代理人記録
 
中島みゆきコンサート大阪公演”の最終日、再び大阪へとやって来た。で、この時の大阪到着は午後4時過ぎと、夜飯を食べるにはちょっと早い時間ではあったのだが、コンサート中にお腹が空くとコンサートに集中出来ないので、何時もの如く先に軽く何かを食べて置く事にした。で、ふと頭に浮かんだのが、この数日前に”中島みゆきコンサート”へ来た帰りに立ち寄った『牛たん炭焼 利久』があるエキマルシェ大阪店の中にあるカレー屋さん・・・。以前に三宮にある”神戸牛専門店で一日分の野菜が入ったカレー”とか、あるいは加古川にある”博多金龍で一日分の野菜が入ったと言う野菜ラーメン”を食べた事があるが、そのカレー屋さんでは、そのものずばり”一日分の野菜カレー”と言うメニューがあった事を思い出したので、食べに行ってみた。
 
野菜を食べるカレーcamp野菜を食べるカレーcamp
こちらが今回”一日分の野菜カレー”とやらを食べに行った、その名も『野菜を食べるカレー camp』と言うお店で、その紹介文を読むと”東京代々木の路地裏発。女子が行列する話題の野菜カレー専門店。アウトドアな店内でライブ調理される熱々カレー”で人気のお店との事。で、このお店があるエキマルシェ大阪が、昨年の12月頃?にオープンした、比較的新しい商業施設と言う事もあってか、午後4時過ぎと言う、ランチにもディナーにも若干中途半端な時間にも関わらず、ほぼ満席状態だった。この時間にカレー屋さんが満席になる辺りは流石に大阪?と言うのか都会ならでは?だよねえ・・・。
 
野菜を食べるカレーcamp
それはさて置き、こちらが『野菜を食べるカレー camp』の店内で、これまたお店の紹介文を読むと”アウトドアをテーマに、店内の装飾や器使いにも独自性を出していて、1品1品調理しライブ感を演出”と書いてある様に、何と無くキャンプ場でカレーを作っている様な雰囲気を作っている。が、実際にカレーを作っている様子を見ると、キャンプ場で食べるカレー・・・、と言う割には大きな鍋で煮込んだカレーでは無く、元となるカレールーと野菜を一緒に炒め、それを熱々にした鉄板の上に、ご飯を入れその上からカレーをかけると言う、あまりキャンプ場では作らないカレーっぽいのだけど・・・。
 
野菜を食べるカレーcampのメニュー野菜を食べるカレーcampのメニュー
で、こちらが『野菜を食べるカレー camp』のメニューで、看板メニューである”一日分の野菜カレー”を筆頭に、”トマトと生姜のチキンカレー”とか”茄子と豚肉の旨味噌炒めカレー”等の、個性的なカレーメニューが並んでいる。それらのカレーもちょっと気にはなったのだが、今回がこのお店初訪問なので、素直に1人前に”トマト、イエロートマト、レンコン、茄子、ししとう、カボチャ、じゃがいも、しめじ、えのき、マイタケ、さつまいも、パプリカ、小松菜、合挽肉等の季節野菜を12品目以上、一日の野菜摂取量である350g以上の野菜”を使っていると言う”一日分の野菜カレー”を注文!!!。ちなみにまたまたお店の説明では”代々木本店では不動の一番人気、最強メニュー”なんだとか。後、プラス150円すると”鶏手羽煮込のせ”になるらしく、それもちょっと食べてみたかったのだが、コンサート鑑賞前に、あまり食べ過ぎるのも良く無い・・・、と思い、今回は見送る事にした・・・。
 
野菜を食べるカレーcamp野菜を食べるカレーcampキャンプと野菜と本のしおり
ちなみに、カウンター席のテーブルの上に目を向けると、お手拭やティッシュが”飯ごう”の中に入れて置いてあるし、セルフのお水もご覧の様な水筒に入れて置いてある。写真を撮るのを忘れたが、最初に出て来たお水が入ったコップも”ステンレスカップ”で、確かに上でも書いた様に”食器類でもキャンプの雰囲気を演出”しているらしい・・・。中々ちょっと珍しいカレー屋さんだ。
 
野菜を食べるカレーcamp一日分の野菜カレー
で、そんなこんなしていると、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”一日分の野菜カレー”で、お値段は990円也。ご覧の様に”オリジナルの鉄製の小型フライパン”にカレーが入っていて、それをテーブルに置いてあった”スコップ型のスプーン”で食べると言う、見た目にも楽しそうなカレーだ。ちなみにフライパンの取っ手部分には、火傷防止用の布?みたいな物が巻いてある。てか、テーブルの上もステンレス?の板が敷いてあって、熱々のフライパンを直接その上に乗せて出して来るってのも、中々ワイルドだろ~?。
 
野菜を食べるカレーcamp一日分の野菜カレー
ちなみにこちらが”スコップ型のスプーン”で、何かちょっと可愛らしい雰囲気がある・・・。このスプーンをお土産で売ればそこそこ売れそうな気がする・・・、てか、既に何処かで売っているのかも知れないが・・・、ちょっと欲しいかも(amazonで検索すると、何種類も売っていた・・・。ちょっと買ってみようかな・・・っと)。
 
野菜を食べるカレーcamp一日分の野菜カレー
そしてこちらが”一日分の野菜カレー”で、お値段は990円也。お店の商品説明に寄ると”トマト、オクラ、シシトウ、ナス、タマネギ、ジャガイモ、カボチャなど、季節の野菜をオーダーごとに炒め、炒めダレと呼ぶ独自のスパイシーなペーストを加える。さらに野菜スープを入れてひと煮立ちさせ、1品1品仕上げている”との事。パッと見た感じは、何と無く”カレーハウスCoCo壱の鉄板カレー”に似ている様な気もするが、商品説明にもある様に、カレーと野菜を一緒に炒めて煮込んであるので、”鉄板カレー”とは少し違う・・・。
 
で、そのカレーのお味であるが・・・、野菜がたっぷりと入っている事もあってか、イマイチカレー自体の味は良く判らない・・・。と言うか、好みの問題だろうけど、私にはこれは旨い!と思える様な味では無い。しかもキャンプ場で食べる様なカレーの味とも程遠い様な・・・。ま、このカレーは、カレーの為のカレーでは無く、野菜を食べる為のカレーなんだろう?か?
 
野菜を食べるカレーcamp一日分の野菜カレー
ちなみに、カレーの中から野菜を探し出してみると、色んな種類の沢山の野菜が出て来る・・・。確かに今まであちこちのお店で食べて来た”野菜カレー”と比べると、野菜の種類と量は一番多い様な気はする。そう言った意味では中々楽しいカレーだったかな。
 
てな事で、最近出来たばかりのエキマルシェ大阪の中にあるカレー屋さんへ行ってみたのだが、味は兎も角として、お店的には中々楽しいお店だった。メニューを見ると夜限定の”スパイシーBBQチキンカレー”とやらもあって、何かそれもちょっと気になるので、次回このお店に行く事があれば、そちらのカレーを食べてみたいと思うのであった。

日清から発売されている生タイプのラーメンの”黄金鯛だし白醤油ラーメン”を食べた!昨年、福山で食べた”鯛ラーメン”より美味い!!!

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 8:02 PM
 
代理人記録
 
麺だけを別の鍋に入れて湯掻く、生タイプの麺を使ったインスタントラーメンは作るのが面倒なので、あまり買わない?(嫌、意外と買っている?)のだが、年末か年始の頃にスーパーへ行くと、昨年の夏頃に、ご主人様に同行して福山・鞆の浦に行った時に食べた”鯛ラーメン”にちょっと似た感じの”黄金鯛だし白醤油”と言う生タイプのラーメンが売っていて、何と無く美味しそうだったので買ってみた。
 
行列のできる店のラーメン淡麗極旨黄金鯛だし白醤油
こちらが今回買って来た”日清の行列のできる店のラーメン”シリーズの”淡麗極旨 黄金鯛だし白醤油”と言う商品で、パッケージに書いてある”料亭御用達!有機白醤油使用”ってのが何か美味しそう?に見えたので思わず手にしてしまったのであった。
 
行列のできる店のラーメン淡麗極旨黄金鯛だし白醤油
そしてこちらは袋の裏に書いてあった商品説明で、それを読むと、麺は”つるりとしたのどごしと、なめらかな食感が特徴のコシのあるストレート細麺”で、スープは”うまみたっぷりの鯛だしを使用し、上品な鯛の風味を生かすため、芳醇で風味豊かな有機白醤油を合わせた。別添の調味油を加えることで、キラキラと黄金色に輝く風味豊かなスープ”との事。毎度の事ながらメーカーが書いている宣伝文句はそのまま鵜呑みにする事は出来ないが、それにしても旨そうに書いてある・・・、としばし感心・・・。
 
行列のできる店のラーメン淡麗極旨黄金鯛だし白醤油
それはさて置き、実際に作ってみた”淡麗極旨 黄金鯛だし白醤油”はこんな感じで、チャーシューや味玉、それにネギ等は別途用意した物。これだけ具沢山にすると結構お金が掛かるのよね・・・。何かお店で食べた方が安い様な気になるのだが・・・。で、そのお味だが、ご覧の様な限り無く透明に近いスープなのだが、思いの他しっかりとした味があって中々旨い!鯛の風味がするかと言われると何とも言えないが、昨年の夏に鞆の浦で食べた”鯛ラーメン”よりは、こちらの”黄金鯛だし白醤油”の方が美味しかった。
 
てな事で、作るのが面倒なので滅多に買わないチルドタイプの生ラーメンなのだが、パッケージの写真が何か美味しそうだったので、思わず買って食べた”淡麗極旨 黄金鯛だし白醤油”だが、これが意外と?中々旨かった!確か”日清の行列のできる店のラーメン”シリーズはカップ麺でも販売されているので、ぜひこの”淡麗極旨 黄金鯛だし白醤油”もカップ麺化して欲しい物だ・・・。でもカップ麺になると、味が変わってしまうのかな???

2013年2月17日

以前”牛たん弁当”を食べたらメッチャ美味しかった”利久”の実店舗が大阪に出来たので行ってみた!期待通り”牛たん炭焼”は旨かった!!

Filed under: カレー,焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 8:51 PM
 
代理人記録
 
以前、”ヤマトヤシキ加古川店”で開催されていた東北物産展?か何かの催し会場で、私の大好きな”仙台牛たん弁当”が売られていたので、買って食べたらこれが目茶苦茶旨かった!それ以来、その”牛たん弁当”の販売元である『牛たん炭焼 利久』の名前が忘れられ無いのだが、その『牛たん炭焼 利久』が昨年の12月にJR大阪駅の構内の一角に誕生した商業施設の中に実店舗が出来た!と、以前から聞いていたので、”中島みゆきコンサート大阪公演”を観た帰りに食べに寄ってみた。
 
牛たん炭焼利久/エキマルシェ大阪店
こちらが昨年の12月にJR大阪駅の一角に誕生した商業施設”エキマルシェ大阪”の中のグルメゾーンに新しくオープンした『牛たん炭焼 利久/エキマルシェ大阪店』で、先に書いた様に”仙台牛たん炭焼専門店”だ。このお店には少し前に大阪に来た時にも、ぜひ食べてみたいと思ってランチタイムに立ち寄ったら長蛇の列が出来ていて、実はこの日の昼間も一度お店に来たら、これまた長蛇の列が出来ていたので、先に紹介した”天中華”を食べに行ったのだが、この時は午後9時半を廻った時間の訪問だったにも関わらず、未だ店内は満席でお店の入口で待たされる事となった・・・。それにしても何時の間に”仙台牛たん焼”がこんなに人気になったんだろう・・・。
 
ちなみに、店内は結構狭くて(と言うよりも窮屈に近い)、この時私が案内された2人掛けテーブルは、隣の2人掛けテーブルとひっついていて、そこに女子が二人、更に反対側の4人掛けテーブルも、手を伸ばせば届く距離にあり、そこでは女子の三人グループがいて、聞き耳を立てずとも、それぞれの会話が耳に入って来る・・・。そんな事もあり何か女子会に参加して食事をしている気分であった・・・。そんな雰囲気の中で、写真を撮ってるオジサンも、女子の側から見るとちょっと怪しい姿だったかも・・・。
 
牛たん炭焼利久/エキマルシェ大阪店のメニュー
それはさて置き、こちらが『牛たん炭焼 利久/エキマルシェ大阪店』のお店の前に置いてあったメニューのボードで、それを見ると定番の”牛たん定食”を筆頭に、”牛たん丼定食”、”牛たんハンバーグ定食”、”牛たんシチュー定食”等、”牛たん”をアレンジしたメニューが揃っている。
 
牛たん炭焼利久/エキマルシェ大阪店のメニュー
ちなみにこちらはお店の壁に書いてあったメニューで、基本的には上で紹介したメニューと同じなのだが、何か楽しそうに描かれてあって、このメニューを見ているだけでも美味しそうな気分になって来る・・・。
 
牛たん炭焼利久/エキマルシェ大阪店Wカレーセットのメニュー牛たん炭焼利久/エキマルシェ大阪店Wカレーセットのメニュー
そんな中、私の目に留まったのが、こちらの”エキマルシェ大阪店限定”かつ”期間限定”の”Wカレーセット”のメニュー。ポスターに書いてある説明を読むと”大人気のカレーとキーマカレー、看板メニューの牛たん焼きのセット、テールスープとミニサラダ付”との事。気持ち的には”牛たん焼き”だけ食べれればそれで良かったのだが、カレーは大好きだし何か一度は食べてみたい気がしたし、何より滅多にこのお店に来る事は無い!って事で、ちょっと贅沢にこの”Wカレーセット”を食べてみる事にした。
 
牛たん炭焼利久Wカレーセットのミニサラダ
で、席に案内された後早速”Wカレーセット”を頼と、まず最初に運ばれて来たのが”Wカレーセット”に付いている”ミニサラダ”で、流石に”牛たん炭焼のお店”と言う事もあってか”牛たん熟成ハム”がトッピングされている。実際に食べた感じはサラミっぽい感じのハムだったが、別メニューに”牛たんサラミ”とやらがあるので、それとは別物の様だ。味的には特に癖も無く、ちょっと歯応えはあったが、普通に美味しいハムだった。
 
牛たん炭焼利久Wカレーセット
そんなこんなで、”牛たん熟成ハム”がトッピングされた”ミニサラダ”をつまみに生ビールを飲んでいると、間も無くして運ばれて来たのが、”Wカレーセット”で”牛たん焼ハーフ”と”牛たんカレーと牛たんキーマカレーのWカレー”、それに”テールスープ”や”ミニサラダ”がセットになって、お値段は1890円也。特別定食なだけに、値段も特別だ!それにしても中々のボリュームがある・・・。
 
牛たん炭焼利久Wカレーセットの牛たん焼ハーフ
そしてこちらが”Wカレーセット”の”牛たん焼ハーフ”で、お店の商品説明に寄ると”1枚1枚丹精込めて味付し熟成させた手造りの逸品を炭火でジューシーに仕上げました”との事。パッと見た感じは、以前買って食べた事がある”利久の牛たん弁当”の”牛たん焼”そっくりの分厚切りの牛たんで、期待通りに中々旨い!数か月前に神戸三宮で似た様な”仙台牛たん焼き”を食べたが、”牛たん”の分厚さと言い、その味と言い一味も二味もこちらの『利久』の方が断然美味しい気がする!
 
牛たん炭焼利久Wカレーセットの牛たん焼ハーフ
とは言え、分厚い”牛たん”の下には明らかに肉質が違う”牛たん”が隠れていて、パッと見た感じ、最初に食べたのとは全然違う・・・。実際に食べても、肉は薄いし味も今一つ・・・お店の都合で色んな部位を混ぜるのは仕方が無いのかも知れないが、最初に食べた分厚い”牛たん”が物凄く美味しかっただけに、ちょっと残念な味だったかな・・・。
 
牛たん炭焼利久Wカレーセットのダブルカレー
そしてこちらが”Wカレーセット”のメインとも言える”ダブルカレー”で、左側が”牛たんキーマカレー”、右側が”牛たんカレー”で、ご飯はどちらも麦飯で、両方とも思った以上のボリュームがある。てか、先に生ビールも飲んでいた事もあってか、実際に食べていると、後半お腹が苦しくなって来て最後の方はちょっとご飯を残しそうになったぐらい・・・。カレーや麦飯の量を減らして、”牛たん焼き”の美味しい処を後1枚増やしてくれた方が嬉しかったかも・・・
 
牛たん炭焼利久Wカレーセットの牛たんキーマカレー
それはさて置き、まず最初に食べたのは、こちらの”牛たんキーマカレー”で、お店の商品説明に寄ると”牛たんのひき肉で作った野菜たっぷりの辛口カレー”との事。で、そのお味はと言うと、カレーのルーに入っている”牛たんのひき肉”は、全く癖は無く、”牛たん”と言う事を感じさせない。ルー自体もどちらかと言うとサラサラした感じで、オーソドックスな”キーマカレー”なのだが、カレーの味的には、ちょっと私の好みじゃあ無いかな?と言うお味・・・。
 
牛たん炭焼利久Wカレーセットの牛たんキーマカレー
ちなみに商品の説明に”野菜たっぷり”と書いてあった通り、この様な大き目カットのジャガイモがゴロゴロ入っていた。他の野菜はあまり印象には残って無いけど・・・。
 
牛たん炭焼利久Wカレーセットの牛たんカレー
そしてこちらが”Wカレーセット”のもう一つの”牛たんカレー”で、お店の商品説明に寄ると”スパイスにこだわった、ほどよい辛さの中辛のカレー”との事。で、そのお味はと言うと、所謂オーソドックスな欧風カレーで、何と無く他所のお店で食べたカレーと似た様な味ではあるが、普通に美味しい。特別旨い!と言う程の代物では無いにしろ、このカレーは私の口には合っている。
 
牛たん炭焼利久Wカレーセットの牛たんカレー
ちなみにこちらは”牛たんカレー”に入っていた”牛たんのお肉”で、ゴロゴロとした結構大き目の塊が何個も入っていた。で、そのお味であるが、特に”牛たん”を思わせる様な癖も無く、煮込まれているからか割と柔らかくて中々美味しい。”牛たん焼き”とは、これまた一味違った”牛たん”だったかな。
 
牛たん炭焼利久Wカレーセットのテールスープ
そしてこちらが”Wカレーセット”の”テールスープ”で、またまたお店の商品説明に寄ると”牛テールをじっくり時間をかけて煮込みました。コラーゲンたっぷり! ”との事。上の写真ではちょっと判り辛いが、結構大き目の器にたっぷりと入っている。しかもネギも沢山入っている。で、そのお味であるが、旨い!!!昨年の秋と冬に2度ばかし、神戸にある”仙台牛たん焼き”のお店で”テールスープ”を飲んだが、それも美味しかったけど、このお店の方が、更に旨い!!!(てか、私の好みにマッチしている)。昨年秋に行われた”姫路食博2012”の会場で食べた”牛テールスープらーめん”も、この手のスープだったら美味しかったのにね・・・。
 
牛たん炭焼利久Wカレーセットのテールスープ
ちなみに”テールスープ”の中にはご覧の様な”骨付きのテール肉”が入っていて、一見すると食べ難そうに見えるのだが、口の中に入れると肉の身が骨から直ぐに剥がれてメチャ食べ易い!!!しかもお肉の味も最高!!!これまた、以前食べた”牛テールスープらーめん”の食べ難かった、”骨付きテール肉”とはえらい違いだ。しかもこの”テールスープ”には更にもう一つ、今度は骨無しの肉だけも入っていて、そちらも中々旨かった!!!生ビールのお替りよりも、この”テールスープ”をもう一杯、お替りしてみたい!そんな気にさせる中々美味しい”テールスープ”だった。
 
てな事で、以前に物産展で売っていた”仙台牛たん弁当”を食べた時からお気に入りのお店の一つになった『牛たん炭焼 利久』が大阪に初進出(だったかな?)して来たと耳にしてからちょっと気になっていたので、この日に食べに寄ってみたのだが、カレーの味は兎も角として、”牛たん焼き”も”テールスープ”も物凄く旨かった!!!次回、このお店に行く事があれば、”さらに厚くてジューシー”だと言う”牛たん【極】定食”とやらをぜひ食べてみたいと思うのであった!!!

2013年2月16日

中島みゆきコンサートツアー「縁会」、今度は大阪だ!!!って事で3ヶ月ぶりに行って来ました・・・。

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 9:23 PM
 
代理人記録
 
昨年の10月25日から始まった”中島みゆきコンサートツアー『縁会』2012~3”もいよいよ終盤、年が明けた1月の下旬、私に取っては後半戦となる”中島みゆきコンサート大阪公演”の日がやって来た!今回のコンサートツアーは、みなさんに色々とご協力をお願いした結果神戸に続いて大阪のチケットも入手出来たので、またまた”中島みゆきコンサート”に行って来たので、その前後の様子をご紹介・・・。
 
中島みゆきコンサートツアー大阪公演オリックス劇場
こちらが今回、”中島みゆきコンサート大阪公演”が行われた”オリックス劇場”で、以前は”大阪厚生年金会館”と呼ばれたホールを現オーナーのオリックス不動産が改装して2012年の4月にリニューアルオープンした、そう言った意味では比較的新しいホールだ。今から20数年前、私が大阪に在住していた頃、ちょっとした理由もあって観に行った倉沢淳美のコンサートとか、あるいは何のイベントか忘れたけど当時ブームだった?漫才のイベント、それに映画のタイトルは忘れたけど抽選で当たった試写会で来た事がある、それなりに思い出があるホールだ。とは言え、大ホール以外の建物は解体されたらしいのだが、流石に以前の姿は記憶に無い・・・
 
中島みゆきコンサートツアー大阪公演オリックス劇場
ちなみにこちらが、今回行った大阪公演のチケットで、みなさんにご協力をいただいてゲットした”エピキュラス会員”発行のチケット。ファンサイト発行のチケットは、もうちょっと派手で鮮やかなチケットだったし、おまけで”ポストカード”も付いていたのだが、”エピキュラス”発行のチケットなので、割と質素な感じのデザインだし、おまけも付いて無い・・・。とは言え、ぴあやローソン発行の味気無いチケットに比べると、背景に”縁会”のロゴが入っているだけマシではあるが・・・。
 
中島みゆきコンサートツアー大阪公演オリックス劇場
そしてこちらは”オリックス劇場”の入口に置いてあった公演案内のポスターで、この日”大阪フェスティバルホール”での追加公演が発表されたのだが、この時点では大阪公演はこの3日間しか無い・・・。で、真ん中の日は土曜日だったので、久々に大阪の友人と一緒に見に行こうかな?と思っていたのだが、友人が忙しそうだったので、結局、前後の2日のみ見に行く事となった
 
中島みゆきコンサートツアー大阪公演オリックス劇場
そしてこちらは、コンサートツアーグッズの商品案内のボードで、私は神戸公演に行った際に”携帯ストラップ”と”ご当地限定ブックマーカー”を買ったのだが、この日は大阪に来た記念として大阪限定版の”ちびなみちゃんご当地ブックマーカー”を購入!!!この”ご当地ブックマーカー”は、私の様にコンサートに来た記念として、あるいは誰かへのお土産として購入する人が多いのか、この日も開場後早々に”ご当地ブックマーカー”と、それが入った”オールインセット”は売り切れていた。後は、甥っ子が東京版を買って来てくれるかどうか・・・、で3箇所の”ご当地ブックマーカー”が手に入る予定なのだが・・・。
 
中島みゆきコンサートツアー大阪公演オリックス劇場
ちなみに、この日はCD類は全然買わなかったのだけど、CDを買うと先着限定で貰える”中島みゆき直筆サイン色紙”は、これまた早々に終了?していた。新譜アルバムを買うと貰える”オリジナル・クリアファイル”は未だ残っていたみたいだが・・・。
 
中島みゆきコンサートツアー大阪公演オリックス劇場
で、こちらは劇場入って直ぐのエントランスホール?に置いてあった、大阪にある劇場や放送局から届いた”御花”で、一体何処から届いているのかをチェックすると、時々、新譜アルバムやコンサートの宣伝を兼ねてゲスト出演しているFM802とか、大阪での夜会の開催場所であるシアターBRAVA!から御花が届くのは判るのだが、珍しく読売テレビからの御花もある(そう言えば、大阪に来た時に角淳一繋がり?で、MBS毎日放送の番組に出たりする事があるので、毎日放送からも御花が届く事があるのだが、今回は無かった・・・。ま、神戸には届いていたから、それでおしまい?って事なのかな?)。
 
それはさて置き、読売テレビから御花が届くと言う事は、もしかすると読売テレビの何かの番組に中島みゆきが出演する?と一瞬思ったのだが、よくよく考えてみると昨年の秋から放送されていたTVドラマ”東京全力少女”のネット局繋がり・・・、で”御花”を贈っただけ?だったのかも知れない・・・。ま、本来であれば、昨日”中島みゆき LIVE 歌旅 劇場版”のTV放送が決まったWOWOWからも”御花”が届けられていても良かった様な気はするが・・・。
 
中島みゆきコンサートツアー大阪公演オリックス劇場中島みゆきコンサートツアー大阪公演オリックス劇場
ちなみに、こちらは”オリックス劇場”の入口の様子と、その向い側にある新町北公園で、入場待ちをしているお客さんの様子。この写真を撮った場所はと言うと、入場待ちをしていた時からちょっと気になっていた、ホールの2Fにある喫茶コーナー?から撮った、ホールの内と外の様子だ。ま、特に意味がある訳では無く、どんなホールだったか記録と記憶に残して置く為だけの写真なのだった・・・。
 
中島みゆきコンサートツアー大阪公演オリックス劇場
それはさて置き、まずは大阪公演初日に行った時の私の席から舞台を見た様子はこんな感じ。実際に座った席はやや左ブロックではあったが、14列目の通路側の席で、この席から舞台センター方向にはお客さんの姿はほとんど邪魔に成らないので、中々見やすい席。しかも足も通路の方に伸ばせるし、途中にあるトイレ休憩でも居の一番にダッシュ出来るので、中々良い席だったかな?
 
中島みゆきコンサートツアー大阪公演オリックス劇場中島みゆきコンサートツアー大阪公演オリックス劇場
そしてこちらは大阪公演3日目に見に行った時の席で、今度は右側ブロックの16列目の通路側だったのだが、この席から舞台センターを見ると前には沢山のお客さんの姿があったのと、前列が何故か野郎ばかりだったので、ちょっと見辛い席だったかな。とは言え、通路側なので、体を思いっ切り傾かせる事が出来るので、やっぱり通路側の席は便利?だ。
 
中島みゆきコンサートツアー大阪公演オリックス劇場
そしてこちらが、”大阪オリックス劇場”でのコンサートの演奏曲目リストで当たり前だが、神戸公演の時と全く同じ・・・。で、中島みゆきコンサートと言えば、ツアー前半よりも後半の方がMCのネタが増えて来て、話が長くなり前回の2010年のコンサートツアーでも後半は公演時間が30分程長くなっていたのだが、今回の新しいネタは”かまぼこ”の話ぐらいしか増えて無かったので、時間にして10分程度長くなっただけ?だったかな?ちなみに、今回は通路側の席と言う事もあり、アンコールから最後まで遠慮無く、スタンディングさせていだたきました・・・。ま、最後の曲”ヘッドライト・テールライト”を立ったまま聴くのは、ちょっと違和感はあったけど・・・。
 
ちびなみちゃんご当地ブックマーカー大阪限定
最後に・・・、こちらがこの日買って来た大阪限定の”ちびなみちゃんご当地ブックマーカー”で、ちょっと傾いてはいるが、大阪城が描かれた、まさに大阪らしいデザインのご当地グッズになっている・・・。今回はネットオークションは見て無いけど、このご当地限定グッズって、結構ネットオークションで高値が付くのよねえ・・・。ま、コアなファンなら全国全てのグッズが欲しくなる気持ちは判らんでも無いが・・・。
 
てな事で、4ヶ月近くに渡って開催された”中島みゆきコンサートツアー『縁会』2012~3”もこれにて終了!次回はまた、2年後か3年後?と思っていたら、上でも、あるいは以前にも紹介した様に、この春に新しく誕生する新生”大阪フェスティバルホール”のオープニングシリーズでの追加公演が決定したので、もう1日だけコンサートがある。大阪だし、何より新しくなった”フェスティバルホール”が、どんなホールになっているのか、そちらにも興味があるのでぜひ観に行きたいと思っているのだが、1日だけのコンサートだし、まさに千秋楽?なので、メチャ競争率が高そう・・・。って事で、またみなさんに色々とお力添えを頼むと思いますが、その時はヨロシク!!!

2013年2月15日

大阪で流行っていると言う”天中華”を食べた!”姫路名物のえきそば”の豪華版?みたいな内容の物だった・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:09 PM
 
代理人記録
 
最近何かと話題になっているのが”天中華”と言う麺料理。聞けば、黄色い中華麺に、うどんの出汁をかけ、トッピングに天ぷらを乗せた麺料理・・・、との事。え?それって、”姫路駅名物のえきそば”やん!と思ってしまうのだが、どうやらそれと似た”天中華”が最近流行りつつあるらしい・・・。でも個人的にはどう考えても”まねきのえきそば”やし、あるいは十年ちょっと前、兵庫のラーメンマニアがこぞって食べに行った(私も行ったが、あのイーサン夫婦も行ったと言う)但東町にあった”ラーメン壱学”が、大阪豊中に移転した際に、メニューの中に”海老天中華”(お値段は何と3000円!)を加えていて、私は素材の海老は見せて貰った物の、値段が値段だったので丁重にお断りして普通のラーメンを食べたのだが、そんな物が何で今更・・・、と思いつつ話題になっているのであれば一度は食べておかないと・・・、と言う事で、少し前にTVで紹介されていた、大阪福島にあるラーメン屋さん?に行ってみた。
 
福嶋亭
こちらが今回行って来た大阪福島区にある、その名も『福嶋亭』と言うカウンター席が10席程の小さな店内で、若いご夫婦二人だけでやっているラーメン屋さんだ。で、私が入店したのは午後1時半近くと、とっくにランチタイムは終了した時間帯だったのだが、私が入った時は未だ空いている席があったものの、その後も続々とお客さんがやって来て、暫くすると満席になってしまい、その後数人がお店入って直ぐの処に用意された椅子に座って待っているぐらいに流行っていた。
 
福嶋亭天中華のメニュー
そしてこちらが”黄いそば(天中華)”のメニューで、説明書きを読むと”嶋やの天然うどん出汁、福嶋亭の中華麺”と書いてある。『福嶋亭』はこのお店の店名なので判るのだが、じゃあ『嶋や』って何や?って調べると、このお店は以前は昼間は『嶋や』と言ううどん屋さんで、夜は『福嶋亭』と言うラーメン店に変わる、所謂二毛作のお店?だったらしい。今は昼も夜もラーメン専門らしいのだが、どうやら”天中華”の為に”天然うどん出汁”は作り続けっている様だ・・・。
 
それはさて置き、この”黄いそば(天中華)”のメニューの中から、私が観たTVで紹介されていた”とんがり君 天中華”とやらを注文!私の後からやって来たお客さんの大半も、この”天中華”がお目当ての様で、8割のお客さんがこの”天中華”を頼んでいた。
 
福嶋亭天中華らーめんのメニュー
ちなみにこちらはこのお店の”らーめん”のメニューで、こちらも中々美味しそうな感じの”らーめん”だ。機会があればぜひこのお店の”らーめん”も食べてみたい・・・、そんな気にさせる様なお品書きだ。
 
福嶋亭とんがり君天中華
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”とんがり君 天中華”で、お値段は750円也。ちなみに”とんがり君 天中華”とは、”天中華に豚と土生姜の天ぷらが入っていて、麺は黄いそば(中華麺)。ダシは利尻昆布、サバ、ウルメ、ソウダガツオ、瀬戸内産イリコの和風ダシ(うどんダシ)。中華麺の甘さがうどんダシによって引き出される”なんだとか。ちなみに商品名に付いている”とんがり”とは何かと言うと”とんがりのとんは豚のとん、がりは土生姜のがり”との事らしい・・・。
 
で、そのお味であるが、最初にレンゲでスープを掬ったら、そこに鰹節が沢山入っていた事もあり食べた印象は完全に”うどんのお出汁”だ(メニューに”うどんのお出汁”と書いてあったので、当たり前か?)。このお出汁が中々旨い!それに”土生姜の天ぷら”もちょっと不思議な味と、食感がありこれもまた楽しい。
 
福嶋亭とんがり君天中華
そしてこちらが”天中華”の特徴の一つである”黄色い麺”・・・、と言うのか”中華麺”そのものなのだが、雰囲気的に自家製麺っぽい感じがして、中々美味しい麺だ。そしてお出汁と一緒に麺を食べると・・・、そのまんま”姫路名物のえきそば”・・・、と言うかそれをもうちょっと上品に?あるいは高級にした感じの”えきそば”って感じで、何と無く懐かしさもあって普通に旨い!てか、そもそも我家で作って食べていた”天ぷらそば”は、ずっと中華麺を使っていたから、そう言う意味では我家の味?にも近かったかも・・・。
 
福嶋亭とんがり君天中華
そしてこちらは”とんがり君 天中華”のもう一つの具である”豚バラ肉”で、その昔に我家でインスタントラーメンを作って食べる時に、チャーシュー代わりに豚バラ肉を入れて食べていたのだが、そんな懐かしさを感じる、ほとんど味付けされて無い様な素朴な味の豚バラ肉で、懐かしさもあって普通に美味しい。そう言えば、関東の肉うどんって、こんな感じの豚肉を使うのだったっけ???
 
般゜若(パンニャ)/大阪福島店
ちなみに、今回”天中華”を食べに行った『福嶋亭』がある通りの1本東の筋には、以前私が食べに行った事がある、タレントの松尾貴史がやっているカレー屋さんの2号店般゜若(パンニャ)/大阪福島店』がある。個人的にはあまり行く事の無いエリアであったが、何か最近、この近辺にやって来る機会が増えて来た様な・・・(ま、大阪福島界隈は以前からB級グルメを求めて時々やって来ているのだけど・・・)。
 
てな事で、久々に大阪にやって来たので、大阪で最近話題になっているとか言う”天中華”とやらを食べてみたのだが、上でも書いた様に、雰囲気的には完全に”姫路名物まねきのえきそば”の豪華版みたいな物だった。ただ、”姫路名物のえきそば”は値段が安い事も、人気の秘密の一つでもあるのだが、そう言う点からすると、ちょっと高い様な気もするが・・・。それはさて置き、次回大阪へ来た時は、また違うお店で”天中華”を食べてみようと思うのであった!
 
おまけ
 
阪神百貨店えきそばメニュー阪神百貨店えきそばメニュー
この後、阪神百貨店梅田本店へ行くと、本物の”えきそば”の新メニューが売られていた・・・。何かちょっと食べてみたい気がしたのだが、先ほど食べた”天中華”と味の区別?記憶?がごっちゃになったら、あかんので、この時は自重したのであった。この新メニューって、姫路駅構内にあるお店でも食べれるのだろうか・・・。食べれるなら姫路駅まで行くのだけど・・・。

2007年に行われた中島みゆきの”LIVE 歌旅 劇場版”がWOWOWで放送されるらしい・・・。2010も放送してくれないかな・・・。

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 8:20 PM
 
代理人記録
 
昨年の10月から始まった”中島みゆきコンサートツアー『縁会』2012~3”は、追加公演の”大阪フェスティバルホール公演”は別にして、遂先日に千秋楽を迎えたのだが、今度は2007年に行われ、昨年は劇場版として公開された”中島みゆき LIVE 歌旅 劇場版”コンサートツアーの模様が、4月末にWOWOWで放送されるらしい・・・。
 
WOWOW中島みゆきLIVE歌旅劇場版
こちらがWOWOWの公式サイトに載っている”中島みゆき LIVE 歌旅 劇場版”の特集ページの画像で、2007年に行われたコンサートの最後の曲”背広の下のロックンロール”を唄っている時の姿で、以前の私の携帯の待ち受け画像だったのとほぼ同じだ。それはさて置き、このLIVEは既にDVDとして発売されていて、当然の如く私も購入して持っているのだが、その後、発売されたブルーレイ盤は、折角のブルーレイなのに内容はDVDと全く同じで、しかも何故か2枚組のマンマ。って事でブルーレイ盤は買って無いので、今回の放送がフルハイビジョン画質での放送であれば、録画する価値?がある・・・。
 
WOWOW中島みゆきLIVE歌旅劇場版
ちなみに私は、昨年の5月の劇場公開された”中島みゆき LIVE 歌旅 劇場版”を映画館に見に行ったのだが、内容的にはDVD収録映像からドキュメント部分を削除した内容で、当然、みゆき嬢の面白トーク部分は一切無い(この時のコンサートでは、つま恋の裏話とかの鉄板ネタが幾つかあって、とっても面白かったのだが・・・)。しかも、実際のコンサートで唄われた曲の内、CDのみの収録でDVD映像には入って無い曲が数曲ある。残念ながら、昨年の劇場公開版でも、未公開映像は一切無かったので、今回の放送も劇場版そのまんま?の放送だと思うので、その点だけがちょと残念かな・・・。
 
個人的には1曲だけでも良いので2010年のコンサートで昨年”歌姫 劇場版”の特典映像として劇場のみで公開された”時代”を唄ったシーンだけでも放送して欲しいのだけど・・・、多分、無理なお願いなんだろうなあ・・・。

2013年2月14日

”クリームうどん系”を未だ食べた事が無かったので、久々に”たかさご本家”に行ってみた。メニューが少し変わっていたが、その前に・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 11:13 PM
 
代理人記録
 
一番最初は『焼肉でん』、そしてその次に『ファミリー焼肉グゥ』となっていた店舗跡に、昨年の10月初旬に誕生した『讃岐おうどん居酒屋』と言うお店は値段が高い割に味と内容がパッとしない印象・・・(こんな事を平気で書くから店から嫌われる訳かな?でも、個人的にそう思ったのだから、仕方が無い・・・)。しかし、このお店の名物?でもある”クリームのおうどん”系は未だ食べた事が無い。”クリームのおうどん”を食べずして、このお店の事は語れ無い・・・、と言う気がしたので久々に食べに行ってみる事にした。
 
讃岐おうどん居酒屋たかさご本家
こちらが久々に行って来た『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』で、以前から”おうどん居酒屋”と言う言葉が少し頭に引っ掛かって居たのだが、偶々別の事で『お好み焼き・鉄板焼き・ファミリー居酒屋の偶』の公式サイトを見ていたら・・・、”たかさご本家”の名前があった・・・。ま、確かにその前の『ファミリー焼肉グゥ』の時から、この場所を借りている?ので、折角なら此処で新しい商売でも初めてみよう・・・、あわよくばトリドールの『丸亀製麺』の様に”うどん”で一儲けしよう・・・、と企んだのかも知れない・・・。
 
たかさご本家お昼のうどん膳メニュー
それはさて置き、早速”クリームのおうどん”を頼もうとメニューを開いてみると・・・、お店が誕生した時、と言うか前回11月末頃に来た時からもメニューが少し変わっている・・・。パッと見た感じ、うどんの種類が少し変わったのと、セットで選べるご飯物から”いなり寿司”が消え、変わりに”天丼”、”かき揚げ丼”、”とろろご飯”等が増えている・・・(昼セットには無いが”卵かけご飯”もあった)。”いなり寿司”は人気が無かった?って事なのかな?
 
たかさご本家御膳メニュー
そしてこちらは、これまた初お目見え?の”御膳”のメニューで、一番高い”御膳”は3500円らしい・・・。このメニューの右下にある様に、昼宴会の為のメニューらしいのだが、果たしてこのお店で”3500円の御膳”を頼むお客さんは居るのだろうか・・・。何かちょっと冒険メニューだよねえ・・・。
 
たかさご本家おうどんメニュー
ちなみに、ランチメニューでは無い通常の”おうどんメニュー”を見ると、こちらは基本的にはあまり変わった無い様だが、”しゃぶ肉カレーのおうどん”等、多分、当初のメニューに無かったと思う様な”おうどんメニューが増えている・・・。でも値段は相変わらず高いのは変わって無い・・・。もうちょっと値段を下げて欲しいよねえ・・・。
 
たかさご本家鮮魚寿司メニュー
序でにもう一つ紹介して置くと、こちらは居酒屋メニューと言うのか一品料理のメニューなのだが、その中に”寿司”もあって、当然の如く、昼にも”寿司のセット”がある様だ。他にも表に沢山の幟が立っていた”イベリコ豚のハリハリ鍋”を筆頭に”てっちり鍋”やら”ちゃんこ鍋”等のメニューが沢山増えていた・・・。ま、鍋メニューに関しては冬季限定のメニューかも知れないが・・・。
 
たかさご本家鶏クリームのおうどんのメニュー
そんな中、この日私がオーダーしたのは、”クリームのおうどん”メニューの中から”鶏クリームのおうどん”をチョイス。で、最初は”鶏クリームのおうどん”単品で十分かな?と思ったのだが、以前の経験から単品だとちょっと量が物足り無い?それに、”鶏クリーム”には、変な味が付いた丼よりも、一番値段の安い白ご飯が合う様な気がしたので、白ご飯セットも併せて注文!!!
 
たかさご本家鶏クリームのおうどんと白ご飯セット
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”鶏クリームのおうどん”と”白ご飯”のセットで、お値段は980円也。相変わらずの馬鹿でかい”うどん鉢”なのだが、パッと見た印象は、以前は”鉢は大きいのに、中に入っているうどんの玉やお出汁は少ない・・・”と言うイメージだったのだが、この日食べた”鶏クリームのおうどん”に関しては、何かたっぷりと入っている様子・・・。個人的には初めて”クリームのおうどん”を食べるので、何とも判断が付かないのだが、想像すると、やっぱり量が少ないって言われて増やしたんでは・・・、と勘繰ってしまうのだが・・・。
 
たかさご本家鶏クリームのおうどん
そしてこちらがメインの”鶏クリームのおうどん”で、単品価格だと880円也。やはり以前食べた”カレーうどん”とか”きつねうどん”と比べても全然その量が違う・・・。それはさて置き、そのお味であるが真ん中辺りにチーズがトッピングされていて、それをちょっと炙った感じの何と無く”クリームグラタン”っぽい感じのおうどんだ。しかし肝心のクリームの味は、相変わらず私の好みとは少し違う・・・。このクリームソース?をあてに白ご飯を食べてみたのだが、期待していた程の味にはならなかった・・・。白ご飯不発・・・
 
たかさご本家鶏クリームのおうどん
ちなみに”鶏クリームのおうどん”と言うだけあって、鶏肉はそれなりに沢山入っていたが、それ以外の具はと言うとブロッコリーだけ?だったかな?何か、もうちょっと他の具も入れて欲しかった様な気がしたのだけど・・・。
 
たかさご本家鶏クリームのおうどん
そしてこちらが”鶏クリームのおうどん”の麺で、雰囲気的には以前より太くなった様な気がするのと、空いた時に行ったからなのか、以前よりもコシがしっかりとしていた様な印象。とは言え、それ程”うどんの麺”自体にはそれ程のこだわりの無い私なので、可も無く不可も無く・・・、と言った処か。てか、値段が遥かに安い『讃岐めん うどんや』とか『丸亀製麺』の”うどん”で十分だもんなあ・・・。
 
たかさご本家100円の割引券
最後に・・・、前回11月末に来た時は割引券は貰えなかったが、この日は100円の割引券をくれた・・・。が、以前に割引券を貰った時は300円の割引券だったし、有効期間も二ヵ月程あったのだが、今回は100円の割引券だし、有効期間も2月の前半まで・・・、と偉く短い・・・。確かに300円の割引券を貰った時は太っ腹と言うのか、大胆なお店だなあ・・・、とは思っていたのだけど、今は反対にけち臭くなったなあ・・・、と言う印象。でも100円とは言え折角貰った割引券なので、またこのお店に行ってしまうかも知れない・・・。次回行った時は、新メニューの”寿司”でも食べてみようかな・・・。
 
てな事で、久々に『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』に行ったらお店が誕生して未だ4ヶ月程なのに、早速テコ入れが始まったって事なのかな???個人的に思うのはメニューをいじくる前に、先に味の方をもうちょっと考え直した方がエエと思うのだけど、他のお客さんはどう思っているのだろう・・・。
 
 
おまけ・・・、と此処まで書いて記事を投稿しようと準備していたら、この数日後に新聞の折込で『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』のチラシが入った・・・。
 
讃岐おうどん居酒屋たかさご本家半額祭チラシ
こちらが、その折込チラシで一番下には半額券が何枚も付いている・・・。しかも生ビール半額券は何杯飲んでも全部半額らしいし、他のうどん半額券との併用も可能らしい・・・。暫くはこのお店に行く事は無いかも?と思っていたのだが、きっとこの半額券を使いにまた通う日々がやって来そうだ・・・。でもそう考えるとこの日貰った”100円の割引券”って全然価値無いよなあ・・・。
« 前のページ次のページ »

WordPress.com Blog.