義史のB型ワールド

2013年2月25日

こだわりらーめんのお店で”姫路ブラック”を食べた!何度かこのお店に来た中で、初めて旨い!と思ったラーメンだった・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:56 PM
 
代理人記録
 
数年前に、ご当地ラーメンブームの一つとして”富山ブラック黒醤油らーめん”が話題になってから、あちらこちらで”ブラックラーメン”を出すお店が増えた。私も”もんどの限定ラーメンで加古川ブラック”を食べて以来、”ブラックラーメン”が私の中でちょっとしたマイブームになっている。そんな事もあり、今年の初めにも”グルメサーカス in 三木”の会場で”大阪ブラック”を食べたばかりなのだが、少し前に本屋でグルメ雑誌を立ち読みしていると、姫路にある『こだわりらーめん弁慶』が”姫路ブラック”なるラーメンを発売したとの事。
 
こだわりらーめん弁慶』と言えば、以前に姫路市役所近くにあった『こだわりらーめん ごっつい堂』が移転したお店なので、ノーマルのラーメンの味は知っているので、ワザワザ遠くまで食べに行くのもなあ・・・、と思ったのだが、”姫路ブラック”と耳にしたからには知らん顔して見過ごす訳には行かない!って事で、ちょっと前に姫路に行った時に遠回り?して食べに行ってみた。
 
こだわりらーめん弁慶
こちらが久々に行って来た『こだわりらーめん弁慶』で、お店がある場所は姫路下野手の国道2号線沿いにある。もうちょっと西へ進めば夢前川がある、印象的には姫路の西の外れ?とも思える場所だ。個人的には10数年前に、もうちょっと西へ行った余部の方に仕事で時々行っていたので、その頃だと帰り道で通る事もあった場所なのだが、最近は滅多に通る事の無い道になってしまった・・・。
 
こだわりらーめん弁慶姫路ブラック看板
で、お店前の駐車場に車を入れ様とすると、歩道の一角にこの様な”誕生 姫路ブラック”を書いた立て看板が置いてあって、このお店の前を東向きに通る車には、かなり目立つ様にアピールされている。ま、”姫路ブラック”と聞いて、それがラーメンを指す・・・、と気が付く人が、どれだけ居るかは定かでは無いが・・・。
 
こだわりらーめん弁慶姫路ブラックメニュー
そしてこちらが店内に置いてあった”姫路ブラック”で、メニューの説明に寄ると”見て驚いて、食べて驚く 繊細で奥深いラーメン誕生”との事。てな事で、早速”姫路ブラック”を注文すると、てっきりスープは一種類のみだと思っていたのだが、お店のスタッフに寄ると、”あっさり、こってり、こてこて”の3種類から選べるとの事。確か”あっさり”は”鶏がら清湯スープがベース”で、”こってり”と”こてこて”は”とんこつスープ”がベースだったかな?とは言え実際に食べてみないと何が良いのか判らないので、取り敢えず無難そうな”こってり”を選択!!!
 
こだわりらーめん弁慶厨房
ちなみにこちらが『こだわりらーめん弁慶』のカウンター席真正面にある厨房の中の様子で、上の写真に写っているのが店主。元々は赤穂にある『天馬らぁめん』(その前身は『希望軒赤穂店』?)の従業員さんが独立開業したお店だ。以前、私が書いた『こだわりらーめん ごっつい堂』の記事に寄ると”夢の中で理想のスープを発見”したのがきっかけで、独立したらしいのだが『ごっつい堂』自体は場所的な問題もあってか、不発だった気がするが・・・。
 
こだわりらーめん弁慶姫路ブラック
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”姫路ブラック”で、お値段は650円也。今年の初めに食べた”大阪ブラック”はそれ程、黒いスープと言う印象は無かったのだが、ご覧の様に本家”富山ブラック黒醤油らーめん”とか、あるいは通算で8杯ぐらい食べたもんどの加古川ブラック”の様に、真っ黒なスープだ。私にはすっかりお馴染みだが、確かに初めて”ブラックラーメン”を食べる人には強烈なインパクトがあるかも・・・。
 
で、この真っ黒なスープの正体?は”イカスミとホタテなどの貝類を煮込んだタレ”との事。イカスミを使ったラーメンと言えば、5年ぐらい前に大阪で食べた”黒らうめん”が直ぐに頭に浮かんだので、以前に当ブログで紹介した記事の写真と見比べてみると、何と無く雰囲気が似ている感じ。てな事で、早速そのスープから飲んでみると、少しとろみがあるぐらいのこってり度の、魚介風味が漂うこってり豚骨スープだ。最近、あちこちのお店で食べた魚粉や節系を使った魚介スープとはまた一味違う豚骨魚介スープで、ちょっと甘口だけど中々旨い!!!個人的にも『ごっつい堂』、『弁慶』と食べて来た中で一番美味しいラーメン・・・、てか漸く美味しいラーメンが誕生した?と言う印象・・・。
 
こだわりらーめん弁慶姫路ブラック
そしてこちらが、今回食べた”姫路ブラック”の麺で、麺自体は特にどうって事の無い多加水麺と言う印象だったが、ご覧の様にこってり、あるいはまったりとした濃厚な黒いスープが麺にまで絡み付いて中々味わい深い!麺を改良すればもっと美味しい”ブラックラーメン”になるのではなかろうか・・・。
 
こだわりらーめん弁慶姫路ブラック
ちなみに”姫路ブラック”もトッピングの”チャーシュー”はこんな感じの薄切りで柔らかい、このお店で以前食べた”チャーシュー”と大して変わらない極々普通の味だったが、こちらも、濃厚こってりブラックスープに思いっ切り浸かっていて、何か何時もと違う味わいがあった。
 
こだわりらーめん弁慶ランチサービスのアイスクリーム
そしてこちらは平日のランチタイム限定?の無料サービスの”アイスクリーム”で、ランチサービスは”替え麺”か”アイスコーヒー”か”アイスクリーム”の3つの中から選べたのだが、”替え麺”を食べる程の元気は無いし、”アイスコーヒー”もそれ程に好きでも無いし・・・、って事で、ラーメンを食べて熱くなった体を冷やす効果も兼ねて無難に”アイスクリーム”を選んだのであった。
 
まるはりこだわりらーめん弁慶の記事
最後に・・・、こちらはお店のレジの処に貼ってあった、雑誌まるはりに記載された”こだわりらーめん弁慶の記事”・・・。一番最初に書いた様に、本屋で立ち読みした記事はこれだったかな?
 
てな事で、個人的に最近”ブラック系ラーメン”がちょっとしたマイブームになっている事もあり、”姫路ブラック”誕生の謳い文句に釣られて『こだわりらーめん弁慶』に行って来たのだが、今迄の経験から?あまり期待して無かった事もあってか、中々美味しかった!上でも書いた様に、この”姫路ブラック”は3種類のスープ?から選べるらしいので、次回は”鶏がらスープベースのあっさりバージョン?”の”姫路ブラック”を食べに行こうと思うのであった・・・。それとは別に、また”もんどの加古川ブラック”も食べたい気がするのだが・・・、限定裏ラーメンが復活する日は来ないのかなあ・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。